2015年09月30日

JICAは刺激的④ ~もう一度 夢を見て~

 
 ~月の光 マンションの灯り~

自分を振り返っているときに、放送が入り現実へ。
「協力隊の説明会が始まる」とのことで、何の気なしに2階へ。
始まる直前だったこともあり、ほぼ満席。
「場違い」だとはわかっていたが、聞くだけならいいだろう。

JICAの方から活動概要の説明。
そして、今回の秋募集の流れについて説明があった。
アンケートも配られ、それぞれの具体的な活動の説明に入るところで退室した。
次々と若い方が入ってきたので、席を譲るためでもある。

中には制服の女子高校生もいる。私服の高校生ぐらいの男子もいる。
「自分を探してから、次の目標へ」
そんな生き方もいい。一度流れから降り、自分を見直す良さを体感してほしい。
何らかの形で、応援できる今後の自分でありたい。

短期ボランティアなら、2日から5日の国内研修の後、
2週間から6か月の派遣となるそうだ。
私のように、たった1週間でも他国に「どっぷりつかる」と、いい刺激になる。
特に多感な時には、センサーが全身にある。そこから進路を決めてもいい。

JICAにいた時は、あくまでも「他人事」だった。
自宅に帰り、資料を読むと、久しぶりの感情が…
協力隊は、若い時だけではない。シニアボランティアは69歳まで応募できる。
まだ、20年近くチャンスはある。先回の「高校3年生」も、「ラストチャンス」を生かしたことだし…。


一昨日は中秋の名月
昨日はスーパームーン
2日続けて、家のベランダから月を見た。
家の前は高層マンション。その壁が月を大きく遮っている。

でも、なんとか時間をやりくりし、短時間だけ顔を出した月を見ることができた。
手前のマンションの灯りと、同時に見えた月。
「いつか また 空へ」と、ますます夢を見たくなった。

タイミングと運があれば、チャレンジできるものもある。
「国際協力レポーター」
http://www.jica.go.jp/hiroba/menu/reporter/collect/index.html
刺激的な体験を、言葉にして発信できる。

そして、ラストチャンスに向けて。
もう一度、英語。今度は話せる英語。そして、健康。医療に頼らない健康。
「取り除かなければいけない壁」は、高層マンションのように、今では多く・大きくなった。
時を重ね、自分が「少しでもいい方向へと、動けば」、ラスト・チャンスに近づくことはできる。

JICAは刺激的。いつか、また、空へ。
(終)
  

Posted by 星野 健 at 00:01Comments(0)雑記帳

2015年09月29日

JICA は刺激的③ ~高校3年生の時を思い出す~

 
 ~海外へ行く チャンス~

大胆な行動をする少年を見て、思い出したことがある。
自分も外国を見てみたいと、夢見ていた頃を。

そのチャンスは、高校3年生の時にやってきた。
「第三次 岐阜市少年友好訪中団」の団員に、選ばれたのだ。

5月中旬に小論文を書き提出。選ばれたのが6月上旬。
そこから、ほぼ毎週土・日は「中国語研修」を含む研修。
家での復習も含め、英語よりも勉強をした。
漢文が好きだったので、英語よりも楽しかった。

8月3日から7日間、自分を含め中・高生10名と団長・副団長の先生2名とともに
中国の上海・姉妹都市の杭州市へ。
魯迅の生家、岳飛廟、西湖など日中は観光名所訪問が中心。
また、人民公社を訪問し生産責任制について学べた。

印象に残ったのは、提携校訪問。
アンチール小の発表は、統制がとれて見事だった。
私もなぜか、ピアノ演奏をそこで発表。
「美しい心」という曲を弾いたが、他の団員は小学生と「写真タイム」だったw

ショックを受けたのは『赤ネッカチーフの少年先蜂隊』
エリートである「学軍中学校生」(中・高一貫教育)との交流だ。
彼らは、『限られた条件の中で』『その期間内に』
成果を出すという、厳しい教育を受けている。浪人禁止だ。

私は暗記した中国語で、団員代表挨拶をする。
あいさつ・簡単な会話も、中国語で周りの生徒とできた。
そこへ、同年の男子学生がやってきた。
『社会問題』についての話になり、中国語では、行き詰る。

会話は、英語と筆談。増え続ける孤児と公害について、話してきた。
彼は英語が堪能。私は英語を「書くこと」「話すこと」は苦手。
単語レベルに落として、会話がようやく成り立つ始末。
かなり『日本の英語教育の評価』を下げてしまった。

逆に筆談では、
漢字が「私より書ける」と、驚かれる。
彼らは略式文字で書いてきて、読み取りに苦労した。
漢文が得意だったことが、ここでは役に立った。

貴重な経験だった中国での毎日。
連日睡眠時間は4時間程度で、早朝から一人で散歩・写真撮影。
現地の方と会話、特に日本語で声をかけてきた大学生とは仲良くなり、
2日連続早朝から会って、時間を忘れて話をした。住所も交換。

反動が大きかった日本での生活。
帰国後24時間連続睡眠。気が付いたら翌日の同時刻だった。
帰国後も、報告会・紀要の原稿づくりなどに追われた。
8月末に、ようやく日常生活に戻れた。

夏休みの宿題は、7月中に済ませたが、
テスト前の勉強が不足していた。
9月1日・2日の実力テストで、学年順位を240番前回より落とした。
「たった3ヶ月で、過去に類を見ない下げ方」と、担任は呆れていた。

しかし、その当時も不思議と後悔の念はなかった。
それよりも、一度流れから「降りて」、自分を見直すことができた。
一度きりしかないチャンスを、生かすことができた。
その喜びの方が、極めて大きかった。
(続く)
  

Posted by 星野 健 at 00:01Comments(0)雑記帳

2015年09月28日

JICA は刺激的② ~館内でも刺激的~

  
 ~フェアトレード・コーヒーも~

中に入ると、いろいろなコーナーが。
世界の衣装を着てみよう。
JICAの歴史年表。
世界の遊びの展示など。

首から「案内人」という看板をかけた若い人がいる。
活性炭フィルターを見ていたら、その方が声をかけてきた。
どうやら、JICAの職員の方のよう。

水をポンプで吸い上げ、
3つのフィルターを通して飲料水にするとのこと。
しかも、その動力は「自転車」
実演して見せていただいた。これならどこでも水が浄化できる。

同じフロアーでは、フェアトレードの品物がいろいろ売っていた。
また、14時まではランチバイキングで、各国料理が楽しめ、
14時からは喫茶となる店もあった。
も少し早くこれば、ここも利用できた。

資料コーナーで、資料を集めていると、後ろで中学生(小学校高学年?)の少年の声が。
「夏休みに、こんなことをまとめた」と言い、B紙を使って職員に説明している。
さらに、そのB紙は「ここに置いてほしい」と言って、無理やり置いて帰った。
職員の方も苦笑いしながら、受け取り、楽しそうだった。
(続く)



  

Posted by 星野 健 at 00:01Comments(0)雑記帳

2015年09月27日

JICA は刺激的① ~館外でも刺激的~

 
 ~いつか また 空へ~

JICA50周年ということで、イベントがあった。
http://nyoki.mino-ch.com/e25752.html
午前の仕事を終え、笹島のイベント会場へ。
すぐ隣は工事中。まだまだ発展の余地がある場所だ。

会場は、外部から国際色豊か。
手作り工作、楽器を演奏してみようなど、
子供でも楽しめる内容が目を引く。

反対側の入り口では、テント。
移動式の住まいゲル(パオ)だ。
中に入ることができた。

天井は吹き抜け。
雨の時は、その部分に雨よけを掛けるとのこと。
壁は格子で簡易的なもの。屋根の骨組みもシンプルだ。
動物の皮の匂いが、気になる人もいるかもしれない。

その周りは、バザー。
その中でお値打ちな
「ヒマラヤ岩塩1キロ600円」を購入。
午後なので、値引きしている商品もあった。

また「飛騨トマト農家になってみませんか」
と、違和感のある案内所があった。
「その技術を海外へ」と、アピールしているようだ。
これもまた相乗効果を狙う、一つの方法だ。

資料を受け取り、
いよいよ館内へ。
期待は高鳴る。
(続く)


  

Posted by 星野 健 at 12:23Comments(0)雑記帳

2015年09月27日

高校生 ~それぞれの通塾~

 
 ~ネット予約に慣れている~

 今週は高校生の通塾が多かった。

まず始めに、高専生。
夏休みがそろそろ終わるとのことで、
レポート課題についての相談だった。

 続いて、期末対策。
専門高校生のため、基本的なことを
しっかりと抑えることを重視した。

 また、小論文の入試対策での通塾もあった。
日常でも、中間テストを控えているので、
あまり無理はさせられないが、
本人は意欲的に課題に取り組んでいる。

 今日は、総合学科の生徒が予約。
何を質問されるのか、わからない。
しかし、出来る範囲のことで対応はしたい。

 塾の卒業生は塾を、上手に使っている。
必要な時に、ネット予約を入れてくる。
意欲的に学ぶ姿を見て、私も安心できる。

  

Posted by 星野 健 at 00:01Comments(0)

2015年09月26日

豊橋 ヨシノパン デセール

  
 ~なつかしい味が、だれにでもある~

デセールを求めて。

誰にでも「なつかしい味」がある。
「もう一度食べてみたい」という気持ちもわかる。
それで、探したのが「デセール」

蒲郡市内で今年、捜し求めて買ってみた。
しかし、これは「なつかしい味ではないと」のこと。
どうやらメーカーが違うらしい。

先日の、伊良湖からの帰り道、
豊橋「サンヨネ本店」に立ち寄った。
東海道の一本南の道、魚町。歴史を感じる。
すぐそばに、ちくわの「ヤマサ本店」がある。

ついに出会った。
タベログ「ヨシノパン」
http://tabelog.com/aichi/A2306/A230601/23055937/
値段も79円。手作りの蒲郡のものより
値段は安く、ひとまわり大きい。

食べてみる。
生地は、クッキー生地と甘食の間ぐらいの水分量。
すこしパサツキ、飲み物が必要になる。
味は間に挟んであるクリームと、よく合っていておいしい。

よい子によいパン ヨシノパン
http://www.aicpan.jp/shop/restaurant/yoshino/
他にもいろいろ売っていた。
この方面へ遊びに出かけたら、立ち寄ろうと思う。




  

Posted by 星野 健 at 00:01Comments(0)雑記帳

2015年09月25日

【青年海外協力隊50周年記念企画】協力隊まつり in 中部


~明日、開催~




稲沢のリーフウォークでもらったパンフレット。
その時も、JICAの活動について説明をしていた。
広報活動も、実際の協力・援助の入り口として大切。

明日はぜひ、イベントへ出かけてみたい。
「岐阜の農業が、世界で役立つ」
その事例に、特に興味がある。

つながっていないような活動が、
外国とつながっていくのかもしれない。
「協力隊」として活躍することが目標となり、
「何ができるか」を考えて、進路を決める人がいてもいい。

会場は笹島地区。
昔は車両基地だったところだ。
あの広大な敷地は今、いろいろと活用されている。
変化した名古屋駅南地区も、一緒に楽しみたい。


  

Posted by 星野 健 at 00:01Comments(0)雑記帳

2015年09月24日

准看護学校応募者数 対前年マイナス3600人に

  
 ~社会人にチャンスが~




事実1~3の内容について、
私も肌で感じている。

4年制大学看護学科が、
岐阜県内・近隣愛知県で次々と誕生。
短大・看護専門学校も含め、
現役高校生は准看護学校への進路選択者が減っている。

岐阜県内には准看護学校が8校。
募集定員総数も多い。
日程的にも、併願が可能だ。
社会人にとって、今がはチャンスなのかもしれない。


  

Posted by 星野 健 at 00:01Comments(0)看護

2015年09月23日

招待メールに驚く


 ~私たちは?~

昨夕、PCに飛び込んだ1通のメール。
お世話になった某所からの
「ご招待」の案内だった。

以下、家での会話。

11月の
平日に
東京へ?

候補?
なぜ?
うれしいけど。

何人?
どうやって?
いつ行くの。

スケジュールの調整は?
学校は?
次の日仕事。

返事までには、まだまだ時間はある。
熟考し、あらゆる可能性を探る。
「あれこれ考えを、巡らせていく」
こういう悩みは、楽しい。
  

Posted by 星野 健 at 00:01Comments(0)雑記帳

2015年09月22日

宮尾節子さんの表現力



SWで溜め込んだツイッターを、
ゆったりした時間の中、見直しました。
その中で、宮尾節子さんの
「感謝状」に、出会いました。



栗林佐知さんの
「恩人」に出てきた
「おばあさんに対する評価」
が、私の頭に浮かびました。

また、9月18日に、8月30日のデモ参加レポートが
公開されました。



事実の描写。
視点の置き方。
感覚の表現。
比喩によって伝わる力。

宮尾節子さんの感じた事が、
本当によく、伝わってきます。
そして、文章に引き込まれていきます。

私が特に気に入った表現は、次の2つ。
1つ目は、デモ中の出来事の表現。

それにしても、おだやかな決壊だった。
掌の中で、コップの氷が音もなく溶けるような、と言えばいいか。
あるいは春が来て雪解けを迎えるような、
それは自然でゆるやかな規制線の決壊だった。


そして、もう一つは「セコム」と「アンポ」。

庶民は「セコムしてません」セコムできません。
だから盗ったり盗られたりしながらも、
「やれやれ」とぼやきつつ、
ない知恵を絞ってそこそこ安全に暮す工夫をしています。

同じく「アンポしてますか?」の安保法案も、
限られた裕福な人々を守っても、きっと庶民を守りはしない。
むしろアンポするために、危ないところへ駆り出されるかもしれません。
だから多くの庶民が声をあげているのです。「アンポしません!」と。

イメージが頭に、スーっと浮かんできます。
これからも、詩だけてなく
宮尾節子さんの文章に、
数多く触れたいと思いました。



  

Posted by 星野 健 at 00:01Comments(0)雑記帳

2015年09月21日

夕日を見に、伊良湖へ


 ~カモメが飛んだ日~

何かスッキリしないとき。
子供のころは、近くの長良川を見に行った。
「水に流す」
そんな思いが、あったのだろうか。

ところが最近は、
夕日を見に行きたくなる。
それも、海に沈む夕日を。
それで伊良湖へ出かけた。

見た。

人生が80年だとする。
24時間に当てはめる。
52歳は15時36分
冬場だと、夕日を意識する時間だ。

夏場の意識に戻れば、
もう少し、夕日を意識しなくても
良くなるのかもしれない。
心がけ次第だと感じた。

  

Posted by 星野 健 at 00:05Comments(0)雑記帳

2015年09月20日

午後5時以前に通塾の方へ


 ~ご迷惑をおかけいたします~

 塾からの連絡です。
午後5時以前に通塾の方へ。
現在、塾の裏にあるビルが改装中です。
12月まで、工事は続くとのことです。

特に、現在はドリル作業などでうるさい状況です。
うちのネコも、毎日日中はミミが立っている状況で、
落ち着かない様子です。
騒音が苦手な方は、午後5時以降の予約をお願いします。

また10月から、私は岐阜市医師会看護学校での講義があります。
そのため、土曜日の午前中も含め、午後5以前の時間枠が、かなり減少します。
大人に限り、午後10時からの指導も行います。
ネット予約・前払い事前予約を上手く利用して、時間枠の確保をお願いします。
  

Posted by 星野 健 at 00:01Comments(0)

2015年09月19日

教師の勤務 一日10時間以上働いて、休息時間は6分。

私は今、高校の非常勤講師をしている。
未だに、公立中学時代のチョーク箱を使っている。
そのチョーク箱に貼ってある時間割を見て、
周りの先生方に、大変驚かれる。

「よく、こんなに働ける」と。

その時間割は、
土曜日も勤務があった時で、週23コマの授業。
担任のため、朝・帰りの会あり。
空き時間は基本「巡回」後。何かあると、すぐ生徒指導だ。

給食時間・昼休みも巡回。
しかし事務的には、この時間は「勤務時間」にカウントされず「休息」扱い。
放課後は部活指導、そのあと会議。
そしてやっと「ほっと」できる時間がやってくる。




公立小・中学校の先生はやはり、今でも
勤務時間中は働き続けている。
  

Posted by 星野 健 at 00:01Comments(0)雑記帳

2015年09月18日

各務原市医師会准看護学校 募集要項

  
 ~定員が少なく、激戦模様~

各務原市医師会准看護学校 募集要項
 http://www.kakamigahara.gifu.med.or.jp/jyunkan/guide.html
特徴は2つ。
定員30名と少ない。少人数指導体制。
入試が岐阜県内では、一番遅い。

大垣准看護と羽島准看護の発表後に入試。
そのため、当日欠席者も相当いる。
また定員が少ないため、当日受験者は定員の多い
「岐阜准・大垣准併願受験生」が主体となる。
受験番号の数字の大きさに、驚かないことも大事。

入試は一般のみ 2月11日。発表は22日。
併願先は、岐阜准が有力。
一次入試 2月7日 発表 2月26日。事前に国語・数学の力試し。発表は各准の後。
二次入試 3月6日 出願締め切り3月1日のため、結果を見てからの出願も可能。
ともに、併願しやすいが、岐阜准は「どちらか一回しか受験できない」ので、要注意。





  

Posted by 星野 健 at 00:01Comments(0)看護

2015年09月17日

ぎふ アジア映画祭 10月31日から

  
 ~岐阜市の企画で、毎年秋に~

 


今年もパンレットが届いた。
「ぎふ アジア 映画祭」
毎年、楽しみにしている。
塾をはじめてから、平日の昼に見に行けるようになった。

高校の非常勤講師を始めてこの数年、
行く回数は減った。
今年から「木曜日を高校の授業がない日」にしたため、
見に行ける映画が、かなり増えそうだ。

特に楽しみにしているのが、
「イロイロ ぬくもりの記憶」
http://www.iloilo-movie.com/staff.html
シンガポールの家族と、フィリピンの家政婦との交流の映画。

この映画祭が終わると
私は毎年「冬ごもり」。



  

Posted by 星野 健 at 00:01Comments(0)雑記帳

2015年09月16日

看護師不足への対応 ~いろいろな手が~




看護師に限らず、地域による収入には、格差がある。
特に大都市に近い自治体での看護師確保は、
難しい状況になっている。
このような対策を打つ自治体も、今後増えてくるだろう。




岐阜県看護協会でも、受け付けている。
協会の担当者の方から、話を聞いたところ、
「さしあたり登録者の5%の方が、現役に復帰すること」
を目指しているとのこと。

2025年問題の解決は、
看護師の育成だけでは、間に合わない。
潜在看護師…免許保持の方々で、現在働いていない方の力が、
必要となってくる。


  

Posted by 星野 健 at 00:01Comments(0)看護

2015年09月15日

書くことでつながる⑥


 ~なぜ、今、このシリーズを書いてるのか~

ツイッターでは、9月6日から、
#本棚の10冊で自分を表現する
で、記事を書いている方々がいる。
自分と「共通する部分」と「違う部分」を
本から見出していく、楽しさがある。

私もやってみた。



栗林佐知「はるかにてらせ」
が、その最後の1冊となった。
「自ら求めて短編小説を読む」ことは、久しぶりだった。
高校~大学期の「転換点」と同じ感覚を、
この1冊から感じたのである。

かなり『気持ち』が、ゆさぶられた。
まるで普段飲まない種類の、お酒を飲み、
心地よく酔っている状況。
「これからも、飲んでみるか」と。

これだれ気持ちを揺さぶられると、
私は、書かずにはいられなくなる。
そして、このシリーズを書くこととなった。
書くことでつながった方から、
「自分を再構築する」きっかけをもらった。

(終)
  

Posted by 星野 健 at 00:01Comments(0)雑記帳

2015年09月14日

月曜日から実習が始まる方へ ~看護のかげさんからのメッセージ~




ツイッターで、相互フォローの関係である
「看護のかげさん」
からのメッセージです。
かげさんは、イラストを使い、看護の理解の手助けもしてくれています。



例えば、こんな感じです。



私のような、看護のシロウトでも、
図を見ればわかること、
調べてみたくなることがあり、
大変刺激を受けています。

看護師を目指す方、
ぜひ、有効に活用してください。

  

2015年09月14日

書くことでつながる⑤

先日、ツイッターに、こんな記事があった。


その通りだと。
このことは、私のような人に早く伝えたい。

「書くことでつながる」ことは、今でも続いている。
7月までのクラウドファンディングでは、
最初の説明文を書いた。
https://readyfor.jp/projects/KANGO
初期原案から、編集者とやりとりし、長さは約半分になった。

書ききれなかった分は、
「新着情報」に。
https://readyfor.jp/projects/KANGO/announcements
35日間で、48記事と、『日にちを上回る記事』を投稿し続けた。
伝えたいことが、山ほどあったからだ。

そして、いろいろな方とつながった。
支援者の方々、Readyforの広報の方、CBニュースの丸山さん…
クラウドファンディングをしなければ、決して出会わなかった方々に、
今年は出会うことができた。

Readforの広報のため、仕方なくツイッターも開始した。
140字の制限…これが嫌で、それまではブログしか書かなかった。
しかし、そこにも新たな出会いが次々と。
段々と慣れてきて、今ではその「即時性の良さ」も感じている。
今年は「ネットでの出会い」も続いている。

(続く)
  

Posted by 星野 健 at 00:01Comments(0)雑記帳

2015年09月13日

大垣市医師会准看護学校 募集要項

  
 ~高校推薦・社会人推薦あり~

大垣市医師会准看護学校の募集要項が発表された。
http://www.ogaki.gifu.med.or.jp/junkan/sub6.html
注目は2点。推薦入試があること。定員80人の20%。
他の准看護入試に先駆けて、一般入試・発表があることだ。

高校推薦は、現役高校3年生対象。専願のみ。
学校長推薦が取れるかどうかがポイント。
社会人推薦は、施設長推薦が必要。こちらも専願。
医療・保健・福祉で前年度までに3年以上勤務の方対象。
どちらも、小論文と面接のみで受験可能。

推薦は、10月30日願書締め切り、11月7日入試、25日発表。
推薦書を出してもらえることを確認して、
すぐに受験対策をしないと、間に合わない。

一般は、翌年1月16日入試、2月2日発表。
一般入試は、どの学校よりも入試・発表が早い。
各務原市医師会准看護学校、羽島市医師会准看護学校と入試科目が同じ。
もちろん、入試科目が少ない岐阜准、稲沢准とも併願可能となる。


  

Posted by 星野 健 at 00:27Comments(0)看護