2017年04月30日

とんでもない1日 ~連休初日~


 ~自然は美しいのに…~

折角の連休初日も、いやなニュースから始まった。




朝からの政府会見、空母の位置情報。


どんな一日になるのか、不安だった。


天候も急変。寺川さんの指摘が役に立った。


今日は「落ち着いた一日」になることを願う。  

Posted by 星野 健 at 00:01Comments(0)雑記帳時事

2017年04月29日

GW中に、忘れないために… ~自分メモも兼ねて~


 ~「日常が失われる」感覚~

GWがはじまる。
非日常を楽しむ時期。
しかし、忘れてはならないことがある。
「日常が失われる」可能性があることを。




北朝鮮問題について、25・27日には憶測が飛んだ。
外交努力の報道は少なく、危険・不安・対処の報道が多かった。
その間に、共謀罪などの審議が断続的に進む。
個々人の生活に踏み込む法案が、次々と。









  

Posted by 星野 健 at 00:01Comments(0)雑記帳時事

2017年04月28日

岐阜聖徳学園高校夏季学校見学会の準備


 ~今年も看護講座を開きます~

岐阜聖徳学園高校にて、夏季学校見学会の案内を入力した。
今年も例年通り、2時間続きの講座を開講することに。
前年度も100名以上の方に参加していただき、
過去6年の講座で1000名を超える方に、話ができた。
http://nyoki.mino-ch.com/e30775.html

前年度は、大幅に話す内容を変えた。
http://nyoki.mino-ch.com/e30682.html
今年は「未来の働き方」を軸に、話をマイナーチェンジ予定。
http://nyoki.mino-ch.com/e32323.html

この連休中に、資料整理しレジメ第一案を完成させる予定。
「伝える工夫」をそこから考えていく。
今年の夏には、教員免許更新もある。
急がねば…
  

Posted by 星野 健 at 00:01Comments(0)岐阜聖徳学園高校時事

2017年04月27日

世田谷でのプロジェクト ~シングルマザー専用下宿~


 ~リフォーム費用をクラウドファンディングで~

気になる記事を見つけた。


記事だけでは伝わらない部分を、
クラウドファンディングで確認した。


シニアを1階、2階をシングルマザーに。
弱い共同体が、互いを支えあう。


ひとり親の支援方法が多様化してきた。
国、自治体、民間が動くことで状況は変化する。
現在、塾もシングルマザー看護奨学生を募集中。5月15日まで。
http://nyoki.mino-ch.com/e36435.html
  

Posted by 星野 健 at 00:01Comments(0)時事ひとり親支援

2017年04月26日

鶏肉と豆のトマト煮 ~決め手は『むすぶ農園・加熱用トマト』~


 ~野菜の重ね煮を利用して~

日曜日、大垣『はびりす』さんからの帰り道、
むすぶ農園に立ち寄る。
加熱用トマトを手に入れるためだ。
https://readyfor.jp/projects/musubufarm/announcements/48276

Readyforのクラウドファンディングで知ってから、
大垣方面に行くたびに、立ち寄ることにしている。
過去にもスープ・バスタソースとして利用させてもらっている。
http://nyoki.mino-ch.com/e32495.html

今回は、先日お店で食べた「タコと白いんげんのトマト煮」を参考に、料理づくり。
フランスパンにつけて食べることのできる形に仕上げる。
入れる野菜は、重ね煮で別の鍋で作っておく。
http://www.toneri-mina.com/whats.html

鶏モモ肉の皮を取り、一口大の大きさに切り、小麦粉を表面につける。
オリーブオイルをフライパンに入れ、焼き色が付くまで焼く。赤ワインを入れ、アルコール分を飛ばす。
つぶした加熱用トマトを入れ数分煮込み、缶詰の「そのまま使える三色豆」を投入。数分煮込む。
その後、重ね煮の野菜と出てきた水分を入れ、10分程度煮、塩・黒コショウで味を整えて完成。

店で食べた料理と比べ、トマトの差が出た。
缶入りトマトで感じる「カド」が、加熱用トマトを使うと全くなく、「やさしい味」となる。
加熱用トマトのレシピが、また1つ増えてよかった。
  

Posted by 星野 健 at 00:01Comments(0)雑記帳料理

2017年04月25日

進学ガイダンスはじまる ~本日は美濃加茂にて~


 ~社会人・既卒者・保護者の参加も可~

オープンキャンパスの前に、情報を得る機会があります。
さんぽうが主催の進学相談会が始まります。まずは美濃加茂から。
岐阜会場は4月26日(水) 十六プラザ2階で15時45分から18時30分まで開催されます。
http://www.sanpou-s.net/search_event/event_img/28801/28801_event_pdf.pdf

岐阜会場では、岐阜県内の学校だけでも、多くの担当者と話をするチャンスがあります。
岐阜聖徳学園大、岐阜県立看護大、朝日大、中京学院大、中部学院大、
大垣女子短大、平成医療短大、厚生連看護専門学校
他県も含めると、さらに増えます。

前後して、美濃加茂・多治見・郡上・大垣でも開催されます。
http://www.sanpou-s.net/search_event/event_img/28809/28809_event_pdf.pdf
http://www.sanpou-s.net/search_event/event_img/28816/28816_event_pdf.pdf
郡上はpdfなし。5/16(火)16:30〜18:30 郡上市総合文化センター(2階 多目的ホール)

自宅近く、または学校・勤務先から会場へ是非足を運んで下さい。



  

Posted by 星野 健 at 00:01Comments(0)看護時事

2017年04月24日

とんでもない一週間だった ~GW前にさらに加速か~


 ~花や木々は美しい時期~

自分メモを兼ねて、今週の気になる記事をまとめておく。
現状は、ここからはじまった。


そして今週金曜日、政府から出されたのは…




共謀罪も…


そして、権利と義務について。




この一週間も、注目。


  

Posted by 星野 健 at 00:01Comments(0)時事

2017年04月23日

楽しみな出会い ~大垣『はびりす』さんを訪問~


 ~何かが生まれる予感~

『はびりす』理事・酒井さん立ち合いの元で、
『はびりす』さんスタッフの方々と、私たち家族との出合いが。
これから何が始まるのかが、楽しみ。

私たち家族に出来ることを、『はびりす』さんでやっていくことになった。

スタッフの方々は個性的。
しかも明るく、誰でも受け入れられる雰囲気。
話し合いは終始和やか。
こんな時間をこれから共有できることは、ありがたい。

私たち家族が、それぞれができることをする。
そこからまた、何かが生まれる予感。
https://www.facebook.com/SekigaharaProject/
  

Posted by 星野 健 at 16:22Comments(0)雑記帳時事

2017年04月23日

願成寺古墳群美術展 ~本日、作家による説明会~


 ~土川商店のギャラリー 酒井稔さんの作品も~

昨日、池田町の土川商店を訪ねました。
私の塾家の設計士、酒井稔さんが作品を展示されています。

3つの「泥団子」が、ギャラリーの雰囲気合っている気がしました。

ギャラリーは古民家をリノベーションされたもの。
中には、昔の道具も並んでいます。

懐かしいもの、見たことのないものに触れ、そのほかの美術作品にも感動。

店のある前の道。
登っていくと熊野神社があり、
その前には小学校。
なにか、昔に戻ったような錯覚に…

今日は、
『10時からワークショップ、12:30から古墳レクチャー、14:15から作品説明会』とのこと。
飛び入り参加もできるそうです。
天気も良さそうなので、ぜひ足をお運びください。
https://www.facebook.com/ganjyoujikofun/
  

Posted by 星野 健 at 00:01Comments(0)時事旅行記

2017年04月22日

第一看護も視野に ~看護師を目指す愛知県男性~


 
愛知県から塾に通う男性の指導。
看護師を目指している。
愛知県内だけの受験だけでなく、
岐阜県内の学校も視野に入れている。

塾に通うきっかけは、岐阜の准看護学校受験。
自宅で解いた問題集の出来はいい。
1年かけてじっくりと取り組む期間がある。
第一看護受験も視野にできそうだ。

愛知県には、公立・私立多様な看護学校がある。
受験科目を絞り込んで、複数校受験することも可能だ。
第一看護受験後に、岐阜の准看護受験でも間に合う。
これからのオープンキャンパスで、受験校を決めたい。  

Posted by 星野 健 at 00:01Comments(0)看護

2017年04月21日

「学び」の多様性 ~「既存」に合わせるだけでなく~


 ~集団教育での「学び」~

「社会のニーズ」に対して、育て上げる集団教育。
AIとの共存。「人の仕事」がこれから変化する時代。
今まで通りの教育は、やがて通用しなくなる。
アクティブ・ラーニングが、集団教育では突破口。

しかし、集団教育だけが「学び」ではない。
それが「トップダウン」だとすれば「ボトムアップ」の教育もあるだろう。
ハビリスさんのFBから。是非、動画を見てほしい。


岐阜にも、そんな教育を始めている学校もある。
http://www.u-upkoutougakuin.net/
「自ら学びを求める」生徒にとって、
個々に応じた教育が受けられるだろう。

時間に合わせて動く必要性。
テストの必要性。
カリキュラムの必要性。
…本来の「学び」とは、無縁であっていい。

例えば、図書館での本との出会い。
何気なく手にした本の中に、今までとは違った世界がある。
読み、立ち止まり、自分の中にある価値と比べたり、さらに調べたくなったり…
これも「学び」である。

「学び」は、若い時期だけではない。
坂本龍馬のように、遅い時期に「学び」が始まっても変わる人もいる。
教えている准看護・第二看護受験生の中には、50代の人もいる。
いつでも意欲があれば、学ぶことはできる。

教育を終え仕事に就いた若い人は、どのような状況なのだろうか。


「若年単身女性の貧困」は、最近話題にもなっている。
「学び」の根底に「貧困からの回避」が、あるかもしれない。

せっかく今まで「頑張って獲得した仕事」を、
簡単にやめるわけにはいかない。
そのため仕事に忙しく、学ぶゆとりもない。
ましてや「世の中のことを考える」余裕もない。

このような現状で、教育の出口が、社会への適応のみとなれば、
大人になり「再び学ぶ」ことに対して、どんな思いになるだろう。
また、自分の子供に「学びとは…」を、
どのように伝えるのだろう。

既存のものを、疑ってみる。
ここからも「学び」が始まる。  

Posted by 星野 健 at 00:01Comments(0)雑記帳時事

2017年04月20日

タカシマヤ タワーゲートモールへ ~開業3日目~


 ~チャンスを生かして~

水曜日は高校の授業が3時間目で終了。
午後に時間の空きができた。
17日月曜日オープンのタカシマヤ ゲートタワーモールへ行くことに。
https://www.jr-tgm.com/

午後3時過ぎ到着。
地下エレベータ入口は混んでいた。
隣りの「キッテ」のエレベーターから2階へ。
2階は大名古屋ビルヂングのオープンを思い出すほどの混雑ぶり。

2階には可愛い雑貨がある。
特に、飼っていた猫にそっくりな貯金箱は気になった。
そして7階へ。同行者が希望した限定グッズを見に行く。
http://www.san-x.co.jp/blog/store/2017/03/2017-4-17-7.html

アクリルスタンドと同じ絵柄の限定グッズがある。
しかも1人1点限りの限定販売。
23日までの販売らしい。
コリラックマファンには、嬉しいデザインだろう。

8階の三省堂書店は、種類が豊富で見やすい。
エレベータ-付近にベンチがあり、ゆっくりもできる。
トイレ前、トイレの中にも本が…。
手洗い場の配置も、他に類を見ないので必見。

エレベーターはどれも混んでいる。
渡り廊下を通り、タカシマヤのエレベーターを使うと空いている。
同様に飲食店も、新しいところは混雑している。
仕方なく、キッテで気になっていた店に行くことに。

クッチーナイタリアーナ・ペルアデッソ
https://r.gnavi.co.jp/f9wwrx7c0000/menu1/
東海地方の食材を使った、イタリアンだ。
「三河ダコと白インゲン豆のトマト煮」は、自分でも作ってみたい。

印象に残ったのは、クアットロ・フォルマッジョ。
手際よく作られた薄焼きピザとチーズのバランス・焼き加減がいい。
出来立てが運ばれ、500円食べ放題の切りたて生ハムを載せて食べる。
ガス入り水を飲みながら、口の中をさっぱりさせてまた、食べる。実に美味しい。

今回は4フロアしか見れなかった。
また、時間のある時にじっくりと見て回りたい。  

Posted by 星野 健 at 00:01Comments(0)雑記帳料理時事

2017年04月19日

「塾・ほしの」が経済的である理由 ~家庭教師の経験から~

守り抜く 何があっても
 ~診療所のように、誰もが通いやすく~

1時間8000円+交通費でも、私は家庭教師を引き受けていません。
『塾と同じ内容』を家庭に訪問して行ったとしても、
「互いに負担が大きくなる」ことが、経験上わかっています。
前後の保護者との話の時間、自宅訪問時間…それが無ければ費用負担はかなり減るのです。

教材についても同様。中学受験を除けば、かつてとは違い、
市販の教材の質が上がっています。わざわざ塾専用のものを使う必要はないのです。
さらに求めてネットで学べば、ある程度の知識を得ることも出来る時代になりました。
ましてや「学校の副教材で手一杯」なら、そちらを優先した方がいいに決まっています。

『わからないときだけ、質問したい』
『定期的にチェックをしたい』となれば、
「個人塾の役割」は、町医者の病院に変わっていくのでしょう。
つまり゛診療所゛であればいいのです。

診療所が医師一人の所が多いように、
私の塾は「私一人」が教えています。
個人指導塾は「非正規依存」である現状。


何時でも「同じ人に」教えてもらうことは、厳しいようです。

健康な時には必要がない。健康相談だけしたい。
➡わかっているときには、塾に通う必要がない。進路・学習相談のみで通う。
不安なので、月ごと・週ごとに定期検査を受けたい。
➡曜日・時間を決めて、塾に通う。

「通いたいときに、通いたいだけ、通う。」…それでいいと思うのです。
そのため「塾・ほしの」に通う方は、経済的負担は「個々に合わせて」抑えることができるのです。
費用計算もシンプルにしました。10時間目までは1時間4000円。11時間目から3000円。
入会金・教材費・諸費用・その他の費用も、消費税さえも「ない」のです。

健康な時・不安がない時まで、『時間とお金』をかけて、診療所に通う人はいません。
ましてや、検査以外で「入院」することもありません。
通いすぎることで「かえって健康を損なう」ことを、誰もが知っているからでしょう。
今の時代、個人塾に通う時も同様。そのため私の塾は『ネット予約』にしているのです。

普段は自分で勉強し、わからないときに質問に来る。
それが「自分のベース」で、できるのです。
年齢、学校に通っている・通っていない、学生・社会人…どなたでもOKです。
「学びたい」意欲がある方、相談したい方は是非、塾を利用してください。  

Posted by 星野 健 at 00:01Comments(0)雑記帳ひとり親支援

2017年04月18日

看護受験相談 ~現在たまたま、岐阜に住んでいる方~


 ~多い選択肢から看護師を目指す~

日曜日での看護受験相談。
10月まで岐阜で働き、その間に勉強しながら
今年度の入試を目指すことも考えている。
岐阜県の看護受験状況について、前半は話をした。

理系であったこと、数Ⅲ・Cまで勉強して文系に転じたことを後半に聞いた。
大学入試は英・数・国で受験したとのこと。しかも卒業もされている。
単位認定の可能性がある短大・看護学校の受験が、十分できそうだ。
さしあたり「頭を高校時代に元に戻す」ことが、大切だ。

こういう時は、まずは慣れることから。
英・数は「見て思い出す」ことからスタート。
書くことより、効率がいい。
それから、正確に再現できればいい。

それにふさわしい参考書・問題集を使うことにした。
ハキハキして、初対面の私ともいいコミュニケーションがとれる方だった。
いいスタートをきって、是非、看護師を目指してほしい。
受験相談のみしたい方は、下記入口から。
RESERVA予約システムから予約する  

Posted by 星野 健 at 00:01Comments(0)看護

2017年04月17日

名古屋医専オープンキャンパス開始 ~4月23日~


 ~AO入試は5月から~

2018年度入試に向けて、動きが。
毎年のように、名古屋医専はオープンキャンパスが早い。
AO入試相談会は先週土曜日から、体験入学は今週日曜日から開始。
https://www.isen.ac.jp/nagoya/apply

特に助産学科は定員が80名。
他の学校より、募集人員も多い。
費用面は他校よりかかるが、給付金対象者の場合はその差は少なくなる。
https://www.isen.ac.jp/nagoya/enter/scholarship

他校の見学がまだ始まっていない時期。
早めに、学ぶ雰囲気を感じることも大切。
ネットでの申し込みも便利。
まずは、1校。見ておいて損はない。  

Posted by 星野 健 at 05:15Comments(0)看護時事

2017年04月17日

【4月18日追記】この1週間が「歴史になる」か…


 ~法への意識から、人への意識へ~













教育が「学校で教えていること」と、
現実が、あまりにも違いすぎる。
しかし、現実から目を背けてはいけない。

メディアに対する信頼性も、失われていく。




何を信じ、どう判断するのか。
個々人に任せられていく。
「自己責任」の名のもとに。






同じ時に、メディアコスモスで、
私も映画を見ていた。
http://nyoki.mino-ch.com/e36579.html

  続きを読む

Posted by 星野 健 at 00:01Comments(0)時事

2017年04月16日

早速の返事に感謝 ~シングルマザーの会の方から~


 ~ココロ休まる場所に~

昨日、メディアコスモスで映画を見た後、
いろいろなチラシを貰ってきた。
メディアコスモスにはいろいろな情報が集まっている。
パンフレットを貰うのも、楽しみのうちの一つだ。

その中で気になるパンフレットを発見。
シングルマザーのお茶会をされている方のものがあった。
そのパンフレットの裏に書かれている言葉に感動した。
また、私がシングルマザープロジェクトを始めたきっかけとよく似ていた。
https://readyfor.jp/projects/KANGO
https://readyfor.jp/projects/KANGO2016

そこで、メールを送ることにした。
内容は、今回のプロジェクトについて。
http://nyoki.mino-ch.com/e36435.html
そのお茶会メンバーの方で、チャレンジしたい方がいるかもしれない。

1時間ほどで返事が来た。大変、ありがたい内容だった。
短時間にこれだけのことをしていただけるとは、頭が下がる思いだった。
「想いを持って動かれる方」との連携は、やはり大切だと感じた。
そして、私ができることはこれからも出来る限り続けたいと、強く思った。  

Posted by 星野 健 at 13:47Comments(0)時事ひとり親支援

2017年04月16日

海洋天堂 ~映画との出会い・人との出会い~


直野さんFB記事をきっかけに、映画を見ることに。

映画の前に、同行者と共にパネル展示を見た。
自閉症だけでなく、発達障がいについて学ぶことができた。
また、支援している団体も参考になった。
そして、映画の会場へ25分前に移動した。

映画の前に2人の方と話をした。1人目は声をかけられた。
中学の同級生てあり、准看護学校での「教え子」という縁の方。
現在、とある病院で勤務をしておいでだ。
その方もこの映画に興味を持ち、偶然に出会うことになった。

もう1人は、私の方から声をかけさせていただいた。きっと「今日、出会える」と思っていた方だ。
私が中学で担任をし、その後准看護学校でも教えた生徒の「勤務先の社長さん」だ。
話しかけてよかった。教え子は本当に良い方のもとで働いている。
「思い」を持ってやりがいを求める彼にとって、とてもいい環境だと感じている。

映画を見た。泣くつもりだったが、予想以上に泣けた。
http://www.crest-inter.co.jp/kaiyoutendo/
「先立つ父親」の「残していく子」に対する感情に、共感。
脚本・音楽がすばらしく、感動を呼ぶ。

映画終了後、声をかけた方から、今度は声をかけられた。
私の教え子の上司にあたる方を紹介していただいた。
以前、その方のブログを拝見させていただいて、
その行動力には驚かされた。教え子は、恵まれている。

映画自体も良かった。
映画を見に行くことで交流できた方々も、印象的だった。
会場へ行ってよかった。
岐阜市障がい福祉課の方々にも感謝。来年もぜひ参加したい。  

2017年04月15日

2017年度 シングルマザー看護奨学生募集延長 ~5月15日まで~


 ~クラウドファンディングは7月からの予定~

2015・2016年度と2年連続でクラウドファンディングが成立し、
この「シングルマザー看護奨学生」制度がスタートしました。
この制度を利用して、14名の方が「看護への道」を歩み始めることになりました。
(公立看護学校2名・公立第二看護学校2名・医師会第二看護学校4名・医師会准看護学校6名)



奨学生は公募により、5月までに決定。クラウドファンディングReadyforが成立の場合に限り、
8月4日までの初期費用を除き、授業料・教材費など塾で支払う費用免除で通塾出来ます。
2018年2月5日まで、支援いただいた時間だけ、自分の都合に合わせて、塾に通うことができます。
すべて個人指導となります。お子様と一緒に通塾も可能です(お子様の費用も不要です)。


【応募必要条件】
・シングルマザーの方で、支援がないと通塾が困難な方
・2017年10月~2018年2月に、准看護・看護学校・第二看護学校を受験する方
・クラウドファンディングReadyforでの支援活動に、支援協力していただける方
 (具体的な協力条件については、申し込み画面でご確認ください)

上記の条件が満たされ、奨学生を希望される方は
下の入口からご予約下さい。
RESERVA予約システムから予約する
申し込みは5月15日まで、5月31日までに面接完了となります。

シングルマザーの方で、看護を目指したい人にも
是非、紹介して下さい。
多くの方が「夢」を叶えています。  

Posted by 星野 健 at 00:01Comments(0)看護ひとり親支援

2017年04月14日

5月からの定期通塾 ~小・中学生~


 ~学校・進学塾に慣れた頃から~

私の塾は、ネット予約ができます。そのため、
高校生・社会人の通塾がしやすく、不定期通塾も多い状況です。
同時に私の塾には、定期通塾される方もいます。主に中学・高校受験生。
毎年5月から翌年1月、または2月までの9~10か月間の定期通塾が多い状況です。

定期通塾は毎週「曜日・時間帯」を決めての通塾となります。
そのため受験生がいない3.4月は「予約がしやすい」状況でした。
5月の連休明けから「曜日・時間」を指定しての「定期通塾」が増えてきます。
連休・学校行事も終わり「定期テスト」を意識し、内申対策に入るためです。

特に「平日・19時から21時の時間帯」が、ネット予約しにくくなります。
中学生が部活動終了後、夕食を済ませて塾に通いやすい時間帯なのです。
週1回2時間連続、週2回1時間ずつなど、それぞれ自分のペースで通います。
「他塾との併塾」の方も少なくありません。

「高校受験のためだけ」に通う方もいます。
普段の勉強は「平日」で、行い、
週末に「曜日と時間」を決めて通っている方もいます。
もちろん、普段の勉強についての質問もできます。

また中学受験のため、週末に「名古屋の予備校」に通う方も、平日に私の塾に通っています。
平日に「予習」をして、わからないところを私の塾で質問するのです。
こうすることで、平日に名古屋まで行く負担が減ります。
夕方4時半~6時半に通う方もおいでです。

入塾相談は4月中でも可能です。
RESERVA予約システムから予約する
特に人気の平日・19時~21時に通いたい方は、
早めの申し込みをお勧めします。

猫が苦手な方は、遠慮なく言ってください。
個人指導中は、教室内に猫を「入れなくすること」も出来ます。

  

Posted by 星野 健 at 00:01Comments(0)