2016年09月30日

ひとり親世帯・移住相談会 ~10月8日 大阪市内で~


 ~行政側から、いろいろな工夫を~

私の塾には、シングルマザーの方が多く通う。
全てが看護受験のためである。
その中には、地元だけでなく遠くの学校を受験する方も。
「条件が整えば、この地にいなくてもいい」という考えの方も少なくない。

行政側の支援も、自治体によって個性が出てきている。
特に下記の「移住」は、一つの対策となる。
<ひとり親世帯>8自治体が移住相談会 大阪で10月8日(毎日新聞) - Yahoo!ニュース http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160928-00000078-mai-soci #Yahooニュース

近くの三重県の場合を調べてみた。
鳥羽市の場合
https://www.city.toba.mie.jp/kosodate-shitsu/singleparent.html
今年度は締め切り。相談会でどんな内容が話されるか注目だ。

玉城町の場合
https://kizuna.town.tamaki.mie.jp/jichi_cms/image?id=3896&type=c&ow=yes
実によく研究されている。
これからどんな募集となるのか、期待が持てる。

  

Posted by 星野 健 at 00:01Comments(0)ひとり親支援

2016年09月29日

ホープレスとは 

 
 ~看護奨学生も、頑張っています~

塾に通う看護受験生も、勉強に熱が入ってきました。
いよいよ10月が迫り、推薦・公募入試受験生は演習に入りました。
「望みがあるから頑張れる。」
高校生の方も、社会人の方も、そのように感じます。

ツイッターで、舞田先生の記事が気になりました。
「ホープレス」という言葉、これから広がるかもしれません。



データを見て、やはり…という感想でした。
高校3年生までの様子を見ていて、そう感じます。
いろいろな面で「自分を鍛えている人」が多いにもかかわらず、
それが報われるかどうか、不安な様子が伝わってきます。

看護を目指す方々にも、いろいろな経験をされた方もおいでです。
その方たちも、今までの仕事に対して「ホープレス」となったのでしょう。
若者だけでなく、社会全体の空気かもしれません。それを振り切って、
あこがれの看護の世界に向けて、塾生は今、頑張っています。


  

Posted by 星野 健 at 00:01Comments(0)

2016年09月28日

「チャレンジ受験」の注意 ~看護受験の場合~


 ~どうしても、受かりたい~

「先生、どうしても今年、受かりたいんです。」
という言葉。最近よく聞きます。
その方には、前半は「チャレンジ受験」
後半に「浪人しないための受験」を勧めています。

例えば第二看護受験の場合、前半に県衛生の公募推薦
後半に、複数校の受験をする。
また、第一看護受験の場合、前半に推薦・一般の一看受験。
後半に准看護学校の受験をする。

このように、受験科目が違う場合、
「難」➡「易」へが原則。逆の場合は、精神的にもきつい。
そして日程的にも、本命受験に「長い時間」を、
滑り止めには「短い時間」で勝負したい。

ボイントは、その短い時間で
「滑り止めが受かる力があるのかどうか」
の見極めとなる。元の学力に戻すのは早い。
それ以上に積み上げるのは、難しいのである。

前半の入試よりも、後半にいったん目を向ける。
後半が「間に合う見込み」があれば、前半のチャレンジをする。
後半が間に合いそうになければ、前半は存在しなくなる。
後半の入試こそが「本命」に代わっていくのである。

岐阜市医師会准看護学校のように、
初めから予定されている「2次募集」も、うまく利用したい。
ただし、定員割れの場合に2次募集をしている学校は、
実際に入試が行われない場合もあるので、注意が必要。

たとえその学校が「毎年のように欠員で2次募集」をしているとしても、
それが、今年にも当てはまるとは限らない。
特に今年の岐阜県内准看護入試は、
稲沢看護募集停止・名古屋市医師会定員減の影響を、かなり受けるだろう。  

Posted by 星野 健 at 00:01Comments(0)看護

2016年09月27日

頑張っているプロジェクト READYFORにて


 ~看護奨学生も頑張っています~

READYFORのプロジェクトも、着々と進んでいます。
シングルマザーの方々が今、合格を目指して頑張っています。
塾でも、皆様の支援に感謝し、その支援に応えようと、
ますます勉強に加速がついています。楽しみです。

最近、READYFORは、ツイッターにも力を入れてきました。
(私の頃には休眠状態でした)
その中で、気になっているプロジェクトが2つあります。
共通することは「学習機会を広げる」というものです。




もう一つは、岐阜のプロジェクトです。



どちらもあと4日。
達成まであと、わずかです。  

Posted by 星野 健 at 00:01Comments(0)時事不登校の方へ

2016年09月26日

ホロコーストのリハーサル~障害者虐殺70年目の真実




見た。衝撃的だった。
この計画は、
「30年来の医療関係者の夢」の実現。
医療者の「積極的な加担」を、2010年にようやく認めたとは…。

プロパガンダもすごい。
こうやって人を「分断化していく」のかと。
経済的に人を比較し、工業的に人を抹殺する。
そこには罪悪感はない。むしろ肯定的な気持ちで実行する。







歴史を直視し、深く反省し、次に向かう。
2度の過ちをしたドイツの考え方。
それも同時に伝わってきたことが、幸いだった。
番組が始まる前、相模原事件について触れたことも印象的だった。




10月1日に再放送が。


  

Posted by 星野 健 at 00:01Comments(0)時事

2016年09月25日

小論文から感じる人間性 

 
 ~論文に「口語」は…~

この時期、塾では小論文の添削が多い。
看護入試の場合、学校によりいろいろな出題形式がある。
特に社会人入試は「小論文と面接のみ」が主流。
それに合わせて、対策をしている。

タイトル型
資料分析型
資料要約型…
各学校、出題形式を変化させることは少ない。

作文と論文との違い、
段落構成、
要約の仕方…
整えるための訓練に、時間がかかる人もいる。

小論文のあとに、面接がある学校が多い。
「小論文の内容に関わる質問」が、学校によってはある。
文章からも、書いた人の人間性はある程度感じられる。
面接を加え、社会人はその人柄を評価される。

今まで働いていた環境により、使う言葉は変わる。
口語が多くなる、上から目線の言葉…
「自然」に使っていると、思わず書いてしまうこともある。
そんなところにも、文を書くときには気を配りたい。  

Posted by 星野 健 at 00:01Comments(0)

2016年09月24日

模擬テストづくりに専念 ~演習期間へ~


 ~岐阜准実施の模擬も~

各学校の模擬テストづくりに忙しい。
時間内で演習、そして採点、そして解説のサイクル。
前年度までは、日時設定で一斉模擬もしていたが、
今年度から、個人対応に変えた。

メドとしては40分演習・20分解説だが、人により違う。
早く終わる人は、よくできるか、全くできない人である。
その場合にも、対応している。個人指導なので
「解説と再演習」の時間を増やすことにしている。

また「早くできているのに、間違いが多い方」も、
実は少なくない。その方にもアドバイスをしている。
テスト中に、様子を見て補充問題を準備する。
個別対応に変え、充実した演習ができるようになった。

岐阜市医師会准看護学校で実施の模擬のみ、
去年と同様、2時間連続模擬を行うことにした。
県公募入試模擬は11月1日~入試前日のみ実施。
県・岐阜市医師会一般受験は12月20日から入試前日まで実施。
https://reserva.be/hoshino/reserve?mode=service_staff&search_evt_no=5eeJwzMbQwsgQAAxIBCQ



  

Posted by 星野 健 at 00:01Comments(0)

2016年09月23日

三井ガーデンホテル名古屋プレミア ~もっと良さをアピールしたい~


 ~抜群の利便性~

三井ガーデンホテル名古屋プレミアを、祝日を使って利用した。
開業記念のプランは、宿泊・食事ともに値打ち。
こういうときに「招待できる場所かどうか」吟味したい。
http://www.gardenhotels.co.jp/nagoya-premier/

実際出かけてみた。
宿泊・食事・サービスともに満足。
ビジネスホテルだが「プレミア」がつくだけのことはある。
招待しても、満足してもらえそうな場所である。

駐車場はHPには「ない」としか記入していない。
調べてみたら、値打ちな場所がある。
ウインクあいち 駐車場
http://giaraffe025.jugem.jp/?eid=3

実際は24時間で1850円だった。
あいにくの雨だったが、地下通路が整備されていたので困らなかった。
車椅子での移動もこのルートなら可能(名駅へは階段があった)。
http://jouhou.nagoya/symphony-toyota-bld/

飲食店も、ビル地下に6件。そしてこの地下通路20件ほどある。
使い勝手がとてもいいホテルだ。
しかし、その良さがホテルHPからは、もう一つ伝わってこない。
自分の良さは意外に、自分では気づかないのかもしれない。  

Posted by 星野 健 at 00:01Comments(0)時事

2016年09月22日

FIRE HD 8 新モデルを使ってみた

 
 ~本の読み方も変わる~

9月21日発売のキンドルファイアーHD 新モデルが届く。
キンドルのみの本、また、キンドルの方が安い本を買うためだ。
自宅またはホテルなど、WIFI環境が整っているところでダウンロード。
あとは他で読むというスタイルになりそうだ。

WIFI設定に苦労した。
バッファローのいつもの方法で『楽』をしようとしたが、無理だった。
製品番号KEYを読み取るのにも、一苦労。
若くないことを実感した。

説明書はボタン・電源説明の1枚のみ。
説明書がほとんど「ない」状況は、
私は、不安でしかない。
しかし、使っていくうちにきっと慣れるので、それでいいのだろう。

使い勝手がわかったら、
また、レポートしたいと思う。
私以外に「先に慣れそうな人たち」から、
きっと「聞きながら覚える」ことになるのだろう。

工学部出身なのに…
  

Posted by 星野 健 at 00:01Comments(0)時事

2016年09月21日

昨日の塾は休み ~台風の影響~


 ~黒く低い雲~

昨日の塾は、台風の影響で「休み」となりました。
その判断も、私がするのではなく受講生が決めます。
通えそうなのか、否か。
通うのは「自分」だから、判断も自分なのです。

その結果を、私は受け入れます。
後日に振り替えることにしています。
「学び」は相対的なものです。
機会があれば、また学ぶことはできます。

うちの猫も完全休業。
天変を感じて、一か所から動かない様子。
顔を動かし、状況を捉えようとしています。
こういう時には、動かないのが自然なのでしょう。

学校の先生は大変です。
台風の中、会議をしているところもあるのです。
また、家庭では親としての役割もあるのです。
大阪の公立中教員のノリさんのツィート






どのツィートに、優しさを感じます。  続きを読む

Posted by 星野 健 at 00:01Comments(0)

2016年09月20日

カレンダーを見る ~連休がある生活~

 
 ~自分の休みは、自分で決める~

カレンダーをふと見る。
今週は、もう一度祝日がある。
「自分の休みは、自分で決める」
自営業となり、ネット予約となって実現した。

休みの日に、一日中休む必要はない。
自分の空いた時間に、私を必要とする人がいれば仕事をする。
誰も必要としなければ、高校・看護学校などの授業準備等をする。
私の仕事内容が、予約の有無によって変わるだけのことだ。

ふと、ツイッターで気になる記事を見つけた。


私も公立中学教師をしていた10年間は、こんな感じだった。
当たり前の基準は、立ち位置によりずいぶん変わる。

はるか昔のことのように、今は感じる。
  

Posted by 星野 健 at 00:01Comments(0)時事

2016年09月19日

細かい設定を支える人は…


 ~「時間通り」を求められる人~

クロネコヤマトのMyカレンダーを設定した。
http://nyoki.mino-ch.com/e30931.html
それから、いつも運んでいただく方には週1で会うようになった。
しかし、違うときに不在通知が入った。なぜだろう。

理由はわかった。
プライム便の場合、どうやらそちらが優先されるようだ。
申し訳ないことをした。
次回から気を付けることにする。

「時間通り」を求められない国もある。
「寛容と包摂」を大事にする国。
そのため、そういう国では日本人は不便さを感じるという。
http://nyoki.mino-ch.com/e29465.html

下の記事をよみ、ますます考えさせられた。



【記事より抜粋】
「コンビニは24時間オープンしてもらいたい。弁当はできるだけ安く買いたい。
宅配便は決まった時間にきちんと届けてもらいたい。 新聞は毎朝毎夕決まった時間に配達してほしい。」
しかし、私たちが当たり前のように考えているそんな“便利な生活”は、もはや低賃金・重労働に耐えて働く
外国人の存在がなければ成り立たなくなっている。いや、彼らがいなくなれば、たちまち立ちゆかなくなる。

そうした実態は、日本人にほとんど知られていないのではなかろうか。

  続きを読む

Posted by 星野 健 at 00:01Comments(0)時事

2016年09月18日

より確実な選択へ ~看護社会人入試~


 ~無謀なチャレンジは、夢が遠のく~

「公立看護専門学校の受験、今から間に合いますか。」
多くの社会人の方が、夏休み前後に、この質問を私に向ける。
常に私の答えは同じ。「この時期からでは」という前提で、
「高校時代の学力に戻すことはできても、それ以上にすることは難しい。」

今、自分がどの「立ち位置」にいるのか。
そこを把握しないと、始まらない。
また「圧倒的現役有利な勝負」に、いかに戦いを挑むのか。
作戦を立てなければ、突破は難しい。

昨日、2名の社会人の方が通塾した。進路について前回考えてくるように話した方たちだ。
2名の進学希望は、短大・専門学校の違いはある。しかし、その中でも
「より確実な選択」をして、そこにチャレンジすることに決めたようだ。
入試から合格発表まで、2校とも短いので、そのあとに次の作戦を立てる。

合格すれば、全く意味のない作戦になる。
しかし、それは「うれしいこと」なのでかまわない。
あくまでもこちらが「次の選択肢を準備する」だけであって、
受験される方は「つかの間の休息」となる。合格してからも準備はある。

受験までの取り組み期間は短い。
数回通塾での入試対策となる。
課題を出し、事前提出し、通塾のサイクルへ。
社会人11月入試に向けて、できる限りのことをする。


  

Posted by 星野 健 at 00:01Comments(0)看護

2016年09月17日

ポケモンGOプラス ~購入は?~


 ~稲荷神社は今日もバトルモード~

近所の稲荷神社は先週末、カイリュウ3体に占拠状態。
しかし、昨日からようやく解消になった。
チーム戦での占拠、他チームの奪還と、
ジムのシステムも、なかなか面白い。

9月16日の話題は、ポケモンGOプラス。
アマゾンでは8時台で売り切れだった模様。
ポケモンセンターでも、当日分は完売の模様。
買った方のレビューが参考になる。


「Pokemon Go Plusで使えるボールの種類は、【モンスターボール】だけ。
モンスターボールの所持数が0の時でも、スーパーボールやハイパーボールへの切り替えなどはないので、
「モンスターボール今のところ、ズリの実の使用はできないようです。
ポケモン出現→モンスターボールで捕獲!の流れのようです。がないとゲット自体できません。」
「不具合なのか、使用なのかは分かりませんが、ポケモンが出現した際に、図鑑に登録されているポケモンしか捕獲できないようです。」

必要感は人それぞれだろう。考えられるのは、
図鑑が完成している人かつ
都会でスポットが多いところにいる人で、
ジム戦をする人には、特に利用価値がある気がする。

  続きを読む

Posted by 星野 健 at 00:01Comments(0)ポケモンGO

2016年09月16日

男性の育休9.5%へ ~国家公務員~


 ~一気に加速~

男性の育休取得が、一気に加速した。
人事院と厚生労働省の公務員が、特に制度を利用している。
仕事と家庭の両立支援関係制度の利用状況調査
http://www.jinji.go.jp/kisya/1609/ikukyu28gaiyou.htm

私が「男女共同参画サポーター」をしている、岐阜市ではどうだろう。
岐阜市役所は情報公開をしているので、わかりやすい。
以下は平成27年までの実績値
http://www.city.gifu.lg.jp/secure/27252/h28tokuteijigyounusisaisin.pdf

男性の育休取得目標値が、平成26年まで「1名」
1名を超えると、達成率が100%という評価だった。
平成27年からようやく、13%以上という目標がつき、
女性活躍推進法の影響もあり、平成32年度までに達成を目指している。
http://www.city.gifu.lg.jp/secure/30428/tokuteijigyounusikoudoukeikaku.pdf

国家公務員のように「一気に伸びる」には、
関係のある部が、率先して育休を取ることになるだろう。
今後の岐阜市役所の状況も、見守っていきたい。
  

Posted by 星野 健 at 00:01Comments(0)男女共同参画サポーター

2016年09月15日

受験勉強に加速 ~リベンジに燃える~

 
 ~質問の内容が、より明確に~

昨日は、第一看護一般受験を、再受験される方の指導。
前年度補欠のリベンジに燃えている。
問題集の質を上げたにも関わらず、
粘り強く取り組んできた。

質問が20問ほどたまり、塾へ。
自分が「どこまでできて、何がわからないのか」
付箋に書いて、明確にしてきた。
おかけで効率よく指導できた。

次は、目標時間付きの演習へ。
ますます受験勉強に加速がついていきそうだ。

  

Posted by 星野 健 at 00:01Comments(0)

2016年09月14日

変わろうとする人に、変わる機会を


 ~芽を出し、花が咲くように~



この記事にあるように、
「変えたい人を変えようとする」
方法は、あるのかもしれない。
でも、そこには無理が生じやすい。

また、同様にこの記事にあるように
「「ある程度成熟した人」を、「第三者」は「変えること」はできません。」
ということだと、やはり私も感じています。
「どの程度成熟したか」は、「年齢でなく感覚で」私の場合は捉えています。

幸い、塾でも、岐阜聖徳学園高校でも、岐阜市医師会准看護学校でも
「変わろうとする人」に多く出会うことができています。
その人に「変わる機会」「変わる環境」を、私もいろいろな人に支えられながら
提供しているだけのような気がしています。

そして、出会った方が
「自分から芽を出し、花が咲く」
よう支援する。
私はそんな日々を、送っている気がするのです。
  

Posted by 星野 健 at 00:01Comments(0)時事

2016年09月13日

期末テストを終えて ~不定期通塾での対応も~


 ~スポーツで忙しい生徒にも対応~

2度目の不定期通塾の生徒に指導。
先回は、1年学年末後に数学を指導。
今回は、2年前期末後での数学の指導。
この半年で、答案づくりが上手になっていた。

それにしても、出題数が多い学校だ。
大問で18問もある。
こうなると、テスト中に「迷っている暇」はない。
さらに生徒にとっては「初めて見る問題」で、難問も2問ある。

数人の先生が各自問題を持ち寄って、
中間・期末テストを作っているらしい。
そうなると、出題数が多くなり
「時間切れになりやすい」テストになる傾向がある。

それに対して、どのように対応するのかが、先回の課題だった。
その課題に対して、十分対応できた答案だった。
能力も意欲も十分。あとはテスト時間での配分の問題だけだ。
平均点が低くなる分、点数を確保できれば成績につながりやすい。

次回のテストでの対策をし、今回の指導は終了した。
ポイントを押さえて伝えたので、きっと次回も対応ができるだろう。
今度はいつ通塾してくるのかはわからないが、
今後が楽しみな生徒の一人である。  

Posted by 星野 健 at 00:01Comments(0)

2016年09月12日

現役有利の推薦入試 ~准看護学生も例外ではない~


 ~ストレーターに有利~

単願・併願を含め、推薦入試決定の時期に。
何といっても、現役学生は有利。
指定校推薦・学校推薦・公募推薦など、
社会人とは比べ物にならない募集機会と募集定員がある。

それに対して、社会人単独の募集は「若干名」が主流。
公立津島看護学校のように、社会人を先に募集するところはレアだ。
http://www.city.tsushima.lg.jp/shisetsu/kangosenmon/nyuugakuannai/h29youkou.html
(平成29年度津島市立看護学校・募集要項)

准看護学生も例外ではない。

<この記事は加筆し、有料noteへ移行しました>



  

Posted by 星野 健 at 00:01Comments(0)時事

2016年09月11日

大垣准看卒業生からの入塾相談


 ~岐阜市医師会看護学校の受験も考えている~

大垣准看護学校卒業生の入塾相談。
社会人推薦・一般受験いろいろな方法を考えている様子。
岐阜市医師会は30%程度、大垣市医師会は50%程度が
「推薦入試」で合格者が決まる。

社会人推薦の場合は、入学することが条件。
http://www.city.gifu.med.or.jp/kangoshi/entrance/admitting.html
http://www.ogaki.gifu.med.or.jp/content/kansen.hp/page/DL-PDF/suisen29.pdf
一校に絞ることとなる。

一般受験の場合は、複数受験が可能だ。


<この記事は、加筆して有料noteへ移動しました>  

Posted by 星野 健 at 00:01Comments(0)看護