2017年03月23日

2017 岐阜県内公立高等学校受験を振り返って ~2年連続同傾向に~


 ~公立受験は厳しい状況へ~

本日の2次入試で、今年度の公立高校全日制・定時制の受験は終わります。

今年の岐阜地区公立高校入試も、2年連続で「大変な年」となりました。
岐阜5校+各務原西の受験で300名を超える不合格は、1校分の定員と同じです。
今後も続くと考えられます。この6校に対する大学進学への期待、
また、「併願私立に対する信頼が厚く」なったためと考えられます。

来年度この6校を受験される方は、
「併願私立が第2希望」
という感覚が必要です。
そのためには「どの学校が自分に合っているのか」を見極める必要があります。

夏休みの見学会、
秋の個別相談会だけでなく、
考える時期は、今でもいいのです。
それぞれの学校のHPからでも、いろいろ考えることができるのです。

たとえ、1月の希望調査で「予想」ができたとしても、
そこから対策を打てるのは、公立高校の出願のみです。
私立の併願出願は、調査結果公表前に終了。もはや間に合わないのです。
併願先の検討は、少しでも早めに考えておきましょう。

私の塾では、私立併願の進路相談も可能です。
各校の特徴・科の選び方・その後の進学状況などについて、
お話しします。一人でも、家族そろってでも構いません。
申し込みは、下記入り口から☟
RESERVA予約システムから予約する
  

Posted by 星野 健 at 00:01Comments(0)岐阜県公立高校志願状況

2017年03月22日

運も実力のうち ~各務原准看学生からの合格報告~


 ~県衛生進学、おめでとう~

塾に2回・2時間だけ通った方から連絡が。
県衛生第二看護に合格したとのこと。
おめでとうございます。
塾のことが気になっていたようで、連絡してくれたそうです。

1度目は4月。
県衛生に絞っての受験相談でした。
10月に塾の公募模試を受ける予定が体調を崩し辞退。
その後の通塾が1回で「受験したかどうか」が、気になっていました。

とくかく第一希望に進学が叶い、県衛生へ。
厳しい学生生活、是非乗り切ってほしい。
  

Posted by 星野 健 at 19:09Comments(0)看護

2017年03月22日

ニュースを見る度に… ~「立派な大人」は何をしたいのか~


 ~???~



文章の意図を「対偶」で捉えると、
「中卒・高校中退者の対策を取れば、再犯防止になる。」
ということになる。
前提は「中卒・高校中退者は犯罪を犯す」となる。


敷かれたレールから「外れる」と、
「管理・監視」対象となり、
家庭に踏み込んでもOKという流れ。
「多様性」からは、ますます遠くなる。



中学校にいても、家に帰っても、
「逃げ場がない」
状況をつくり、心を追い込んでいく。
どんどん「外堀から埋められていく」かのようだ。

「そのままの存在を受け入れる」スペース。
図書館のような
「追い込まれない、サード・プレイス」
がますます重要になる。

危うい時、危ない時は
「逃げる」
ことも伝えていきたい。
根性論・建前論では、持たない場合もある。

そして、国際的にも遅れとっている。
コンピュータについては、「プログラミング」の前に、
世界的には「活用」が進んでいる。
活用して初めて「プログラミング」に興味が沸くのだろう。



そして、ますます余裕のない大人が増える。
労働時間は増え、介護・育児も社会が担わない。
多くの大人から「知の剥奪」が進行している。


その中で、余裕のある「立派な大人」がルールを決める。
「立派な大人」は一体、何をしたいのだろうか。  

Posted by 星野 健 at 00:01Comments(0)時事

2017年03月21日

【19時更新】2017 岐阜県内公立高等学校2次募集 変更結果


 ~気になるところを巡回した結果…~

岐阜県内公立高等学校2次募集の変更が、16時で締め切られました。
気になる学校を巡回しました。
その結果、定員内に収まったようです。
正式発表は19時前後になるでしょう。

【19時更新】
岐阜県教育委員会から発表がありました。
http://www.pref.gifu.lg.jp/kyoiku/gakko-kyoiku/gakko-nyushi/17782/index.data/H29niji_syutsugansyasuu_henkougo.pdf
上記の通り、各校1倍以下となりました。

入試は23日。
「学校がどのように判断するのか」
で決まる入試になります。
受験する方は、ベストを尽くしてください。

  

Posted by 星野 健 at 16:31Comments(0)岐阜県公立高校志願状況

2017年03月21日

岐阜県内第二看護・2017年度入試に向けて ~2016年度入試総括~


 ~補欠繰上り期待に 見切りをつけて~

3月下旬となりました。岐阜県内第二看護学校については、
補欠繰上り期待に 見切りをつけて、来年度の入試に備えましょう。
まずは入塾相談から始めてください。
RESERVA予約システムから予約する

2016年度は、久しぶりに県内2校で2次募集がありました。
岐阜市医師会看護学校を除き、一般入試競争率は下がったようです。
2018年からの「第二看護通信制・就業年数7年」への短縮の影響も考えられます。
http://www.nurse.or.jp/nursing/jyunkangoshi/news_161107.html

2017年度入試は、2016年度よりも受験者数が減ると予想しています。
e-statのデータでは、入学者ベースで、済美衛生看護科生徒数+県内准看護学生数が
30名程度、2016年度より減っています。受験生ベースで20名減ると予想しています。
2016年度入試と同様に入試が行われれば、一般入試は楽になります。

しかし、看護学校が推薦入学の割合を変更するかもしれません。
第二看護通信制への「人の流れ」に対抗することも、十分考えられます。
名古屋市医師会のように推薦の割合を50%程度にまで引き上げて、
各校が「現役学生有利」の入試に変更する可能性も、否定できません。

そうなった場合、一般入試で受験する方は、2016年度より
「厳しくなるかもしれない」のです。
募集要項が出る前から、備えることができることは、
少しでも準備をしておきましょう。

現在、准看護学校1年生が受験相談に塾へ来ています。
塾・シングルマザー奨学生についても、
第二看護受験生も対象となっています。
http://nyoki.mino-ch.com/e33700.html
  

Posted by 星野 健 at 00:01Comments(0)看護ひとり親支援

2017年03月20日

衝動的に、京都へ 


 ~梅は落ちはじめ、椿が見ごろ~

三連休の初日。塾の予約変更があり何も予定がなくなった。
「京都へ行きたい」という衝動が前日に。すぐ計画し出かける。
春の初めは、城南宮へ行くことが多い。9時から神苑拝観もできる。
http://www.jonangu.com/shidareume.html

先回は3月上旬。梅が見ごろで椿への意識はなかった。
今年は梅の花が落ち、椿が見ごろ。
同じ場所でも、時期をずらすと美しさが変わる。
梅の香りの中「梅の花の絨毯」を見て、季節を感じることができた。

春はイベントもある。今回はみやこメッセへ。
http://www.miyakomesse.jp/event/
手づくりめっせ、京ものフェス、伝統産業の日
すべて見た。ホンモノを見る・触れることは、刺激になる。

時間調整のために立ち寄るのは、御池地下とその周辺。
地下街3000円以上購入で、3時間まで無料の駐車場は便利。
http://zestoike.com/?page_id=60
しかし、4月からは2時間となるのは残念。

京都へ行くと、とにかく歩く。だから、疲れるのも早い。
17時に予約した店に行き、ゆっくりと食事をする。
京都の店は、行きたいところが多いので前日でも予約候補が多い。
そして「ハズレ」である場合が少ない。食事もホンモノに出会えることが嬉しい。  

Posted by 星野 健 at 00:01Comments(0)雑記帳時事

2017年03月19日

普段とは違う時間に ~コストコ・羽島倉庫店~


 ~煮込み用トマトも、事前に購入~

岐阜聖徳学園高校での本年度授業・再試も終了。
塾も受験生が通っていた時間の予約もない。
普段では使えない時間がポッカリと空いた。
こんな時は、普段行くところも違った状況となる。

午後、出かける。
イオン大垣に行く途中に、むすぶ農園に立ち寄る。
https://readyfor.jp/projects/musubufarm
ここの加熱用トマトには、絶品だ。トマト缶を使うことが減った。

店の前にはReadyforの動画で見た方が、たまたま他の方と話をしていた。
邪魔にならないように、コッソリ無人販売でトマトを2袋買う。
声をかけられて会話。加熱用トマトに「ヤミツキ」になったことを伝えた。
動画通りのいい笑顔に出会えてよかった。

イオン大垣店到着。いつもの屋上駐車場は閉鎖されている。
平日昼間は、空いているのだろうか。
中に入ってみる。やはり、びっくりするほど空いている。
混んでいたのは、イオンラウンジだけだった。

帰りにコストコへ。時間は17時30分を過ぎている。
駐車場を見てびっくり。過去には考えられないほど空いている。
中も同様。いつもと違い試食は全くないが、カートがぶつかる心配もない。
レジもほとんど混雑していなかった。

同じことを、違った時間にしてみる。
同じものが、違った体験に変化する。
「同じ」を捉えているはずなのに、
「違って」しまうこともあるのだ。

会話もそうだ。
同じ体験を語っているのに、その方との捉えの「違い」を感じる時がある。
時間が違えば「同じ体験をした」と、捉えない方かいいのかもしれない。
いい経験ができた。  

Posted by 星野 健 at 00:01Comments(0)コストコ

2017年03月18日

シングルマザー看護奨学生の面接 ~第二看護に挑戦~


 ~看護師を目指して~

シングルマザー看護奨学生面接を行った。
准看護学校に通う1年生。
進学し、看護師を目指す気持ちが強くなったようだ。
推薦・受験の両方を考えている。

准看入試の時も、久しぶりの勉強で時間がかかった。
第二看護入試も、早めに取り組みたいとのこと。
准看入試の時とは違い、学校で看護学を学んでいる。
「頭は働いている」状況だ。

また、去年の准看入試の時にも受験勉強をしている。
推薦・面接で准看護学校に入学した状況とは違う。
「少し前の頭の状態」に戻すことは、前よりは早いだろう。
期待は持てる。

今月末、准看護学校での成績が出る。
そこで具体的な受験方針を立てる。
その上で、看護奨学生候補とする予定。
是非、看護師への夢を叶えてほしい。

看護奨学生面接希望の方は、下記ボタンから、
条件をご確認の上、ご予約下さい。
RESERVA予約システムから予約する
  

Posted by 星野 健 at 00:01Comments(0)看護ひとり親支援

2017年03月17日

2017 岐阜県公立高校2次選抜出願者数


 ~気持ちを切り替え、再チャレンジ~

岐阜県教育委員会から19時過ぎに発表されました。
岐阜県公立2次選抜出願者数
http://www.pref.gifu.lg.jp/kyoiku/gakko-kyoiku/gakko-nyushi/17782/index.data/H29niji_syutsugansyasuu_henkoumae.pdf
多治見工業等一部を除き、学校全体での定員オーバーがない状況です。

変更期間は21日のみ。
入試も迫っています。
受験される方は、気持ちを切り替えて
再チャレンジの準備をしていきましょう。

今回の入試は「基準」との戦い
も含んでいると考えて下さい。
「定員以内」=「合格」ならば、
「入試の必要はない」ことになります。

気を引き締めて、土・日を過ごして下さい。  

Posted by 星野 健 at 19:27Comments(0)岐阜県公立高校志願状況

2017年03月17日

名古屋市守山区から塾へ ~入塾相談~


 ~来年度受験を目指して~

一昨日の入塾相談。
名古屋市守山区から、わさわざ車で岐阜まで。
愛知県内の准看護学校の閉校、また名古屋市医師会の年齢制限のため
岐阜県内の准看護学校を受験を考えている。

久しぶりの受験勉強。
教科を絞って取り組みたいとの意向。
まずは、入試教科が少ない岐阜准。
そして、通学時間が短い可茂、多治見が候補になった。

ネットでの学習を併用してのスタート。
http://nyoki.mino-ch.com/e27236.html
英語も早い時期なら、じっくりと取り組める。
そして、わからないところは質問、出来る部分は「力試し」となる。

次回は質問がたまった時、または初期の問題がやり切れた時に。
ネットで申し込んでの通塾となる。
https://reserva.be/hoshino/reserve?mode=service_staff&search_evt_no=dfeJwzNTM0AAACDADN
いよいよ来年度がスタートした。

  

Posted by 星野 健 at 00:01Comments(0)岐阜市医師会准看護学校