2015年08月31日

女性活躍推進法成立

  
 ~岐阜市の行動計画策定に注目~

 女性活躍推進法が成立した。
厚生労働省のHPには、概要・条文・策定手順がアップされている。
http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-11900000-Koyoukintoujidoukateikyoku/0000095826.pdf
http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-11900000-Koyoukintoujidoukateikyoku/0000095827.pdf
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000091025.html
女性活躍推進法に基づき、国・地方公共団体、301人以上の大企業は、
(1)自社の女性の活躍に関する状況把握・課題分析、
(2)その課題を解決するのにふさわしい数値目標と取組を盛り込んだ行動計画の策定・届出・周知・公表、
(3)自社の女性の活躍に関する情報の公表を行わなければなりません

ということで、当然岐阜市役所も策定となります。岐阜市役所では、
ステップ1については、毎年のように調査がされています。課題分析が重要。
ステップ2、3についての公表が今後はあることになります。

具体的には、行動計画の公表・女性活躍の情報の公表があります。
市男女共同参画サポーターとして、私もしっかりとチェックしたいと思っています。
特に、45歳以上職員の男女比については、長期課題として課題分析・対策が必要です。







いろいろな意見、課題は残っています。
しかし、市の男女共同参画を推進する部署にとっては、
「後ろ盾となる法律」ができたことは事実。
ここから良い事例をどんどん生み出し、広げて欲しい。


  

Posted by 星野 健 at 00:01Comments(0)男女共同参画サポーター

2015年08月30日

自己肯定感が低い 日本の高校生

  


今に始まったことではない。
ずっと、言われ続けているが、そのままにされている気がします。
先の調査より、さらに低くなっている印象さえあるのです。




自己肯定感を高めるには
「社会体験」の機会を、どのように増やせばいいのでしょうか。
私は高校での「夏の中学生向け講座」で、そのヒントを話すことにしています。

講座の最後に、この記事のまとめの言葉を話題にしています。
http://www.nikkei.com/article/DGXBZO62980660S3A121C1000000/?df=4
「親・先生・店長」以外の大人と絡むには…講座では、
Gooddoでクリック募金から、NPOの活動に触れることを紹介しています。
  

Posted by 星野 健 at 00:01Comments(0)時事

2015年08月29日

愛知きわみ看護短期大学 岐阜の短大との併願は?

  
 ~修文大学・看護学科の影響はいかに~

愛知きわみ看護短期大学 募集要項を見てみる。
http://www.aichi-kiwami.ac.jp/exam/guidelines.html
特別推薦入試で、学士・社会人・専門高校生にチャンスがある。
学士・社会人は2期のラストチャンスに賭けての受験も可能だ。小論文と面接で負担も少ない。

一般入試でも、旧課程に配慮してる。
旧課程と新課程の「共通部分」の学習をすればいいことになる。
現役の方も、旧課程を意識したいところ。
選択教科についても、これからの勉強で間に合うものを選びたい。

この2年間で、岐阜県には岐阜聖徳学園大学など3校の大学看護学科が誕生した。
そのとき、大きな影響を受けたのが平成・岐阜保健・大垣女子の3短大。
現役高校生の大学志向が強くなり、短大にはチャンスが広がった。
今年は、きわみ短大が修文大学の影響を、一番大きく受ける学校になるだろう。

ということは、学士・社会人・専門高校生にチャンスがあると考えたい。
募集人数は「若干名」だが、その人数は増える可能性を秘めている。
受験しなければ、合格する権利が自分に来ることはない。
しかし「専願」なので、他校受験・合格発表との兼ね合いで、タイミングよく受験したい。
  

Posted by 星野 健 at 00:01Comments(0)看護

2015年08月28日

夏休みの高校生 通塾終了

  
 ~学校により、内容・進度がバラバラ~

夏休みになると、高校生が課題を持って塾へ。

最初に通塾したのは高専生。
7月下旬に「前期テスト」、8月から9月途中までが「夏休み」
大学のような設定のため、前期テスト対策。
私が大学で習った内容を2年生で…格闘しながら、正解へと導く。

次に通塾したのは岐山高校生。
学校課題のやりきりのためだ。
進度が速く、さらに深い。
わからないところの連続質問なので、こちらもしんどい。

後半に来たのは、夏休みの課題やりきるための高校生たち。
専門科目を学ぶ学生のため、数学は易しめ。
課題のやりきりと、課題テストの対策が中心。
個々の目標に合わせて、努力させる。

すべて私の塾の卒業生なので、
精一杯自分でやってくる癖はついている。
頼り切って「何とかしもらおう」とする姿はない。

高校生は、必要な時だけ塾に予約して来る。
見る度に、彼らの姿は、たくましくなっていく。
それを見て、また私も頑張れる。
次は、中学生の前期期末テスト。

  

Posted by 星野 健 at 00:01Comments(0)

2015年08月27日

ハンズメッセ 名古屋店の初日 

  
 ~木曜日は初日~

狙いは東急ハンズ名古屋店
http://nagoya.tokyu-hands.co.jp/
火曜日午後21時に広告ネット公開。めぼしをつける。
木曜日が初日。ここを狙うしかない。

早めに駐車場へ行くことを考える。
出かける。国道22号は、思ったより順調。
早く着いたのでルーセント北の、12時間900円の駐車場へ。
そこから歩き、エレベータ前に開店20分前には到着。

開店。始発のエレベータ搭乗に成功。
狙いはいつも混んでいる5階だ。
到着。同時に走る人を目撃。会場はごったがえしている。
例の旧パッケージシャンプーをはじめ、目的のものを買いあさる。

同行者は次の階へ。私だけレジ待ち。
行列の長さもハンパない。フォーク並びで高島屋側まで続く。
その行列の様子をメーテレが撮影。映ったかもしれない。
20分ほどで運よく私は会計できたが、11・12番の列はなかなか進んでいなかった。

発送は全国一律200円。こちらも行列だ。よく見ると、
「お持ち帰り」の方は赤い「ハンズメツセ専用袋」
期間も8月27日~9月2日と印刷され、「歩く広告塔」と私は変化した。
「発送」の方はいつもの「ハンズの袋」。このアイディアは、いい。

別の階で同行者と合流し、同様の繰り返し。
私は「ひとりレジ部隊」兼「ハンズメッセの広告塔」の半日を過ごす。
帰りにルーセントタワーで、ビジネスマンに混ざっての食事。
異空間の中で、会話を聞きながら食事するのもいい。

それにしても、名古屋駅周辺はまだまだ再開発が続いている。
大名古屋ビルヂング、JRの新タワー…着々と建設が進んでいる。
歩いて回る場所が、まだまだ増えそうな勢い。
今回の駐車場には、今後もお世話になりそうだ。
  

Posted by 星野 健 at 17:19Comments(0)雑記帳

2015年08月27日

「時間」と「とき」 佛教大学公開講座での学び

夏休みを利用し、京都の佛教大学四条センターで公開講座を受講している。
「探検!ためになる比喩の流儀」佛教大学文学部教授 瀬戸 賢一
http://www.bukkyo-u.ac.jp/facilities/shijo/course/detail/448/2015/08/
第4回、5回と受講。最終日は受講できない可能性が高く、残念。

先回は「時間」と「とき」について。
特に興味深かったのは、
「時間」という概念は明治以前の日本人にはなかったとのこと。

その概念は「お金」の比喩として、理解されたとのこと。
使う、浪費する、節約する、配分する、費やす…英語でも同様とのこと。
「時給」の概念もここからとのこと。

明治以前は「とき」のみであった。
「うれしいとき / 悲しいとき」とは言うが、
「うれしい時間 / 悲しい時間」とは言わない。

「とき」はやまとことばで、濃淡のあるやわらかい縁どりを感じさせ、
「時間」は漢語であって、からっとした輪郭を感じさせる。
「とき」には、個人的な親しみがこもっているといえばよいだろうか。これに対して、
「時間」は、社会的な機能も前面に押し出す。(「メタファー思考」講談社現代新書)




先の話と、このツィートの話が、私の中でつながった。
図書館では「とき」を感じる。個人的な親しみがこもった場所と。
学校では「時間」を費やしていく。社会的な機能を「する」ことで浸み込ませる場所と。
それぞれの場所で、人は学ぶ。人により、その比重が違うのだと、私は感じている。

  

Posted by 星野 健 at 00:01Comments(0)雑記帳

2015年08月26日

羽島市医師会准看護学校 募集要項

羽島市医師会准看護学校の平成28年度の募集要項を確認。
例年と変わっていない。
毎年のように看護の模擬試験結果も優秀。
激戦を勝ち抜いた受験生が集まる学校。当然の結果かも。

この学校の特徴は実習期間。
実習が「曜日で分割されている」ことだ。
例えば2年生では、水・木・金が実習。月・火は授業。
実習時間数は各学校同じなので、その分、実習期間は長くなる。

本年度も定員32名の激戦。推薦も含んでの定員だ。
例年のように、高倍率になることが予想される。
第一志望の方は併願先を決め、いつ、どこを受験するのかを
前もって決めておきたい。

本年度も岐阜准よりも1週間早く受験となる。
続けて一週間後に岐阜准を受けることもできる。
羽島准看の発表は2月10日。
結果を見てから岐阜准の2次募集の出願でも、間に合う。  

Posted by 星野 健 at 00:01Comments(0)看護

2015年08月25日

市男女共同参画サポーター会議 ③子育て世代の苦労


~厳しい現実も~

サポーターの中に、子育て世代の方もいる。
家庭のこと、子育てのこと、介護のこと…仕事をされている方は、
さらに、その時間を含めて「やりくり」しないといけない。
しかも、男性の協力はなかなか得られない。

今回はPTAのことが話題に。
広報、行事の手伝い、登校指導当番など、年に数回学校へ。
仕事されている方の負担は、特に大きいと。
年配のサポーターの方からは、協力できればしたいとのありがたいご意見。

市側の報告では、岐阜市は今年度から全ての学校が
コミュニティースクールになったとのこと。
しかし、形はできているが実態は…というところらしい。
各学校の教頭先生にも、さらに負担が増えていることが予想される。

PTAとコミュニティースクールの運営委員会が上手く連携し、
PTA活動の精選を図れば、1クラス当たりの役員も減る。
また、当番活動も減ると考えられる。教頭先生も楽になるかも。
次回の会議では、このあたりを調べて、アイディアを出したい。

会議の最後には、クラウドファンディングの報告。
https://readyfor.jp/projects/KANGO
CBニュース・丸山さん記事の紹介をした。
http://nyoki.mino-ch.com/e24716.html
  

Posted by 星野 健 at 00:01Comments(0)男女共同参画サポーター

2015年08月24日

なごや子ども応援委員会の活動

  
 ~学校の先生とは違う立場から~

なごや子ども応援委員会 広報なごや 2014年12月号より
平成26年4月から、いじめ、不登校などの課題
に対応するため、市内11ブロックの中学校11
校に設置し、以下の取り組みを進めています。

《なごや子ども応援委員会のスタッフ》
スクールカウンセラー(臨床心理士 など)
スクールソーシャルワーカー(社会福祉士 など)
スクールアドバイザー(地域・保護者などとの連絡調整)
スクールポリス(元警察官)

《なごや子ども応援委員会の活動》
①校内での日常活動を通した問題の早期発見
②専門性や経験を活かした幅広い相談対応
③家庭・地域・関係機関との連携強化
④いじめなどの未然防止につながる取り組みの支援


<1年間の活動で、成果が出ている>
子供相談2700件、不登校関連が最多 名古屋市の応援委員会
http://www.sankei.com/west/news/150511/wst1505110045-n1.html
⇒数値目標ではなく、こんな活動を広げていく自治体はすばらしい。

  

Posted by 星野 健 at 18:27Comments(0)雑記帳

2015年08月24日

市男女共同参画サポーター会議 ②ベテランの方々

  
 ~会議に男性は、今回2名~

会には長年、サポーターを勤められた方々がおいでだ。
経歴も様々。主婦の方だけでなく、現在、仕事・活動をされている方も。
「昔はこうだった」という話。私には新鮮に感じる。
私たちの親世代の意見を聞く、貴重な機会だ。

その方々の話を聞くことで、「変化」を感じる。
男性ばかりの職場、そこでの女性の役割。
いろいろなハラスメント、男女雇用機会均等法による変化。
少しずつではあるが、男女共同参画の意識が変化してる。

よく話題になるのは「家で何もしない旦那」。
いろいろな「教育」により、だんだん減っているようだ。
「周りのことは、少なくとも自分でできる」
男女共同参画の基本だ。

話を聞き、その思いを受け止める立場。
次の世代に伝えていく立場。
行政として、それを反映させる立場。
三者が集まり、本音で雑談するところが私は気に入っている。






 



  

Posted by 星野 健 at 00:01Comments(0)男女共同参画サポーター

2015年08月23日

市男女共同参画サポーター会議 ①岐阜市の取り組み


 ~このイラストは、フリーで使えます~
http://www.city.gifu.lg.jp/4924.htm
 
8月21日 今年度、第1回岐阜市男女共同参画ぷらん・さんかく・サポーター会議があった。まず、
昨年度から今年度にかけて、岐阜市が行った事業において、変更があったものが報告された。
実に多くの事業が岐阜市ではなされており、どんどん拡大している。
予算の関係で、規模が小さくなっている事業はあるが、事業数事態が減らないと大変な気がする。

その事業の中で、特に、准看護学生にとってありがたいのは、
小学校での預かり事業。
午後7時までが増え、ほとんどの校区で実施となってきた。
授業終了後、慌てて帰る生徒が減るだろう。

岐阜市は「市役所が男女共同参画のモデル事業所」という目標を掲げている。
http://www.city.gifu.lg.jp/secure/4608/4.3syou_kihonmokuhyou3_.pdf

市職員採用時での男女比率は5対5 に対し
45歳以上の職員男女比率は7対3 になぜ変化しているのか。
その原因を探ることから、見えてくることがあるような気がする。

今年から課が再編され「男女共生・生きがい推進課」となった。
今年度から課長さん、男女共生推進係の担当主任さんも女性。
前年度からの事務局の方も女性である。
みなさんやる気のある方で、今後の活躍が楽しみである。
  

Posted by 星野 健 at 00:01Comments(0)男女共同参画サポーター

2015年08月22日

大垣看護 受験日程発表


 ~試験日がずれていて、一安心~

大垣看護学校の入試日程が発表された。
推薦入試は定員の30%程度。
一般入試での合格者が確保されたのは、ありがたい。

また、一般入試の期日も、他の第二看護とずれている。
これにより、併願もしやすい。
また、入学金・施設費についても、いったん2月12日までに納入すれば、
3月31日までは、全額返還していただける。

例えば、大垣が合格で他の第二看護が「補欠」であった場合でも、
3月31日までに「追加合格」となれば、全額返還の申請ができる。
「通う学校がある状況を、少なくとも今年度中に」
と考えている方は、是非、併願受験を。
  

Posted by 星野 健 at 00:01Comments(0)看護

2015年08月21日

第1回 斎藤 孝  第2回 外山滋比古


 ~刈谷市 おそるべし~

美術館・博物館へ出かけることが多い夏。
刈谷市の美術館へ出かけた時、
バンフレットを見つけた。
このパンフレットを見るのもまた、楽しみの一つ。

 刈谷市 平成27年度 後期市民大学講座
第1回 10月1日 明治大学文学部教授 斎藤 孝
第2回 10月2日 評論家 御茶ノ水女子大学名誉教授 外山滋比古
各回18時30分開場 2回合わせて1000円

外山氏は、愛知県立第八中学卒。
今の刈谷市にゆかりがある。
それにしても豪華。うらやましい。
10月だけ、刈谷市民になりたい。  

Posted by 星野 健 at 00:01Comments(0)時事

2015年08月20日

岐阜県西部+稲沢 准看護学校併願パターン

稲沢准看護学校を「扇の要」とし、
扇形の弧のように、大垣・羽島・岐阜・各務原の准看護学校は並んでいます。
そのため、この5校の併願を入試日程・入試科目などを見ながら、
塾では「併願パターン」を考えることが多くなります。

大垣・各務原・羽島准看護学校第一志望の方は、相互の受験終了後、
稲沢准看一般入試⇒岐阜准看二次入試
の流れで併願可能です。入試科目数が減っていくので受験しやすくなります。
第一志望入試結果を見ての出願で、間に合う場合もあるのです。

岐阜市医師会准看護学校が第一志望の方は、
岐阜准看一次入試⇒稲沢准看一般入試
の順で。岐阜准看一次入試終了後、作文練習をしましょう。
ただし、稲沢は年齢制限があるので要注意です。

また、第一看護不合格で
「今年度中にどうしても学校に通い始めたい」方は、
稲沢准看一般入試⇒岐阜准看二次入試
の順で。第一看護入試終了後、中学数学を中心に勉強しましょう。



  

Posted by 星野 健 at 00:01Comments(0)看護

2015年08月19日

稲沢准看護学校 募集要項


 ~国府宮駅から徒歩7分~

稲沢准看護学校募集要項
http://www7a.biglobe.ne.jp/~inazawaishikai/bosyuuH28.pdf
一般入試が2月27日と、岐阜に比べて遅い。
国府宮駅から徒歩7分という立地。

入試科目が国語・数学・作文。
入試問題も2年分見ることができる。
http://www7a.biglobe.ne.jp/~inazawaishikai/junkan.html
入試科目・発表の関係から、岐阜市医師会准看護学校との併願も予想される。

岐阜市医師会准看護学校の入試日程
http://www.city.gifu.med.or.jp/kango/files/pdf/bosyu12.pdf
一次試験との併願、二次試験との併願どちらも可能。
第一志望との兼ね合いとなる。

  

Posted by 星野 健 at 00:01Comments(0)看護

2015年08月18日

通塾率が高いと、無答率増える




確かに私も、そのように指導している傾向がある。
「思考問題は、さしあたってパスしなさい」と。言い換えれば、
「時間がなければ、やらなくてもいい」
と、伝えていることになる。

短い時間で
「問題を得点に、置き換えること」
が、入試では必要。
その判断を「秒殺」で行えることが大事。

しかしこれは、舞田先生指摘の通り。
短い時間で思考を伴わず。
相手の意思にあわせた答えを、正確に導く訓練でしかない。
これだけをもって「学業」とするのは、恐ろしい。

問題を通して鍛えていくことも重要。
これからの入試改革により、
思考力重視に変わると、
塾も変わっていくのかもしれない。  

Posted by 星野 健 at 00:02Comments(0)

2015年08月17日

保育士から准看護師へ




准看護師も保育所で働くことかできるようになった。
http://nyoki.mino-ch.com/e25050.html

今後、ますます保育士から看護師を目指す方が増える予想ができる。
なぜなら。ほとんど同じ働きをして給与に差がつくからだ。
かといって差をつけなければ、
准看護師が保育所で働く可能性は、かなり低くなる。


准看護師の方とともに仕事をしている方が、
自分の現在の職を辞め、准看護師を目指す傾向が強い。
例えば。医療事務、介護職、そして保育士である。
すべて「資格取得」をしている専門職にも関わらす。

逆に。准看護師がこの3つの仕事に転職するケースを
私は聞いたことがない。

「すぐ近くで働いている人」との
収入の問題が大きいのである。
特に「短大・大卒なのに」という思いが、
塾に通う方からは、強く感じられる。

  

Posted by 星野 健 at 00:01Comments(0)

2015年08月16日

東濃看護も 推薦50%


 ~地元に貢献できる人を~

 東濃看護専門学校の募集要項も発表された。
http://tono-seibu.org/to-no-n.c/#bosyuu
推薦入学は50%以内
http://tono-seibu.org/to-no-n.c/siken/bosyu-yo-ko/h28-suisennnyuugaku.pdf

前年度は11名合格
http://tono-seibu.org/to-no-n.c/siken/goukakuhappyou/h27-suisengoukakusya.pdf
受験番号が飛んでいるので、不合格者もいる。

前年度一般入試合格者は30名
http://tono-seibu.org/to-no-n.c/siken/goukakuhappyou/h27-ippangoukakuhappyou.pdf
二次募集は行われなかった。

今年度、推薦で「安全策」をとる准看護学生が増えると、
一般入試の合格者はさらに減る。
今年度の推薦合格者数に注目。
  

Posted by 星野 健 at 00:01Comments(0)看護

2015年08月15日

岐阜看 推薦30⇒50%へ 来年度募集要項

  
 ~内部進学生含む~

 県衛生に続き、岐阜市医師会看護学校の入試にも変化が。
http://www.city.gifu.med.or.jp/kangoshi/entrance/guideline.html

まずは推薦入試。
前年度の30%程度から50%程度に引き上げられている。
岐阜市医師会准看護学校からの学内推薦者は、試験免除。
県衛生同様、今年の4月1日に岐阜県内に住所がないと受験できない。

学内推薦以外でもチャンスはある。
学外推薦・施設長推薦があり、推薦をされれば、
書類審査・小論文・面接で受験できる。
新卒だけでなく、チャンスがあるので生かしたい。

逆に、大変になるのが一般入試。
県衛生で、定員が30名減っている。
岐阜市医師会看護学校でも、一般入試は20名前後となる。
一般入試はかなり厳しく、両校とも高倍率が予想できる。

この現状から、大垣看護・東濃看護への推薦希望者も増える可能性も。
岐阜准の卒業生も去年から倍増し、
岐阜准だけでなく、前年度准看護卒業生の再受験生が増えている。
また、県衛生受験の社会人には、ハローワークの後押しも。

「今までの一般入試とは、まったく違う受験環境」に。
一般受験の人は、とにかく勉強。
そして、複数受験。
それしかない。
  

Posted by 星野 健 at 00:01Comments(0)岐阜市医師会准看護学校

2015年08月14日

シャリカレー と くらアイスコーヒー

「食べてみよう」
新奇性が強いものは、試してみたくなる。
さっそく注文。ボタンを押すだけなので簡単。
寿司屋で「カレー1つ」という勇気はいらない。

とは言え、満員の客でカレーを食べている人は、見当たらない。
注文して、実際にレーンで流れてくる間にも、一人もいない。
そんな中で、食べることに。

見た目
…具は「ない」ようだ。
…しゃりは7~8貫分の量か。
…カレーの色はふつう。

食べてみる…口当たりはいい。
酢のしゃりとの相性がいい。
全体が辛口。特に食べた後の辛さがいい。
「子どもに受けるため商品」ではなさそうだ。

「自分らしく」
を貫くため、寿司を食べたあと
「くら アイスコーヒー」を注文。
よく注文されていた「かき氷」と迷ったが、あえて。

やはり注文している人は、いない。
さらに、来るのが意外と遅い。
しっかりと挽いてから抽出しているのだろうか…
期待を勝手にする。

来た。
飲んでみる。
深い。濃さがあり、苦みも強い。
珈琲だけでも、飲む価値がある。
(そのためだけに、くら寿司には行けないが…)

  

Posted by 星野 健 at 00:01Comments(0)雑記帳