2016年01月31日

不登校の方・その保護者の方へ ~次のステージで輝くために~

気になる記事


そして、武蔵野大学・舞田先生の記事


そして、長谷川博一先生の言葉


私の塾でも、不登校の相談はあります。
そのとき私は「同じステージへ戻す」という考え方を、ほとんど持つことがありません。
その理由は、私に相談に来る前にそうした相談を、
「他の場所で済ませているから」なのです。

気付く・感じる力が強いため、不登校になる生徒さんに、私も少なからず出会います。
塾で出会った場合、その方の学力を高めるサポートをし、
「次の自分に合ったステージ」で輝くことを、マン・ツー・マンで目指します。
そして塾を卒業後、それぞれ「次のステージ」へ、進学していきます。

私の塾では、「登校している・不登校である」
ということについては、問いません。
「学びを通して、次を考えている方」をサポートしています。不登校の方だけでなく、
准看護受験、看護受験をする社会人が多いことも、そのためです。

「自分で学習を進める教材」は、今では世の中にあふれています。例えば下のようなもの。
http://nyoki.mino-ch.com/e27236.html
「次のステージで輝きたい」と思っている方に、私の塾は、
「質問する場・学習のチェックをする場」として、使っていただいているのです。

週や月の通塾回数を規定していません。
ネットで「行きたい」と思った時間に、入力するだけです。
RESERVA予約システムから予約する
1時間前までなら、キャンセルもできます。

無料入塾相談・体験入塾もあります。
興味を持たれた方は、下のボタンから希望日時を予約下さい。
RESERVA予約システムから予約する  

Posted by 星野 健 at 10:53Comments(0)不登校の方へ

2016年01月31日

視点を変えてみる ~自分の周りに対する意識も変わる~


~それも いいですね~

旅行先で、旅行会社に立ち寄ることがある。
その目的は、パンフレットをもらうこと。
特に「日帰りバスツアー」のものを手に入れる。
手軽で「コンパクトな名所」が、見つかるからだ。

さらに、面白いのは
自分の住んでいる「地元へのバスツアー」
意外なところが、組み込まれていて驚く。例えば…
http://www.yomiuri-ryokou.co.jp/kokunai/detail.aspx?id=12024289
★全国2位の品種数!約154種類・1,200本以上!東海屈指の梅園「安八百梅園」へ!
★江戸時代より続くひな祭り♪美濃路墨俣宿の“つりびな”見物も!
★日本三大稲荷の一つ、年間200万人もの参拝客で賑わう「おちょぼさん」へ!門前町の散策も!
そんなに、すごい所なのか…と。

そして、ツアー客がいない時間帯を狙って、行ってみる。
確かに「魅力的な所だ」と感じるようになる。

日常もまた、同じ。
視点を変えて楽しむ。




  

Posted by 星野 健 at 06:25Comments(0)雑記帳

2016年01月31日

本日 羽島市医師会准看護学校一般入試

 
 ~岐阜・西濃地区では最難関の入試~


本日 羽島市医師会准看護学校一般入試。
午後13時30分から17時の間に、
国語・数学・社会・作文・面接と、盛りだくさんの入試。
塾生も1名、挑戦します。

高倍率で合格者が絞られ、少人数指導のため、毎年のように全国准看護模擬試験の結果が優秀。
http://www.hasima-city.gifu.med.or.jp/gakkou/
また、週の初めに「授業」週末は「実習」
というスタイルで、学生生活を送ることになります。

募集人数は32名。推薦は20%以内のため、一般入試の募集人数は26名以上。
http://www.hasima-city.gifu.med.or.jp/files/9214/3805/1400/h28_bosyuyoko_new.pdf
受験人数も、気にかかるところです。大垣准看・2次募集からすると、例年より受験生は減る予想。
しかし、受験人数が多ければ、難しい問題にまで果敢に挑戦することも必要に。

合格発表は2月10日。岐阜市医師会・1次入試の後となります。
また、各務原市医師会入試の前日にもなります。
ですので、羽島市医師会准看護学校が第一志望で合格した受験生は、
併願出願の場合、「各務原市医師会准看護学校の受験をしない」ことが、「当然」となるのです。

また不合格となった場合でも、入試教科が全く同じである
大垣准看護学校2次募集の出願に、間に合います。
http://nyoki.mino-ch.com/e28257.html
まだまだチャンスは続きます。あきらめずに頑張りましょう。
  

Posted by 星野 健 at 00:01Comments(0)看護

2016年01月30日

社会人入試➡公立看護一般入試の切り替えで合格


~間に合った!!~

塾にて合格報告が。
公立春日井小牧看護専門学校に合格とのこと。
おめでとうございます。

HPで合格発表を確認。
約230名の受験生で64名の合格者
http://www.k-k-nurse.ac.jp/etc/goukaku201601.pdf#zoom=100
難関を制することができました。

この方は、12月20日のブログで紹介した方
http://nyoki.mino-ch.com/e27529.html
社会人入試で不合格が続き、
公立看護一般入試に切り替えた方なので、驚きです。

持ち帰ることができた入試問題を確認。
数学さえなんとかなれば…
と思っていましたが、完ぺきな答案でした。
国語・英語は実力を発揮できていました。

社会人入試からの公立一般入試への変更。
厳しい条件でした。しかし、
あせらず、あきらめず努力すれば、
結果を残す方もいるのです。
  

Posted by 星野 健 at 15:22Comments(0)

2016年01月30日

通信制高校の生徒さん、通学予定の方へ ~ネット高校にも対応~


 ~マン・ツー・マンでの対応~

塾・ほしのでは、通信制高校・サポート校生徒も通塾しています。ほとんどの方が
文系教科は調べればわかる、覚えれば大丈夫だけど、
理系教科で「答えを見てもわからない」「計算方法がわからない」
という方です。

具体的には、
数学では「2次関数のグラフ」「三角比の使い方」
化学では「モル計算」
の質問が、多く感じます。

「塾・ほしの」は、必要な時に・必要な分だけ予約し、
自分の都合に合わせて、通塾ができます。
塾生でなくても、単発での利用も可能です。
RESERVA予約システムから予約する

定期的に通いたい方は、入塾相談・体験入塾をご利用ください。
RESERVA予約システムから予約する
N高校など「ネット型高校」も、端末を持ち込んでの指導も可能です。
気軽にご利用ください。


  

Posted by 星野 健 at 08:17Comments(0)通信制高校の生徒さんへ

2016年01月30日

Load ~元不登校生から、現代の不登校生へ 伝えたい想いが、此処にある~


~Clueの活動にも注目~



Loadというサイトがある。
http://load-marianne.com
今回のタイトルは、そのLoadのサイト、冒頭の言葉。
Load ~元不登校生から、現代の不登校生へ 伝えたい想いが、此処にある~

ここに登場する「元・不登校生」
繊細で、センサーが優れている方ばかりという印象。
その力を活かし、今の自分を作り上げている。
そして、その思いを伝えている素晴らしいサイトだ。

まだできて間もないサイトだが、もはやPV数がかなり多い。
このサイトはReadyforのクラウドファンディングから生まれた



そして今、次の動きも。
http://load-marianne.com/service/
こちらにも注目しています。
  

Posted by 星野 健 at 06:16Comments(0)不登校の方へ

2016年01月30日

本日 愛知黎明高校衛生看護学科第1回一般入試合格発表

  
 ~中1日で合格発表とは…~

本日 愛知黎明高校衛生看護学科第1回一般入試合格発表
一昨日 入試を終えたばかり。
しかも3教科+面接での評価をして発表とは、
そのスピードに驚きます。

ここが第一志望の場合、
まだ出願期間が続いている他の学校への
出願をする必要がありません。
また、ここが併願先であった場合「1校合格している」安心感があります。

受験から発表までの「期間が短い学校を1校でも受験」
しておくと、このようなメリットもあるのです。
「短大・大学を11・12月の併願推薦で合格し、1~3月に本命校受験」
という、現役高校生の「浪人しない受験方法」に、よく似ています。

浪人し、「合格の可能性を高めて」2年間学ぶ学校を選ぶのか。
現役で、「3年間ゆっくり学ぶ学校」も、選択肢に入れるのか。
そんな視点で、受験を考えていくのもいいでしょう。
選択肢は多いほうが、やり直しがきく社会の方が、「人には優しい」と、私は感じています。

塾生からの合格報告を、楽しみに待っています。


  

Posted by 星野 健 at 00:01Comments(0)

2016年01月29日

フォーティースリーランチ

  
 ~岐阜駅シティータワー43最上階で~

そういえば…と思い出したのが昨夜。
CCNのキャンペーンで当たったチケットが…。
「フォーティースリー・ランチ・ペアチケット」
有効期限が今月末とな!!

前日夜9時30分過ぎに店に予約。
席は空いているとのことで行ってみる。
確かに空いている。12時過ぎに他の客は1組のみ。
少し不安も…ま、当たったチケットだからいいか。

最初に飲み物の注文を聞かれる。
仕事が午後2時から入っているので、水にする。
メニューの選択があった。
http://r.gnavi.co.jp/n002920/menu3/course/9/

同行者は魚、私は肉を選択。
前菜1が出る。そして前菜2が。
量的にはどちらも少ない。泡を使って、うつわを使って
多く・大きく見せている、シェフの努力と技に、感動する。

素材もこだわりながら、少量使う。
皿に季節感を出す。
非日常の演出は、しっかりとされている。
この場所で、この値段で出すには、それなりの努力と工夫がいる。

パンもその一つ。
バゲット・フォカッチャに工夫をしてくる。
小さめだが、数は食べられる。
その都度、1ピースずつ温かいものを持ってくる。

メインの肉。コニャックは香りづけ。中身はビール煮である。
柔らかくておいしい。2つの部位を使って煮て、食感を変えてくる。
添えてある白ニンジンの酸味もいい。揚げ野菜は表面はカリッと。いい具合に仕上げてある。
私もビール煮はオーブンで作るので、時間はかかっても手間はかからないことがわかる。これも工夫。

デザートも皿に「絵」を表現。
かごの中に「ふなっしー」が、頭だけ出して隠れているような可愛らしさ。
しっかり壊して食べました。コーヒーカップの底が細く、
倒れるのを心配しながら、飲み干して終了。

2300円のウィークデーランチなら、
気分転換に使ってもよさそうに感じた。今度は晴れた日に。
http://r.gnavi.co.jp/n002920/menu3/course/8/
3500円だと、やっぱり考えてしまう…。

駐車券2時間サービスもしていただき、
全くの無料チケットとなりました。CCNさん、感謝します。
食べ終わったころには、半数ほどの席が埋まっていた。
天気がいい日は、混んでいるのかもしれない。

  

Posted by 星野 健 at 15:56Comments(0)雑記帳

2016年01月29日

明日から 岐阜県内私立高校・入試ウィーク


~奨学生・推薦・一般入試~

今日から2月7日(日)まで、岐阜県内私立高校 入試ウィークに突入します。
各学校、奨学生・推薦・一般入試が行われます。塾生も併願で挑戦します。
http://www.ed-net.co.jp/yoko-s/tokai/gifu.html
受験生のみなさん、準備はできているでしょうか。

今年の話題は岐阜第一高校の共学化。
http://www.gifu-daiichi.ed.jp/
小久保選手が監督となる女子公式野球部の誕生も、話題です。
http://www.gifu-daiichi.ed.jp/club/index.html

私が非常勤講師をしている岐阜聖徳学園では、2月6日に奨学生入試もあります。
http://www.shotoku.jp/gsh/news/2016/01/151519post-99.php
1月31日推薦と2月6日奨学生は、高校会場での入試。
2月7日一般は、岐聖大羽島キャンパスでの入試となります。

インフルエンザ、胃腸風邪が流行しています。
入試は迫っているので、健康第一。
体調管理には、十分気をつけて下さい。
今までの取り組みの、成果が出せることを願っています。  

Posted by 星野 健 at 00:01Comments(0)

2016年01月28日

大垣市医師会准看護学校 2次募集があります【追記あり】

 
 ~合格発表前・突然のHP掲載にビックリ~

塾生からの情報を、確認。
大垣市医師会准看護学校 2次募集があります。
http://www.ogaki.gifu.med.or.jp/junkan/sub6.html
1月27日に発表がありました。

出願期間は、2月3日から19日まで。試験日は3月1日。
岐阜市医師会准看護学校の合格発表は26日
各務原市医師会准看護学校の合格発表は22日
そのため、結果を見てからの出願はできません。

羽島市医師会准看護学校を受験した方は、
10日に発表のため、結果を見てからの出願も可能です。
どこを受験されたにしても、大垣准看受験の可能性のある方は、
書類の準備だけでも、早めにしておきましょう。

【追記】
1次入試での不合格者が、予想以上に多かったようです。
2次募集の人数も多めなので、チャンスです。
  

Posted by 星野 健 at 16:14Comments(0)看護

2016年01月28日

本日 愛知黎明高校衛生看護学科第1回一般入試


~合格を目指して~

本日 愛知黎明高校衛生看護学科第1回一般入試があります。
塾生も1名挑戦します。
久しぶりの英語に悪戦苦闘した半年。かなり力がついてきました。
その方の地元・本命校なので、是非合格したいところです。

愛知黎明は高卒者対象の3年コース
中卒者対象で、高校卒業資格も同時にとれる4年コース
の2つのコースがあります。
http://www.a-reimei.ed.jp/exam/files/2016youkou.pdf

どちらも准看護師の資格取得目指します。
3年コースは社会人の方が多く通われています。
また、4年コースは高卒➡准看護学校と比較し1年短縮、
岐阜の済美高校衛生看護科より、1年長い通学となります。

土岐准看など入試科目が一致するので、
岐阜県内在住でも、併願される方もいます。
じっくりと学びたい方、久しぶりに勉強する方にとって
選択肢の1つになる学校になります。


  

Posted by 星野 健 at 00:01Comments(0)

2016年01月27日

【追記あり】明日 大垣市医師会看護学校合格発表

 
 ~合格報告 楽しみにしています~

明日 大垣市医師会看護学校合格発表
合格発表は「掲示」と「合格者のみの通知」となります。
また不合格の場合、試験結果の提供が本人のみ行えます。
ただし発表から30日以内なので注意をして下さい。
http://www.ogaki.gifu.med.or.jp/content/kansen.hp/page/DL-PDF/ippan28.pdf

また、定員に満たない場合、2次募集があるので
今後のHPにも注目です。
http://www.ogaki.gifu.med.or.jp/content/kansen.hp/page/nyugakuannai.html
「入学前迄に入学辞退の申し出があった方については、納入された入学金及び施設整備費を全額返還致します」
併願で合格の場合も、しっかり手続きをしておきましょう。

2.22 追記
塾生から報告がありました。
「補欠合格でしたが、まだ連絡がありません」とのこと。
2月いっぱいまで、待つしかない状況です。
  

Posted by 星野 健 at 17:32Comments(0)看護

2016年01月27日

小学校の道徳について ~これは何かの冗談ですか?~



「「道徳」といわれると、多くの人は漠然と「人として良いこと」と考えてしまう。しかし、「道徳」の内容はあまりに曖昧だ。また、法律と違って、誰が作るのかもはっきりしない。このため、「道徳」の授業には、一部の人や集団にしか通用しない規範を、漠然とした圧力で押し付けてしまう危険がある。」

確かに、道徳の内容は誰が作っているのだろうか。
私が中学教師の時にも、考えたことさえなかった。
道徳教育全国大会でも、
文部科学省指導者から、このような話は聞いたことはなかった。

道徳の内容は中学校の場合、4つの「内容項目」において、
その項目にふさわしい読み物を使って指導していた。
ある内容項目の観点からすると「確かに」と思う読み物資料が、
別の観点からみると、「おかしなもの」に感じてしまうものもあった。

このように「ねじれている」という感覚が、その当時からはあった。
しかし「法と照らし合わせる」ようなことは、なかったのである。
「人間関係こそが法」になるかのように、授業をしていたのかもしれない。
教師のときには、「それで当たり前」だと感じていたのかもしれない。

確かに、本文にあるように「学校内道徳が法の支配を排除する」のでは、
「一部の人や集団にしか通用しない規範を、漠然とした圧力で押し付けてしまう危険がある。」

本文最後の言葉。
「法は、人間味のない冷たいものではない。法は、人類の失敗の歴史から生まれたチェックリストだ。憲法は、国家が権力を濫用し、人々を苦しめてきた歴史から、国家の失敗を防ぐ工夫を定めたリスト。民法は、人々の生活の中で生じやすいトラブル集とその解決基準。刑法は、よくある犯罪集とそれへの適正な刑罰の目安を定めたリストだ。」
「法学を学ぶということは、人々の失敗の歴史に学ぶということだ。法には、すべての人の異なる個性を尊重しあいながら共存するための知恵が詰まっている。法は、全ての人を見捨てない。法学に触れて、法の優しさ、暖かさを感じてほしい。」

なるほど と。


  

Posted by 星野 健 at 00:01Comments(0)時事

2016年01月26日

【訂正】本日 東濃看護専門学校合格発表


~いよいよです~

本日 東濃看護専門学校合格発表
http://tono-seibu.org/to-no-n.c/pdf/p03.pdf
午前9時にHPでも発表があります。
合格した方には、郵送でも通知があります。

<追記1>
発表がありました。
http://tono-seibu.org/to-no-n.c/goukakusyabanngou/h28ippann.pdf
受験番号が2002~2042
合格が28名。倍率は1.5倍を超えています。
推薦の合格者12名と合わせると、定員ちょうどの40名となります。

<追記2>
一般的に、辞退者が少ない場合
「追加合格あり」で、「2次募集はない」可能性があります。
大垣市医師会准看護学校のように、合格発表の前に2次募集発表というケースもあります。
http://nyoki.mino-ch.com/e28257.html

合格した方は、手続きをしっかりしておきましょう。
合格報告、楽しみにしています。

。  

Posted by 星野 健 at 00:01Comments(0)看護

2016年01月25日

公立男子中学生との懇談を通して ~自分の時代と比較してみる~


 ~何かに「熱中したい」頃だけど…~

公立男子中学生と、その保護者との懇談。
印象に残ったのは、
「今の公立中学校の評定では、全体的に男子は苦しい。」
ということだ。「あれも・これも」やらなければ、いい評定をもらえない。

私の中学時代、1・2年生でさほど進路は気にしていなかった。
高校へ送られる評定は、3年生に限られていたからだ。
自分を振り返ってみても、1・2年生は勉強も含め「いいかげん」だった。
3年になり、担任との相性も良く、何とか「まともに」過ごしたような気がしている。

また、私が中学の頃は相対評価。テスト順位が良ければ評定に即決。
とにかくテストの点を取り、より細かい部分まで
「正確に再現できれば」良い評価が得られることが、だんだんわかってきた。
3年生では習熟に徹し、一気に評定を上げることができた。

さらに、「中3の春を泣かせない」
という先生方の動きもあり、公立高校の受験では、
極めて不合格者が少なかった。しかし、その前の懇談で、
志望校を受験できず、変更し、泣いていた友達は少なからずいた。

なので、3年生だけ評価・実力をつけて頑張れば、
公立高校でもまず「不合格にならずに」済んだ。
昔のほうが「いい」とか「悪い」とかということではなく、
1・2年生は、今より「のんびりしていられた」ということなのである。

今は、1・2年生から評定が高校側へ。
検定の記録やら、部活動の記録、生徒会活動の記録…ボランティアの記録なども送られる。
「実績作り」でポイントを稼ぐことも「合否に影響するかもしれない」と頑張る。
特に「高倍率」になりがちな進学校を狙う生徒は、1年生から気を配っている。

また、観点別評定から評価がなされるため、
テストの点だけでは、いい評価が付かない。
中でも、教科に意欲・関心がある姿が見られないと、厳しい評価となる。
たとえ、その教科が好きでも、その教科担任との相性で評価は変動するのである。

さらに、私の中学時代のように、基本的にノートは、「メモ」であり、
挙手発言は「ほとんどしない」生徒は、「評定5」を取ることは不可能に近いだろう。
女子よりも男子の成績が「中間・期末テストの結果のわりに悪い」ことは、
塾での指導を通しても、毎年のように感じている。

私が今、中学生だったら、
進路は大きく変わっていただろう。
きっと、人生も…。

追記
津田先生のツィート








胸に響く。
  

Posted by 星野 健 at 22:04Comments(0)

2016年01月25日

ガン10年後生存率58% ~初の大規模集計~


 ~部位により、大きな違いが~



「国立がん研究センター(東京)は19日、全国の16施設で1999~2002年にがんの診療を始めた約3万5千症例の分析で、10年後に患者が生存している割合を示す10年生存率は全体で58・2%だったと発表した。5年生存率のデータはこれまでにもあるが、10年生存率を大規模なデータで算出したのは初めてという。」

詳しいデータは東京新聞で確認できた。


「乳・肝臓 5年以降も低下。胃・大腸 5年で横ばい 発生部位で開き。」

データは説得力がある。
しかし、注意も必要である。
ブログ「CBnews記者のこぼれ話」 1月21日記事より
http://blog.cabrain.net/media/article/id/94666.html?utm_source=twitterfeed&utm_medium=twitter
「全病期では58.2%だが、この数値は厳密には、個々の患者には関係がない。全体像を示すにとどまっている。それに今回の解析対象となったのは、1999年から2002年までの診断症例で、10年以上昔のデータだ。国立がん研究センターの堀田知光理事長も記者会見で、「がん治療は飛躍的に進歩している。今の患者データはより改善されているはず」と話している。」




前向きに捉えたい。  

Posted by 星野 健 at 00:01Comments(0)時事

2016年01月24日

岐阜県内准看護受験に向けて ~勉強に なかなか向かえない方へ~

  
~それぞれ事情はあります~

岐阜県内准看受験が進んでいます。
大垣准看は実施済み。
今週からまた、来月中旬まで入試が続きます。
願書も出したのに、勉強に向かえない方もいるでしょう。

事情はそれぞれあります。
本当は准看以外の進路に進みたいけど、「准看受験も一応」という方。
受験勉強はしたいけど、「今の仕事や家庭の事情」で、勉強が進まない方。
勉強自体には手を付けているけど、「解らないことばかりで嫌」になっている方。

まずは、落ち着いて「今」を捉えましょう。
受験環境としては、過去のブログに書いた通り、チャンスな年です。
http://nyoki.mino-ch.com/e28017.html
「ほんの少しの努力」や「前向きな気持ちがあるか・ないか」により、
合否が決まる可能性が、今年は「ある」のです。

(能力)×(意欲)で、結果は変わるのです。
時間が迫っていても、まだそこに
時間は「ある」のです(准看学生になると、自然にわかる感覚ですが)。
今、あきらめては もったいない。

  

Posted by 星野 健 at 04:33Comments(0)

2016年01月24日

本日 尾北看護専門学校・一般入試二次 ~第一次、学科試験合格者のみでの面接~


~ゴールまで、あと1歩~

本日 尾北看護専門学校・一般入試二次入試。
第一次、学科試験合格者のみでの面接となります。
社会人入試後に、一般入試対策で入塾した方も、
一次学科試験に合格し、本日・面接を受けます。

社会人入試は、入試年度によりその難易度は大きく変化します。
元々募集人員が若干名の学校が多く、
「極端に合格者が少ない」入試でもあります。
そのため、一般受験との併用の方も増えます。

社会人入試で「もし合格したら、看護学校」へ。
その考え方で「挑戦し続ける」ことも、いいでしょう。
この方のように、一般入試にも備えておき、准看護学校も含め
「切り替えること」もまた、一つの方法なのです。

  

Posted by 星野 健 at 00:01Comments(0)

2016年01月23日

岐阜県立第一看護学校・2016入試問題の傾向 来年度に向けて

 
~ほぼ去年と同様な傾向~

<塾生からの報告>
1月20日実施
雪のため、試験時刻繰り下げはあった。
各教科A4各4枚計12枚 3教科2時間。

国語 課題長文1題3枚、長文からの出題1枚。例年と同傾向。最後に本文との一致正誤問題。
数学 数Ⅰ大問3題 集合論理・統計各1問あり。数A 3分野大問3題から2題選択。整数問題が1題あり。新課程定着
英語 英語I・Ⅱ 長文 会話文 並べ変え 単語アクセント問題が多い。

受験生は、国・英では長文読解、
数学では大問後半部分に、時間を取られる。
他の問題が早く済めば、当然じっくりと取り組める。

来年度受験される方は、
「頻出・パターン問題への、スピードと正確性」
を、今から身に付けていくことが大切。  

Posted by 星野 健 at 00:01Comments(0)

2016年01月22日

全国ニュースに流れる岐阜県の話題が… ~2016.1.22~

  
 ~こんなことばっかりでは~

TVのニュースを、久しぶりによく見る日だった。
すると、岐阜の話題が連発。


ひらきなおり…


驚愕…


県職員…昨年末の差別ツィートに続き、PCで何やってるのか…

はぁ。
  

Posted by 星野 健 at 18:37Comments(0)時事