2018年10月22日

どうやら体に変化が… ~持病が悪い方向へ~


 ~体の鍛え方も変える~

検査結果が出た。


今までは、スポーツなど運動をしても大丈夫だった。
心拍数が上がるほど、心臓はいいリズムで動いていたからだ。
しかし、現在は高校の階段を2階から4階まで一気に上がるだけでも、しんどい状況になる。
理由は心拍数が上がったときほど、心臓の動きがよくない状態になるからだ。

この夏から活動量が減り、睡眠時間は増えているにもかかわらず、
疲れが残り、朝から調子が上がらない状況が続く。そのため、
先週から、仕事以外の活動を「休止」から「辞退」することにした。具体的には、
NPO法人の理事、特別支援学校ポランティア、県と市の男女共同参画の活動だ。

まだ、ついこの間までは「まだまだできる」と思っていた。
いろいろなことをやっていきたい気持ちが強かった。
でも、それは断念するしかない。今まで出会った若い方々に、
その気持ちを託していきたい。この間に「いい出会いができたこと」に感謝したい。

「良い方向へ」自分の体が変わる見込みはないならば、
今、やらなければならないことを絞りこむことが不可欠だ。
そして絞り込んだことは「できる限り前と同じパフォーマンスで」できるようにする。
心臓の負担が小さくなるよう、すべてを考え直していきたい。  

2018年01月10日

シングルマザーによるシンママのための講演会 ~赤石さんが岐阜に~


 ~2月17日 13時から メディコスにて~

シングルマザーによるシンママのための講演会が行われます。
詳しくは以下の『こくちーず』にて書かれています。
https://www.kokuchpro.com/event/9340af99babb073034d180c20580fe97/#_=_

赤石さんは、NPO「しんぐるまざーず・ふぉーらむ」の理事長として活動されています。
過去に紹介した『シングルマザー365日サポートブック』
の発行もされています。
http://nyoki.mino-ch.com/e33248.html

また、無料での情報も多く発信されています。



申し込みも以下のサイトからできます。
https://www.kokuchpro.com/event/9340af99babb073034d180c20580fe97/#_=_
今のところ、席は空いているようです。




そして、お祝い金事業の案内は下のページから。
寄付が多いと300名より人数が増えるそうです。
http://www.single-mama.com/congrats2018/  

Posted by 星野 健 at 00:01Comments(0)時事ひとり親支援公開講座参加

2017年05月23日

シーボルト展へ ~名古屋市博物館~


 ~日本から何を持ち出したのか~

名古屋市博物館のシーボルト展へ行った。
http://www.museum.city.nagoya.jp/exhibition/special/past/tenji170422.html
私がシーボルトについての知っていたことは、鳴滝塾とシーボルト事件だ。
しかし今回の展覧会・公開講座を通して、別の面を知ることとなった。

今回の展覧会の視点は「日本から何を持ち出したのか」という点である。
シーボルト事件では「地図を持ち出した」ことを記憶している。
一部の国としか交易・外交がない時に、詳細な地図を持ち出すことは、
機密漏洩になるのだろう。ただ、それ以外に多くのものを持ち出していたとは知らなかった。

そのうち、ミュンヘン美術館に所蔵されてる300点が、今回の展示だった。
日用品も多く、その当時の生活がわかるものだった。
先回はライデン美術館の所蔵品が来ていたとのこと。
そちらは書画など美術品が多かったとのことを、公開講座を通して知った。

また、日本の植物について、人々の暮らしについて調べさせ、
日本植物図鑑を完成させている。今回の講座で分かったのは、
日本の「本草学」が、その完成の補助的な役割を担ったことだった。
植物だけでなく、人の様子も「言葉と絵」で記録してある。記録はやはり大事である。

来日している間、多くの日本人が教え子となり、調査・収集の協力者となった。
当時のシーボルト人気は、相当なものだったのだろう。
日本人と結婚し、お子さんも生まれいる。
知らなかったことばかりだった。人と時代を知ることができ、いい時間を過ごせた。  

Posted by 星野 健 at 00:01Comments(0)時事公開講座参加

2017年05月19日

共に学び遊ぶためのゲーム ~立命館大学土曜講座2017.5.13③~


 ~わかりやすい流れ~

今日の記事を書く前に、
キーワードの検索をかなりたくさんした。
しかし、話の事例となる事実が英語が多く、
ここで紹介する形を取れない。

検索したキーワードのうち、解説が得られやすいのは
➀「ゲーム脳」④「シリアスゲーム」⑥「異文化学習」
解説が得られなかったのは
➁「ゲームと社会認知能力」③「魔法の教室 サンディエゴ」⑤「神社参拝ゲーム」

➀から⑥の流れで、説得力のある講座内容だった。➀での問題提起からスタート。
➁での相関関係あり、因果関係1方向のみから、ゲーム論は展開された。
③での実例から④の一般的な説明へ。
その上での⑤⑥の研究とその成果、今後の方向性へ。

貫く「学習科学」という分野の考え方。これからの可能性を感じる。
自分に合った本を見つけ出し、是非読みたい。
教育でのトップダウン「教」の部分を取り除き、寄り添う「支援者」へ。
協調的シリアスゲームを通し、その関係は「仲間」へと変化する。

参加してよかった。  

Posted by 星野 健 at 00:01Comments(0)雑記帳時事公開講座参加

2017年05月18日

共に学び遊ぶためのゲーム ~立命館大学土曜講座2017.5.13➁~


 ~講師紹介~

京都の地図は「なんとなくわかる程度」に、
私は年に何度も、車で出かけている。
しかし、立命館大学へはまだ、行ったことがない。
地図は高低差がわからない。

着いた。案の定、坂だ。
駐車場が遠い。時間に間に合うか、心配になる。
広い。どこが会場かわからない。
しばらく探した。間に合った。

会場内には、そこそこの人数がいた。
資料をいただく。講座の画面をそのまま印刷したものだ。
メモだけだと大変だが、この配慮はありがたい。
480名入場可能な場所なので、ゆったりと座ることができた。

講師の紹介が始まる。
立命館大学 政策科学部教授 稲葉 光行氏
http://research-db.ritsumei.ac.jp/Profiles/38/0003763/profile.html
ゲームの社会的・教育的応用可能性の研究をされている。

また、こんなこともされている。
「司法コミュニケーションを支援する情報技術の研究開発」
新聞記事にもなっている。
https://mainichi.jp/articles/20160201/dde/041/040/035000c

富士通出身とのこと。
話を聞くのが楽しみだ。  

Posted by 星野 健 at 00:01Comments(0)雑記帳時事公開講座参加

2017年05月17日

共に学び遊ぶためのゲーム ~立命館大学土曜講座2017.5.13➀~


 ~衝動に駆られて~

心に灯がともると、私も動かずにはいられない。
5月13日『立命館大学土曜講座』のタイトルを見て、それが起こってしまった。
http://www.ritsumei.ac.jp/acd/re/k-rsc/kikou/doyokozakikoh.htm
『共に遊び学ぶためのゲーム~協調的シリアスゲームの可能性』

講座タイトルを見て「心に灯がともった」理由を、自分なりに探ってみる。

大学時代、私はゲーム業界を目指した時期があった。
NEC「パピコン」PC6001と出合い、衝撃が走った。
しかし『1番好きなことを仕事にすると、人生の楽しみが減る』と判断し、
『2番目に好きなこと』を仕事として選択した。

おかげで、ゲームとは楽しく付き合えた。
教員時代・退職後の暇な時間…短い「すき間」で現実と離れる。リセットする効果がある。
また、ネットの時代となりさらに、楽しさは増した。そこに社会性も付加された。
現在はSNS中心。それほどゲームをやっていないが、そこに『秘める可能性』を感じている。

しかし、前日から『参加できない危機』が迫ってきた。
天気には逆らえない。
尊敬する気象予報士・寺川さんのツィートを見る。
『災害』に対する警戒心と、それを伝えるタイミング・言葉がいつも適切だ。


時間が過ぎると、さらに厳しさが増す。


雨だけでなく風も。細心の注意は必要だ。
自分だけではない。同行者の安全も確保することが務めだ。

5月13日 午前4時30分 大雨の音で目覚める。
同時に6時間後までの雲の動きを、確認する。
出発時間を8時以降にすれば、雨の問題は解決するだろう。
もう一寝入りして、7時過ぎに起きることにする。

起きた。
予想以上に雨は早く止んだ。あとは風だ。
どうやら影響は風の影響も「東側」だ。台風と違い「西側」の風は弱い。
出発することに決める。前半の予定は大幅に変更だが、講座に間に合えばいい。

8時30分過ぎ
いよいよ出発だ。  

Posted by 星野 健 at 00:01Comments(0)雑記帳時事公開講座参加