2016年06月30日

Readyforにて、クラウドファンディング開始 ~シングルマザー看護受験支援~


 ~9名のシングルマザーが、看護職にチャレンジ~

前年度、皆様のご支援・情報の拡散のおかげで、通塾時間枠を確保していただき、
5名のシングルマザーの方が、看護師への道を歩み始めました。
https://readyfor.jp/projects/KANGO
彼女たちは現在、各学校で頑張っています。これも皆様のおかげだと、感謝しております。

前年度の活動も私のブログで、紹介しました。
そして、今年度も同様のプロジェクトの要望がありました。
希望者を募ったところ、9名の方が候補となりました。
そこで、今年度もクラウドファンディングに挑戦することにしました。

前年度は支援金額が予想以上で、27万円を超えました。
初期奨学生全員に、受講枠を取らせていただきました。
おかげで、ひとりひとりに対応したきめ細かい指導ができました。
結果、最後まで通塾出来た5名全員合格となりました。

今年度も、前年度同様の指導で合格に導きたいと思っています。
公開は本日・6月30日11時、終了は8月8日(月)の予定です。
それまでに目標金額に達成しないと、プロジェクトは消滅します。

今年度のプロジェクトページは、以下となります。
https://readyfor.jp/projects/KANGO2016
ブログと並行して新着情報を、
できる限り書いていきたいと思っています。

皆様のご支援・情報の拡散、よろしくお願いします。
  

Posted by 星野 健 at 00:01Comments(0)ひとり親支援

2016年06月29日

やわらかとんかつ 幸せや 則武店


 ~口福堂のチェーンかと、勘違い~

則武方面へ出かけた。昔、マーサの付近は道が抜けにく、
岐阜市内なのにほとんど通ったことがない。
時間ができたので、マーサの東へ行ってみる。
そこで店を見つけた。

やわらかとんかつ 幸せや 則武店
http://shiawaseya.takuan.co.jp/
看板の左下の赤丸に「口福」の文字。
甘味の口福堂の新形態・肉の柿安本店のチェーンなのだろうか。

店は新しい。
夏なので、屋根から水を落としている。
気分的に涼しさを感じる。
エントランス左にカウンター席あり、2階もある。

メニューはとんかつ、海老かつが中心。
ランチタイムなので、少しお得になっている。
価格帯は1000円前後。キャベツ・味噌汁・ごはん・漬物は食べ放題とのこと。
男性には大事な要素かも。

とんかつは確かにロースでも脂身を感じることなく、やわらかい。
エビフライは大きい。しかも衣で大きくしているわけではない。
味噌汁はとん汁。とてもおいしい。漬物は塩分控えめで梅の香りが鼻に残り美味。
キャベツも極細線切り。とくに夏向きの「だいだいドレッシング」と相性がいい。

とてもおいしくいただきました。
帰ってから調べると、柿安とは無関係。
https://www.facebook.com/%E3%82%84%E3%82%8F%E3%82%89%E3%81%8B%E3%81%A8%E3%82%93%E3%81%8B%E3%81%A4-%E5%B9%B8%E3%81%9B%E3%82%84-%E5%89%87%E6%AD%A6%E5%BA%97-1582400132070951/

本店は美濃加茂の日本料理店・たくあんとのこと。
基本のごはん、味噌汁、漬物がうまいのは、そのためか。
本店にも行ってみたくなった。
  

Posted by 星野 健 at 00:01Comments(0)時事

2016年06月28日

創作オペラ「トロイアの女」を見に行く


 ~悲劇 最後まで光は見えない~

26日日曜日 美濃市民による創作オペラ「トロイアの女」を見に行く。
https://www.facebook.com/%E5%89%B5%E4%BD%9C%E3%82%AA%E3%83%9A%E3%83%A9%E3%83%88%E3%83%AD%E3%82%A4%E3%82%A2%E3%81%AE%E5%A5%B3%E5%85%AC%E6%BC%94%E5%AE%9F%E8%A1%8C%E5%A7%94%E5%93%A1%E4%BC%9A-203864576643342/

到着した時は、小雨。開場前から自由席のために行列が。
市民による講演は毎年あるようだが、私は今回初めて見に行く。
看板を見ると「完売・当日券はありません」とのこと。
どうやら美濃市民に、人気があるようだ。

中に入る。時間がたつにつれて満席に。
オペラなのに、小・中・高校生の姿も少なくない。
会話を聞いていると、友達が出るとのこと。
キャストを見ると、小4と中2の生徒が出演するようだ。

始まった。予想を裏切った。いい合唱。
そして「ヘカベ様」は圧巻。声もいい。これはプロだ。
途中出演の中学生は、地元では有名らしい。
なかなかの演技で、観客を魅了した。

休息15分を挟んでの計2時間の上演。
大人2000円、高校生以下1000円で、見ごたえはあった。
悲劇そのもので、最後まで光となる救いはなかった。
それもまた、印象に残った。

最後の舞台挨拶。
「悲劇に巻き込まれた王子」の役であった、小学生の笑顔で、
救われる気持ちになった。しかし「ヘカベ様」は、役のままの表情・振舞いを貫いた。
まるでラスボスのようで、これもまたいい。
  

Posted by 星野 健 at 00:01Comments(0)時事

2016年06月27日

シンギュラリティがすぐそこに ~人工知能の中で、人が生きる世界~


 ~いよいよ、夢の中の世界へ~

岐阜聖徳学園・夏フェスタに向けての準備。
最初に話すことは、決まっている。
次の話が、「今」そして「未来」の環境について。
データを元に、その姿を見ることにしている。

去年は、リンダ・グラッドンさん、駒崎さんの話から。
そして、今年はソフトバンク孫社長の話から始めたいと思っている。
キーワードは「シンギュラリティ」
中学生が看護職として働くときの社会は、人工知能に囲まれている。

詳しいことは、以下。ウィキペディアより
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%8A%80%E8%A1%93%E7%9A%84%E7%89%B9%E7%95%B0%E7%82%B9
また、孫社長の話は下から
http://cyclestyle.net/article/2015/08/01/25914.html
http://news.mynavi.jp/articles/2016/06/23/singularity/

IQ10000を超える人工知能に対し、人間は100から200程度。
彼らからすれば、人間の知能は「誤差」に過ぎない。
だとすると、その誤差を持つ人間に対して、
どうアプローチしてくるのだろうか。また、どう協働していくのだろうか。

子どもの頃読んだ、星新一の世界。
いよいよ現実になる時が 来たようだ。
人工知能の中で生き・働く今の中学生に対して、
どのようにその世界を伝えていくのか、考えていると楽しくなる。

  

Posted by 星野 健 at 00:01Comments(0)時事

2016年06月26日

看護師にチャレンジ ~岐阜聖徳学園・夏フェスタ講座~


 ~今年も、やります~

夏の高校見学申し込みの時期がやってきました。
各中学校では、進路説明会が開催され、
中学三年生の方、その家族の方は進路について考える週末となっています。
いい進路選択のために、いろいろな高校を是非、見学してください。

私が講師をしている岐阜聖徳学園高校でも、
今年も8月5、6、7日の3日間、学校見学会を行います。
http://www.shotoku.jp/gsh/news/2016/06/212241f01in-1.php
記念公演は日曜日午後。「今、私たちは何をすべきか」養老孟司先生です。

私も午前中3日間とも、「看護師にチャレンジ」という講座を開きます。
現在の環境から、看護師の仕事の魅力、多様な進路の話、
そして、実際に私が准看護学校で行っている授業の体験、
自分を見つめ、将来への展望を持てる100分にしたいと思っています。

中学生向きの講座ですが、
保護者の方・一般の方も参加していただいています。
この講座がきっかけで、看護師への道を歩まれた保護者の方もいます。
是非、見学だけではなく、お子さんと一緒に講座にご参加ください。

中学生の方は、各中学校に申し込みください。
一般の方で、希望の方は、是非、学校に問い合わせてください。
過去には、大阪から男性の方が参加されたことがあります。
男性の方も当然、歓迎です。
  

Posted by 星野 健 at 00:01Comments(0)岐阜聖徳学園高校

2016年06月25日

岐阜の感覚が、理解できない時がある ~ツィッターを通して~


 ~ツィッターを通して知る事実も大切~

READYFORの開始に当たり、去年の4月・仕方なく始めたツィッター。
情報の拡散のため、義務的に開始。最初は全く意味を感じなかった。
今でも相変わらず、私の発言は少ないまま。
しかし、今では、大事な情報源となっている。

ツィッターに流れる岐阜に関わるニュース。
関市のモネの池など、美しい・楽しい話題もある。
やはり気になってしまうのは、岐阜県に起こる特別なニュース。
なぜ岐阜は、こうなってしまうのだろうかと、考えさせられる。

最近では、この二つのニュース。


「JR岐阜駅のバリアフリー化が進んでいない。現状は三階にあるホームへ通じるエレベーターが二階改札内になく、JR東海と岐阜市はともに改善の必要を認めるが、費用負担をめぐって協議は平行線のまま。十七日の市議会で丸山慎一議員(無所属)の一般質問に対し、市側は市費の支出には消極的な答弁をした。」


全国的な流れから見事な「はずれ」状況。これはひどすぎる。
当事者意識があれば、変えられるはずである。
「他人事」として、見て見ぬふりを続けていては、何も変わらない。

しかし、1人の人間が多くのことに手を出して、
何かを変えることが苦しいことも事実。
だから、自分のできる範囲のことをやる。
https://readyfor.jp/projects/KANGO2016  

Posted by 星野 健 at 00:01Comments(0)時事

2016年06月24日

KITTE名古屋から地下街巡り 大名古屋➡ミッドランド➡チカマチラウンジへ


 ~オープンから1週間後を狙ったが…~

KITTE名古屋がオープンしたとのこと。
下調べもせず、行ってみた。
いつものように名駅4丁目あたりに駐車。
歩いて向かってみる。

外観は、まだまだ工事中。
市バスターミナルopenは来年4月とのこと。
ビル北側駐車場とその周辺施設ができた感じであった。
2階の七夕展示は、斬新。一階から見上げた方がきれいだった。

2階のショップをチラ見して、地下へ。
予想通り混んでいた。11時30分ごろだが、行列のない店はない。
名古屋を意識した店舗と、その他の店舗が半々。
中でも1000円で牛200gステーキランチの店が、大行列だった。

仕方なく、空いたと思われる「大名古屋ビルジング」地下へ。
地下道で直結しているので、雨の日・暑い日・寒い日も大丈夫。
しかし、読みは外れる。予想外に人は多い。仕方なく、
アリス・イン・ワンダーランドの限定ショップを見て、さらに地下街へ。

サンロードからミッドランドを見ていたら12時過ぎ。
もはや人だらけ。これはやばい状況。
どの店も混んでいる。こんなときは、クロスコートタワーへ行くしかない。
http://www.chikamachi.com/concept/

チカマチラウンジの雰囲気は好きだ。
ヨーロッパにいるような感覚になる。
さらに、地下なので天気の心配もない。その中でこの店に。
http://www.chikamachi.com/floorguide/vintae/

昼飲み用のメニュー1600円はお得。
http://www.chikamachi.com/floorguide/vintae/menu.php
車なのであきらめる。ガス入り水とともに、ヨーロッパの昼食のようにする。
http://www.chikamachi.com/floorguide/vintae/menu.php

バンが「無料」というのもヨーロッパスタイル。
それで「パンの上に乗せて食べるもの」をチョイス。
煮込みは、豆の煮込みリオハ風。パンにはさんで食べると絶妙にうまい。
アヒージョは、マッシュルーム。ガーリックを効かせて大粒でうまい。

トマトの鉄板焼きも、パンにのせて食べるといい。
ガス入り水で口をサッパリさせながら、おいしくいただきました。
店の外のテーブルで、道を通る人を見ながらの食事。
リクルート・スーツの学生が、よく通る昼だった。

  

Posted by 星野 健 at 00:01Comments(0)時事

2016年06月23日

高校見学の申し込み ~複数の高校を比較する~

 
 ~見ることは大切~

中学3年生は、私立高校見学の申し込みの時期。
私が講師をしている岐阜聖徳学園高校でも、
申し込みが6月下旬からスタートします。
http://www.shotoku.jp/gsh/news/2016/06/212241f01in-1.php

去年は、岐阜第一高校が男女共学化。
http://www.gifu-daiichi.ed.jp/
さらに女子野球部創設の話題がありました。
http://www.gifu-daiichi.ed.jp/club/index.html

今年は、済美高校で学科再編があります。
http://www.gifu-seibi.ed.jp/
商業科に男子も入学が可能となり、
女子部に指定校推薦を集中することになりそうです。

私立高校の選択は、重要性を増してきました。
前年度、岐阜5校+各務原西の入試倍率は高く、
公立不合格で私立へ進学した人が、例年より多くなりました。
http://nyoki.mino-ch.com/e28803.html

私立の各学校には、特徴があります。
実際の目で確かめて、自分にふさわしい学校を探しましょう。
「第2希望が私立」という感覚で、探すことが大切です。
3年後の自分の姿を想像しながら、よりよい選択をしてください。



  

Posted by 星野 健 at 00:01Comments(0)時事

2016年06月22日

中間テストのやり直し ~プラス20点の意識~


 ~中・高生は、テスト直しに忙しい~

中学・高校とも、中間テストが返却された。
また、3学期制の学校では、テスト結果一覧が配布されたところもある。
そして、中学生を中心に「テスト直し」に忙しい時期。
しっかり見直しをし、次に備えたい。

大切にしてほしいのは、あとプラス20点の意識。
確かに、全問理解し、時間内に再生できることが理想。
しかし、現実的には成績が1段階上がるための点、プラス20点の意識がほしい。
そうすれば提出期限までの「作業」ではなく、身につけるための「意識」に変わる。

中学は教科書が分厚くなり、出題内容も増えた。
「教えたことを、すべて出題しよう」とすれば、自然に問題数も増えてくる。
時間内に高得点をとれるかどうかは、反応の「素早さ」「正確さ」の関数となる。
すなわち、問題を見ただけで「ピン」ときて、正解が書けることが重要となる。

私のように、問題を見てじっくりその都度考えるタイプだと、
現在の中間テストでは、いい点数には、きっとならないだろう。
点数だけでなく、私は発言もせず、ノートさえもあまり書かなかったので
今の時代なら、私はいい成績も、つくはずもない。当然、岐阜高校へ進学していないだろう。

しかし、私のようなタイプの生徒は、今の時代、高校生になってから花開くことがある。
プラス20点の意識があれば、「入学した高校」で十分挽回・逆転することができるのである。
逆に「素早さ」「正確さ」のみを追求し、努力し、実力以上の高校へ進学した場合、
自然に「素早さ」「正確さ」を兼ね備えている同級生との勝負に、きっと苦労することになるだろう。

==========================================

私の塾は看護受験に限らず、中高生の通塾も可能です。
中学生は5教科、高校生は数学を学ぶことができます。
詳しくは、下の入り口からご覧ください。
http://www.ekiten.jp/shop_1441812/
また、塾生でない方の質問も受け付けています。下の入り口からお入りください。
RESERVA予約システムから予約する
  

Posted by 星野 健 at 00:01Comments(0)

2016年06月21日

4年前の「教え子」が、教壇に ~岐阜聖徳学園高校・教育実習~


 ~隣のクラスで研究授業~

講師をしている、岐阜聖徳学園での出来事。
私が授業をする隣のクラスで、教育実習生の研究授業があるとのこと。
「これは静かな授業をしないといけない」と思い、
期末テスト前なので、演習授業に切り替える。

静かさを保つことを条件に、
席を移動しての教えあいを許可した。
生徒たちは、難しい演習問題にもかかわらず、
静かにチャレンジしてくれた。

状況を把握し、相手の気持ちを考えて行動できる。
この学校の生徒たちの良さだ。
隣の実習生の先生の声がよく聞こえてくる。
こちらが静かさを保てている証拠だ。

授業が終わり、研究授業が終わった隣のクラスを見た。
授業者は「満面の笑み」を浮かべ、生徒と話しをしていた。
私が4年前に教えた、この高校の卒業生だった。
聞き覚えがある声だと思ったら、やはりそうだったのか…。  

Posted by 星野 健 at 00:01Comments(0)岐阜聖徳学園高校

2016年06月20日

クラウドファンディングのリターン


 ~前年度は、このポストカードでした~

Readyforでのクラウドファンディングの準備が進んでいます。
前年度は、皆様から予想以上のご支援を頂きました。ありがとうございました。
プロジェクト自体も、塾・看護受験奨学生全員合格という最高の結果となりました。
https://readyfor.jp/projects/KANGO

支援の記念となるような「リターン」
前年度は、リターンとして奨学生からのサンクスメールを支援者全員の方に、
また、支援金額によりオリジナルのポストカードと、
美濃和紙のレターセットを送付させていただきました。

今年度も、記念になるもの、岐阜らしいものをと、
いろいろ探してみました。その中で、出会いました。
「関谷正和さんのイラスト」
http://maakunn0521.blog93.fc2.com/

<

ポスターの絵は、細かい筆致が特徴で、
全体のバランスがよく、温かみのある作品です。
イラスト集のような作品も、また味わいがあります。
今年度のリターンは、このイラスト作品としました。

クラウドファンディングは6月30日スタート、
8月7日終了予定で計画が進んでいます。
https://readyfor.jp/projects/KANGO2016
拡散・ご支援、よろしくお願いします。
  

Posted by 星野 健 at 00:01Comments(0)ひとり親支援

2016年06月19日

岐阜県保育士年収が5年前より下がっている ~経験年数は5年、伸びているのに…~


~岐阜県で、保育士から准看護師への転職が多い理由~

武蔵野大学・舞田敏彦先生のブログ「データえっせい」を読むと、
岐阜県のデータに驚くことが少なくない。
今回のデータもやはり、衝撃的だった。

「岐阜県保育士給与が5年前より下がっている」
というデータ。しかも、経験年数はそのまま5年増えているのに。



理由はなんだろう。探ってみた。「公立」⇒「民営化」がこの間、進んでいることも要因かもしれない。
公立では「公務員」としての査定、民営化だと別の査定で「再契約」となる。
結婚・出産による離職期間を経た場合、公務員と民間では給与が変わる。
http://www.e-hoikushi.net/column/76/

再契約時に、給与が大きく下がった方もいるのだろう。
岐阜市では平成20~23年度に、公立から私立に民営化が進んだ。
http://www.city.gifu.lg.jp/5756.htm
他の郡市でも、同様のことが進んだのかもしれない。








また、こんなニュースもある。
進路を考えるとき、この視点も大切。



私の塾でも、保育士から准看護師・看護師へ転職のための相談が多い。
また、保育士のお子さんが看護を目指すケースも増えている。
日本では、学びが「私費で高額」である。また、そのこともあり「学びなおし」が厳しい。
就職のために取得した資格で、自分の生活が成り立たないのは、やはりおかしい。  

Posted by 星野 健 at 00:01Comments(3)時事

2016年06月18日

「わかっている…」と、思い込みたいのを堪えて ~個人指導は忍術~


 ~じっくり、ひとりひとりに合わせていく~

久しぶりに、「看護受験のために」数学を勉強する人がいる。
買い物で計算は、普段からやっているので、何とかなる。
使わない文字・ルートの計算が最初の関門となる。
あとは、やったことを持続的に「覚え続けてもらうこと」ができるかどうか課題となる。

加齢とともに、その戦いは厳しくなる。
新しいことを覚えると、前のことを忘れる。それを「当然」と認識する視点に立つことから始まる。
「忘れさせない」工夫を、こちらもあれこれ手を打ち頑張る。そして、何とか定着を図る。
その方の頭にある「既存のもの」を探り、無理やりそれに「ひっかける」しかないのである。

『下手な鉄砲、数打ちゃ当たる』精神で、あれこれ例え続ける。
一見「無駄」と思えることも、目の前の方の「頭の中にある」ことならOK。
それを見付けることに、例えることに、時間がかかることが少なくない。
「個人指導」でないと、伝えきれないところが、ここにある。

今回教えた方は、関数でつまる。
方程式がわかるのに、文章題もわかるのに、
座標・グラフと式が結びつかないのである。
私としては『鉄砲を撃ち続ける』しかない状況になっていく。

例えば「傾き」という言葉。私はなんとか「頭にひっかけようと」試みる。
正の数で、「傾く」大きさ比べをする。
また、負の数でも同様に比べる。
『急な上り坂』、『緩やかな上り坂』、『くだり坂』、『…』と坂のイメージと傾きを結びつけてみる。

文字・式を、イメージや言葉に「置き換える」
そして忘れないようにする。
y=ax+b のaに「傾き」という言葉を付けた人も、
きっとそんな思いを持って、名付けたのだろう。

「座標が点を表す」ことも、工夫して教えないと、
いつまでも「覚えている」とは、限らない。
「座」「標」という言葉からのイメージ。
次回伝えきれるのか、工夫を凝らす。  

Posted by 星野 健 at 00:01Comments(0)

2016年06月17日

確かに今年は、測らなかった ~座高検査廃止~


 ~記事を見て、再認識~

ツィッターを見て、
「そういえば…」
と思った。
高校の身体測定で、座高測定をしていなかった。

聴覚か座高か…。
いつも、どちらかの測定をしていたが、
今年は身長の測定担当だった。
確かに、座高は測定していない。

その理由に驚き。


他は「意味がある」のだろう。
  

Posted by 星野 健 at 00:01Comments(0)岐阜聖徳学園高校

2016年06月16日

中学教科書が重い ~15年前と比べてみる~

 
 ~白い「肩掛けカバン」は、どこへ~

教科書改訂で、中学教科書がさらに重くなった。
例えば岐阜市で使われている大日本図書数学1
15年前・ゆとり教科書は、B5版187ぺージ(学習は178ぺージまで)
今ではA4版311ページ(学習は260ページまで)となった。

読み物のページ、小学校の復習、中学の問題の振り返りと、
巻末の特集が50ページ程度まで膨らんでいる。
上質紙・カラーページの増加・切り取りのできる展開図…
本の大きさも大きくなり、1冊でもその重さは、かなり違う。

私が中学で使っていた「肩かけカバン」
今ではすっかり、見られなくなった。
私の近くの中学校は、大きなリュックサックで登校。
両肩でないと、あの重さを支えることは厳しくなった。

中学の先生方は、今年の教科書がさらに重たくなったことを、
「問題として」とらえているのだろうか。
「仕方がない」と、あきらめているのだろうか。
そんなことに、気づく「ゆとり」さえ、ないのだろうか。

そして、こんなニュースも。



  

Posted by 星野 健 at 00:01Comments(0)

2016年06月15日

メディアコスモス1階にて ~市役所発信の情報を得る~

 
 ~Readyfor公開に向けて~

昨日午後、メディアコスモスへ。
図書館にも滞在したが、1階の資料を読むのに時間を割いた。
岐阜市役所発信の資料が、閲覧用・配布用と充実している。
配布用のうち必要なものも、持ちかえることもある。

今回は、第2期岐阜市次世代育成支援対策行動計画の冊子を持ち帰る。
http://www.city.gifu.lg.jp/secure/30266/honnsatu.pdf

P17には、気になるデータがある。
「岐阜市の 18 歳未満の子どものいる世帯の家族類型をみると、「夫婦と子ども」、「ひとり親と
子ども」といった世帯類型の比率が上昇傾向にあります。一方、その他の多世代家族等の比率
は低下傾向にあり、平成 22 年では 24.0%となっています。 」

国勢調査によると
平成12年➡17年➡22年の「ひとり親と子供」世帯比率は、
7.4%➡8.7%➡9.5%と上昇傾向にある。
40人クラスで考えると、この10年で1クラスに、3人から4人に増えたと考えられる。

P70からの「ひとり親家庭に対する支援」が。少しずつ良い方向へ。
「ひとり親家庭の父母の就業を促進するため、給付金事業の利用を働きかけ資格取得の支援を行います。
高等技能訓練促進事業では、看護師、准看護師、介護福祉士、保育士、理学療法士、作業療法士等の国
家資格取得のため、養成機関で 1 年以上のカリキュラムを修業する場合に給付金を支給します。また、
自立支援教育訓練給付金事業では、雇用保険制度の指定教育訓練講座など対象講座の受講費について一
部を助成します。 」

このPDFにはないが、給付金支給が上限2年が今年から3年に。
これからも、いろいろな形での支援が広がることを願いたい。
私も6月30日公開予定のプロジェクトを、頑張りたい。
https://readyfor.jp/projects/KANGO2016
  

Posted by 星野 健 at 00:01Comments(0)男女共同参画サポーター

2016年06月14日

ケースをつくる人が集まって


~新しい動きに注目~

主催が駒崎さんだったとは。
先日の記事、豪華なセッションの仕掛け人は、
発信者本人だった。
次々と手を打つ彼の動きは、見ていて楽しい。



本人も大変苦労をしている。


都会の保育所問題は、大変な状況だ。


  

Posted by 星野 健 at 00:01Comments(0)男女共同参画サポーター時事

2016年06月13日

再々受験の相談


~夢を「夢で終わらせない」ために~

土曜日の受験相談。
県衛生第二看護受験に2度挑戦し、不合格。
働きながら3度目の挑戦を考えているとのこと。
いろいろな条件から、複数の提案をさせていただきました。

医学部受験と違い、看護師になる道は複線化しています。
また、平成30年からは第二看護通信制が7年の実務後に通えることになり、
さらに、選択肢が増えてきました。
同じ資格に対して、これだけ複線になっている資格は看護だけなのかもしれません。

看護受験については、ケースにより対応は違います。
たとえば、本人の年齢、お子様の年齢、
看護師を取得する目的によっても、
私としての複数の提案は、変わります。

個々の事例については深い話となり、
ここでは書きにくい内容となります。
できれば看護進学を考えている方には、個々人のケースに合わせて、
塾で話をしたいと思っています。

しかし、なかなか相談できない方もいます。
特に遠方の方。大阪、九州の方からの問い合わせも過去にありました。
そこで、3年前からココナラでは期間限定で相談を受け付けています。
https://coconala.com/services/7578

また今年度から、有料noteを発売しています。
塾で話している内容を、マガジンにしたものです。
「岐阜県第二看護受験ガイド2016-2017」
https://note.mu/jukuhoshino/m/me695b99244ab
発刊時は5ページ、現在は19ぺージ。

「【攻略】社会人向け 岐阜県看護受験案内2016-2017」
https://note.mu/jukuhoshino/m/mdaa9ecc9526a
発刊時は6ページ、現在は23ページ。

「岐阜・西濃地区限定准看護学校入試攻略本2016-2017」
https://note.mu/jukuhoshino/m/m507eb384d144
発刊時は5ページ、現在は15ページ。

それぞれ購入費は4000円必要となりますが、
塾を1回無料利用ができる権利があります。
いろいろな形で、個々に応じた対応を、
今後もしていきたいと思っています。

また、8月8日まで限定で、READYFORにてお得な通塾セットを販売しています。
詳しくは下のブログから
http://nyoki.mino-ch.com/e30512.html

  

Posted by 星野 健 at 00:01Comments(0)note有料記事

2016年06月12日

豪華なセッションから ~参考になる「まとめ」 駒崎氏に感謝~


 ~何を発信し続けるのか~

豪華なセッションがあったようだ。
社会問題解決NPOのリーダー・関係者が集まっての話。
大変参考になる。
まとめてツィートして下さった、駒崎氏に感謝。










前年度、readyforで多くの方に支援をいただいた。
そのうち、知っている方からの支援はごくわずか。
readyforのメルマガ、CBニュース・Yahooニュースで取り上げていただいたことで、
多くの方に知っていただき、支援をいただいた。

readyfor代表、米良さんの言葉は身に染みる。
そして、この会話は大変参考になる。
「何を書こうか」…そのイメージがますます膨らんできた。
いかに伝えるか。データ・ロジックも大切にしていきたい。

  

Posted by 星野 健 at 00:01Comments(0)時事

2016年06月11日

ありがたいお言葉 ~作家 栗林佐知先生から~

 
 ~リツィートと、その内容にビックリ~

ツィッターを見て、驚き。
作家 栗林佐知先生からのリツィートが。


「子供の時、塾に行ったことがない」
…さすがです。その状況でも国立大へ進学されています。
私は作家の方に「古文書」・「英文解釈」は教えられません。
もし、通っていただくときには「数学」を、できる限りわかりやすく教えたいと思っています。

「塾のイメージ」で、私の塾を訪問される方は、
ビックリされることが多いです。
「好きな時に行く、わからないところだけを聞く。
時間が余れば、演習をやり・今後の課題について話す」という塾です。

私も中学の時だけ、定期的に通う塾に行きました。
中学3年生の時は、入試問題をみんなで解いて話し合い、
分からないところだけ、名大生のお兄さんに聞いていました。
「質問だけ」の塾にしたいと、その当時のイメージから考えていました。

ネット予約が可能となり、その願いが現実に。
RESERVA予約システムから予約する
使い慣れてくると、生徒も私も互いに無理がなく、
「必要な時に、必要なだけ」という感覚の良さが、理解していただけるようです。
  

Posted by 星野 健 at 00:01Comments(0)時事