2018年04月19日

塾もバージョンアップ ~『塾・2.0』~


 ~互いの都合でマッチング~

気になるツィートが。


このツィートに対し、お金2.0の著者は、




「互いに納得できる理由」があれば、
それが濃密で、充実した時間になる。
確かに学びについても、同様に感じる。テクノロジーの進歩により、
自分で求めれば、ネットで十分に学ぶことができる。

そして、
「それでもわからない」とき、
「それでいいのか、不安」なとき、
相談したり・質問できればいいのでは…と私は感じている。

私は塾のバージョンアップ『塾・2.0』を模索している。
必要な時にネット予約・個人指導が可能になったのは、
テクノロジーの進歩によるものだ。
https://reserva.be/hoshino

そして今年から、もう一つの挑戦も。

「次の生き方」を考える高校生・大学生の場づくりを始めている。
同年代が刺激しあい、次の自分を作る姿からも是非、学んでほしい。

『塾・ほしの』では5月15日まで、
【第4期】シングルマザー看護受験奨学生の募集中です。
詳細は下の入り口からご覧ください。
https://reserva.be/hoshino/reserve?mode=service_staff&search_evt_no=24eJwzMzS1AAACEQDV  

2018年04月11日

「大人の方」への指導 ~家庭教師との違い~


 ~個に応じての自由設定~

看護受験のため、塾で面接する方が増えています。
この時期は、ほとんどの方が「大人」の方。
『塾・ほしの』では、様々な形で受験相談・通塾が可能です。
RESERVA予約システムから予約する

受験相談のみの方は、1度だけの通塾です。
もちろん、勉強を進める中で困った時には通塾していただいても構いません。
また、『ココナラ』にて、ネット受験相談もしています。
https://coconala.com/users/41124

家庭教師との違いは、通っていただく分『安く』なることです。
スタッフは猫1匹(※出勤拒否も可能)なので、人件費は私一人です。
教材費も自由購入なので、希望があれば塾のものを買っていただく形です。
ですので、1回・1時間4000円(11回目からは3000円)以外の費用負担は、ありません。

通塾回数も、ネット予約で自由に決めていただいています。
『月最低〇回』という規定もありません。
入試まで、自分の都合に合わせて通塾していただいているのです。
もちろん、たくさん通っていただいてもかまいません。

鍵となるのは、『進路選択』と『家庭学習の進め方』となります。
受験環境を知り、自分に合った進路選択をし、家庭学習を進めれば、
大人の方も『看護職になる』という夢が叶うのです。
『塾・ほしの』をうまく利用し、夢の実現に向けてスタートしてみませんか?

5月15日まで、シングルマザー看護受験奨学生の募集中です。
詳細は下の入り口から
RESERVA予約システムから予約する
  

2018年03月02日

私が家庭教師をすると、割高に ~塾に通っていただくことで、割安に~


 ~「時給」からの換算~

私は家庭教師の依頼を受けることがあります。
現在、ほとんどの場合は、お断りをしています。
家庭教師として訪問する場合、1時間で10000円以上となります。
申し訳ありませんが「時給に換算すると、こうなってしまう」のです。

家庭教師をした場合、1時間の指導の前後に、
指導内容についての保護者の方への説明時間(大人は省略して指導時間に振り替え)があります。
さらに、そこまでの移動時間・準備の時間がかかります。
1時間の指導のために、その前後の時間も必要となるのです。

ですので、指導1時間に対し「2.5時間分10000円」をベースに換算しています。
さらに交通費等を加えてお願いすることになります。
私の塾では1時間4000円(11回目から1時間3000円)です。
塾に通っていただくことで、私が使う時間を皆様に「削減」していただけるからです。

「家庭教師の代わりの塾」として、
「困った時に相談できる塾」として、
『塾・ほしの』は1回から利用することができます。
ネットにて、必要に応じてご予約下さい。
RESERVA予約システムから予約する

※塾にお得に通塾出来るReadyforセットを先行販売中です。
http://nyoki.mino-ch.com/e44927.html  

Posted by 星野 健 at 00:01Comments(0)塾「24時間ネット予約」

2018年01月21日

新年度入塾生先行予約開始 ~定期通塾は、予約枠が多いうちに~


 ~曜日と時間を決めて、定期通塾~

第二看護受験も終わり、塾が予約しやすい状況になりました。
『塾・ほしの』は、大人を含め看護受験生の割合が多い塾です。
それだけでなく、中学・高校・大学受験にも対応しています。
中には不定期ではなく、定期通塾をされている方もいます。

『塾・ほしの』は、定期通塾も可能です。
定期通塾にすると、好きな曜日・時間帯を先行年間予約できるのです。
さらに都合に合わせてネットで変更・追加予約も可能です。
年間予約が取りやすいこの時期に、3月・4月からの先行予約をすることもできます。
(※入会金1万円が必要。初回無料、2回目から塾生料金となります)

・現役高校講師が個人指導
・家庭教師のようにオーダーメイド
・家族でも学べる学習塾
・ネット予約で自由に通塾

ネット予約で必要な時に通うことができるのが『塾・ほしの』です。
現役高校数学講師・准看護学校講師の個人指導で高密度な学びができるのです。
中学・高校受験は5教科に対応。大学・看護受験は数学・小論文を学べます。
他塾教材も含め、問題を持ち込んでの質問も可能です。

シンプルな料金設定(税込み)
1回1時間で4000円 11回目から3000円(先行予約を除く)
親子通塾は、お子様無料。兄弟姉妹・友達との同時通塾割引もあります。
希望購入される場合の教材費を除き、その他の費用はありません。

個人指導なので、あらゆるニーズに対応しています。詳しくは、エキテンHP
http://www.ekiten.jp/shop_1441812/
をご覧ください。入塾相談もネットからできます。
下の入口からお入り下さい。
RESERVA予約システムから予約する

  

Posted by 星野 健 at 00:01Comments(0)塾「24時間ネット予約」

2017年12月28日

「個」を優先する塾 ~「塾・ほしの」~


 ~「対等なかかわり」が基本姿勢~

「今まで塾に通ったことがない中学生」が入塾相談に。
友達から聞いていた塾のイメージとの違いに、困惑しいる様子。
逆に、その母親は落ち着いていた。
看護受験のために私の塾に通っていたからだ。

友達から聞いた塾のイメージは、こんな感じだろう。主体は塾にあり、塾での時間が増える
①通塾時間が決まっている。そのときの学習内容が決まっている。
②塾指定の教材があり、宿題が出る。
③自習室への通塾が、推奨されている。

「塾・ほしの」では、塾のイメージが狂う。主体は「個」にあり、自分で時間を決める
①通塾時間も回数も学習内容も、通塾する自分がその都度決める。
②学ぶことが決まったら、自分でネットで予約し通う。自習室はない。
③塾の教材は「なし」。宿題も「なし」。どんな教材の持ち込みも可。必要な塾教材の購入はできる。

通った時に、学習内容を言ってください。
塾での指導は、塾長の私だけです。
中学生ならどんな教科でも、どんな相談でも、いつでもできます。

と伝えている。

対等なかかわりから、
「必要な時に必要なこと」を。  

Posted by 星野 健 at 00:01Comments(0)塾「24時間ネット予約」

2017年11月25日

『プログ掲示板』開始 ~塾の前にて~


~寺の掲示板をヒントに~

気になるツイートが。


私の場合に置き換えてみる。
寺報(寺院広報紙)がこのブログだとすれば、
「伝道掲示板」「定例法座」を私は行っていない。

確かに、この掲示板はインパクトが強かった。
『悪魔の言葉』を寺の掲示板に貼る大胆さ。
そして、そこに込められている意図を探るのが楽しかった。


『求めて見る』のがブログだとすれば、
『何げなく見てしまう』のが掲示板なのだろう。
私も講師をしている高校入り口の掲示板を、
通るたびに何となく見ている。

この「掲示板」を塾でもやってみることに。
インパクトを求めるのではなく、ブログをそのまま貼ることにした。
字は小さくても『毎日発信していること』だけでも、
まずは伝えてみよう。  

Posted by 星野 健 at 00:01Comments(0)時事塾「24時間ネット予約」

2017年09月19日

「パーソナル支援」塾・ほしの ~ネット時代とともに変化~


 ~「つどい@塾」でスタート~

「遠くから、わざわざありがとうございます」
今年は、遠方から2時間近くかかっても通塾される方が多い。
特に春日井市在住・勤務の方からの予約が増えている。
近隣の方を中心に教えていた、つい最近までとは、大きな変化だ。

時代とともに、私の塾は変化していった。
私だけが教えている個人塾なので、
私自身の思いで、すぐ変化することができる。
今の姿に大きく変わったのは、3年前だ。

Readyforとの出会い。
シングルマザー看護奨学生制度の創設により
「少人数個別指導」から「パーソナル支援」へと変化した。
ネット予約により「個人の都合を最優先」へと変えた。
RESERVA予約システムから予約する

シングルマザーの方々が通える塾への変化は、「誰もが通いやすい塾」への変化となった。
たとえば、高校生が質問があるときに、学校帰りに通う。
中学生が定期テスト前だけ、集中的に通う。そして、遠方の社会人が必要な時だけ通い、2~3時間集中して学ぶ。
ネット予約システム利用しての通塾が、現在では大半を占めるようになった。

同時に、ネットで学べる時代が来た。
私もこの夏、ネット学習で教員免許の更新をした。
ネットは「いつでも必要な時に、必要なだけ学ぶことはできる」ことが、最大のメリットだ。
しかし、自力では何ともならないときもある。ネットでの質問のやり取りは、タイムリーでない。

そんなときに対面で質問ができると、効率的に学びは深くなる。
同じ空間でのかかわりにより、互いに感じ取れる部分は大きい。
タイムリーな試行錯誤を繰り返し、「よりよい選択」を探ることができる。
その場で試すことにより、発展的な学びへと深化する。

このようにネット時代となり、私の塾の役割も変わってきた。
学習を個別に「指導する」ことから、パーソナルな状況を「支援する」形へ変化した。
1度だけの相談の方もいる。回数を多く、期間を長く通塾される方もいる。
それぞれ私が考えていた以上に、みなさん上手に塾を利用されている。

おかげで1年間に支援できる方の総人数が、年々増えている。
「より、誰もが通いやすい塾」へ。
まだまだ変えていく余地は、あるだろう。
これからも、考えて続けていきたい。  

Posted by 星野 健 at 00:01Comments(0)看護塾「24時間ネット予約」

2017年05月16日

兄弟姉妹同時予約 ~予約ボタンを設置しました~


 ~一緒に頑張りたい時に~

日曜日、姉妹同時指導を2時間連続で行いました。
1人は私立中に通っている2年生。中高一貫用教科書の「幾何」・相似の質問。
もう1人は高校1年生。数Aの「集合」、数Ⅰのバスカルの三角形を使った展開の質問でした。
説明・実践演習・確認の繰り返しで、2人とも理解を深めることができました。

2人とも、今月末に中間テスト。テスト直前にもう一度通うことに。
普段は「自分で勉強する習慣」が、2人ともついています。
テスト前『苦手なところ』に絞っての質問のため、通塾となりました。
一緒に塾に通える週末に通い、それぞれのテストに向かうことになります。

このように、私の塾では
『兄弟姉妹同時指導』
も行っています。
今回、その予約専用ボタンを設置しました。
RESERVA予約システムから予約する

質問内容により、個人予約・兄弟姉妹同時予約の使い分けが効果的です。
『それぞれ1時間ずつ』…質問が多い時。『解ればできる』内容の時。
『2時間連続で2人で』…演習・確認が必要な場合。『解ってもできない』内容の時。
同じ2時間の使い方でも、慣れてくると『シェア』『同時』の使い分けができるのです。  

Posted by 星野 健 at 00:01Comments(0)塾「24時間ネット予約」

2017年03月16日

課題に真摯に向かう ~高校は「課題テスト」がポイント~


 ~苦しくても、やり切る~

公立高校に合格した方々、おめでとうございます。
いよいよ新しい生活が始まりますね。
合格の喜びも一瞬で消えるような「課題の山」
高校はこれから「容赦なく、課題」を出してきます。

そして休み明けは「恒例の課題テスト」となります。
新入生だけに限らず、在校生である1・2年生にも
「春休みの課題」が出され、その内容を基に「テスト」があるのです。
課題を「やりこなす」だけでは、評価につながりにくいのが難点です。

中間・期末テストは「授業で習ったこと」から、ほとんど出題されます。
授業・宿題を通して時間をかけて習熟し、それを試されるので差は小さくなります。
それに対して課題テストは、中間・期末テストより「大きな差」がつく傾向があります。
自分の努力が「そのまま」点数として、自分に戻ってきます。

特に習っていない内容に対して、もしくは「応用的な課題」に対して、
授業も解説もなく「自ら学び取る力」が試される場合もあるのです。
また、習っていない内容の「暗記」が課題となることもあります。
一日あたり「どの程度、暗記」をするのか、「段どり力」も試されます。

また、公立不合格で私立に通うことになった方も「課題」が招集日に出されます。
それは「私立推薦・単願」の方と、同一内容の課題です。
ということは、その方たちとの比較し「課題テストまでの取り組み期間が短い」ということ。
集中して取り組まないと、最初のテストで痛い目に合うことになります。

課題に真摯に向かう
「実力で勝負する方」は、まさにそれを試されることになります。
「評価で勝負する方」も、課題提出・テスト結果が評価に反映されることも意識していきましょう。
課題テストが悪かったために、学期評定が悪くなることもあるのです。

どうしても困った時、同じ学校へ進学する人と
「教えあう」ことも大切です。しかし一方的に「頼る」ことでは、力が付きません。
塾へ通う時も同様です。「どこまで自分で考えたのか」「何がわからないのか」
はっきりさせた上での通塾が、効率的になります。

高校生は特に、私の塾を上手に「使いこなして」います。
必要な時にだけ「質問をためて」ネット予約をして通塾してくるのです。
「数学」の場合、独学ではどこかで「つまって」しまうと、なかなか前に進めません。
そんなときだけ、不定期に通塾してくるのです。

四月までは新規の方も、初回クーポンが使えます。
https://reserva.be/hoshino/reserve?mode=service_staff&search_evt_no=36eJwzMzM3NwEAAzIBDw
通ってくる生徒を教える度に、普段は自分でやり抜く「たくましさ」を感じています。


高校生として、どう過ごすのか。この記事も参考になります。

いよいよ高校生としてのスタートです。
スッキリした気持ちで、入学式を迎えられるように、
これからの「準備期間」を過ごして下さい。
私も皆さんとの出会いを、楽しみにしています。  

2017年02月07日

本日から予約が取りやすくなります ~「朝学」スタート~

 
 ~今年も駆け抜けて~

5日の岐阜市医師会准看護学校入試で、
塾の看護受験指導も一段落。
10月からこの2月にかけて、予約が取りにくい状況が続き、
大変ご迷惑をおかけいたしました。

今日からは、予約が取りやすくなります。
また、3月中旬までは水・金に限り早朝予約の「朝学」を、
また3月中旬から下旬までは、午前にも予約が取れるように
予約時間枠を増加しました。

『塾・ほしの』は「自分の都合に合わせて通える塾」です。
塾生に限らず、困った時に勉強・受験相談にご利用ください。
個人指導なので、それぞれのニーズに対応できます。
ネットから希望に合わせて、ご予約下さい。
RESERVA予約システムから予約する
※塾・ほしのは「不定休」です。

このreservaによる予約方式に変えたのは、
シングルマザー看護奨学生が、通いやすくするためです。
「いつでも予約ができる」ことからスタートしました。
また、都合によるキャンセル・変更もネットでできるからです。

シングルマザーの方にとって、
自分の時間を見つけることは大変です。
子育てしながら、仕事もし、その上で学習時間もつくるのです。
基本はワンオペになっているからです。

予約される時間も、深夜・早朝・授業直前が大半。
「このシステムでないと、通塾が苦しかった」
という意見を多く聞きます。
「不定期通塾・ネット予約」が彼女たちを支えたことになったのです。

実は、塾で「ネット予約が使うるのかどうか」も、
全く解らない「手探り」な状態でした。
ただ、現状を変えるには「これしかない」という思いだけでした。
やってみてやはり正解でした。

さらに相乗効果が出たのです。このシステムは、
シングルマザーに通いやすいだけでなく、
「全ての方に通いやすい状況」を作り出せたのです。
今ではネット予約で通われる方が、塾では大多数となりました。

また、去年からの受験状況を見ても、
少ない通塾時間でも、良い結果が出ているのです。
主体的に自宅で学び、塾を利用することで、
「段取り力」がついたようです。

また、進学後の成績に効果が出ています。
「自分でやれることはやる」癖がついているので、
当然のことでしょう。もし困ったときがあっても、進学しても
「塾に不定期通塾」すれば済むのです。

おかげで多くの方に、塾を利用していただけるようになりました。
昨日の受験報告ラッシュは、とてもうれしい状況となりました。
これから准看受験・高校受験の報告も楽しみです。  

Posted by 星野 健 at 00:01Comments(0)塾「24時間ネット予約」

2016年04月23日

寛容と包摂 ~reserva導入で100人目突破~


~スマホでの予約も~

去年、3月中旬に塾・予約システムとして
reservaを導入した。
https://reserva.be/hoshino
そして、昨日の予約で顧客名簿が100人目となった。

かと言って、100人の塾生が存在するわけではない。
中には、受験相談・入塾相談のみの方、
看護奨学生の面接だけの方も当然、含まれている。
しかし、この1年間・塾で100人の方と話した事実はある。

reserva導入のきっかけは、
「もっと自由に塾を使ってほしい」から。
特に社会人塾生の多い私の塾では、
定期通塾のハードルを下げることが、課題だった。

reservaのおかげで、マッチングによる通塾が可能になった。
主体は塾生。私の空いている時間を公開し、
自由に予約していただく。特に私がすることは、
人が増えた時期に、空き時間を増加することだ。

その結果、話をできた人が増えた。
多くの方から私も学び、いろいろなことを伝えることができた。
そして今年は、noteでも塾で話している内容を公開している。
https://note.mu/jukuhoshino/m/me695b99244ab
https://note.mu/jukuhoshino/m/mdaa9ecc9526a
https://note.mu/jukuhoshino/m/m507eb384d144

平田オリザさんの言葉を借りるなら、
入試は「競争と排除」の世界、
そこに挑むとき、どこでもいいから、
「寛容と包摂」の世界があれば、という思いが私にはある。  

Posted by 星野 健 at 00:01Comments(0)塾「24時間ネット予約」

2016年02月21日

予約する時間・ドタキャン ~インターネット予約で感じること~


~ネット予約にも、特徴が~

インターネット24時間予約「リゼルバ」
導入して、もうすぐ一年になります。
電話予約とネット予約の比率は、今では1対9に。
新規申し込みに限れば、さらにネット比率は上がります。

その予約にも、特徴があります。
高校生に多いのが、本人による「土壇場予約」。
学校が終わる夕刻、当日の予約。
明日のテスト「なんとかして~」という内容です。

中学生の場合、保護者による予約。
週単位の人は、普段は自分で。定期テスト前は、質問を貯め込んで。
年単位での予約の人は「学習習慣づくり」のため。
週1回・1時間の通塾が多い傾向があります。

社会人の場合、深夜・早朝・昼前後での予約がほとんど。
自分のことをじっくり考えられる時間が、
その時しか、ないのかもしれない。
勉強に専念できる環境の方は、レアだと感じています。

キャンセルが多いのも、社会人。


私の「ドタキャン」に対する姿勢。
http://nyoki.mino-ch.com/e27103.html
見直しが、必要だと感じています。
  

Posted by 星野 健 at 00:01Comments(0)塾「24時間ネット予約」

2016年02月13日

中学生期末テスト前の通塾 ~不定期で、回数を増やして~


~ネット予約で、回数・時間を自由に設定~

塾では、中学生の予約が増えている。
受験前・期末前のこの時期、質問をためて持ってくる。
この時期は、数学の図形証明、理科の電流の質問に偏る。
その他は、自分でコツコツとやり切れるようだ。頼もしい限りだ。

ネット予約のおかげで
「主体は自分」
という意識の生徒が、増えてきた。
段取る力がつくと、高校で一気に伸びる。

1人で勉強に対峙し、それでもわからない苦しみ。
その苦しみの上での納得は「ストン」とくる感覚。
友達との交流で、わかりやすい解説を読んで、塾で…
意識的に求めれば、いろいろな場面で「ストン」は起こる。

入試まで、期末まで…
区切りがあるから集中して取り組める。
あと少し、やりきる気持ちを持ち続けてほしい。  

Posted by 星野 健 at 00:01Comments(0)塾「24時間ネット予約」

2016年02月10日

公立高校受験相談 ~いろいろな形で~


~出願前に~

駆け込み相談。

内容は「公立高校受験」について。
私の塾でこの時期、毎年のように行っています。

指導を継続してきた塾生ではない場合、
「先生、公立一本で勝負したいのですが…」
との相談が多いのが現状です。

事情はそれぞれ違っています。
・経済的な事情。
・私立が不合格だった。
・成績が悪く、受けられなかった、
・不登校なのでどうすれば、など…。

このような場合に限らず、
塾・ほしのでは、いろいろな形で受験相談を行っています。

高校受験で「この時期から入塾」ということを考えていない方も、多いと思います。
そういうときには、塾外生予約という方法があります。
1度だけの相談、わからないところだけの質問を、塾生でなくても相談できます。
下の入り口から、ご予約下さい。
RESERVA予約システムから予約する

また、また、ココナラでは、遠くに住んでおられる方、
また、匿名で相談したい方に進路相談・受験対策を行っています。
約3往復のメールのやりとりで、個別の相談に応じることができます。
https://coconala.com/services/7862
岐阜地区以外の相談については、答えられない場合、
「キャンセル」となります(料金は不要です)。ご了承下さい。

さらに、下のnote有料記事にて、「公立高校一本勝負」における基本的な考え方について書いてあります。
通塾ができない方、ココナラでのやりとりによる個別相談は不要の方、
基本的な私の考え方だけ知りたい方は、下の入り口からお入り下さい。
https://note.mu/jukuhoshino/n/n6280e8b78692  

2016年02月08日

全ての入り口がネットに ~エキテン・リゼルバ・ココナラ・noteの活用~


~私も仕事 手伝っています~

この1年、ネットのおかげで仕事がずいぶん変わりました。

まず、ココナラのネット相談。
https://coconala.com/services/7578
2月~6月の「期間限定」で、ネット進学相談をしています。
私の塾・准看護学校・高校講師の仕事で忙しい7月~1月はクローズドとなります。

そして、昨年4月導入のリゼルバ
https://reserva.be/hoshino
不定期通塾が基本スタイルに。新規入塾も、ほとんどこのリゼルバからとなりました。
「空き時間公開による、自動予約」となり、必要な時のみ通塾。互いに便利になりました。

最近始めたのがnote有料記事
https://note.mu/jukuhoshino
私の考え方だけを聞きたい方に、便利なツールです。
「私が塾で説明している内容」が、いつでも購入できるようになりました。

今のところ有料記事は3本
『2016公立進学校倍率予想』
https://note.mu/jukuhoshino/n/n008a2d5372d8
『看護志望だけど「全部不合格」~これからの岐阜県内看護受験案内~』
https://note.mu/jukuhoshino/n/n20b4e3c29884
『複数の私立高に合格した場合~どっちに進学する?~』
https://note.mu/jukuhoshino/n/n4a46f838358b

「実際に話をしたい、塾に通いたい方」はリゼルバで。
「匿名で、ネット相談をしたい方」はココナラで。
「塾で説明している内容だけ知りたい方」はnoteで。
全ての入り口が「ネット」になったのです。

そして基本情報は、数年前からエキテンに。
http://www.ekiten.jp/shop_1441812/
入塾案内の必要がなくなりました。
今では、予約方法と費用の確認のみとなりました。

塾の ほとんど全てを1人で行っている 私にとって、
この4つは、大切なツールとなっています。  

2015年10月08日

不定期通塾に対応 ~24時間ネット予約~

  
 ~約8割が、ネット予約生~

塾には、年間予約で同一曜日・同一時間で通う方もいます。
主に中学生で、授業の進度に対応し、定期的に確認するためです。
現在、塾生の約8割がネット予約生。
自分の都合のつく日時に、不定期に通っています。

最近、予約方法の問い合わせが多いので、
その方法をブログで紹介します。

まずは、「塾・ほしの」で検索
塾 ほしの reserva リゼルバをクリック
https://reserva.be/hoshino

このブログの「予約する」ボタンからも入れます。
RESERVA予約システムから予約する

初めての方は「入会相談」で、予約下さい。
「予約する」を押すと、カレンダーが表示されます。
希望の日にちをクリック。翌月分まで予約可能です。
次に、空いている時間が表示されるので、希望の時間をクリック

受講希望2時間前まで、予約可能です。
また、キャンセルも1時間前までネットで可能です。
1回ごとの予約の場合は、その都度の支払い。
ただし指導者は私一人なので、原則先着1名となります。
(同一時間での友達指導・家族指導は可能です)

早めに受講時間を確保する方法として、
事前予約・年間予約制もあります。
ただし、権利を確保するため、
翌月分まで前払いとなります。

また、11月から2月までの受験シーズンは、
予約時間枠が各曜日2時間ずつ拡大します。
ただし、22時~の枠は、小・中・高校生ならび親子指導は不可となります。
2時間連続受講も可能です。


  

Posted by 星野 健 at 00:01Comments(0)塾「24時間ネット予約」