2018年08月15日

「Cafe&Officeしーそー」開設に向けて  ~バースデー・ドネーション開始~ 


 ~できることを する~

8月11日。NPO法人しーそーの「お話し&交流会」は実施されました。
場所は京都・伏見。今後の活動の拠点となる場所です。
「Cafe&Officeしーそー」は、この『伏見いきいき市民活動センター』でスタートします。
https://www.ikik243.com/

そこで、私はバースドネーションを本日から開始します。
https://syncable.biz/associate/seesaw/campaign/-LJp0Iu2wg0uEMOJq5HF
皆様のご支援・拡散、よろしくお願いします。
以下はその文章からの転載です。


 8月1日 55歳の誕生日を迎えた。
 今までとは、随分違う誕生日となった。
 去年11月の報告。そしてその結果が今年5月。
 この間に私のライフステージは、大きく変わった。

 その原因は、現・NPO法人しーそー代表理事の津田さんだ。
 ツイッターで出会い相互フォローとなり、その意志を強く感じた方だ。
 この数か月で、『全力で駆け抜ける から 続く人に紡ぐ』へ。
 受け取ったバトンを、次の世代にどう渡すかが、私の最大の課題になった。

【その日は突然、訪れた】
 去年の11月、満月の夜。
 津田さんは思いもよらぬツィートをする
 「NPO法人を立ち上げる」
 公務員を続けながらの挑戦。まさに「寝耳に水」だった。

 津田さんが何かを始めるとき、以前から
 私は「馳せ参じる」ことを、約束していた。
 「早くても退職後だろう」という私の読みは、外れた。
 それだけ『大きな決意』を持っての、津田さんのスタートだった。

 津田さんはNPO設立を、ほとんど全て、たった一人で進めていった。
 公務員を続けながらの設立手続きは、並大抵のことではない。夜間・休日が消えただろう。
 NPO役員は最低3名必要。その末席に私は名を連ねた。この間、私の心の準備は進んだ。
 『できることをする』そのスタンスで私はNPOに参加することになった。

【同じ頃、母が…】
 同じ11月。私の母は手術をすることになった。
 その結果、癌が見つかった。ステージ4。
 転移も見つかり、本人に告知へ。
 母の希望通り、緩和ケア病棟へ入院となった。

 痛みは取る。治療はしない。緩和ケアの方針だ。
 入院期間、母とは話を随分した。
 私が生まれる前の母の話など、初めて聞くことが多かった。
 そして今まで母が支えてきた、父・兄弟のことを私に託した。

 今年5月。母は多くの人に囲まれ、最初で最後の誕生会。
 その時の笑顔と感謝の言葉が、印象的だった。
 そしてその10日後、苦しむことなく眠るようにこの世を去った。
 「ありがとう。頼むよ。」これが私への、最後の言葉だった。

【駆け抜ける から 紡ぐ へ】
 その5月。津田さんの立ち上げた『NPO法人・しーそー』は認可された。
 そしてこの8月、具体的な『試み』が示された。
 人と社会をつなぐ居場所
 ~Cafe&Officeしーそーの試み~

 居場所とは「居ていい」場所 「居たい」場所
 個人のモチベーションを大切にすること
 それを求めている人たちが集まる場所
 そんな場所を、NPO法人しーそーは全国各地につくろうとしている。

 まずは、京都・伏見で活動開始。試行錯誤で、形は出来上がっていくだろう。
 個人事業主として『駆け抜けてきた』私も、受け取ったバトンを『紡ぐ』準備をしていきたい。
 ひとりひとりが自由で、自分で考え、判断し、責任を持って行動する。
 モチベーションが高まる『NPO法人しーそー』で、私は動くことにした。

 まずできることはこの、バースデー・ドネーション。

【皆様へのお願い】
 バースデー・ドネーションで集まった寄付は、
 NPO法人しーそーに、皆様からの寄付として送られます。
 寄付を基に「Cafe&Officeしーそー」は運営されます。
 少しでも多くの寄付が集まることを、願っています。
※ 決済手数料を除いて全額団体に寄付されます。

 NPO法人しーそー副代表理事
 星野 健
 Twitter:https://twitter.com/JUKUHOSHINO  

2018年08月09日

いよいよ明後日 NPO法人しーそー お話し&交流会


 ~「Cafe & Office しーそー」の試み~

私自身も、楽しみにしている会が明後日、開催される。
お盆の初日。多くの方に集まっていただきたい。
申し込みはまだ、間に合うようです。


津田さん渾身のお話し会。
NPO法人しーそーの目指す「Cafe(居場所) & Office(仕事場)」が、明らかになる。

7月7日からの延期。
津田さんは「話したかった」気持ちから、次のようにツィート




この内容で、話が進むことでしょう。

その会で、司会・進行を務めることになっている。
出来る限り、私が話す時間を減らし、
津田さんや参加者の方々の意見を伺えるようにしたい。
教師は「しゃべりすぎる」ので、用心しないといけない。

交流会も予定されている。
ツイッターで交流している方。
クラウドファンディングがきっかけの方。
はじめてお目にかかることができ、楽しみにしている。

役割を担いながら、
「より多くの方に満足していただける場」をつくっていきたい。
そして、NPO法人しーそーが目指す場を、
少しでも早く実現できるよう、動いていきたい。

ブログは11日~12日の2日間休みます。
13日(月)より再開予定です。  

2018年08月05日

可児市 地域課題懇談会へ


 ~夏の!openエンリッチプロジェクト~

縁塾さんのHPから、エンリッチプロジェクトを知った。
そして、その中で大人が参加できるものを見つけた。
https://www.facebook.com/npo.enjuku/photos/gm.1780428418710978/1507817672656035/?type=3&theater
写真だけではわからない。実際に参加してみることにした。

昨日、岐阜聖徳学園高校での授業改革フェスタ2日目終了後、
現地に向かったが、遅刻した。
全体の挨拶は聞き逃したが➀の高校、縁塾の事例発表には間に合った。
素晴らしい取り組みを、高校生・大学生が工夫して発表していた。

発表内容は、NPOの方がイラストを中心に文字を入れ、
分かりやすくまとめていた。
【落合陽一・小泉進次郎 共同企画】平成最後の夏期講習(社会科編)のようだった。
http://live.nicovideo.jp/watch/lv314526819

パネルディスカッションから分科会の流れ、時間配分も上記企画によく似ていた。
パネルディスカッション後の『ストレート』な質問、それに応じた市長の返答。どちらも見事だった。
分科会は、市議会議員さん2名がファシリテーター役。
発表は地元高校生がするという流れだ。

私も、分科会に入れさせていただいた。
大人と高校生の比率が大人の方が多くなり、
高校生の方には、発言しずらい状況になったのかもしれない。
彼らの表情は硬く、アイスブレイクにいたる前に作業に移ることになった。

自由な「枠」に、短時間での会話を表現する。
初めて出会う方の意見を引き出し、まとめるには時間が足りない。
そして、表現する時間も含めて30分は、さすがにきつい。
先述の分科会・顔見知りの大人同士、慣れている方でも厳しい状況だった。
http://live.nicovideo.jp/watch/lv314659895

そんな中「出来る限りのことをしようとする高校生たち」に、未来を感じた。
KJ法を用いた表現、そして文章化を身に付ければより良い発表ができるだろう。
また、分科会で交流できた「大人」の方々とも、話す機会を得た。
是非、今後とも何らかの形で関わり続けたいという強い気持ちを持てた。

時間的に厳しい状況でも、参加しただけの価値はあった。  

Posted by 星野 健 at 00:01Comments(0)時事NPO設立NPOしーそー

2018年07月21日

夏に向けて⑤ ~集@ラボ『拡大版』~


 ~8月に実施~

【集@ラボ・拡大版】のご案内
対象 中学3年生から大学生まで
日程 8月6、7、9、10、16、17、20、21、23、24の10日間
時間 午前9時~12時の間開講(1時間単位での参加可)
内容 『集@ラボ』と同様。自己選択による活動となります。

まずは参加予定日前までに、個人事前相談(無料)を行います。
「やりたいこと」を明確になることで、
開始までの期間に、私も事前の準備ができます。
(特別に個人的な必要な教材は、実費負担となります)

通塾は1回1時間単位。最大1日3時間となります。必要な時間数だけ通塾して下さい。
費用は1時間あたり、2500円(塾生・しーそー会員は1500円)
9時間以上通う方は、9時間目から24時間目までは『1時間あたり1000円』となります。
(塾生・しーそー会員でない方も、9時間目から『塾生』となります)

25時間以上通う方は定額制となります。塾で教材を準備します(教材費が無料となります)。
塾生・しーそー会員は29000円を通塾期間前に納入となります。 
塾外生は8時間分20000円を通塾開始時までに納入。
9時間目以前に後半分17000円納入となります。

部活動を終えた中学3年生の方。
就職・進学を考えている高校生・大学生の方。
また、学校には通っていない15歳~22歳の方。
『次のステージで輝く』ために、夏休みのこの機会を利用してみませんか。

予約は下のボタンからとなります。
RESERVA予約システムから予約する  

2018年07月12日

NPO法人しーそー「お話し&交流会」 8月11日に決定


 ~7月7日からの振り替え~

前回のNPO法人しーそー「お話し&交流会」は、7月7日開催予定でした。
雨のため「間に合わない可能性」を考え、
私も前日から京都に向かい、13時間かけてようやく到着しました。
しかし開催予定場所に「避難指示」が出され、残念ながら中止となりました。

そして、その会の振り替え日時が決定しました。


受け付け開始となりました。
前回同様、多くの方に参加していただきたいと思います。

ちょうどその頃は「京の七夕」の期間です。


数年前この期間中に、私も鴨川沿いを歩きました。
独特な美しい雰囲気を、同行者と楽しみました。
皆様も、会の参加とともに是非楽しんでください。

また、NPO法人しーそー代表理事・津田さんが中心となり新しいグループが生まれます。


富山型デイサービス・起業準備室への参加も募集中です。
「Cafe & Office しーそー」の第一弾の試みに、興味のある方は是非、ご参加ください。  

2018年07月09日

イレギュラーもまた、経験に ~すべてが順調とは限らない~


 ~7月7日の会は8月11日へ~

西日本各地からのニュースに驚いています。
亡くなられた方へはご冥福をお祈りすると共に、
被害に遭われた方々の、ご回復を願います。
また、いち早い復旧を願っています。

私自身も残念なことがありました。
しかし、こればかりは仕方がない。


会の司会のため、用心して前日から車で出かけた。
栗東から先は、高速道路は通行止めになった。
国道1号を13時間かけて進み、京都のホテルにようやく到着した。

会の開催時間には十分間に合ったが、その時、
会場の校区には「避難指示」が出ていた。
桂川の氾濫危険区域なので、仕方がない。
到着後、7日午前5時中止決定。確認後、ホテルでしっかり睡眠をとった。

7日夜、今度は岐阜の様子が気になった。
長良川の水位が上昇した。
連泊している京都でも、気になっていた。
8日朝、長良川は氾濫せず安心した。

帰りもまた、京都東から瀬田東まで通行止め。
行きと同じ栗東まで、国道1号で走ってみる。
今回はこの間、1時間半で済んだ。
「1時間半で済んだ」という感覚は、今までにはなかった。

13時間…車が全く動かない時間も含めて経験すると、
少しでも車が動けば「渋滞も気にならなくなる」という自分がいた。
イレギュラーの経験が、気持ちを変えているのである。
すべてが順調とは限らない。逆境を通り抜けると、違ったものが見えてくる。  

Posted by 星野 健 at 00:01Comments(0)旅行記NPOしーそー

2018年07月06日

いよいよ明日 NPO法人しーそー お話し&交流会


 ~NPO法人しーそーの目指す「居場所」~

私自身も、楽しみにしている会が明日開催される。


津田さん渾身のお話し会。
NPO法人しーそーの目指す「居場所」が、明らかになる。

その会で、司会・進行を務めることになった。
出来る限り、私が話す時間を減らし、
津田さんや参加者の方々の意見を伺えるようにしたい。
教師は「しゃべりすぎる」ので、用心しないといけない。

交流会も予定されている。
ツイッターで交流している方。
クラウドファンディングがきっかけの方。
はじめてお目にかかることができ、楽しみにしている。

役割を担いながら、
「より多くの方に満足していただける場」をつくっていきたい。
そして、NPO法人しーそーが目指す場を、
少しでも早く実現できるよう、動いていきたい。

ブログは2日間休みます。
9日(月)より再開予定です。
  

2018年06月28日

夏の!OPEN エンリッチプロジェクト クラウドファンディング開始!


 ~可児高校の生徒さんが、多く参加します~

いよいよ『NPO法人・縁塾』さんの、クラウドファンディング開始となりました。
https://readyfor.jp/projects/enrich-enjuku
岐阜県のNPOが、こんなに素晴らしい活動をされているとは、
私もつい最近まで、知りませんでした。しかも持ち出しでの活動とは、厳しい状況です。

クラウドファンディングを行うことは、2つの意味があると感じています。
1つ目は、「資金を集めてプロジェクトを成功に導く」こと。
多くの方からの支援により、活動は継続できます。
支援がないと今後は、活動ができなくなるかもしれないのです。

もう1つは、「知られていないことを広く知っていただく」こと。
このの目的達成は、広報を続けていかないと、苦しくなります。
最近、Readyforの公開プロジェクトは多く、
新着でも「トップページ」に載らない状況です。

募集金額が少ないと、さらに新着後は
『目立つことが困難』となります。
30日以内、40%以上の支援がないと
「見られることなく、終わってしまう」こともあるのです。

見知らぬ方から支援をしていただくことは、「見て頂かないと、始まらない」のです。
NPO円塾さんの活動は、過去に実績もあり、このプロジェクトが中核となるものです。
http://enjuku.jp/
是非、多くの方に知っていただきたいと思うのです。

私のように、ブログで拡散することも、支援の一つになるのです。
フェイスブックやツイッターでの拡散も、大変ありがたいものです。
このプロジェクトが成功することで、来年度以降の内容も、きっとより充実することになるでしょう。
今後のNPO活動を通して、私自身も学ばせていただこうと思っています。

8月4日のイベントには、私も参加させていただきます。
https://www.facebook.com/events/1751483228272164/
『大人と高校生で地域のことを考えよう!』 ~ 夏の!openエンリッチプロジェクト2018 ~
①キャリア教育事例発表②パネルディスカッション③グループディスカッションの構成。

岐阜医療科学大学が2019年、可児市に移転します。地元に高校生が定着するチャンスです。
http://www.u-gifu-ms.ac.jp/news/20170207_2455/
看護についての話題が、③で地元高校生から出てくるかもしれません。
私が話せることは、高校生に伝えていきたいと思っています。

夏のOPENエンリッチプロジェクトについては、以下の記事をお読みください。
http://nyoki.mino-ch.com/e46907.html
私も現在、ブロジェクトの準備を始めています。
https://readyfor.jp/projects/kango2018
  

2018年06月27日

「大人になる」ということ… ~ゼミで聞いたことがよみがえる~


 ~NPO法人しーそーのお話し会は、7月7日~

気になるツイートに出会う。


そして、ほとんど同じ内容を大学のゼミで恩師から聞いたことを思い出す。
それが日本では「大人になる」ということだ。「エリートになる」ことだと。

大学のゼミで、聞いてなかったのは
「どれも自然界にはないもの」という言葉。
飼い猫と野良猫を比べてみると、
この言葉も、しっくりとくる。

動くエネルギーを失った人が、再び動くことは厳しい。
そして歳を重ねるごとに「安定」に、しがみつくことになるだろう。
20代、30代の「動き出している人」と
私たち50代の「そのままでいようとする人」を比べてみれば、これも分かりやすい。



このことも、私が大学生の頃にはなかったことだ。
ゼミ恩師に「お前は、書くことでつながる人になる」と言われたことを思い出す。
そして、書くだけでなく「やる」ことで、50代でも『動くエネルギーを維持できた』ことに感謝している。

そしてNPO法人『しーそー』の設立にも、副代表理事となり、関わることができた。
代表理事、津田明彦さんは公務員でありながらNPO法人を立ち上げた。
「動くエネルギー」を失っていない方の言葉を、是非、多くの方に聞いてほしい。


『カフェ&オフィスしーそー』ができることを目指して、私は動く。  

2018年06月20日

『集(つどい)@ラボ』は、居場所 ~個人指導との違い~


 ~NPO法人『しーそー』の賛助活動として~

『集(つどい)@ラボ』と『個人指導』の違いは何ですか?
先日、塾での学習指導で質問を受けました。
https://reserva.be/hoshino/reserve?mode=service_staff&search_evt_no=53eJwzNTYwBAACAgDK
https://reserva.be/hoshino/reserve?mode=service_staff&search_evt_no=00eJwzNDIwt7QEAAQ2AT0

『集(つどい)@ラボ』は、『居場所+学び』のイメージ。
指示を受けない場所で、自分なりに過ごすことが基本。
何か、疑問があれば『聞くことも』できます。
NPO法人『しーそー』の賛助活動として、位置付けています。

「学び」の内容も自由。
私が教えられる内容については、その場で教えます。
先回は「ツイッターのはじめ方」について、話をした方もいます。
もちろん、勉強の質問をしてもOKです。

『個人指導』は、『疑問の解決+定着演習』のイメージ。
自分の疑問を私に聞き、私か答えるのが基本。
時間が余れば、定着演習を通して強化を図ります。
現在の塾の基本スタイル。家族指導・友達指導という形式もできます。

夏休みも同様です。
拡大版・『集(つどい)@ラボ』は、『居場所+学び』のイメージとなります。
『個人指導』は、『疑問の解決+定着演習』のイメージとなります。
ニーズに合わせて、申し込みください。
RESERVA予約システムから予約する  

2018年06月18日

夏の!OPEN エンリッチプロジェクト2018 ~ワクワクしたい高校生集まれ~


 ~可児市NPO法人『縁塾』さんの企画~

夏の!OPEN エンリッチプロジェクト2018


チラシが完成し、いよいよ本日から配布されます。
19のプログラム。気になるものに是非、ご参加ください。

『学び』は、学校の中だけではない。
プログラム・体験を通して感じることは多いだろう。
そして、意欲を高めた上で、目の前の課題に向かう。
(能力)×(意欲)=(結果)なので、意欲は結果に大きく結びつく。

私自身も、高校3年生で大きな経験をした。
「第3次岐阜市少年友好訪中団員」として、夏の1週間を過ごしたことだ。
http://nyoki.mino-ch.com/e46733.html
多感な時期の経験は、後の人生の指針となる。


ホンモノに触れる。
先行して道に進んでいる「大学生」と語る。
本音を言い合い、自分を見つめなおす。
夏休みだからできるチャンス。是非、生かしてほしい。


  

2018年06月12日

夏期講習に代えて ~『集@ラボ・拡大版』を8月に実施~


 ~『次のステージ』で、輝くために~

中学3年生から大学生を対象に、現在、塾では集@ラボを実施しています。
https://reserva.be/hoshino/reserve?mode=service_staff&search_evt_no=00eJwzNDIwt7QEAAQ2AT0
6、7月も第2~第4の火・木曜日、17時~18時30分に開講しています。
そして8月にはその『拡大版』を実施することになりました。

『集@ラボ・拡大版』 対象 中学3年生から大学生まで
日程 8月6、7、9、10、20、21、23、24の8日間
時間 午前9時~12時の間開講(1時間単位での参加可)
内容 『集@ラボ』と同様。自己選択による活動となります。

まずは参加予定日前までに、個人事前相談(無料)を行います。
以下のサイトから、都合のいい日時を御予約下さい。
RESERVA予約システムから予約する
「やりたいこと」を明確になることで、開始までの期間に、私も事前の準備ができます。

通塾は1回1時間単位。最大1日3時間となります。必要な時間数だけ通塾して下さい。
費用は1時間あたり、2500円(塾生・しーそー会員は1500円)
9時間以上通う方は、9時間目から24時間目までは『1時間あたり1000円』となります。
(塾生・しーそー会員でない方も、9時間目から『塾生』となります)

部活動を終えた中学3年生の方。
就職・進学を考えている高校生・大学生の方。
また、学校には通っていない15歳~22歳の方。
『次のステージで輝く』ために、夏休みのこの機会を利用してみませんか。  

2018年06月09日

部活が終わり夢に向かう方へ ~集@ラボのご案内~


 ~中学3年生から大学生限定となります~

高校3年生は進路を決める時期となりました。
部活動も最後の大会が終わると、引退。
放課後の時間が空くことになります。
中間・期末テスト期間を除くと、「学び」は人それぞれ違ってくる時期です。

前半の入試で、小論文を学びたい方
公務員試験に向けて、一般常識対策をしたい方
AO入試に向けて、様々な準備・実績が必要な方
一般入試・併願推薦入試に向けて学力をつけたい方…

このような方を対象に『塾・ほしの』では
「部活がなくなり、空いた時間」に、『集@ラボ』を開催します。
https://reserva.be/hoshino/reserve?mode=service_staff&search_evt_no=00eJwzNDIwt7QEAAQ2AT0
これからの人生の学び、仲間とともに始めてみませんか。

※やることは原則「自由」となります。面接で「何がやりたいか」を話してください。たとえば、
・仲間とともにプロジェクト・企画を立ち上げ、活動したい。
・高校の勉強をしたい ・公務員試験対策(数的処理・判断推理など)をしたい。
・看護入試勉強(数学・小論文)をしたい。など…通塾時に「やること」が変わっても、OKです。

この活動は『NPO法人しーそー』の賛助活動となります。
(『塾・ほしの』はNPO法人しーそーの賛助会員となりました)
入会金10000円を面接後の次回通塾時に、月謝とともに支払いください(NPO法人しーそー会員・塾生は不要)。
※6月は、12日・14日・19日・21日・26日・28日に開催します。

・月当たり3週間(6枠・計9時間)開講中。1枠内1時間~1.5時間の選択可。
・週ごとに参加枠変更可。月ごとに通う枠数の変更可。
・初回面接は無料(※バラレルキャリアについて考えたい方は、初期教材費1500円が必要)
・次回からは申込みなしで、直接塾にお越しください(17時30分までに入室して下さい)

【初回面接後の月謝】 通塾日時は期間中「自由」となります。
月1時間         1500円
月3時間まで       4500円
月6時間まで       9000円
それより多く通いたい方は、月謝10000円で最大9時間通えます。

初回面接申し込みは、以下の入口からお願いします。
RESERVA予約システムから予約する  

2018年06月07日

「正しさ」からの解放 ~高校3年生での経験から~


 ~「正しさ」の違いを意識して~

「こんな時期に、何で行くの?」
多くの人から、指摘を受けた。でも、このチャンスは2度と来ることはない。
高校3年生の夏、岐阜市日中友好少年訪中団員として、
中国へ1週間の研修に行く機会を得た。事前・事後研修を含めると3週間、勉強から離れた。

行った甲斐はあった。見方・考え方の多様性を肌で感じた。
中国の高校生・大学生と直接、話をすることができた。
特に感じたのは「正しさ」の違い。
環境により「大きく違うこと」を、意識できた。

私が話した中国の方々は、首に赤いチーフを巻いていた。すなわち、
選ばれた「エリート」の方ばかりだった。語学が堪能で、特に英会話が得意。
「早くから選抜されるのは『不自由』ではないか」と聞いてみた。その答えは
「いつまでも同じことを、みんなさせられる方が『不自由』」だった。

先日、気になるツィートがあった。
そして、気になったのは私だけではなかった。













  

2018年06月04日

京都へ ~会うことで、わかること~


 ~『塾・ほしの』は、『NPO法人しーそー』の賛助会員となりました~

土曜日、京都へ出かけました。
その日は、暑い一日でした。
平安神宮前・国際交流会館でのイベントを楽しみ、
歩いていない街中を歩き、新しい発見が多くありました。

その時に、ひと・まち・交流館に立ち寄り、
NPO法人理事長、津田明彦さんとの打ち合わせをしました。
話しているうちに、あっという間に2時間が過ぎました。
NPO法人を支える単独の施設。使い勝手もよく「京都の力」を感じました。

NPO法人しーそーの活動も動き出しています。
http://nyoki.mino-ch.com/e46505.html
私も出来る限りのことをしていきたいと思っています。話し合うことで、
これから『NPO法人で行う』こと、『塾の賛助活動で行う』ことが明確となりました。

『塾・ほしの』は、『NPO法人しーそー』の賛助会員となりました。
『NPO法人しーそー』の理念の元での活動を、
『塾・ほしの』でも、具体的に整えていくことにしました。
そこで賛助活動となる『バラレルキャリア・ラボ』を、リニューアルしました。

賛助活動は次の2つ。

1つ目は、『15歳~大学生限定』の集@ラボ
https://reserva.be/hoshino/reserve?mode=service_staff&search_evt_no=00eJwzNDIwt7QEAAQ2AT0
月6回開催。塾を『個人指導の半額以下で利用できる時間』を設定します。
事前の個人面接で「やりたいこと」を確認することにしました。『塾生』・『しーそー会員』どちらでも参加可能です。

2つ目は、『限定なし』のパラレルキャリア・ラボ
https://reserva.be/hoshino/reserve?mode=service_staff&search_evt_no=a1eJwzNDQwtzQAAAQoATM
予約制個人相談となります。どんな相談でも、私のできる範囲で相談に乗ります。
『塾生』・『しーそー会員』どちらでも、1000円割引となります。

8月17日、『塾・ほしの』で実施のイベント
#不登校は不幸じゃない
http://nyoki.mino-ch.com/e46194.html
で参加される方も、塾を必要に応じて利用してください。  

Posted by 星野 健 at 00:01Comments(0)NPO設立NPOしーそー

2018年06月03日

andではなくorで ~平等・寛容・利他~


 ~NPO法人「しーそー」でも~

講師をしている岐阜聖徳学園高校で、学年弁論大会を見る機会があった。
1年生の第9・10弁論と講評を聞くことができた。
高校生が思っていることを聞く、いい機会だ。
毎年、チャンスがあれば聞くことにしている。

「平等」・「寛容」・「利他」
http://www.shotoku.jp/gsh/outline/foundation.php
建学の精神に書かれている言葉。
私自身も、大切にしていることだ。

今、高校の1年数Aで、集合・場合の数を教えている。
andである「かつ」、orである「または」…その違いにより、
「含まれる数」は、随分違ってくる。
「平等」・「寛容」・「利他」であれば、発想はorとなる。

その発想から、「やること」を決めていく。
仕事を選び、活動に参加し、プロジェクトをつくる。
それが「今の私の立ち位置」となっている。なので、
気に入っているところに、自然に「永く留まっている」ことになる。

活動を応援している、生まれたてのNPO法人『しーそー』
https://twitter.com/search?q=%23npo%E6%B3%95%E4%BA%BA%E3%81%97%E3%83%BC%E3%81%9D%E3%83%BC
「弱いまま、優しいまま、生きていける社会へ」
orの感覚が、ここにもある。



  

2018年05月29日

NPO法人しーそーFB完成 ~6・7月の活動紹介~


 ~しーそーのロゴ~

『NPO法人しーそー』が、動き始めている。

FB完成
https://www.facebook.com/NPOseesaw/
ツイッターページもできた。
https://twitter.com/npo_seesaw

そして、6月2日、10日には相談会。


7月7日はお話&交流会が予定されている。


講演内容に、私も非常に興味がある。

岐阜でそのような「場」をつくれるよう、
今から準備を進めたい。


HPは☟となります。
https://seesaw.localinfo.jp/
入会希望の方は、以下の入口から方法をご確認ください。
https://seesaw.localinfo.jp/pages/1774098/page_201803240108


  

Posted by 星野 健 at 00:01Comments(0)NPO設立NPOしーそー