2018年01月10日

シングルマザーによるシンママのための講演会 ~赤石さんが岐阜に~


 ~2月17日 13時から メディコスにて~

シングルマザーによるシンママのための講演会が行われます。
詳しくは以下の『こくちーず』にて書かれています。
https://www.kokuchpro.com/event/9340af99babb073034d180c20580fe97/#_=_

赤石さんは、NPO「しんぐるまざーず・ふぉーらむ」の理事長として活動されています。
過去に紹介した『シングルマザー365日サポートブック』
の発行もされています。
http://nyoki.mino-ch.com/e33248.html

また、無料での情報も多く発信されています。



申し込みも以下のサイトからできます。
https://www.kokuchpro.com/event/9340af99babb073034d180c20580fe97/#_=_
今のところ、席は空いているようです。




そして、お祝い金事業の案内は下のページから。
寄付が多いと300名より人数が増えるそうです。
http://www.single-mama.com/congrats2018/  

Posted by 星野 健 at 00:01Comments(0)時事ひとり親支援公開講座参加

2017年12月22日

シングルマザーに厳しい日本



生活保護基準の引き下げが。 


さらに母子加算も減らされる。




地方では
「生活保護か車か」の2択が迫られる。
岐阜県の生活保護率が低いのは、このためか。


塾に通うシングルマザーの方々は、ほとんど車で通ってくる。
生活保護ではなく車を選んでいる。
そして、自分で生計を立てようと看護職を目指している。
このシングルマザーに厳しい環境の中で、頑張り続けている。

今年度も前半の入試で、夢が叶った方もいる。
これから夢を叶えようと、努力している人もいる。
シングルファミリー応援を、私の塾でも行っている。
ハートフルファミリー会員証を、ぜひ手に入れてほしい。
http://single.hartfullbank.com/



  

Posted by 星野 健 at 00:01Comments(0)ひとり親支援

2017年12月10日

根拠となるもの 根底にあるもの ~国家予算~


 ~世の中は、どこへ向かっているのだろうか~

あまりの内容に、目を疑うニュースが飛び込んできた。


その根拠はここから来ている。


しかし、これを繰り返せばどうなるのか。


しかも…


根底にあるのは、ここかもしれない。


家計と同じ算段をしていないだろうか。

総額が決まっている。
そして、声が大きい所に予算を回さないといけない。
では「どこをどう削ればいいのか」という思考。

根底にあるものから、「都合のいい根拠」が出てくる。  

Posted by 星野 健 at 05:14Comments(0)雑記帳時事ひとり親支援

2017年11月30日

「お子様との通塾」も出来ます ~看護受験のための通塾~



問題提起に対し、相手の選択肢を自分の中に取り込むこと。
それが『思いやり』になるのでしょう。


多くの選択肢を持ち、時に応じて対応していく。
塾でも『アップデート』は、常に考えるようにしています。



曜日・時間・回数・その間のお子様のこと…親が看護受験をする場合でも
制約を取り払えば塾に通い、学ぶことはできるのです。
さらにネット予約により、通塾はますます便利になりました。
『塾・ほしの』は、自分の都合に合わせて通うことができるのです。 

一緒に学ぶことも

フリースペースで過ごすことも

親子同時指導も

全て可能です。
お子様の費用は、一切かかりません。
  

Posted by 星野 健 at 00:01Comments(0)看護ひとり親支援

2017年11月23日

准看護受験もラストスパートへ


 ~PTAの仕事が忙しく~

「ここのところ、勉強ができていません」
久しぶりに通塾したシングルマザー看護奨学生の言葉。
働きながらの通塾、自宅学習が大変なことはわかる。
それ以上にPTAの「次の役員探し」が大変な状況だという。

PTAの役員は、後で苦労することがないように
低学年のうちに早めに引き受けた人もいる。なので、
学年が上がるにつれ、次の引き受け手を探すのが苦しくなる。
本部役員も同様。見つからないと「引き続き」という場合もある。

探し始めたら、探し切らないと同様の苦労が来年も続く。
准看護学校入学後に続くのは、厳しくなる。
なので今、頑張って探しているのだという。
時間があれば「受験勉強に専念したい」時期なのに…

それでも少しずつでも、
たとえ塾に来た時だけでも、
「やらないよりはまし」である。
「やっていない自分」よりは、力はついている。

ジレンマはこれからも続くかもしれない。
しかし、焦ってはいけない。
あきらめてもいけない。
出来ることを1つづつ。


  

Posted by 星野 健 at 00:01Comments(0)看護ひとり親支援

2017年11月20日

軽バンサンタプロジェクト ~ハートフルファミリー~

ハートフルファミリー
 ~サンタクロースからのお手紙も~

ハートフルファミリーからのお知らせ
http://hartfullbank.com/%E8%BB%BD%E3%83%90%E3%83%B3%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%82%BF%E5%BF%9C%E5%8B%9F%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%83%A0
「関東エリア外の方は、サンタクロースからのお手紙の送付」となるそうです。
これなら岐阜でも参加できそうです。

締め切り:2017年12月1日
応募資格:ハートフル会員の方
無料会員登録がまだの方はこちらより登録を済ませ、ご応募ください ≫
当選の方へはハートフルファミリーよりご連絡いたします!

ハートフルファミリーHPに、『塾・ほしの』のバナーを作っていただきました。
http://hartfullbank.com/%E5%85%A8%E5%9B%BD%E3%81%AE%E6%95%99%E8%82%B2%E3%83%BB%E5%AD%A6%E7%BF%92%E3%81%AE%E6%94%AF%E6%8F%B4
支援内容の詳細は、以下となります。

初回から塾生料金となります。
※1回1時間    
個人指導:3,000円
兄弟姉妹同時指導:2名 4,000円
         3名 6,000円(1名あたり2,000円)
教材費は無料となります。
(塾教材の貸し出し等で対応します)

11月16日に、FBでも紹介していただけました。
https://www.facebook.com/pg/heartfullfamily/posts/
ちなみに『ひげ』は防寒用です。春には剃る予定です。
普段は作務衣を着用し、教えています。
  

Posted by 星野 健 at 00:01Comments(0)ひとり親支援

2017年11月14日

握手マーク提携店舗に ~シングルファミリー支援~

『塾・ほしの』は、握手マーク提携店舗として応援参加することになりました。
一般社団法人ハートフルファミリーからステッカーを送っていただきました。
http://hartfullbank.com/
上記、一般社団法人ハートフルファミリーHPには、いろいろな情報が載っています。

塾の入り口にはステッカーが貼ってあります(エキテンステッカーのとなり)。

シングルファミリー支援を、私の塾では行っています。
塾での入塾相談時に、ハートフル会員証を提示してください。
①初回から塾生料金での通塾 ②教材は塾のものの貸し出しなどで対応
で支援させていただきます。

また、親が看護受験などのため通塾する場合については、
親子での通塾が可能です。
その際に、お子さんの費用は一切かかりません。
入塾相談の申し込みは、下からとなります。
RESERVA予約システムから予約する

また、来年度以降もクラウドファンディングを行い、
シングルマザー看護受験支援を続けたいと思っています。
今年度も実施中です。
https://readyfor.jp/projects/KANGO2017
  

Posted by 星野 健 at 00:01Comments(0)ひとり親支援

2017年09月28日

鞄の重さ、宿題の量 ~「耐える子ども」をつくるため?~


 ~中学生・肩掛けカバンも消える~

「小1って、こんなに忙しかったですか?」
シングルマザーの親子指導で、母親から出た言葉。
毎日、漢字ドリル・計算ドリルの練習。学期内に3度繰り返しの義務付き。
出来ないと長期休みに補充。教科書音読は家庭で。親の認印がいる。

お子さんは放課後、学童保育で過ごす。最長19時まで。
まず教室で過ごし、宿題をやらないと外には出られない。
さらに暗くなる前に終わらないと、外に出ることはできない。
グランドでは、一旦家に帰った友達が遊んでいたとしても…。

「ランドセルが大きくて、重い。」…次の話題に移る。
教科書のA版化。それに伴いランドセルが大きくなる。
さらにカラーページが増え、紙質もよく、1冊が重い。
中学でも同様。「置き勉禁止」もあり、全て持ち歩く。

中学生の「肩掛けカバン」が見られなくなった。
あのカバンでは、全てを持ち歩くことはできない。
今ではリュックに変わっている。
まるで「登山」に行くかのように、登校する姿を見る。

「耐える子ども」をつくるために…
そんなキーワードが、会話から出てきた。


授業においても同様。上記のように海外の教育は変化している。
「子どもに対する姿勢」は、日本特有になっていくのだろうか。  

Posted by 星野 健 at 00:01Comments(0)時事ひとり親支援

2017年09月16日

ハードルの違い ~「高さ」「跳び始めの位置」~


 ~大人として、出来ることをする~

統計を見る度に、暗澹たる思いになることがある。


生まれながらにしての不平等。
選択できる進路の幅の違い。
そして目の前にあるハードルの「高さ」「跳び始めの位置」が違う。



岐阜県の高校生には、ライフプランを考える冊子が配られる。
http://www8.cao.go.jp/shoushi/shoushika/kiremenai/pdf/no3pdf/gifu1report.pdf
『人生の早い段階でライフプランについて考えることで、就職から結婚、妊娠・出産、子育てについてイメージを描くと
同時に夢を持つことができる。』という効果を狙っている。

配布された冊子を見て、高校生はどのように考えるだろうか。
http://www.pref.gifu.lg.jp/kodomo/kekkon/shoshika-taisaku/11236/lifeplanningbooklet.html
「高さ」「跳び始めの位置」が違えば、見えてくるものも違うだろう。
すべての子どもが「あれも・これも考えられる状況」を、作り出せているのだろうか。


  

Posted by 星野 健 at 00:01Comments(0)時事ひとり親支援

2017年09月15日

東濃地区の受験 ~土岐・多治見准看~


 ~どちらを選ぶか…~

シングルマザー看護奨学生の面接は終了しました。
決定した方は、遠くから通うことに。
准看護師を目指します。
志望校を現在、絞り込んでいます。

土岐か多治見か…。
例年同じ日に入試があります。
http://www.tajimishi-ishikai.jp/junkan_bosyuu.html
http://www.toki.gifu.med.or.jp/nurse/nurse2.htm

入試科目は同じ。
直前まで迷うことになりそうです。
近い学校で同一日入試の場合、入試倍率は低くなります。

多治見准看の場合、2次募集がある場合、
英語が入試科目から減ります。
入試科目が減ることで、他校受験者も受験しやすくなります。
合格発表後「2次募集がある」かは、問い合わせとなります。

遠くから塾に通う方は、毎年のようにおいでです。
過去にも、四日市・下呂・揖斐・春日井から1時間以上かけて通われた方もいます。
そのような場合は、2時間続けての受講・隔週で通われる方もいます。
自分の都合で通塾出来るので、いろいろな方法が取れるのです。  

Posted by 星野 健 at 00:01Comments(0)看護ひとり親支援

2017年09月13日

夢に向けて 歩き続けること ~今は叶わないにしても~


 ~いつか 通えることを信じて~

「ここまで頑張ったのに、悔しい。…教材は返却しましょうか?」
シングルマザー看護奨学生の中で、
受験までたどりつけない方が、少なくない。
「教材は是非、手元に残してください」と、私は答える。

受験勉強を続けられない理由は様々。
根本は「ワンオペ」によることが多い。

何か不都合なことが起こる。
それを解決するためには、自分が主体とならなければいけない。
そんな時に、勉強どころではなくなる。
ましてや進学してから、学生を続けられるかの不安が高まる。

「代わりに誰かが居れば…」
その思いが強いだろう。その
「頼りにするはずだった方」の介護のために、
進学を断念した方が、2年前にいた。

しかし、その方は夢に向かって歩き続けていた。
状況が変われば、いつでも進学できるように準備をしていたのである。
そして状況が変わり、入試直前3ヶ月前に決断。
見事「合格」となり、現在看護学生となっている。
http://nyoki.mino-ch.com/e33603.htm

今回、受験を見送った方も
「チャンスはまだまだある」と、信じてほしい。
そして、状況が変わればまた、チャレンジしてほしい。
走ることはできなくても「歩き続けること」は、できる。

そのための準備は、いろいろな方法がある。
個に応じて準備の仕方は様々。
時間のある時に、塾に一度来てほしい。
RESERVA予約システムから予約する

※看護奨学生再募集の受付は、終了しました。
状況により、募集再開する場合があります。
情報の拡散にご協力、ありがとうございました。  

Posted by 星野 健 at 00:01Comments(0)看護ひとり親支援

2017年09月07日

【塾・シングルマザー看護奨学生2017】再募集


 ~看護職を目指してみませんか~

昨日、看護奨学生の方に連絡したいことがあり、
塾から奨学生全員にメールを送りました。
そのとき、家庭の事情で奨学生を辞退するとの返事がありました。
残念ですが、毎年のようにこのような事態が起こります。

シングルマザーの方々は、
『ひとりでいろいろな事態』に、対応しなければなりません。
そのため看護職になるチャンスを、見送ることもあるのです。
塾では『看護奨学生リターンズ枠』で、来年以降のチャレンジを支えていくつもりです。
https://reserva.be/hoshino/reserve?mode=service_staff&search_evt_no=53eJwzMzM1twQAAzEBEg

奨学生を辞退された方がいるので、看護奨学生を再募集します。
※クラウドファンディングサイトReadyforにて、支援を募り、
プロジェクトは成立しています。看護奨学生制度は現在、スタートしています。
過去2年間で14名の方がこの制度を利用し、看護職への道を歩まれています。

<応募条件>※次のすべての条件を満たす方
・シングルマザーの方
・今年度、看護学校・短大看護学部 または 第二看護学校 または 准看護学校受験予定の方
・初期費用(1万円)を個人で準備、または支援者に協力していただける方。
・塾予約システム・リゼルバ(https://reserva.be/hoshino)を、自分で使える方(このネット予約ができる方)

・来年度クラウドファンディングに必要な、写真撮影に協力していただける方(顔は希望がなければ撮りません)
・多くの方に現状を知っていただくために、各種取材に応じていただける方(プライバシーは守られます)

<奨学生決定後の条件>
・「サンクスレター」を書いていただきます。
 (奨学生になれた喜びと感謝の気持ちを、すべての支援者の方にメールで送ります)
 ⇒実際に送るのは、塾のPCから一斉送信します。

<面接の結果>【看護奨学生となります】
・入会金・教材費・授業料など塾で支払う費用は、初期費用を除き一切ありません。
・受験日前日まで支援された回数(辞退された方の残り分22時間)、塾に通うことができます。
・お子様と一緒に通塾も可能です(お子様の費用も不要です)。

※2016年度のプロジェクト経過報告 https://readyfor.jp/projects/KANGO2016
 13名の奨学生の方に、授業枠計301時間分相当の支援をいただきました。
 受験直前まで通塾できた9名の方全員が、第一志望に合格しました。
 (公立看護学校1名、公立第二看護学校1名、医師会第二看護学校4名、医師会准看護学校3名)

先着順で決定します。
面接予約は、下のボタンから
RESERVA予約システムから予約する
  

Posted by 星野 健 at 00:01Comments(0)看護ひとり親支援

2017年09月01日

選択をするということ これからの人生が今までを決めるということ


 ~道は1つではない~

「どうしても、今年中に決めたいのです」
塾・看護受験相談にて、社会人の方から聞いた言葉。
もしそれが一番の望みならば、それ以外の条件を一旦排除する。
多く残った選択肢から、1つ1つ「実現可能かどうか」を探っていく。


確かに努力・我慢も必要だ。
しかし、選択によっては「無駄な努力」となることもある。
看護・社会人入試は高倍率になることがほとんど。
それでも可能性のある選択をすることで、看護師になるチャンスは開くことができる。


私は毎年のように、看護への道を選んだ社会人の方々に出会う。
「それがあったから今がある」
と、過去を大切にできる人ばかりに感じている。
人の痛みが分かるから、いい看護ができると。  

Posted by 星野 健 at 00:01Comments(0)看護ひとり親支援

2017年08月28日

夏休みが明けて ~社会人・看護受験勉強も本格的に~


 ~秋の夜長に~

今日から学校が始まるところも多いようです。
講師をしている岐阜聖徳学園でも今日から2学期。
課題テストからのスタートとなります。
私も含め『夏休み気分から、通常モードへ』と戻ります。

こうなると、社会人の方々の看護受験勉強も本格モードに。
お子さんや家族、親類とかかわる時間が増える夏休みは、
気持ちはあっても、なかなか勉強が手につかなかった方も。
お子さんが通常モードに戻ると、自分の時間が増えてきます。

いよいよ受験体制に入るチャンスがきました。
社会人入試は11~12月がピーク。
あと2~3か月で、入試となります。
教科数が少ない学校は、これからの追い込みで間に合いそうです。

一般入試は1月~2月がピーク。
現役高校生との勝負になります。
苦手な教科を先行し、大きな穴がないようにしたい時期です。
暗記教科ほど、時間がかかる人が多いようです。

特に今年度中に決めたい方は、方針が大切です。
『社会人入試は看護学校で、一般入試は准看護学校で』
という方も、塾には少なくありません。
小論文と中学数学を主に勉強をすすめているのです。

『一般入試も看護学校で』となると、勉強は過酷になります。
8月26日のブログで書いたように、現役高校生との勝負になります。
http://nyoki.mino-ch.com/e40925.html
『現役高校生が入学者の7割』という環境の中で、3年間勉強する覚悟も必要です。
  

2017年08月10日

今回のクラウドファンデイングを振り返って ~来年度につなげること~


 ~多くの課題が残った~

8月4日、3度目のクラウドファンデイングが成立しました。
ブログを読んで下さる皆さまにもご支援・拡散に協力いただき、
ありがとうございました。

これから書く内容は、
「クラウドファンデイングに挑戦している方」
「これから挑戦される方」
の参考にしていただければ幸いです。

私は過去2年間で2回のクラウドファンデイングを成立し、
プロジェクト自体も成功に終わることが出来ました。

初回は取材を受け、yahooニュースと
CBニュースでの拡散を得ることができました。
https://readyfor.jp/projects/KANGO/announcements/25420

2回目は、フォロアーが3万人弱の有名な方に
FBで紹介されました。
https://readyfor.jp/projects/KANGO2016/announcements/41824

さらにReadyforからも、
強烈なバックアップもいただきました。
過去2回ともReadyforメルマガ紹介だけでなく、
トップページ掲載、FB複数回紹介をされたのです。

それでも、2回とも終了10日前程度での目標達成。
ハラハラの毎日でした。

その反省の元、3回目の挑戦となりました。
今回はプロジェクト公開前に、
自力で目標金額の6割の支援を得ることに成功していました。
塾の「お得なリターン」を入塾者に3月から紹介し、購入していただいたのです。

公開後も順調でした。
過去2回の支援の方、
readyforで世話になった方からの支援も
すぐに得られました。

目標金額が先回より低く、1週間での達成。
安心感の中で第二目標へ。残り1ヶ月を過ごせました。
今回は初めてreadyfor公式ツイッターで、
新着記事のリツイートも2度していただきました。

今回の反省点は、Readyforでの
「公開プロジェクトが多い」という認識不足に尽きます。
過去2回は4000人以上の訪問を得ましたが
今回は600名弱の訪問となり、拡散不足に陥ったのです。

特設ページ以外では、自分のプロジェクトさえHPでは探せません。
その状況が最後まで続きました。
Readyforメルマガ・FBでの紹介は、
早期達成の影響もあり、一度もありませんでした。

確かに、目標達成がクラウドファンデイングで
一番大事であることはわかっています。
しかし、彼女たちの現状を知ってもらうことも、
同様に大事だと感じています。

今回は、私事である教員免許更新講習と重なり、
忙しさもあり、新着記事も半減してしましました。
この点でも、今回私は大きなミスをしています。

来年度もクラウドファンデイングに挑戦予定をしています。
・Readyforにて再度行う。
(クラウドの存在が貴重。複数回手数料割引もあり)
・目標金額に対し、掲載期間の長短を決定。
・「プレスリリース配信」に挑戦。

今回の経験を活かし、次につなげたいと思っています。
プロジェクトはこれからが本番。
彼女たちの願いが叶うよう、頑張ります。
https://readyfor.jp/projects/KANGO2017
  

Posted by 星野 健 at 00:01Comments(0)看護ひとり親支援

2017年08月04日

【クラウドファンデイング】本日23時で終了


 ~第二目標まで、あと少し~

本日、8月4日23時に本年度のクラウドファンデイングは終了します。


第二目標まであとわずか。
ご支援・拡散よろしくお願いします。

同様のクラウドファンデイングを2年間、実施してきました。
https://readyfor.jp/projects/KANGO
https://readyfor.jp/projects/KANGO2016
おかげさまで14名のシングルマザーが看護職への道を、歩み始めました。

「ありがとう」
という気持ちを胸に、彼女たちは受験の時に頑張っていました。
また、進学先でも同様に頑張っているようです。
「支えられたことに感謝し、人を支え感謝される仕事へ」
彼女たちの努力する姿に、私も頭が下がる思いです。

昨日も、塾にて1名の方に支援をしていただきました。
また、ネットからの支援もいただくことができました。
あと23時間でクラウドファンデイングは終了します。
私なりにできることを、今日一日、頑張ってみます。  

Posted by 星野 健 at 00:01Comments(0)看護ひとり親支援

2017年07月31日

シングルペアレント世帯の貧困率が世界一高い日本


~仕事をしているにもかかわらず~

看護受験相談が続いています。
今年も多いのが、転職を考える方。
医療事務・介護・美容師・保育士の方からが圧倒的。
特にシングルマザーでこの職業だと、給与面ではやはり厳しくなるのです。

「やりがいは感じている」
「できれば、この仕事を続けていたかった」
面接で、こんな言葉をよく聞きます。
不満は給与面の一点に絞られているのです。

舞田先生のグラフと記事で確認してみましょう。


推定年収のグラフ。男女差が激しい。時間を取って働くことが厳しい子育て期の女性が、
ひとりの収入で家計を支えることは、やはり苦しい。



やはり少しでも解決に向かわないと、現状は変わっていきません。
出来ることから、無理なく少しずつ。私も取り組んでいます。
https://readyfor.jp/projects/KANGO2017
クラウドファンデイングもあと5日となりました。
おかげさまでプロシェクトは成立し、第二目標に迫っています。
今後ともご支援・拡散、よろしくお願いします。




  

Posted by 星野 健 at 00:01Comments(0)看護ひとり親支援

2017年07月24日

看護奨学生・補欠登録1名決定 


 ~募集期間8月31日まで~

シングルマザー看護奨学生・補欠登録面接を行いました。
その方は准看護学校受験を希望されています。
面接の結果、補欠登録生となりました。
クラウドファンディングの結果により、通塾時間は変わります。

現在、クラウドファンディングは成立しています。
https://readyfor.jp/projects/KANGO2017
初期の看護奨学生の方は、1人あたり少なくとも23時間分の通塾は確保できました。
皆様のご支援・拡散に感謝します。

補欠登録生の場合、上記の看護奨学生の方の余りの時間のシェアとなります。
現在、1名の方の辞退があり、最低でも24時間分をシェアすることは決定しています。
今後、8月31日までの補欠候補生決定人数でシェアしていくのです。
今後、辞退が増えた場合・推薦合格者が出た場合、通塾時間は増えていきます。

たとえば、前年度は初期9名のうち4名の途中辞退がありました。
補欠奨学生4名の方にその権利が移りました。
また、推薦で合格された方の時間も含め、38時間の時間が余りました。
その時間は、看護奨学生リターンズ予約として今、活用させていただいています。

シングルマザー看護奨学生の補欠登録の募集を継続しています。
募集期間は8月31日まで。面接希望の方は、下の入り口からお入りください。
RESERVA予約システムから予約する
条件など詳しいことは、リンク先をお読みください。  

Posted by 星野 健 at 00:01Comments(0)看護ひとり親支援

2017年07月22日

Readyforプロジェクト・あと2週間 ~第二目標まで、あと少し~


 ~守り抜く。何があっても~

個人的な理由でこの1週間大変でした。
教員免許更新講習のメドが立ちました。
そうしているうちに、クラウドファンデイングもあと2週間となりました。
今まで、拡散・ご支援していただき感謝いたします。

この間に、塾にてご支援をいただき代理購入が1名、
ネットにてプレミアセットの購入をしていただきました。
ありがとうございました。2名とも看護受験を指導します。
お陰さまで、あと82000円で第二目標到達となります。

現状では、受験まで23回~24回の通塾となります。
第二目標到達となれば、週1回ペースの通塾となり、
さらに手厚い指導を行うことができ、彼女たちの夢が叶いやすくなれます。
あと2週間、ご支援・拡散よろしくお願いします。

現在1名が辞退。来年度以降の受験となりました。
そして本日1名の面接を行い、補欠奨学生とするかどうか決定します。
「守り抜く。何があっても」という想いを持ち、
シンクルマザーの看護チャレンジを支えていきます。

  

Posted by 星野 健 at 00:01Comments(0)看護ひとり親支援

2017年07月13日

Readyfor限定・看護受験プレミアセット 残り1つ


 ~不定期通塾の方に人気です~

Readyfor限定:看護受験プレミアセット 残り1つとなりました。
購入された2名の方は、現在働いています。
翌月のシフトに合わせて、複数回事前予約ができることも
プレミアセットを購入された理由の1つとなっています。

塾では、曜日・時間を決めた「年間予約」を除き、
ネット予約は病院予約のように「1予約限定」となっています。
そのため、受験が迫って来ると希望時間が取りにくくなるのです。
プレミアセットの場合、30時間分の事前予約が可能です。

このセット購入2名の方の予約しやすさを確保することだけでなく、
他の方の予約時間を確保するには、セットを追加販売することはできません。
このセットは先着1名となりますので、ご了承ください。
https://readyfor.jp/projects/KANGO2017
  

Posted by 星野 健 at 00:01Comments(0)看護ひとり親支援