2016年04月30日

新しい出会いを重ねる ~「個人としての生き方」を探り続けて~


~次の世代へ語る~

1年で「新しく出会う人」は、いったい何人いるのだろうか。
GW前、少し時間があるので数えてみた。

塾で新しく出会う人は、約100人。
http://nyoki.mino-ch.com/e29792.html
ブログに書いた通り、話だけの人もけっこういる。
もちろん塾生になった人もいる。

岐阜聖徳学園高校で出会う人も多い。
毎年2単位もので、5~6クラスを受け持つ関係から200人前後。
2年連続教えるケースもあるので、
150人~200人ぐらいだろう。

また、その岐阜聖徳学園高校で行う「夏季学校見学会」では、
中学生とその保護者に約200名前後の方に出会う。
一度限りの話だが、その話をきっかけに
次への出会いに変わる人も、中学生に限らずいる。

准看護学校での出会いもある。2クラス80名。
毎年2年生を教えるので、ほとんど新しい出会い。
中には塾の卒業生、中学教師時代の教え子、
高校での教え子や、保護者に出会い教えることもある。

少なくとも、毎年500人の「新しい出会い」を経験し、
そこで何かを語っていることになる。
このまま20年続ければ、1万人ペース。
いろいろな仕事を通して、これだけの人に出会っているのに驚く。

私自身「個人として、どう生きていく」のか。
個人でできる「どんなケースをつくっていく」のか。
そして、何を語り何を背中で伝えていくのか。
考えながら、毎日を過ごす。  

Posted by 星野 健 at 00:01Comments(0)男女共同参画サポーター

2016年04月29日

塾・看護奨学生 4人目決定


~お子様が、私に会いに~

塾・シングルマザー看護奨学生 4人目が決定しました。
看護助手として働きながら、准看護学校を受験することに。
地元の准看護学校と、他2校の3校受験を考えています。
多教科の勉強を進めることになり、忙しくなりそうです。

お子様と一緒に塾においでになりました。
説明中は、漢字ドリルを黙々と。
真剣に集中してできるお子様でした。
そして、お目当てはうちの猫様。

塾に寝ている猫様を、連れてきました。
寝起きでしたが猫様は上機嫌。
頭をスリスリして、ゴロゴロ。
お子様にも、可愛がっていただきました。

5月15日までに意思確認終了。
6月~8月にクラウドファンディング実施。
8月~2月まで通塾期間となる予定です。

奨学生希望面接を受けたあと5人の方で、
奨学生になりたい方は、
期間内に必ず面接を受けて下さい。
RESERVA予約システムから予約する
  

Posted by 星野 健 at 11:00Comments(0)ひとり親支援

2016年04月29日

保育士辞めたいの私だ ~入塾相談にも多い~


 ~ビックリするほど少額~



時間外にも仕事があり、手当もその時間には付かない。
教師のように4%の調整手当さえつかない。
今回の賃上げも月6000円。「財源が確保できれば」の条件付き。
国会議員は確実に月26万円給与が上がるのに…

保育士を辞めたのは私だ。
保育士に復帰しないのは私だ。
さらに、資格を取っても保育士にならないのは私だ。
その手前で、保育系の進路を断念したの私だと…。

今回の賃上げ期待はあまり見込めず、
このような方が、増える可能性を秘めている。




  

Posted by 星野 健 at 00:01Comments(0)時事

2016年04月28日

塾・看護奨学生 3人目決定


~看護助手として働きながらのチャレンジ~

本日、塾・シングルマザー看護奨学生3人目が決定。
看護助手として働きながら、准看護学校を目指します。
いろいろな条件から考え、1校に絞って勉強をします。
合格ラインではなく、上位合格レベルを目指します。

5月15日までに意思確認終了。
6月~8月にクラウドファンディング実施。
8月~2月まで通塾期間となる予定です。

奨学生希望面接を受けたあと6人の方で、
奨学生になりたい方は、
期間内に必ず面接を受けて下さい。
RESERVA予約システムから予約する
  

Posted by 星野 健 at 19:45Comments(0)ひとり親支援

2016年04月28日

保育所不足になっていないけど… ~岐阜県の場合~


 ~できることを~

舞田先生のツイッターから。
やはり「子どもが小さいうちは、仕事を辞めて」
という流れは、岐阜県にはある。
「0歳保育」の都道府県比較では、2.28%と極めて低い。


この現状から、岐阜県では保育所不足になっていない。
その分、家庭で面倒を見ていることになる。
多くの人の手が借りられればいいが、
次のようなニュースを見ると、考えさせられる。


そして、その後の保育は次の状況。


岐阜県は3歳になると、急激にグラフが伸びる。
パート・時短勤務で復帰すると考えられる。


  

Posted by 星野 健 at 00:01Comments(0)男女共同参画サポーター

2016年04月27日

ジャスコ柳津店改装セール


 ~あってもなくても いいようなもの~

昨日、ジャスコ柳津店改装セールへ。
改装セールになると「いつの製品か…」
というものが、何割引きかで売っている。
なつかしいもの、今ではこの値段では無理…というものまで。

いろいろツッコミたくなるものを見ては、楽しむ。
その中で、欠点を見つけても自分は
「気にならないようなもの」
を見つけることが楽しい。

特に今回もファニチャードームに、はまる。
7割引きになっても、何に必要なのだろうか…
と考えてしまうものもある。
しかも、なぜか何かを買って帰る。

買ってやっばり「しまった」というものもある。
しかし、意外にいいものもある。
いいものだからと言って「売り尽くし」だから
2度と出会えないものが多いのである。

だから度々、行ってしまう。

  

Posted by 星野 健 at 00:01Comments(0)時事

2016年04月26日

PTA活動について ~塾での面接を通して~


 ~PTAの役員 ほとんどが女性~

入塾相談での話題で多いのは、PTA活動について。
その役員はほとんど女性。
私も経験したが、確かに女性ばかりだった。
気になる記事がある。


「仕事を休んでまでやらなくてはいけないのか」と負担に感じる親が増えているからだ。3月には、菊池桃子さんが「働く母親には活動が難しい」と発言したことも話題となり、業務や組織の効率化など、PTAの見直しが進んでいる。

「任意な活動」ではあるが、強制的に役員は数だけ決まる。
菊池桃子さんが言われることは、確かに感じる。
PTAの負担が少なくなるには、今の活動内容の絞り込みと、
別組織への活動の以降が必要となる。

岐阜市はコミュニティースクール化している。
平成27年度に、公立小・中は全校が移行した。
http://www.city.gifu.lg.jp/secure/28754/5-1-1%E5%B2%90%E9%98%9C%E5%B8%82%E5%9E%8B%E3%82%B3%E3%83%9F%E3%83%A5%E3%83%8B%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%BB%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%83%BC%E3%83%AB.pdf
この成果と課題についても、今後注目したい。
  

Posted by 星野 健 at 00:01Comments(0)時事

2016年04月25日

塾・看護奨学生2人目決定

本日も確定面接でした。
約1ヶ月ぶりの面接。

2人目は現役准看護師さん。
第二看護学校を狙います。将来は看護師に。
准看護師正規職として仕事をしながら、
受験勉強に励むことになります。

今年は、地域・お子さんのいろいろな役が
たまたま重なった年にもなったそうです。
先月末とはずいぶん違った状況になりました。
まず数学に絞っての学習を進めていきます。

5月15日までに意思確認終了。
6月~8月にクラウドファンディング実施。
8月~2月まで通塾期間となる予定です。

奨学生希望面接を受けたあと7人の方で、
奨学生になりたい方は、
期間内に必ず面接を受けて下さい。
RESERVA予約システムから予約する
  

Posted by 星野 健 at 14:40Comments(0)ひとり親支援

2016年04月25日

腰痛が… ~毎年恒例・たけのこ掘り~・


 ~大丈夫??~

毎年恒例・たけのこ取り。
現地からの情報では、
今年は豊作とのこと。
日曜日、出かけた。

確かにすごい。
みんな取り飽きた時期なのか、
長く伸びすぎたものも含めて、大量に出ている。
しかも同じ時間に、誰も取っていない。

去年は、イノシシの被害もあり、
少ない状況だった。しかし、今年は
アタリ年 かつ イノシシ対策が抜群。
聞くところによると、4月上旬から出ていたとのこと。

例年のように、山の坂の部分を狙う。
短時間でたくさん掘り出せるからだ。
15年も掘っていれば、さすがに慣れる。30分ほどで15本ゲット。
これくらいあれば、知り合いに配っても十分だ。

取れたその日は、湯がいて「さしみ」が一番。
今年も柔らかく、癖もなくおいしい。
刺身醤油とマヨネーズでいただく。
これでまた今年一年が、また始まる気持ちになる。

しかし、腰痛が夜になりひどい…
本日、朝から高校で3コマの授業あり。
大丈夫だろうか…。
次回はマテ貝採りの予定。  

Posted by 星野 健 at 00:01Comments(0)料理時事

2016年04月24日

塾・看護奨学生1人目決定 ~5月15日までに、意思確認を~


 ~看護師を目指して~

塾・シングルマザー看護奨学生面接が終了しました。
そして、昨日から意思確認の確定面接が始まりました。
条件を確認し、申し込み開始です。
RESERVA予約システムから予約する

5月15日までに意思確認終了。
6月~8月にクラウドファンディング実施。
8月~2月まで通塾期間となる予定です。
面接を受けた9人の方は、期間内に面接を受けて下さい。

1人目は現役准看護学生。
第二看護学校を狙います。将来は看護師に。
学生なので、推薦入試になる可能性もあり、
様々な状況に対応して、受験指導していきます。



  

Posted by 星野 健 at 00:01Comments(0)ひとり親支援

2016年04月23日

寛容と包摂 ~reserva導入で100人目突破~


~スマホでの予約も~

去年、3月中旬に塾・予約システムとして
reservaを導入した。
https://reserva.be/hoshino
そして、昨日の予約で顧客名簿が100人目となった。

かと言って、100人の塾生が存在するわけではない。
中には、受験相談・入塾相談のみの方、
看護奨学生の面接だけの方も当然、含まれている。
しかし、この1年間・塾で100人の方と話した事実はある。

reserva導入のきっかけは、
「もっと自由に塾を使ってほしい」から。
特に社会人塾生の多い私の塾では、
定期通塾のハードルを下げることが、課題だった。

reservaのおかげで、マッチングによる通塾が可能になった。
主体は塾生。私の空いている時間を公開し、
自由に予約していただく。特に私がすることは、
人が増えた時期に、空き時間を増加することだ。

その結果、話をできた人が増えた。
多くの方から私も学び、いろいろなことを伝えることができた。
そして今年は、noteでも塾で話している内容を公開している。
https://note.mu/jukuhoshino/m/me695b99244ab
https://note.mu/jukuhoshino/m/mdaa9ecc9526a
https://note.mu/jukuhoshino/m/m507eb384d144

平田オリザさんの言葉を借りるなら、
入試は「競争と排除」の世界、
そこに挑むとき、どこでもいいから、
「寛容と包摂」の世界があれば、という思いが私にはある。  

Posted by 星野 健 at 00:01Comments(0)塾「24時間ネット予約」

2016年04月22日

岐阜聖徳学園高校は遠足

 
 ~あいにくの雨~

昨日、岐阜聖徳学園高校は遠足。
あいにくの雨。各学年、それぞれ出かけた先で、
雨に降られたと思います。
少し残念でしたね。

しかし、バスの中や旅行先での関わりを通し、
新しい仲間とさらに、仲良くなれたと思います。
明日からの授業での様子が、楽しみです。
私のような講師は、昨日・リフレッシュ休暇でした。

年度初めは、授業数に偏りが出ます。
私も2単位の授業ばかりやっているので、
多いクラスは4時間目、少ないクラスは1時間。
しかも、そのクラスの授業中にX線検査が…。

仕方なくその日は、教科書の用語の説明だけ。
残りの問題については、できるだけ自分で解くように宿題とした。
月曜日、ようやく自己紹介ができます。
来週からは、いよいよ今年度…と思ったらGWに突入です。



  

Posted by 星野 健 at 00:01Comments(0)岐阜聖徳学園高校

2016年04月21日

パディスマーケット ~シドニー旅行記⑬チャイナタウンの週末マーケット~


 ~マーケットシティー・左側の緑の入り口から~

シドニーに着いた日が土曜日。
学生のフリマ、オペラハウスバーを中心に、
人の暮らしぶりを見てきた。
そして、なんとなくオーストラリアを掴んできた。

2日目の午前、知人と昼食をとるまでホテルから散歩。
木曜日から日曜日にチャイナタウンでマーケットがあるとのこと。
チャンスはこの日しかなかった。
http://www.sydnavi.com/shopping/sydney-paddys-market.html

ホテルから徒歩で10分弱、タイ料理・マッサージ店の前を多く通った。
到着。入口スロープを降り、地下マーケットへ。
完全にチャイナの世界。安く、いろいろな物が売っている。
売っている人は、中華系。一人だけ日本人の店主もいた。

1階から3階は、中華系デパート。
ここも見ごたえはある。
「夏物大処分」という感じで、衣料品を安く売っていた。
私たちにとっては「これから必要なもの」だった。

すぐ近くには中華街。
飲食店が立ち並ぶ。
帰り道に通ると、店には長蛇の列。
週末の神戸・横浜中華街に、よく似ている。

ホテルに戻る道沿いには、
韓国料理店が並び、
続いて日本のパン屋、すし屋、和食が並ぶ。
そして、店の中からは日本語で指示が聞こえる。

午前中はアジアに居た気分だった。

一旦、シドニー旅行記は前半終了。
GWにまたまとめて、後半を書きます。

  

Posted by 星野 健 at 00:01Comments(0)旅行記

2016年04月20日

○○ジャーキー ~シドニー旅行記⑫ボニーさんのおすすめ~


~WILD LIFE ZOOにて~

オーストラリアへ行く前に、いいアドバイスをいただいた。
以前・オーストラリアに住んでいたボニーさんからの情報。
オーストラリアで食べてほしい肉。
カンガルー・アリゲータ・エミュー。

3つの肉はスーパーでも手に入るとのこと。
ワールド・スクエアcolesでは発見できず。
woolworthsでたまたま見つけたのは、
その3つのジャーキー。

そのうちカンガルージャーキーに挑戦。
50グラム程度がはいっいて、5ドル
オーストラリアとのETF提携で、
「国内にも持ち込めるマーク」がついているものを買う。

おいしかったら、自分用に買いこもうと。
同行者と食べてみる。
ビーフジャーキーより癖がない。これはいい。
さっぱりしたタイプのヘルシージャーキーだ。

味の濃いシラーのワインとよく合う。
ただ1袋50グラムで5ドルする。それだけの価値は感じなかった。
エミュー、ワニはそれぞれ7ドル・9ドル
とさらに高い。試食・持ち帰りともに不発となった。

  

Posted by 星野 健 at 00:01Comments(0)旅行記

2016年04月19日

第二看護入試相談が続く


 ~看護師を目指して~

本日も、第二看護入試相談。
今回は遠い地から岐阜に下宿して、
准看護学校に通われている方。
3年コースの学校を受験したいとのこと。

その出身地では、准看護学校も高倍率。
このままでは、看護師への道が閉ざされる可能性が…
そこで、岐阜の病院の寮に入り、看護助手として働きながら
准看護学校に通うという選択を。

そして、第二看護への進学も決意。
地元を離れて5年で、看護師のへの道を目指す。
仕事をし、准看護学校で勉強し、また病院に戻って仕事をする生活。
若いからできる苦労でもある。是非頑張ってほしい。

実習も始まることもあり、
夏休みから本格的な受験勉強へ。
時間があるときに少しでもやる問題集を渡し、
次回に質問を受けることに。  

Posted by 星野 健 at 21:43Comments(0)

2016年04月19日

塾・看護奨学生 9人目の面接


 ~久しぶりの勉強~

本日、9人目のジングルマザー奨学生面接。
保育園入学前のお子様とともに通塾。
准看護学校受験を考えているとのこと。
しかも1校に絞っての受験となりそう。

ワンチャンス。
それをものにするには、
調子が悪くても、多くの受験生がいても
勝てるだけの学力が必要となる。

しかし、久しぶりの勉強。
どれだけできるかの不安。
お子様がいる状況で、
どのように時間を作るかが、やはり課題となった。

准看護学生にもシングルマザーの方は少なくない。
実習記録、資格試験の勉強など、
夜はなかなか時間が取れない。
やはり、朝しか勉強時間はなかなか取れない。

その強い意志を持ち、勉強ができるのか。
まずはそれを、試してもらうこととした。
できそうだったら、次回に奨学生として通っていただくことに。
是非、やりきってほしい。

  

Posted by 星野 健 at 14:00Comments(0)ひとり親支援

2016年04月19日

寛容性 ~シドニー旅行記⑪許す気持ちが、相手の尊厳を認める~


~当たり前が違う~

昨日のブログに書いた、平田オリザさんの言葉
「寛容と包摂」
…これからの日本に、必要なことだろう。
私自身も旅行を通して、このこと感じた。

知人に聞くと、日本と違い困ったことがあるという。
例えば家の修理。休日で頼むことはできないという。
約束しても、その時間に間に合わないことが多いという。
また、応急的なずさんな修理で、またやり直してもらうこともあるという。

郵便物の配達。
曜日指定はあっても、時間指定はなし。
その日に待っていても、家のチャイムがならないことも。
配達する側が「いないと判断」して持ち帰ることも、よくあるという。

その場合、再配達はない。
後日、自分がセンターへ取りにいかないといけない。
日本ではサービスとして当たり前のレベルを、
オーストラリアでは、受けられない部分も。

確かに、日本と比べると不便だ。
しかし「支払う側の不便は働く側への寛容」になることも。
働く人への利便性・正確性への強要を繰り返し、
人としての優しさを失うことに、なってはいないだろうか。
  

Posted by 星野 健 at 00:01Comments(0)旅行記

2016年04月18日

塾・看護奨学生 8人目の面接


 ~面接受付は終了~

本日、シングルマザー看護奨学生8人目の面接。
准看護学校の2年生。
お子さんとともに通塾。
第二看護学校進学を考えている。

お子さんの年齢との兼ね合いで、
進学先を決める方が多い。
今回もそのケースだった。
ただ、家での学習時間との問題も同時に生じる。

県衛生のように2年間の学校は、卒業が早い。
一日に3コマずつ授業が進む。
そのための、予習・復習・テストの頻度が増す。
当然、学校に拘束されている時間も長い。

3年間の学校は卒業が1年遅れる。
一日に2コマずつ授業が進む。
午後からの授業となり、ゆっくりとした学びができる。
育児・仕事との両立がしやすい。

同じシングルマザーでも、
保育園・小学校に通うお子さんがいるのか、
中・高校生のお子さんがいるのかで、
全く状況は違ってくる。

進路について考えを深めていただき、
問題集を解いたうえで、
次回に奨学生として申し込むかどうか、
考えていただくことにした。

面接は明日で終了。
奨学生各自の意向確認、readyforの手続きをし、
6月~8月上旬にクラウドファンディングの実施予定。
https://readyfor.jp/projects/KANGO
(去年のプロジェクト結果)

  

Posted by 星野 健 at 19:46Comments(0)ひとり親支援

2016年04月18日

子育てしやすい ~シドニー旅行記⑩残業がない国で~

サマータイムの時期、1時間時計を早める。
仕事が終わるのが17時
日没は20時~21時
日没後に夕食となるそうだ。

21時に夕食と言っても、実際は20時。
1時間夕方の時間を増やしていることになる。
会社帰りにまずはゆっくり飲む、
サーフィンへ出かけるなど、個人の時間がまず入る。

そして、家族が集まる時間が夕食時。
それぞれが「楽しんだ後」の時間となる。
サマータイムが終わっても有名店でも、18時頃はガラガラ。
20時頃から混み始める。食事は「個人が楽しんだ後」なのだろう。

月曜日。知人の仕事が終わり、食事場所での待ち合わせの間、
17時から18時まで、ダーリングハーバーの公園で過ごした。
小さい子から大人まで、遊具を使って楽しんでいる。
そこで、お父さんと待ち合わせているお子さんもいた。

いろいろな民族の子どもが言葉を交わし、一緒に遊ぶ。
違いを受け入れつつ、遊びを通して仲間になっている。
そこでのんびりと、大人たちも時間を過ごしている。
「仕事で遅くなり、平日は子供との会話のない国」とは、大きく違う。

気になる記事を添付します。


オリザさんの言葉
「私は、今のこの国の社会を表わす言葉は「競争と排除」だと思いますが、これからは「寛容と包摂」の精神を大切にしてほしい。」
大切にしたい。
  

Posted by 星野 健 at 00:01Comments(0)旅行記

2016年04月17日

入試相談が多かった日


 ~どんな手を打つか~

本日の塾は、看護入試の相談が続いた。
看護の進路は複線化している。
相談している方の置かれた状況、
学力、授業料の支払いなど、いろいろな条件から考える。

聞き取らないことが多く、とても困難な作業だ。
しかし、それだけ複線化が進んでいるので、
「あきらめなければ、なんとかなる」
部分もある。そこに、相談や進路指導のやりがいもある。

看護を目指す方の志は高い。
今日、相談した方々も
「どんな状況でも、乗り越えてみせる」
という気迫もある。頼もしい限りだ。
  

Posted by 星野 健 at 21:07Comments(0)