2018年11月19日

第6回 第二看護入試対策 ~岐阜市医師会准看護学校にて~


 ~県衛生一般入試対策~

17日土曜日午前、90分×2コマの講座。
第6回 第二看護入試対策講座を、
岐阜市医師会准看護学校にて行った。
今回は県衛生入試対策。

前半の推薦・公募入試が終わり、
11月14日には、岐阜市医師会看護学校の合格者も発表された。
http://www.city.gifu.med.or.jp/kangoshi/common/file/2018/20181112.pdf
中には「特別推薦」で岐阜市医師会准看護学校から合格した方も多い。

岐阜准は年々「推薦・公募」での合格比率が上がっている。
http://www.city.gifu.med.or.jp/kango/work/step.html
県衛生の推薦・公募の結果は27日に。
次回からの模擬テストは「一般入試受験者のみ」となる。

一般受験をする方は、これからが「追い込み」の時期。
しかし、資格試験の勉強と同時進行となる。
今回の講座では、傾向に合わせた課題学習と過去問演習を行った。
限られた時間の中で、効率的に力をつけていきたい。

  

Posted by 星野 健 at 00:01Comments(0)岐阜市医師会准看護学校看護

2018年11月15日

11月14日 岐阜准で戴帽式


 ~いよいよ1年生が実習に~

昨日、元塾生からメールが。
無事、戴帽式を終えいよいよ実習が始まるとのこと。
まずはここまで、よく頑張りました。
久しぶりの座学。学びも大変だったことでしょう。

戴帽式の様子は、岐阜准のHPで確認できます。
http://www.city.gifu.med.or.jp/kango/campus/event.html
この瞬間から、いよいよ「実習先へ」と、気持ちを高めていく。
学生生活で、一番大変な時期になりますね。

私の体調は回復傾向。
しかし、週末になると疲れがたまっていく。
今週末は、仕事以外の活動を少なくして、
来週からの厳しい4週間に備えたい。

ブログも日曜まで休む予定です。
月曜日からまた、頑張ります。
  

Posted by 星野 健 at 18:20Comments(0)岐阜市医師会准看護学校

2018年11月15日

岐阜経済大学看護学部入試日程 ~年内に1校決めておく~


~新設校入試を活用して~

岐阜経済大学看護学部が10月31日に設置認可となりました。
http://www.gifu-keizai.ac.jp/topics/important/1229.html
よって、入試日程が確定となります。
http://www.gifu-keizai.ac.jp/nurse/

指定校推薦出願が間に合います。
また、一般推薦入試は併願可。
しかも1教科(国語)で、古典・漢文は出題されません。
試験は12月22日・23日。今からでも十分間に合います。

現役高校生で看護志望の方は、毎年、
「新設校入試」を上手に活用しています。
入試日程が年末から始まるので、
年内に1校決めておき、年明けの一般入試に備えます。

そのため、看護進学で浪人する生徒は減っています。
現役高校生の「有利」な状況を、しっかりと活かしているのです。
もちろん、指定校になっていれば進学も確定します。
確実に看護師への道を、決めていきたいですね。
  

Posted by 星野 健 at 00:01Comments(0)看護

2018年11月14日

授業のスビートが早くて…~高校中間テスト対策~


 ~公式の理解だけでなく…~

不定期通塾の高校生の中間テスト対策。
数Ⅰが終わり、最後までがテスト範囲。
最終章の出題も、手計算で行う。
そのため三角比に慣れ、素早く計算したいところだ。

しかし、三角比は細部に神経を使う。
公式の理解と活用ができても、
変域により、答えが違ってくる。
特にsinのみ値がわかっているときのcosには要注意だ。

うっかりcosを間違えると、tanも連動する。
急いで問題を解くときには、解の符号を先に押さえたい。
授業では扱っていない2直線の交わる角度も、
「鋭角」で答えないといけない。ここにも注意が必要だ。

全体の授業スピードがあがり、
公式が抜け落ちていることもある。
基本パターンを頭に入れておき、
例題とともにしっかりと見直しておきたい。  

Posted by 星野 健 at 00:01Comments(0)

2018年11月13日

2018看護奨学生一人目の合格者 ~看護奨学生1名追加募集~


 ~看護学校・社会人入試で合格~

看護奨学生から電話が。
ユマニテク看護助産専門学校・社会人入試で合格とのこと。
おめでとうございます!
今年度最初の看護奨学生合格者となりました。

状況としては、厳しい入試でした。
前もって病院を決め、そこから推薦という形をとる予定でした。
しかし、条件が合う病院が見つからず。
病院からの推薦状がない形での受験となりました。

小論文の要約の練習。
基礎学力の習得。
仕事をしながらの受験勉強。
しっかりとやり遂げることができました。

いよいよ看護師への道へ、歩むことになりました。
これからもまた、頑張ってくださいね。

通塾時間が予定より少なく済んだこともあり、
看護奨学生の再募集を行います。
入試までに13時間分・1万円で通塾が可能となります。
【塾・シングルマザー看護奨学生2018】再募集・限定1名
※クラウドファンディングサイトReadyforにて、支援を頂き
今年度【第4期】プロジェクトを開始しています。
https://readyfor.jp/projects/kango2018
過去3年間で20名の方がこの制度を利用し、看護職への道を歩まれています。

<応募条件>※次のすべての条件を満たす方
・シングルマザーの方(※『ハートフルファミリー会員への登録』を推奨しています)
 または、そのお子様の方
・今年度、看護学校 または 第二看護学校 または 准看護学校受験予定の方
・初期費用(1万円)を個人で準備、または支援者に協力していただける方。
・塾予約システム・リゼルバ(https://reserva.be/hoshino)を、自分で使える方(このネット予約ができる方)

・来年度クラウドファンディングに必要な、写真撮影に協力していただける方(顔は希望がなければ撮りません)
・多くの方に現状を知っていただくために、各種取材に応じていただける方(プライバシーは守られます)

<奨学生決定後の条件>
・「サンクスレター」を書いていただきます。
 (奨学生になれた喜びと感謝の気持ちを、すべての支援者の方にメールで送ります)
 ⇒実際に送るのは、塾のPCから一斉送信します。

<面接の結果>【看護奨学生となります】13時間分の通塾が保証されています。
・入会金・教材費・授業料など塾で支払う費用は、初期費用を除き一切ありません。
・受験日前日まで支援された回数だけ、塾に通うことができます。
・お子様と一緒に通塾も可能です(お子様の費用も不要です)。

※過去プロジェクトについては以下のサイトをご覧下さい。
 https://readyfor.jp/projects/KANGO
 https://readyfor.jp/projects/KANGO2016
 https://readyfor.jp/projects/KANGO2017
面接予約は下からとなります。
RESERVA予約システムから予約する
予約確認次第、締め切りとなります。
  

Posted by 星野 健 at 00:01Comments(0)看護

2018年11月12日

県衛生公募入試を終えて ~一般入試に備える~


 ~実習中の金曜日に通塾~

「公募入試の数学ができなくて…」
准看護学校2年生の方だった。
実習期間にもかかわらず、落ち着かなかったのだろう。
実習先から塾へ来られたのかもしれない。

この方は、准看護学校へは試験で入学されている。
受験に向けて、中学数学は学習済み。
公募入試のため、高校の数式は学んでいる状態。
中学特有の図形・関数を抑えなおせば良さそうな状況。

また、看護模試も好成績を収めている。
看護学で他の受験生に大きく差をつけられることは、
考えにくい状況。国語は公募入試を経験することができた。
一般入試は、それよりも易しくなる。

よって、結果発表後に不合格なら通塾することに。
前年度、その准看護学校の学生さんは12月15日から通塾されている。
その後、冬休み期間に通塾し、一般入試で合格している。
今、無理をする必要はない。実習に専念してほしい。  

Posted by 星野 健 at 00:01Comments(0)

2018年11月11日

八事看護推薦入試結果


 ~見事、合格!~

塾に通われた方からメールが。
八事看護専門学校推薦入試で合格したとのこと。
おめでとうございます!
これで念願の看護師の道が開けました。

准看入試の時にも通塾。
そして、合格し遠くの学校へと通学。
その学校で推薦されるほどよく努力し、
この入試直前にも通塾されました。

想定外の適性検査があり、
動揺が心配される入試でした。
その中で普段通り、しっかりと試験に取り組めたようです。
これからの学生生活が楽しみですね。
  

Posted by 星野 健 at 00:01Comments(0)看護入試合格報告

2018年11月10日

キレる高齢者が増えている


 ~若い世代の粗暴犯は減っている~




それぞれの世代が、どのような環境に影響を受けたのか。
准看護学校でも紹介したジェネレーショングラムが参考になる。
例えば「オイルショック」でも大人は原因がわかるが、私たち1960年以降に生まれた方は、
小麦粉・トイレットペーパーが品薄で、並んで買った記憶のほうが強くなる。



団塊世代は「大暴れ」を経験している。
私たちよりひとまわり上の世代は、
「暴走老人」の比率が高くなるのも理解できる。
それに対して、今の若い世代はおとなしい。


それなのに、違った印象になっているのが不思議だ。


舞田先生の可視化には、頭が下がる思いになる。
そして、こうした事実はいろいろな場面で、
伝えていかなけれはならない。
高齢者とかかわる仕事をする方には、特に。  

Posted by 星野 健 at 00:01Comments(0)雑記帳時事

2018年11月09日

住み方が変われば、生き方も変わる ~ホステルバスの登場~


 ~多拠点生活も可能~

ツイッター相互フォローのkobaさんのツイートから
彼はジェフファンで、先日FC岐阜戦で、岐阜にも応援に来られた。


この発想は面白い。

もし高校生の時にこの記事に出会ったら、
進路自体も考え直していたかもしれない。
どこでも活かせる「汎用性のある技術とは、何だろうか」と、きっと考えていただろう。
仕事観も変わりそうな記事だ。

これからは、いろいろな「住み方」ができそうだ。
自分の仕事をコントロールできれば、
多拠点での生活も可能だ。
花粉症の時期だけ、沖縄で…ということもありだ。

クラウドファンディングでは、
新しいものかたくさん見つかる。
そして、応援したり応援されたり…
新しい出会いもみつかる。これからの時代が楽しくなる。  

Posted by 星野 健 at 00:01Comments(0)時事パラレルキャリア・ラボ

2018年11月08日

2年ぶりの通塾 ~今度は第二看護を目指して~


 ~必要な時に、必要なだけ通塾~

「お久しぶりです」
「猫ちゃんは元気そうで…」
2年ぶりに、通塾をされた塾生の方。
現在は准看護学校の2年生。

今回は、学校帰りでの通塾。
第二看護受験のために再び通塾したいとのこと。
この方は、2年前の准看護学校入試でも通塾された。
今回も、しっかりと準備をしたいとのこと。

2年前。入試前から緊張が走るタイプだった。
塾での模擬テストでさえも、緊張して間違えが増えていた。
しかし、練習を積み重ねることで自信をつけ、
見事に高倍率の入試でも、合格ができた。

今回も、試しに簡単な模擬テストを行う。
さすがに2度目。准看入試のときとは違っていた。
間違えも少なく、緊張もさほどひどくない。
スタートラインが随分違うので、今回は安心して入試に向かうことができそうだ。

苦手な部分も、はっきりしている。その点も、
これからの努力で補える部分もあるだろう。
入試まではまだまだ、十分な時間がある。
対策をしっかり立て、入試に向かいたい。

  

Posted by 星野 健 at 00:01Comments(0)看護