2018年08月17日

ようやくレジメ完成 ~明日、岐阜県下進学課程入試対策ミニ講座~


 ~「岐阜県下進学課程入試対策ミニ講座」を担当します~

今年も、岐阜県下進学課程入試対策ミニ講座の講師を私は務めます。
ようやくレジメが完成しました。
前年度との比較、ふさわしい問題集選びもできました。
皆さんに話せることを楽しみにしています。
http://www.city.gifu.med.or.jp/kangoshi/campus/open.html
【本校の看護教育・体験プログラム等に加えて、昨年度参加者に大好評の
「岐阜県下進学課程入試対策ミニ講座」を今年度も予定しています。
進学に対する不安や疑問等に対し、在校生や教員がお答えしますので、
貴方の将来を考えた学校選びをしてみませんか】

前年度入試は『ラツキーな要素』が重なりました。
そのため、全日制・定時制第二看護の受験生は激減したのです。
結果として『過去にないほど合格しやすい年』でした。
今年度はどうなるのか…という話を、説明会でします。

9時受付開始、9時30分スタート。
私は何時から話すのかを、随分前のことで忘れてしまいました。
9時30分より前に行き、岐阜准の卒業生・看護学校の先生と
話をする時間を取りたいと思っています。  

Posted by 星野 健 at 00:01Comments(0)岐阜市医師会准看護学校看護

2018年08月16日

【本日22時59分締め切り】 『不登校は不幸じゃない』in岐阜


 ~塾にて開催~

発起人である小幡和輝さんの趣旨
『学校に行くのはあくまで選択肢。行かないという選択もあっていい。』
に賛同し、申請をして、許可を得ることが出来ました。
現在このイベントは、全国100個所まで広がりました。

「次のステージで輝く人」の力になりたい。
私の思いは、塾に来るすべての方に対して同じです。
次のステージに行くために今、何をするのか。
環境・対象を考え、自分の方向性を決めていく…誰に対しても同じなのです。

「今の場に戻る」選択に加え、「次の場」を選択肢に入れることを考えていきます。
中学で不登校でも、高校から通学している方も少なくないのです。
特に、私立高校・通信制高校・サポート校…今では多様な進学が考えられます。
高校から大学へも同様。様々な入試を通して「次のステージで輝く」ことはできるのです。

中学時代不登校で、学力面で心配な社会人の方も、
私の塾には何人も通っています。
努力の末、准看護学校を受験し合格。
准看護師、進学して看護師への道を歩んでいる方も少なくありません。

「次のステージで輝くこと」
選択肢に入れてみませんか。
8月19日のイベントに参加希望の方は、
こくちーずproから申し込みが可能です。
https://www.kokuchpro.com/event/e043b3933ed3d5d22dae444f43f4d270/

参加費は「無料」です。
また、その他の塾生はこの時間帯には通塾していません。
発起人の小幡 和輝さんからの提案に沿って、この会は行われます。
いろいろなことを紹介することは紹介することはありますが、勧誘はしません。

このイベントに「参加する」「しない」も選択肢。
「無理せず参加できる方」は、このような場も利用してください。
イベントでなくても、塾では個人相談を受け付けています。
塾ではいろいろな方と関わり、『次のステージに向けて歩む』サポートをしています。
https://reserva.be/hoshino  

Posted by 星野 健 at 00:01Comments(0)不登校の方へツイート

2018年08月15日

「Cafe&Officeしーそー」開設に向けて  ~バースデー・ドネーション開始~ 


 ~できることを する~

8月11日。NPO法人しーそーの「お話し&交流会」は実施されました。
場所は京都・伏見。今後の活動の拠点となる場所です。
「Cafe&Officeしーそー」は、この『伏見いきいき市民活動センター』でスタートします。
https://www.ikik243.com/

そこで、私はバースドネーションを本日から開始します。
https://syncable.biz/associate/seesaw/campaign/-LJp0Iu2wg0uEMOJq5HF
皆様のご支援・拡散、よろしくお願いします。
以下はその文章からの転載です。


 8月1日 55歳の誕生日を迎えた。
 今までとは、随分違う誕生日となった。
 去年11月の報告。そしてその結果が今年5月。
 この間に私のライフステージは、大きく変わった。

 その原因は、現・NPO法人しーそー代表理事の津田さんだ。
 ツイッターで出会い相互フォローとなり、その意志を強く感じた方だ。
 この数か月で、『全力で駆け抜ける から 続く人に紡ぐ』へ。
 受け取ったバトンを、次の世代にどう渡すかが、私の最大の課題になった。

【その日は突然、訪れた】
 去年の11月、満月の夜。
 津田さんは思いもよらぬツィートをする
 「NPO法人を立ち上げる」
 公務員を続けながらの挑戦。まさに「寝耳に水」だった。

 津田さんが何かを始めるとき、以前から
 私は「馳せ参じる」ことを、約束していた。
 「早くても退職後だろう」という私の読みは、外れた。
 それだけ『大きな決意』を持っての、津田さんのスタートだった。

 津田さんはNPO設立を、ほとんど全て、たった一人で進めていった。
 公務員を続けながらの設立手続きは、並大抵のことではない。夜間・休日が消えただろう。
 NPO役員は最低3名必要。その末席に私は名を連ねた。この間、私の心の準備は進んだ。
 『できることをする』そのスタンスで私はNPOに参加することになった。

【同じ頃、母が…】
 同じ11月。私の母は手術をすることになった。
 その結果、癌が見つかった。ステージ4。
 転移も見つかり、本人に告知へ。
 母の希望通り、緩和ケア病棟へ入院となった。

 痛みは取る。治療はしない。緩和ケアの方針だ。
 入院期間、母とは話を随分した。
 私が生まれる前の母の話など、初めて聞くことが多かった。
 そして今まで母が支えてきた、父・兄弟のことを私に託した。

 今年5月。母は多くの人に囲まれ、最初で最後の誕生会。
 その時の笑顔と感謝の言葉が、印象的だった。
 そしてその10日後、苦しむことなく眠るようにこの世を去った。
 「ありがとう。頼むよ。」これが私への、最後の言葉だった。

【駆け抜ける から 紡ぐ へ】
 その5月。津田さんの立ち上げた『NPO法人・しーそー』は認可された。
 そしてこの8月、具体的な『試み』が示された。
 人と社会をつなぐ居場所
 ~Cafe&Officeしーそーの試み~

 居場所とは「居ていい」場所 「居たい」場所
 個人のモチベーションを大切にすること
 それを求めている人たちが集まる場所
 そんな場所を、NPO法人しーそーは全国各地につくろうとしている。

 まずは、京都・伏見で活動開始。試行錯誤で、形は出来上がっていくだろう。
 個人事業主として『駆け抜けてきた』私も、受け取ったバトンを『紡ぐ』準備をしていきたい。
 ひとりひとりが自由で、自分で考え、判断し、責任を持って行動する。
 モチベーションが高まる『NPO法人しーそー』で、私は動くことにした。

 まずできることはこの、バースデー・ドネーション。

【皆様へのお願い】
 バースデー・ドネーションで集まった寄付は、
 NPO法人しーそーに、皆様からの寄付として送られます。
 寄付を基に「Cafe&Officeしーそー」は運営されます。
 少しでも多くの寄付が集まることを、願っています。
※ 決済手数料を除いて全額団体に寄付されます。

 NPO法人しーそー副代表理事
 星野 健
 Twitter:https://twitter.com/JUKUHOSHINO  

2018年08月14日

40代で看護の道へ ~今からでも、遅くない~


 ~准看護学校から第二看護学校へ進学する方も~

岐阜聖徳学園高校で行う「看護師にチャレンジ」という講座。
私が高校で講師を始めた頃から、毎年のように行っている。
対象は中学3年生だが、その保護者の方の参加も多い。
そして、その保護者の方が看護職を目指すことも、少なくない。

ツイッターでも、こんな記事がある。


「経験を積んだ上での進学」は、
看護の仕事で力となる。

塾でも、40代の方も通塾している。
一度は断念した道を、再び歩もうとしている方もいる。
准看護学校では、40代の方も少なくない。
入学年度・クラスによっては、一番多い年代の時もある。

グループワーク・アクティブラーニングが、
准看護学校では効果的だ。
様々な経験を、互いから学ぶことで、
より人に対する認識が深まっていく。

今からでも夢を追うことは、遅くない。  

Posted by 星野 健 at 00:01Comments(0)岐阜市医師会准看護学校看護

2018年08月13日

保健師にチャレンジ! ~第二看護からの進学を考える~


 ~いつまでも続けられるために~

准看護学校で出会い、塾で指導した方の進学相談。
第二看護学校の2年生。
いよいよ進路を考える時期となった。
卒業後、タイミングを見計らって保健師にチャレンジするようだ。

保健師になるため、大学で単位を揃える方が増えている。
大学で成績優秀な方は、
4年間でその単位を揃え、資格試験に臨む。
看護師と同時に保健師になることも可能だ。

専門学校の場合は看護師を取得後となる。
専門学校の保健師過程へ1年間通い資格試験に臨む。
その方は、今、働いている病院が委託されている
「地域包括支援センター」の保健師になりたいとのことだ。

大学に編入し「大卒」を目指しながら、
保健師を取得することもできるかもしれない。
まだ「当分先の話」になりそうなので、
大学生になることも含めて、考えていきたい。

いつまでも続けられるために、保健師を狙う。
それもまた、ひとつの考え方だ。
看護師の資格を取得することにより、
次の道もまた、広がっていく。


  

Posted by 星野 健 at 00:01Comments(0)看護パラレルキャリア・ラボ

2018年08月12日

【号外】30年ぶりの学級通信 ~同窓会ver.~


 ~「サプライズ」にならず…~

3年G組の皆さん、お元気ですか。
お久しぶりです。担任の星野です。
30年ぶりの同窓会、楽しんでいるしょうか。
今回「サプライズで登場できれば」と思いましたが、不可能となりました。

幹事のYさんからは、私にも連絡いただきました。ありがとうございました。
そして、いろいろな情報のやり取りもしました。
そのとき、顔と名前がすぐに頭に浮かびます。
2年連続での担任したクラス・初めての卒業生は、やはり特別な存在なのでしょう。

あの頃を思い返すと、「感情のまま」ぶつかっていた毎日だったような気がします。
傷ついた方も少なくなかったでしょう。お詫びします。
そして裏表なく、皆さんも私に感情をぶつけてきました。
私も毎日が大変でした。そして学級通信を出来る限り書いていました。

今ではそのことも、私の中で思い出に変わっています。
そして、今でも卒業文集に書いたままの生き方を、貫いています。
「形や世間の評価に関わらず…」
相変わらず「苦労する方」へと、自分を動かしているようです。

昨日はNPOの活動で、京都での「お話し会」での司会。
https://twitter.com/akihiko_tsuda/status/1028581207972311040
今週は18日に看護学校で講演会。
19日に塾でイベント開催。…相変わらずです。

まだまだ私も、やりたいことがたくさんあります。
55歳になりましたが、あと25年は「働きたい」と思っています。
皆さんの近況はどうでしょうか。
また、次の機会に出会えることを楽しみにしています。
  

Posted by 星野 健 at 19:32Comments(0)雑記帳時事

2018年08月10日

不登校だと進学が… ~可能性を探る~


 ~道は多様にある~

塾での雑談。
「中学3年で不登校の方が、進学できるか悩んでいるのですが…」
という内容。
進学する方法はあります。また、大学進学を目指す道もあります。

「今の場に戻る」選択は、厳しいかもしれません。
ましてや今から『調査書』のために、
学校へ通うことを強いても、意味はない時期です。
『今の状態から進学』を考え、そこを卒業後を想像してみるといいでしょう。

「次の場」の選択肢。
中学で不登校でも、高校から通学している方も少なくないのです。
特に、私立高校・通信制高校・サポート校…今では多様な進学が考えられます。
高校から大学へも同様。様々な入試を通して「次のステージで輝く」ことはできるのです。

中学時代不登校で、学力面で心配な社会人の方も、
私の塾には何人も通っています。
努力の末、准看護学校を受験し合格。
准看護師、進学して看護師への道を歩んでいる方も少なくありません。

「次のステージで輝くこと」
選択肢に入れてみませんか。
8月19日のイベントに参加希望の方は、
下のこくちーずから申し込み可能です。
https://www.kokuchpro.com/event/e043b3933ed3d5d22dae444f43f4d270/

塾では個人相談・個人指導が基本になっています。
上記イベントのように、多くの方と交流を希望されない場合は、
下の入口から、個人相談の申し込みも可能です。

入塾希望の方は無料相談で。
RESERVA予約システムから予約する
匿名での1度きりの相談は、下の入口からとなります。
RESERVA予約システムから予約する

明日から2日間、ブログは休止します。  

2018年08月09日

いよいよ明後日 NPO法人しーそー お話し&交流会


 ~「Cafe & Office しーそー」の試み~

私自身も、楽しみにしている会が明後日、開催される。
お盆の初日。多くの方に集まっていただきたい。
申し込みはまだ、間に合うようです。


津田さん渾身のお話し会。
NPO法人しーそーの目指す「Cafe(居場所) & Office(仕事場)」が、明らかになる。

7月7日からの延期。
津田さんは「話したかった」気持ちから、次のようにツィート




この内容で、話が進むことでしょう。

その会で、司会・進行を務めることになっている。
出来る限り、私が話す時間を減らし、
津田さんや参加者の方々の意見を伺えるようにしたい。
教師は「しゃべりすぎる」ので、用心しないといけない。

交流会も予定されている。
ツイッターで交流している方。
クラウドファンディングがきっかけの方。
はじめてお目にかかることができ、楽しみにしている。

役割を担いながら、
「より多くの方に満足していただける場」をつくっていきたい。
そして、NPO法人しーそーが目指す場を、
少しでも早く実現できるよう、動いていきたい。

ブログは11日~12日の2日間休みます。
13日(月)より再開予定です。  

2018年08月08日

映像授業で「学び」 ~「習っていない」ことの補充~


 ~看護師を目指す20歳~

塾での進学相談。
現在20歳。看護専門学校受験を考えている。
定時制高校職業科卒業。
これから本格的に勉強に集中し、合格を目指す。

まずはスタート位置の確認。
高校で習った教科書内容は、
大学受験に対応していない。
さしあたり「習っていないことの補充」が必要だ。

最近では出来のいい「映像授業」が、たくさんある。
テキストが販売されているものもある。
自分の「わかりやすい」と感じるものを選び、
無料または有料のものから、選んでいく。

映像授業の良さは「自分のペース」で学べること。
私も放送大学で教員免許を更新したが、
大学に通う時間を拘束されず、効率よく学べた。
わからないところは、何度でも見返せばいい。

ただ、どうしても「わからないところ」はある。
その時に、通塾すればいい。
映像授業が終わってからが、いよいよスタートライン。
受験に合わせて、塾での問題演習となる。

まずは自分のペースで。
是非、頑張ってほしい。
  

Posted by 星野 健 at 00:01Comments(0)看護

2018年08月07日

クオリティー・オブ・ライフの向上


 ~久しぶりの通塾~

日曜日。1年ぶりに通塾した方と話をした。
Readyforでシングルマザー支援をしていただいた方だ。
第二看護進学を目指して勉強を始めた直後、難病となり、この3月まで入院生活が続いた。
当然、受験は断念した。

今後は、日常生活に慣れるのが目標。
外に出て長時間働くこと、進学して学ぶことは、今後もかなり厳しい。
これからはQOL(クオリティー・オブ・ライフ)の向上が目標。
「できる範囲で、できることをする。」…そんな『何か』を是非、見つけてほしい。

人は置かれた条件から、考えていく。
しかし、この方のようにその条件は、『いつまでも続く』とは、限らない。
その時々で考え抜く。『猫』のような判断が必要だ。
そして生き抜いていく。

QOLの向上は、病院に入院後に考えることが多い。
しかし、普段からその視点を持つことで、幸せに生きられる。
今の時点から「やってみよう」「なんとかなる」と感じ、「自分らしく」生き、
そして支えられた感謝「ありがとう」となることを目標に。  

Posted by 星野 健 at 00:01Comments(0)看護ひとり親支援