2018年02月11日

私立高校の選び方 ~「公立高校だけ」が進路ではない~


 ~将来を見据えて~

本日 岐阜聖徳学園高校・一般入試が行われます。
岐阜地区最大の受験者数のため、会場は高校ではなく、
系列大学の柳津キャンバスで行われます。午前8時~9時ごろは、
周辺道路は車で大混雑するので、お気を付けください。

県内私立志願者状況は、県教委から発表されています。
http://www.pref.gifu.lg.jp/event-calendar/c11151/H30shiganjyokyo.html
今年の特徴は、通信制・ぎふ国際高校が単願で1.13倍となったことです。
全日制だけでなく、多様な進路選択が定着してきたようです。

また、別日程で行われる「奨学生入試」もあります。他私立との併願ができます。
http://www.sigaku-gifu.or.jp/pdf/h30.bosyu-youko.pdf
岐阜聖徳学園高等学校、岐阜女子高等学校、大垣日本大学高等学校で行われます。
奨学生として通えば、公立高校との学費の差は小さくなります。

私たち親世代は「すべり止め」として、私立の役割を感じている方が少なくありません。
岐阜5校+各務原西校で300名~400名の不合格が出る現在、
「第2志望」としての私立選びが重要となります。その先の進路を見据えて、
『私立高校選び』は、ますますその重みを感じるようになりました。

将来を見据えることにより、自分に合った私立高校を選択することができるのです。
『塾・ほしの』では、岐阜地区内私立高校の選び方について個別相談形式で行っています。
塾生でない方の相談も受け付けています。
詳細については下の入口からお入りください。
RESERVA予約システムから予約する  

2017年05月07日

酵素玄米からの学び ~通信制高校「成果物」~


 ~10㎏の発芽玄米~

通信制高校・成果物についての取り組み。
とある方のFBをきっかけに、酵素玄米の分別をすることに。
玄米の中から、モミ米を取り除く作業から、
成果物となるレポートを仕上げることに。

モミ米選別の基本を学んだ上で、
祖父母の所へ行き、歴史・その効率的方法を学ぶ。
玄米の保存方法・発酵のさせ方・保存期間を調べる。
時間当たり『どれだけ分別できるか』、データを集める。

きっかけが『学び』へと変わる。
「唐棹」「唐箕」から「コンバイン」へ。道具から機械化の歴史の学び。
保存・発酵・調理・菌の混入…化学・家庭科・保健の学び。
モミ米の混入率からの標本調査・全数に近づくにつれて「真の確率」に近づく数学の学び。

総合的な学習の観点もある。
女性と労働、単位時間当たりの労働と報酬、家事労働とは…
歴史的な経緯から、今を調べることも可能だ。
何に視点を置き、どんな『成果物レポート』になるのか…楽しみだ。  

Posted by 星野 健 at 00:01Comments(0)通信制高校