2019年02月17日

明日 2019岐阜県内公立高校出願開始 ~岐阜高専の影響を考える~


 ~本日 岐阜高専学力選抜入試~

明日から岐阜県公立高校の出願開始となります。
https://www.pref.gifu.lg.jp/kyoiku/gakko-kyoiku/gakko-nyushi/17782/index.data/kenritsukoukousenbatsunittei.pdf
<出願期間> 平成31年2月18日(月)~2月21日(木)正午
この締め切りと、本日学力選抜入試のある岐阜高専合格発表が、今後の人の動きに影響します。

岐阜高専の入試日程は以下で確認できます。
https://www.gifu-nct.ac.jp/admission/exam_regular/
検査日   平成31年2月17日(日)
合格発表日 平成31年2月22日(金)

推薦選抜での内定者も通知されています。
内定:平成31年1月23日(水)
内定者数は95名。前年度より4名多い状況です。
学力選抜入試では、105名が決定されることになりそうです。

1月に実施された岐阜県内公立高校希望調査では、
「高専が不合格だった場合」の希望を、この生徒の皆さんも記入しています。
ですので、出願時にはこの95名が減っていることになります。
岐阜・西濃地区を中心に、その数は減る傾向があります。

また学力選抜で合格した105名のうち県内在住者は、入試日程の都合上
「岐阜県内公立高校に出願している」可能性が極めて高いと考えられます。
合格が決まると、変更期間中に願書を取り下げ、
「出願取り消し」をすることになるのです。

その105名のうち、岐阜県内の生徒が何名か。
また、岐阜地区の生徒は何名か。
そして、その生徒は「どの学校に」出願しているのか。
全県一区の影響はあるのか…それにより変更期間の人の減り方に偏りが出ます。

過去にも岐阜5校+各務原西から、変更最終日までに出願時と比べ100名前後の人が減りました。
毎年変更日初日と2日目に動きがあり、数を減らしているのは、高専合格者だと考えられます。
過去のデータから「岐阜北・岐山・加納高校」が影響を大きく受けた印象があります。
今年度も同様になるのか、それとも違った傾向となるのか。注目しています。  

2019年02月05日

3月スタート・新入塾生募集中 ~Readyforセットも先行販売~


 ~今なら曜日・時間指定の年間予約も~

今年度の看護受験もそろそろ終盤。
塾の予約も取りやすい状況になりました。
3月通塾開始の新年度入塾生の募集を開始します。
今なら曜日・時間指定の年間予約も取りやすい状況です。

塾については、Reservaのトップページ
https://reserva.be/hoshino/about
または、「エキテン塾ほしの」をご覧ください。
https://www.ekiten.jp/shop_1441812/

【Readyforセットを塾にて先行販売!】
6月下旬から行う予定のクラウドファンディングで販売予定の
Readyforセットを塾にて先行販売します。

【10,000円】Readyfor限定:塾・スタートレッスンセット
セット内容詳細
■ 受験または学習相談1時間(4000円相当)
■ 個人指導2時間(塾外生8000円相当)
■ 入試まで使える問題集
■ 継続レッスンの場合、3時間目から塾生料金3000円となります
※看護受験に限りません。中学・高校・大学入試対策、日常学習でも利用できます。


【50,000円】塾・看護受験ベーシックセット
※看護奨学生と同様のレッスンセット
■ 入会金免除・教材費・諸費用込 
■ 受験相談1時間
■ 個人(または親子)指導12時間
■ 入試判定テスト1回分(2時間)

【100,000円】塾・看護受験プレミアセット
※全30時間分・受講時間先行予約権付き
■ 入会金免除・教材費・諸費用込
■ 受験相談1時間
■ 個人(または親子)指導27時間
■ 入試判定テスト1回分(2時間)

先行販売は6月末までとなります。
是非、無料入塾相談の上、ご利用ください。
無料入塾相談の予約は☟から
RESERVA予約システムから予約する  

2019年02月04日

本日よりココナラでの相談再開 


 ~2月4日~8月中旬の期間限定~

今年度の看護受験指導がひと息つきました。
ココナラでの相談を再開することとなりました。
https://coconala.com/users/41124
相談は、次の2つとなります。

『岐阜地区限定で、高校受験相談します』
https://coconala.com/services/7862
『岐阜で看護師を目指すあなたに、進路選択を提案します』
https://coconala.com/services/7578

ただし、私が時間が取れる『期間限定』となります。
今年度も本日より8月中旬までとなります。
前年度から岐阜県公立高校受験が「全県一区」となりました。
岐阜地区への受験を考えている方も、少なくないと思います。

ココナラの良さは、
『塾に来なくても・匿名でも』
相談が可能となることです。
遠方の方からの看護相談も過去にありました。

塾での対面進路相談を希望される方は、
下の入口からお入りください。
RESERVA予約システムから予約する
ココナラとは違い、家族全員での相談も可能です。
  

2019年01月29日

AI先生から「基本」を学ぶ ~准看・第二看護受験にも~


~『未来の教室』プロジェクト~

数学の学習時間が短縮される。
授業で学ぶ内容が、Qubenaを使うことで
7分の1の時間で済む人がいたことが、
1月21日経産省の会議で報告された。
https://www.kyobun.co.jp/news/20190122_05/

Qubenaについては以下を見てほしい。
https://wiz.qubena.com/lp/lite/
AI先生から学ぶことにより、自分に合った出題がなされる。
個人でも利用できる。月額2000円を切ることも魅力だ。

初めて学ぶ小・中学生の自学・自習に最適だ。
読み取る力さえあれば、自分で学習を進められる。
それでもわからない場合は、
質問ができる体制も整っている。

准看護・第二看護受験にも有効だ。出題範囲は中学卒業レベルだ。
准看護・第二看護受験でも差がつきやすいのは数学。
社会人として仕事をしながら学ぶとき、『普段の学び』は、より効率的にしたい。
スキマ時間を有効に活用できる。

そのうえで、また並行して塾に通えば、
受験校の出題傾向に合わせた実践を積むことができる
実践し、弱点をまた家庭でのAIでの学びで補っていく。
こうしてより深い学びができ、合格に近づくことができる。

時代によって、学び方は変わる。
「読み取る力」さえあれば、
基本的な学びは自分で獲得できる時代になった。
塾の活用の仕方もまた、時代によって変わる。  

2019年01月26日

2019年 岐阜県内公立高等学校への進路希望状況結果から


 ~今年は競争が全体的に緩和へ~

岐阜県教育委員会は県内公立高等学校への進路希望状況の結果を24日に公表しました。
平成31年3月中学校卒業予定者を対象に、平成31年1月時点での希望を調査。
下はその結果。岐阜地区全体では+390名という状況です。
https://www.pref.gifu.lg.jp/kyoiku/gakko-kyoiku/gakko-nyushi/index.data/sinro-chosa-h31.1.pdf

この調査結果から、岐阜の5校+各務原西で、定員に対し+405名
このままでいくと岐阜地区の不合格の大半は、
「この6校と岐阜総合・県岐商から」ということになります。

前年度同調査では、上記6校定員に対し+603名 
6校合計では、最終的には去年より少な目の不合格者が出る見込みです。
ただし前年度同様、各校での差は大きくなる見込みです。

例年の動きから、今後の予想をしてみましょう。
出願時に6校以外へ80名程度、変更時には岐阜高専合格者も減り70名程度 
今年度も、150名±30名程度、出願・変更期間後に減少が予想されます。
➡学校によるバラツキがあるため、上記6校ではそれでも20~70名程度の不合格者が出る見込みです。

私立併願校が「第二希望」であれば、去年同様
変更期間にも志望校の変更は少なくなると考えられます。
この結果を元に、最初の出願先は慎重に選びたいものです。
変更期間に「変更しにくい」状況になることは、想定しておきましょう。

調査結果から、公立全日制課程の平均倍率は前年度から減少し、1.02倍。
岐阜5校+各務原西へ受験生が集中している傾向は変っていません。
去年からの大きな変化は、公立全日制課程希望者と定員の差がかなり小さくなったことです。
前年度+474名から、今年度+322名と152名の差があり、公立全日制離れが始まったようです。

理由は、過去記事を参考にしてください。
http://nyoki.mino-ch.com/e49929.html
私立通信制高校への人気が、岐阜でも高まってきているのです。
また系列大学のある高校への推薦・単願も、人気があると考えられます。


塾では新入塾生を募集中です。
塾について興味のある方は、エキテンHP・過去記事をご覧ください。
https://www.ekiten.jp/shop_1441812/
http://nyoki.mino-ch.com/e50169.html  

2019年01月07日

「公立離れ」が起こる可能性も ~岐阜県高校入試~


 ~首都圏の現象が、岐阜・西濃地区にも起こる可能性~

2018年度 岐阜県公立高校入試は、前年度までと同様だった。
しかし2019年度入試は、様子が変わる可能性を秘めている。
前年度首都圏で起こった現象が、岐阜・西濃地区で起こるかもしれない。
https://www.schoolnetwork.jp/hs/maniax/2018-05/index.php

実際に通信制・単位制の岐阜国際高校の生徒数は増えている。
http://gifu-kokusai.denpa.jp/faq/
編入学だけでなく「1年次からの新入学も多い状況」に急激に変化している。
私立通信制高校が県内に増える。広域通信制サポート校も岐阜にも存在する。

広域通信制では、N高は話題となった。


自分のペースで学ぶことができるのも、特徴だ。

ただし、通信制高校は今のところ
進学・就職の実績は厳しい状況。
進学者が増えた今後に、期待をしたい。

大学進学を考えると、
「系列大学のある私立進学」
も、考えていきたい。
国公立進学がすべてではない。

たとえば、看護・教育志望の方の高校進学は、
岐阜聖徳学園高校という手もある。
看護の場合、これからの若い方は「大卒看護師」が主流となる。
系列大学に看護学科があり、指定校推薦・併願での進学も考えることができる。

岐阜地区は今年度も『岐阜5校+各務原西』は、
「相変わらず」の人気となるとなるだろう。
その他の公立校に、首都圏のような変化が見られるかに、注目したい。
「公立離れ」…岐阜にも起こるのだろうか。  

2018年08月30日

地元中学も今日から ~夏休み終了~


 ~進路相談もできます~

地元中学校も、今日から新学期。
前後期制の学校では、期末テストがある時期です。
中学3年生にとっては大事なテスト。
夏休みの頑張りを生かしたいところですね。

公立高校を目指す方にとっては、私立の併願先が重要になっています。
特に岐阜5校+各務原西では、ここ数年かなりの不合格者数が増えています。
併願先の私学でも「夢が叶う」ような進路選択が重要となります。
塾では「岐阜地区私立高校の選び方」個別相談も行っています。
RESERVA予約システムから予約する

不登校の方も、いろいろな思いになる時期です。
特に中学3年生は、進路決定の時期。
夏の高校見学会に行かなかった方も、
秋の個別相談会を利用することもできます。

岐阜県内にも、通信制高校・サポート校も増えてきました。
また、その進学者、高校中退からの入学者も増えています。
https://twitter.com/JUKUHOSHINO/status/1034530171385069568
多様にある進路から、自分に合った高校を見つけたいですね。

塾でも、相談可能です。
また、塾で行っている『集@ラボ』を通して、
自分のこれからを考えることもできます。
https://reserva.be/hoshino/reserve?mode=service_staff&search_evt_no=00eJwzNDIwt7QEAAQ2AT0
  

2018年06月21日

再び『プレッシャーのかかる場』へ? ~私立併願校の選び方~


 ~『花』を咲かせるために~

『将来、看護師になりたいのですが…』
私が准看護学校講師をしているためでしょうか、
中学生の進路相談で、この言葉を聞くことが多くあります。
夢が決まっている場合、『上から』進路を決めることも大切になります。

理由は、この3年の県内公立進学校人気。
『岐阜5校+各務原西』で、不合格になる方が300名以上が続いています。
(能力)が近い生徒同士の当日勝負。
誰が不合格になっても、おかしくない状況が続いているのです。

公立不合格により『夢が遠のいて』はいけないのです。
そのためには「下から」ではなく「上から」決めることも必要となります。
看護大がどこにあるのか、そしてその系列校が高校にあるのか…
それを調べれば、併願校も絞られてくるのです。

夢が決まっていない場合も、考えておきたいことがあります。
もし不合格になるなら、『要素は何だったのか』ということです。
調査書なのか、当日勝負での弱さなのか…3年後に、
再び『プレッシャーのかかる場』のみの勝負では、厳しいかもしれません。

あの私立は「進学校だから」というだけでの選択は、
自分には『合っていない』場合も、あるのです。
同じリスクを背負わない勝負をした方が、『夢が叶いやすい道』も、あるのです。
夏休みに是非、受験勉強と同時にいろいろ探してみて下さい。

県内私学を知るチャンスは、夏休みにあります。
部活動も終わり、じっくりと考えられる人も多くなる時期になるのです、
塾での『岐阜地区私立高校の選び方』個別相談は以下の入口から、お入りください。
RESERVA予約システムから予約する  

2018年06月19日

高校では点が取れない… ~塾での個人指導にて~


 ~自分の都合に合わせて通塾~

塾に初めて通われる高校1年生の方に、学習指導。
「高校生になって、見たことのない点を取ってしまった…」と語る。
とても、驚いている様子。進学校に通う生徒にとって、そのショックは大きい。
しかし、これは不思議な事ではない。

小学校・中学校の母集団は、公立の場合「地域」となる。
勉強に興味を持たない人も、意欲のない人も、一緒。
また、評価も「到達度」を重視。極論では全員5でも全員1でもいい。
テストも同様。定期テスト平均も5教科で300点を超えることが多い。

それに対し、高校はどうだろうか。
母集団は、入試で選抜されたメンパーとなる。
その中で「差」をつけるための定期テストを、教師は作成する。
それを元に評定をつける。なので全部が「5」となる生徒はレアな存在になる。

今までの『テストでの戦歴』が、リセットされたのである。

なので逆の場合も『よくある光景』となる。
余裕を持って進路選択し、最初の定期テストで成績上位となる。
余裕を持った状態で、高校はじめての夏休みを迎え、満喫する。
休み明けの課題テスト・実力テスト・定期テストの3連続で「撃沈」する。

『(意欲)を保ち続ければ、(能力)は付き、いつかは(結果)がついてくる。』
その想いを持って、高校生生活を続けてほしい。
母集団の範囲は今は狭く、順位は大きく変わる。
やがて範囲は広くなり、意欲さえあれば『自分の場所』が、なんとなく落ち着いてくることになる。
  

Posted by 星野 健 at 00:01Comments(0)高校入試

2018年06月12日

夏期講習に代えて ~『集@ラボ・拡大版』を8月に実施~


 ~『次のステージ』で、輝くために~

中学3年生から大学生を対象に、現在、塾では集@ラボを実施しています。
https://reserva.be/hoshino/reserve?mode=service_staff&search_evt_no=00eJwzNDIwt7QEAAQ2AT0
6、7月も第2~第4の火・木曜日、17時~18時30分に開講しています。
そして8月にはその『拡大版』を実施することになりました。

『集@ラボ・拡大版』 対象 中学3年生から大学生まで
日程 8月6、7、9、10、20、21、23、24の8日間
時間 午前9時~12時の間開講(1時間単位での参加可)
内容 『集@ラボ』と同様。自己選択による活動となります。

まずは参加予定日前までに、個人事前相談(無料)を行います。
以下のサイトから、都合のいい日時を御予約下さい。
RESERVA予約システムから予約する
「やりたいこと」を明確になることで、開始までの期間に、私も事前の準備ができます。

通塾は1回1時間単位。最大1日3時間となります。必要な時間数だけ通塾して下さい。
費用は1時間あたり、2500円(塾生・しーそー会員は1500円)
9時間以上通う方は、9時間目から24時間目までは『1時間あたり1000円』となります。
(塾生・しーそー会員でない方も、9時間目から『塾生』となります)

部活動を終えた中学3年生の方。
就職・進学を考えている高校生・大学生の方。
また、学校には通っていない15歳~22歳の方。
『次のステージで輝く』ために、夏休みのこの機会を利用してみませんか。