2017年12月02日

「新しい学び」のモデル ~環境が変わってきた~


 ~どんな形でも「学ぶ」ことはできる~

孫泰蔵さんのFBでの言葉に、力を感じる。
https://www.facebook.com/taizoson

この動画の後、孫さんはこう言い切っている。
『個人的な意見だが、僕は、少なくとも自分に親しい子どもたちを絶対に
既存の伝統的な学校には入れさせない(=学校へ行かせない)と決心している。
いや、どんな先進的な教育法を採り入れている学校であれ、それが「学校」であるかぎり、まったくダメだと僕は思っている。

しかし、批判してるだけでは起業家の名がすたる。
既存の学校を選びたくない子どもたちや親たちにとっての別の選択肢になるような、
「人間の生涯にわたる新しい学びのモデル」を一刻も早く創り上げようと思う。


発達障害児童生徒数は、平成19年以降毎年6000人ずつ増えている。
『国立特別支援教育総合研究所』HPより
http://icedd.nise.go.jp/index.php?page_id=118
児童生徒数が減少していく中、その比率はどんどん大きくなっている。

別室で、別の学校で学ぶ児童生徒が増えているということだ。
そして放課後等デイサービスの数も、飛躍的に増えている。
発達障害の児童・生徒には『個別計画』が立てられる。
しかし、そうでない生徒は『一括対応』となるのが、「学校」となる。

その「学校」に対して、孫さんの発想は新たな選択肢を提起する
「積極的対応」と感じる。
それを整えようとすることこそが、起業家の精神だ。
孫さんの今後の動きに、注目していきたい。

そして、私のような個人事業者は組織がないから
「できることからスタート」する。
『フットワークの軽さ』で個人に対応していくこととなる。
実際、様々な事情の方に対し、進路を開いた実績も積み重ねることができた。

通塾回数が少なくても、
不定期の通塾でも、
受験相談だけでも、
今年度前半入試だけで、9名の方が進路を決めている。
http://nyoki.mino-ch.com/c2006.html

私の塾は「利用するために」存在している。
不登校の方、ホームスクールの方も利用されている。
「必要な時に、相談または勉強」を、それぞれの目標に個人対応している。
私なりに新しい学びのモデルを模索し、できる限りのことをしていきたい。  

Posted by 星野 健 at 00:01Comments(0)時事不登校の方へ

2017年11月18日

学びは、学校でなくても出来る ~選択肢のひとつとして~


 ~遠くの1点を探して~

気になるニュースが。


外国では「飛び級」も当たり前。
学びは、学校でなくても出来る。
遠くの1点を見つめて、歩み続ければ願いが叶う人もいる。



当然、塾も「利用する場所」である。



「この道しかない」と思うと、窮屈な生き方となる。進路は多様な方がいい。
例えば「ストレーターだけの道」ではない看護職への道。
多様な進路から、看護師になることができる。医師会は、その進路を維持している。
http://www.city.gifu.med.or.jp/kango/guide/examinee.html

看護の道は多様な受験方法がある。
小論文・面接のみ。国語のみ、生物のみ、英語のみという受験も。
また、得意2教科のみでの一般入試もある。
岐阜県では入試でも、多様な選択肢がある。

多様なのは、看護の道だけではない。
高校も選択肢が広がっている。
通信制高校に通う生徒数は、どんどん増えている。
http://www.e-stat.go.jp/SG1/estat/List.do?bid=000001093025&cycode=0
速報値では、2017年では18万2539人になった(全日制・定時制は合わせて約330万人)。

大学進学も、いろいろな道はある。気になる「一般教養」にも変化がみられる。
「数学は苦手」でも、「数学」がなく、「情報」なっているところを選べばいい。
「英語が苦手」でも、「聞き」と「会話」に重点が置かれている大学も少なくない。
どちらも大学でスタートし、「慣れればできる」ことである。



これでいいと、私も感じている。





「同じ土俵」に立たなければいい。
腹を立てている時間が、一番もったいない。





このイメージが大切だ。





今、塾ではシングルマザー看護受験を支援している。
これまでに14名の方が看護職への道の夢を叶えている。
https://readyfor.jp/projects/KANGO
https://readyfor.jp/projects/KANGO2016
今年も6名の方が挑戦中だ。
https://readyfor.jp/projects/KANGO2017
ハートフルファミリー
一時的にでも「伴走する人」がいれば、乗り越えられることもある。
その間に「次の自分に向けて」力をつけていけば、いいのである。
これからは「学びが続く」時代。
「勉強はできても、勉強が嫌い」になった人達には、追いつくこともできる。

身についてしまえば「それにかかった時間」は、大した問題とならない。


学びたくなくなった「彼ら」は、
「自分たちを待ってくれている」と思えばいい。
好奇心を持ち「学びに目覚めることから変わっていく方々」と、
私はこれからも伴走し、学び続けていくつもりだ。  

2017年09月06日

高校生は学校別または個別指導で ~支援教室のニュースから~


 ~ひとりひとりのニーズの多様化~

気になるニュースが流れた。



支援教室は小中学生が現在は対象。
岐阜市内でも中心部・北部に支援教室がある。
http://gifugakushusien.com/
活動の輪が広がっている。

支援教室は「支援」が目的。
利用者は自ら学習するものを持ち込み、支援を受ける。
特に小中学生に対しては、効果があると思う。
「到達する目標が、多様化していない」状態だからだ。

高校生の指導は、塾では学校別、または個人指導だ。
高校は目標が多様化する。そして高校中退者に支援を絞ることも、
利用者に合わせて指導する人を集めることも、困難になるだろう。
『各自が支援出来ることを示し、マッチングを図る』しかないかもしれない。

『特定の目的を持つ高校生に対する支援』は、私にもできるかもしれない。
しかも、目的達成まで個人に寄り添う形でないと、実現は難しく感じる。
今行っている『シングルマザー看護受験支援』のように、
個人指導での高校生に対しての支援も、これから考えていきたい。  

2016年12月12日

法律を読む ~yoneさん、「教えて!リス太くん」から学ぶ~


 ~法律の理解は休日に~

yoneさんのツィートを読むと、
法律に詳しくないと、人を追いつめると感じる。
塾で不登校相談をするにあたり、
「私が追いつめる立場」になってはいけない。








提出された法案は読んだ。
確かに、主体は子供ではない。
決めたことで国・自治体が「動く」法律だ。
付帯決議も含め、法を冬休みにしっかり読み込みたい。

法への対策について、yoneさんは前述している。






誠実な人の連携。
必要な状況が来るかもしれない。

また、こちらも気になっている。
続いてyoneさんのツィート




そして「りたりこ」を通して法律を学ぶ。
https://h-navi.jp/column/article/837

「教えて、リスタくん」
https://re-start.tokyo/2016/05/30/%E9%9A%9C%E5%AE%B3%E8%80%85%E7%B7%8F%E5%90%88%E6%94%AF%E6%8F%B4%E6%B3%95%E6%94%B9%E8%A8%82%E3%81%AE4%E3%81%A4%E3%81%AE%E3%83%9D%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%88%E3%80%80%E2%91%A0/
改正障害者総合支援法は、立場・対象の拡大ともに評価できるように感じた。
しかし同時に学校現場では、上記のようなことになっている。

教育機会確保法
改正障害者総合支援法
この2つの法律により「多忙な先生」は、どのような判断・行動をするのだろうか。
いろいろな想像が頭の中に浮かぶ。

休日は、法律を学ぶこともいい。
  

Posted by 星野 健 at 00:01Comments(0)時事不登校の方へ

2016年11月30日

異才発掘プロジェクト ~法案に対して~

 
 ~「みんなで」 でない道も~

昨日は「審議延期」となったが、ツイッターで気にしていた法案が通過する見通しに。
それに対して、不登校の方がどう対応するのか。
そのことも気になった。
yoneさんのツイートは参考になる。




また、次のようなプロジェクトもある。



今後の動きにも注目。


  

Posted by 星野 健 at 00:01Comments(0)時事不登校の方へ

2016年10月05日

通知による激変 ~公立校・不登校児童生徒への支援の在り方について~

 
 ~変化を感じている方も…~

「不登校児童生徒への支援の在り方について(通知)」
という通知が、9月14日付で各公立校に。
http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/seitoshidou/1375981.htm
「不登校児童生徒数は依然として高水準で推移しており,
生徒指導上の喫緊の課題となっております。」

この「喫緊の課題」に対して、支援の在り方が多様化する。


この通知は「学校」へ出されているが、保護者には通知されていない。




この場合に限らず、
「相手が何を根拠に、どう対応してくるのか。」
それを知った上での対応が必要。
この通知が出たことを、親側も知っておくことからスタートしたい。

その上で、主体的に柔軟に進路対応していくことが、
お子さんのためになると考えられる。
また、yoneさんの指摘は鋭い。


「活用」「連携」という名のもとに、勧誘が相手側から来るかもしれない。
この点も、要注意だ。
  

Posted by 星野 健 at 00:01Comments(0)時事不登校の方へ

2016年09月27日

頑張っているプロジェクト READYFORにて


 ~看護奨学生も頑張っています~

READYFORのプロジェクトも、着々と進んでいます。
シングルマザーの方々が今、合格を目指して頑張っています。
塾でも、皆様の支援に感謝し、その支援に応えようと、
ますます勉強に加速がついています。楽しみです。

最近、READYFORは、ツイッターにも力を入れてきました。
(私の頃には休眠状態でした)
その中で、気になっているプロジェクトが2つあります。
共通することは「学習機会を広げる」というものです。




もう一つは、岐阜のプロジェクトです。



どちらもあと4日。
達成まであと、わずかです。  

Posted by 星野 健 at 00:01Comments(0)時事不登校の方へ

2016年05月14日

シラバスから考える ~無理のない進路~

 
 ~花を咲かせるために~

大学・短大のシラバスを、最近私は見ている。
特に、気になっている部分は教養科目。
必須・選択がどのようになっているのかに、注目している。
また、「入学前教育を行っているかどうか」にも同様に。

過去には不登校の方、通信制高校の方、
現在は社会人の方も、私の塾には通っている。
先のブログの制度変更により、短大への進学も考える人が出てきた。
http://nyoki.mino-ch.com/e29918.html

しかし、教養科目で単位を落とし、
せっかく入学したのに大事な専門科目を学べないのでは、
何のために入ったのか、わからない。
それで、近隣の短大・大学の教養を調べている。

それにしても、選択科目が多い。学校によってはすべて選択になっている。
ありがたいのだが、それがすべて開講されるのかどうかが気になる。
人数不足による「不開講」が増えれば、予定した履修が不可能になる。
これについては、在校生に聞くしかなさそうだ。

  

2016年03月09日

スタディサプリ~教科書対応へ~


 ~自分のペースで受講・確認~

スタディサプリに注目。
https://studysapuri.jp/contents/promo/pc/top1/?vos=evpcstbgakrx0000107
教科書対応となり、便利になりました。
これなら日常学習にも使えそうです。

普段はスタディサプリで勉強。
「無理のない学習」を進められそうです。
料金も月980円、または年9800円とは、
驚きです。

私の塾では、不定期通塾を塾生・塾外生ともにできます。
RESERVA予約システムから予約する
ネットで空いている時間に予約。自立した学習を望まれる方は、
今までの通信教育だけでなく、スタディサプリと塾の併用でも可能となりそうですね。

  

Posted by 星野 健 at 08:36Comments(0)不登校の方へ

2016年01月31日

不登校の方・その保護者の方へ ~次のステージで輝くために~

気になる記事


そして、武蔵野大学・舞田先生の記事


そして、長谷川博一先生の言葉


私の塾でも、不登校の相談はあります。
そのとき私は「同じステージへ戻す」という考え方を、ほとんど持つことがありません。
その理由は、私に相談に来る前にそうした相談を、
「他の場所で済ませているから」なのです。

気付く・感じる力が強いため、不登校になる生徒さんに、私も少なからず出会います。
塾で出会った場合、その方の学力を高めるサポートをし、
「次の自分に合ったステージ」で輝くことを、マン・ツー・マンで目指します。
そして塾を卒業後、それぞれ「次のステージ」へ、進学していきます。

私の塾では、「登校している・不登校である」
ということについては、問いません。
「学びを通して、次を考えている方」をサポートしています。不登校の方だけでなく、
准看護受験、看護受験をする社会人が多いことも、そのためです。

「自分で学習を進める教材」は、今では世の中にあふれています。例えば下のようなもの。
http://nyoki.mino-ch.com/e27236.html
「次のステージで輝きたい」と思っている方に、私の塾は、
「質問する場・学習のチェックをする場」として、使っていただいているのです。

週や月の通塾回数を規定していません。
ネットで「行きたい」と思った時間に、入力するだけです。
RESERVA予約システムから予約する
1時間前までなら、キャンセルもできます。

無料入塾相談・体験入塾もあります。
興味を持たれた方は、下のボタンから希望日時を予約下さい。
RESERVA予約システムから予約する  

Posted by 星野 健 at 10:53Comments(0)不登校の方へ

2016年01月30日

Load ~元不登校生から、現代の不登校生へ 伝えたい想いが、此処にある~


~Clueの活動にも注目~



Loadというサイトがある。
http://load-marianne.com
今回のタイトルは、そのLoadのサイト、冒頭の言葉。
Load ~元不登校生から、現代の不登校生へ 伝えたい想いが、此処にある~

ここに登場する「元・不登校生」
繊細で、センサーが優れている方ばかりという印象。
その力を活かし、今の自分を作り上げている。
そして、その思いを伝えている素晴らしいサイトだ。

まだできて間もないサイトだが、もはやPV数がかなり多い。
このサイトはReadyforのクラウドファンディングから生まれた



そして今、次の動きも。
http://load-marianne.com/service/
こちらにも注目しています。
  

Posted by 星野 健 at 06:16Comments(0)不登校の方へ