2017年11月30日

「お子様との通塾」も出来ます ~看護受験のための通塾~



問題提起に対し、相手の選択肢を自分の中に取り込むこと。
それが『思いやり』になるのでしょう。


多くの選択肢を持ち、時に応じて対応していく。
塾でも『アップデート』は、常に考えるようにしています。



曜日・時間・回数・その間のお子様のこと…親が看護受験をする場合でも
制約を取り払えば塾に通い、学ぶことはできるのです。
さらにネット予約により、通塾はますます便利になりました。
『塾・ほしの』は、自分の都合に合わせて通うことができるのです。 

一緒に学ぶことも

フリースペースで過ごすことも

親子同時指導も

全て可能です。
お子様の費用は、一切かかりません。
  

Posted by 星野 健 at 00:01Comments(0)看護ひとり親支援

2017年11月29日

県衛生特別入試結果報告 ~第一看護~


 ~一度だけ受験相談をされた方~

本日、塾にわざわざ来て頂き合格報告が。
1度だけ受験相談をさせていただいた方からだ。
県衛生特別入試で衛生看護科に合格とのこと。
おめでとうございます!!

相談時に、面接についてのアドバイス
県衛生入試で使える問題集の紹介などをさせていただきました。
入試まで学校の勉強とともに頑張り、
今回の結果に結び付いたようです。

現役高校生は、様々な受験機会に恵まれ有利なことは確かです。
しかし、12月までの「前半の入試で」1校決めておかないと、
1月からの一般入試に立ち向かうことも、厳しくなります。
同時に、最後の学年末試験まで成績のこともあり、気が抜けません。

特別入試のように
「年内に第一志望合格」となれば、
それに越したことはないのです。
本当によかったですね。


  

Posted by 星野 健 at 20:57Comments(0)看護2017~18年度合格状況

2017年11月29日

岐阜県衛生第二看護 公募・指定校入試結果


 ~今年も合格者が複数~

昨日、岐阜市医師会准看護学校へ授業に行きました。
その時に、教えていた県衛生第二看護公募・指定校入試受験生から挨拶が。
複数の方が合格していました。おめでとうございます!
うち1名は看護奨学生として塾にも通いました。

今回の受験も例年通りの難易度。
国語・数学は第一看護と同じ出題でした。
准看護受験生は高校入試程度の勉強で入学しているので、
久しぶりの高校国語・数Ⅰ・Aでの受験となりました。

また、出題内容も最近では新課程となり、
現役高校生にアドバンテージがある状況。
准看護学生は実習中の土曜日を返上しての受験対策を受講し、
30時間の講座を通して、数学を頑張りました。

そして見事合格。
これからは資格試験勉強に打ち込めますね。
これで、今年度塾での指導をした方のうち8名が進路決定となりました。
ブログカテゴリー『2017~18年度合格状況』で、まとめました。
  

2017年11月28日

日本福祉大学看護学科 一般推薦入試結果


 ~現役職業科高校生・男子の挑戦~

現役職業科高校生・男子塾生から今朝メールが。
日本福祉大学看護学科 一般推薦入試で合格とのこと。
おめでとうございます!
これで看護師への道は確保できました。

振り返ると、取り組み期間は短い状況。
http://nyoki.mino-ch.com/e42754.html
職業科高校であること、男子であることを考慮すると、
この併願推薦で決めておきたいところでした。

予想以上に受験生は多く、
募集人数10名に対し、受験者は54名。
https://www.n-fukushi.ac.jp/ad/admissions/data/2018/suisen/index.html
合格者32名の中に入ることが出来ました。

この状況、置かれた環境の中で、よく頑張りました。  

Posted by 星野 健 at 07:44Comments(0)看護2017~18年度合格状況

2017年11月28日

羽島市医師会准看護学校 推薦入試合格発表


 ~2年連続、社会人からの合格~

社会人塾生からメールが。
羽島市医師会准看護学校での推薦入試で合格とのこと。
おめでとうございます!!
これで、2年連続の社会人での推薦合格となりました。

入試の手ごたえはありました。国・数・社で70分の試験。
国語・数学は例年より難しくなったようです。
それでも粘り強く問題に取り組めたようです。
社会の出来が良く、その後の小論文も書けたようです。

家庭学習が充実していたので、
塾では勉強のアドバイスと弱点の補強がメインでした。
予定通塾回数よりも少ない通塾で、
合格することが出来ました。

これで今年度6人目の合格者となりました。
合格された方は、4月からは生活が大きく変わります。
今まで関わりがあった方々との別れ、入学準備…忙しくなりますね。
新しい出会い4月は「あっと言う間に」来ることでしょう。今の時間を大切に。

  

Posted by 星野 健 at 00:01Comments(0)看護2017~18年度合格状況

2017年11月27日

水なしトマトカレー ~むすぶ農園のトマトで~


 ~トマト2袋から出る水分だけで~

休日、むすぶ農園に立ち寄る。
https://www.youtube.com/watch?v=7Q5mAcT39RA
今回は複数の料理のため、4袋購入。
うち2袋は水なしトマトカレーに。

本屋で立ち読みしたカレーの本。
タマネギとトマトを炒め、カレー粉を入れ、
ブイヨンと水でつくる。
そのブイヨンと水はなくても、むすぶ農園「ノブナガレッド」と使えば、十分においしい。

あとは、好きな具材を入れて煮るだけ。
時間があったので、休日に作り本日食べる。
あと2袋はスープにする予定。
トマト料理は飽きない。  

Posted by 星野 健 at 18:52Comments(0)料理

2017年11月27日

予約が取りにくくなります ※12月19日まで


 ~12月20日以降の予約枠増のため~

本日、11月27日(月)~12月19日(火)までは塾の予約できる時間帯が減ります。
通年の休みや、私の都合を前倒ししたため
准看護学校での授業期間と重なりました。
そのため予約が取りにくくなります。

特に遠くから通われる方の「2時間続けての予約」が、
困難になります。早めの予約をお願いします。

今年度は、クリスマス期間の休みを前倒しにしました。
加茂准看など遠くの准看護学校に通う学生さんから、
「クリスマス期間から年末までに、塾に多く通いたい」
という要望があったためです。

ですのでその分、年末年始の時間枠が増えています。
通塾時に時間数分前払いをすれば、連続予約も可能です。
自分の都合のいい時間帯を複数予約たい方は、
上手く利用してください。







  

Posted by 星野 健 at 00:01Comments(0)

2017年11月26日

物理基礎を教える ~高校中間対策で~


 ~突然の質問~

テスト前に不定期通塾をしている高校生から質問が。
高校生は原則、数学・小論文の指導をしているが、
SPIの問題・就職試験対策など、相談に応じて行う場合もある。
今回は中間テスト直前での『物理基礎』の質問だった。

物理はどの教科よりも平均点は低い。
公式は少ないが、その活用の仕方のイメージが持ちにくい。
また『学ぶ順番』と『問題を解くイメージ』は、
数学応用問題と同様、逆となる。

数値計算の元となる多くの与えられる数値。数学より多く『割合』を表わす係数もある。
物理が苦手な方は、それを何に使い、どのように処理するのかが見えてこない。
数学のように問題に解き慣れていないので、公式暗記も弱い状態。
そして、物理から離れていく。

内容は熱力学を中心としたエネルギーの移動。
等式をまず言葉で組み立てて、方程式のイメージをつくる。
その上で「数値になる部分」と「求める部分」を、それぞれ公式に代入する。
あとはそれを解けば、終わりだ。

その塾生は、学んだことを自分の言葉で反芻する癖がついている。
違っていれば、私はその時々に修正を加える。
そして、イメージを「言葉の式」に置き換え、数値・文字式を当てはめ、
方程式にしていくことができた。1つのイメージができれば、他の問題に応用が利く。

物理とは『そんな学びなんだ』と、塾生は理解したようだ。
きっとこれからの学びは、楽になるだろう。
内容の濃い1時間となった。
論理的思考は、物理でその力がより強固なものとなる。  

Posted by 星野 健 at 00:01Comments(0)

2017年11月25日

冷凍食品も美味しくなった ~簡単にバスタパエリアソースづくり~


 ~包丁なしで~

パスタパエリアをつくるために買い物に。
細かいカットタマネギが安売りとなっていた。
「包丁なしクッキング」で、ソースづくりを思いつく。
冷凍食品、トマト缶を買い時短ソースづくりをする。

オリーブオイルにチューブ入りニンニクを入れると、すぐ香る。
次にカットタマネギを炒めるが、細かいのですぐ焼ける。
冷凍ミックスベジタブルを入れ、水分を飛ばす。これも意外に早い。
最後に貝入り冷凍シーフードミックスを入れ、溶かす。終わり。

あとはトマト缶を入れ、塩・こしょう・タカノツメで味を調える。
それなりに味が整うので、これもいける。
冷凍食品と缶詰でも、時短でまずまずのソースとなった。

パスタパエリア用『フィデウア』とソースを絡め、沸騰した湯を少しずつ入れ10分弱煮て完成。

ミックスベジタブルのコーンの甘味が、
食べているときに口の中に広がる。お子様に受けそうだ。
でも、私にはこの甘味は強すぎる。
そこで自分の皿に、サテトムを入れ味を変える。

エビ味ラー油・ベトナム風で辛さがアップ。
少量入れると、絶妙な美味しさとなった。
次回は煮るときに、混ぜてみることにする。
いろいろ試して良かった。  

Posted by 星野 健 at 20:20Comments(0)料理

2017年11月25日

『プログ掲示板』開始 ~塾の前にて~


~寺の掲示板をヒントに~

気になるツイートが。


私の場合に置き換えてみる。
寺報(寺院広報紙)がこのブログだとすれば、
「伝道掲示板」「定例法座」を私は行っていない。

確かに、この掲示板はインパクトが強かった。
『悪魔の言葉』を寺の掲示板に貼る大胆さ。
そして、そこに込められている意図を探るのが楽しかった。


『求めて見る』のがブログだとすれば、
『何げなく見てしまう』のが掲示板なのだろう。
私も講師をしている高校入り口の掲示板を、
通るたびに何となく見ている。

この「掲示板」を塾でもやってみることに。
インパクトを求めるのではなく、ブログをそのまま貼ることにした。
字は小さくても『毎日発信していること』だけでも、
まずは伝えてみよう。  

Posted by 星野 健 at 00:01Comments(0)時事塾「24時間ネット予約」

2017年11月24日

平成医療短大も四年制化へ ~岐阜県内看護系短大が消える~


 ~シングルマザーの選択肢がまた狭く~

前年度、シングルマザーで看護職を目指す方に朗報があった。
高等職業訓練促進給付金の上限が36ヶ月となった。
今まで、2年だったため准看護学校への進路だけを考えていた方が、
前年度から看護学校3年過程、看護短大を狙えるようになった。

しかし、今年度厳しいニュースが流れている。2校は2019年に、
県内看護短大3校すべてが数年内に四年制化するとのこと。
以下『岐阜新聞web』11月23日の記事
http://www.gifu-np.co.jp/news/kennai/20171123/201711230939_30993.shtml
『平成医療短大看護学科の数年以内の四大化を検討している。』

もし、2校が先行して四年制化すれば、
平成医療短期大学は新卒高校生の人気が、さらに高まるだろう。
また、公立・私立の看護学校3年過程の厳しさが増すことが予想される。
勉強だけに専念できないシングルマザーにとって、社会人入試のハードルが高くなる。

かと言って、四年制大学に進学することは費用的にも厳しい。
1年多く通うことで給付金が打ち切られ、学費は払い続けることになる。
たとえ社会人入試で合格できる状況だとしても、進学をあきらめる方が大多数となるだろう。
再び准看護から第二看護学校への進路へと、来年度からは変えていくことになるのかもしれない。

今年、短大が狙える方は今のうちに。
さしあたり、それしか言いようがない。




  

Posted by 星野 健 at 00:01Comments(0)看護

2017年11月23日

准看護受験もラストスパートへ


 ~PTAの仕事が忙しく~

「ここのところ、勉強ができていません」
久しぶりに通塾したシングルマザー看護奨学生の言葉。
働きながらの通塾、自宅学習が大変なことはわかる。
それ以上にPTAの「次の役員探し」が大変な状況だという。

PTAの役員は、後で苦労することがないように
低学年のうちに早めに引き受けた人もいる。なので、
学年が上がるにつれ、次の引き受け手を探すのが苦しくなる。
本部役員も同様。見つからないと「引き続き」という場合もある。

探し始めたら、探し切らないと同様の苦労が来年も続く。
准看護学校入学後に続くのは、厳しくなる。
なので今、頑張って探しているのだという。
時間があれば「受験勉強に専念したい」時期なのに…

それでも少しずつでも、
たとえ塾に来た時だけでも、
「やらないよりはまし」である。
「やっていない自分」よりは、力はついている。

ジレンマはこれからも続くかもしれない。
しかし、焦ってはいけない。
あきらめてもいけない。
出来ることを1つづつ。


  

Posted by 星野 健 at 00:01Comments(0)看護ひとり親支援

2017年11月22日

傾聴で使う国語 ~フィンランド・メソッドをヒントに~


 ~慮る力~

傾聴で使える国語とは。
それを鍛える方法とは。
看護学校で教える以上、
それを意識し続けてきた。

方法を探した。
なかなか見つからない。
どこから始めるのかを見つけ、
どのように普段から意識させるのか。

前年度から、フィンランド・メソッドと
具体から抽象への「表現」を組み合わせた
オリジナルな教材を作りたいと、私は模索してきた。
そして、去年からなんとなく形にできた。

ヒントとなったのは、吉田武『虚数の情緒』という本。
中学生から読める、日本で唯一の初学書であり、独習書だ。
http://nyoki.mino-ch.com/e28298.html
その121ページからの引用を学生に紹介する。
「選択肢」は「頭の良さ」だとか「勇気」だとか「信念」などという、どうにも定義のしようがないものに、
若干(じゃっかん)の説明を与える。すなわち
「頭が良い」とは、選択肢の数が多い事。(中略)
「思いやり」とは、他人の立場を自らの選択肢の中に取り込める事。
などと、定義し得ると思うが、如何(いかが)であろうか。
 

看護職として世の中に出る学生にとって、「思いやり」は大切な資質。
「他人の立場を、自らの選択肢に取り込める授業」とは…
と考え続けてきた。そしてそれがようやく教材となり、授業として位置付いた。
授業を通して、学生の頭に「選択肢」が取り組まれ、数が増える。

当然ながら会話ができる人に、有効な手段となる。
訂正をしながら、相手の意思を探ることができる。
ただし話を聞き出せる人ばかりとは、限らない。
聞き手側に「選択肢」があれば、yes/noで相手に答えてもらうこともできるだろう。

相手の発想を楽しみながら、
「傾聴の癖」がつくメソッドが、形になってきた。
学生たちが仕事の上だけでなく、
普段のコミュニケーションにも使えることを願いたい。  

Posted by 星野 健 at 00:01Comments(0)岐阜市医師会准看護学校看護

2017年11月21日

栗林ワールドは広く・深く ~『恩人』の交流を通して~


 ~栗林佐知さんの短編集~



短編集「はるかにてらせ」にある『恩人』

この1行が、とにかく効いている。
そして授業では、そこを読み取っていくことができた。
「ゆき子ちゃんが一人ぼっちで歩いている時の思い」
そこまで感じている方もいた。

主人公の娘、綺羅(キラ)さんを、
自分の娘かのように語りだす方も、
また、涙が出そうになるくらい主人公に共感していた方もいた。
今年の学生は、感受性が豊かな方が例年より多いようだ。


読み取り方によって、『恩人』はずいぶん受け止め方が変わる作品。
毎年のように扱うが、毎年のように新たな驚きと出会う。
看護・介護・福祉・保育など、人を支えていく仕事をされる方に、
是非、読んでいただきたい。いろいろな学校で読まれることも期待したい。  

Posted by 星野 健 at 00:01Comments(0)岐阜市医師会准看護学校看護

2017年11月20日

軽バンサンタプロジェクト ~ハートフルファミリー~

ハートフルファミリー
 ~サンタクロースからのお手紙も~

ハートフルファミリーからのお知らせ
http://hartfullbank.com/%E8%BB%BD%E3%83%90%E3%83%B3%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%82%BF%E5%BF%9C%E5%8B%9F%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%83%A0
「関東エリア外の方は、サンタクロースからのお手紙の送付」となるそうです。
これなら岐阜でも参加できそうです。

締め切り:2017年12月1日
応募資格:ハートフル会員の方
無料会員登録がまだの方はこちらより登録を済ませ、ご応募ください ≫
当選の方へはハートフルファミリーよりご連絡いたします!

ハートフルファミリーHPに、『塾・ほしの』のバナーを作っていただきました。
http://hartfullbank.com/%E5%85%A8%E5%9B%BD%E3%81%AE%E6%95%99%E8%82%B2%E3%83%BB%E5%AD%A6%E7%BF%92%E3%81%AE%E6%94%AF%E6%8F%B4
支援内容の詳細は、以下となります。

初回から塾生料金となります。
※1回1時間    
個人指導:3,000円
兄弟姉妹同時指導:2名 4,000円
         3名 6,000円(1名あたり2,000円)
教材費は無料となります。
(塾教材の貸し出し等で対応します)

11月16日に、FBでも紹介していただけました。
https://www.facebook.com/pg/heartfullfamily/posts/
ちなみに『ひげ』は防寒用です。春には剃る予定です。
普段は作務衣を着用し、教えています。
  

Posted by 星野 健 at 00:01Comments(0)ひとり親支援

2017年11月19日

本日 日本福祉大学看護学科一般推薦入試


 ~グループディスカッションも~

本日 日本福祉大学看護学科一般推薦入試があります。
塾生も1名参加します。
他の試験もあり、取り組み期間は短かくなりました。
ポイントは掴んだと思うので、是非頑張ってほしい。

今年度から小論文が120分から90分変更。
https://www.n-fukushi.ac.jp/ad/admissions/system/suisen/index.html
過去問は「あてにならなく」なりました。
その時間に応じた分量での試験、
想定される内容への対策をしました。

またディスカッションの配点も高い。
看護でのディスカッションでの注意点、
話し方についてもアドバイスすることができました。
いい結果となること期待しています。

  

Posted by 星野 健 at 00:01Comments(0)看護

2017年11月18日

学びは、学校でなくても出来る ~選択肢のひとつとして~


 ~遠くの1点を探して~

気になるニュースが。


外国では「飛び級」も当たり前。
学びは、学校でなくても出来る。
遠くの1点を見つめて、歩み続ければ願いが叶う人もいる。



当然、塾も「利用する場所」である。



「この道しかない」と思うと、窮屈な生き方となる。進路は多様な方がいい。
例えば「ストレーターだけの道」ではない看護職への道。
多様な進路から、看護師になることができる。医師会は、その進路を維持している。
http://www.city.gifu.med.or.jp/kango/guide/examinee.html

看護の道は多様な受験方法がある。
小論文・面接のみ。国語のみ、生物のみ、英語のみという受験も。
また、得意2教科のみでの一般入試もある。
岐阜県では入試でも、多様な選択肢がある。

多様なのは、看護の道だけではない。
高校も選択肢が広がっている。
通信制高校に通う生徒数は、どんどん増えている。
http://www.e-stat.go.jp/SG1/estat/List.do?bid=000001093025&cycode=0
速報値では、2017年では18万2539人になった(全日制・定時制は合わせて約330万人)。

大学進学も、いろいろな道はある。気になる「一般教養」にも変化がみられる。
「数学は苦手」でも、「数学」がなく、「情報」なっているところを選べばいい。
「英語が苦手」でも、「聞き」と「会話」に重点が置かれている大学も少なくない。
どちらも大学でスタートし、「慣れればできる」ことである。



これでいいと、私も感じている。





「同じ土俵」に立たなければいい。
腹を立てている時間が、一番もったいない。





このイメージが大切だ。





今、塾ではシングルマザー看護受験を支援している。
これまでに14名の方が看護職への道の夢を叶えている。
https://readyfor.jp/projects/KANGO
https://readyfor.jp/projects/KANGO2016
今年も6名の方が挑戦中だ。
https://readyfor.jp/projects/KANGO2017
ハートフルファミリー
一時的にでも「伴走する人」がいれば、乗り越えられることもある。
その間に「次の自分に向けて」力をつけていけば、いいのである。
これからは「学びが続く」時代。
「勉強はできても、勉強が嫌い」になった人達には、追いつくこともできる。

身についてしまえば「それにかかった時間」は、大した問題とならない。


学びたくなくなった「彼ら」は、
「自分たちを待ってくれている」と思えばいい。
好奇心を持ち「学びに目覚めることから変わっていく方々」と、
私はこれからも伴走し、学び続けていくつもりだ。  

2017年11月17日

岐阜保健短期大学看護学科特別入試一次結果報告


 ~見事、合格!~

塾生からメールが。
岐阜保健短期大学看護学科特別入試
社会人入試で合格したとのこと。
おめでとうございます!

AO入試に間に合わず、社会人入試を選択。
8月末から約3ヶ月の受験勉強で合格。
その間も、いつも通りにフルタイムの仕事もされていました。
夢であった看護師への道を歩むことになりました。

想定以上に高校生が多く、
社会人にとっては重圧のかかる入試でした。
その中で普段通り、しっかりと試験に取り組めたようです。
これからの学生生活が楽しみですね。

  

Posted by 星野 健 at 00:01Comments(0)看護2017~18年度合格状況

2017年11月16日

年末年始の塾について ~事前予約も可能~


 ~2時間連続予約も可能~

年末年始の塾が空いている時間帯を確定しました。
リゼルバにて、予約が出来ます。
RESERVA予約システムから予約する
前払いによる複数回予約も可能です。

今年度は、遠方からの通塾生も増えています。2時間連続予約もできます。
また、准看護学生は「冬休みに通塾」を考えている方が多いようです。
そこで、12月20日以降の通塾枠を増やすことにしました。
クリスマス期間も通常通り塾は開いています。

年末は12月30日、年始は1月5日からのスタートとなります。
また、12月21日~1月8日に限り、午前中で「リクエスト予約」も可能です。
「通塾時」または「リゼルバ問い合わせ」から、リクエストして下さい。
岐阜聖徳学園高校講師の仕事がない限り、対応できそうです。

12月8日・9日、16・17日は連休となります。
よろしくお願いします。

  

Posted by 星野 健 at 00:01Comments(0)岐阜市医師会准看護学校看護

2017年11月15日

第二看護受験に向けて ~今年はチャンスの年に~


 ~カードを使って暗記~

県衛生公募入試が終了しました。受験された方はお疲れ様でした、
やはり第二看護入試については今年度は「チャンスの年」となりそうです。
いままで受験を見送ってきた方も、
今年は是非、チャレンジをしてほしいものです。

先週、准看護学校を卒業し働いている方と、
第二看護学校受験のため、受験相談をしました。
過去に入試倍率の高い学校を1校だけ受験し、不合格。
今年度の合格を目指して、塾に通うことになりました。

・通信制入学条件が今年度募集から実務7年に短縮。
・前年度2次募集をした第二看護学校が複数。
・岐阜県内准看護2年生の減少。

第二看護受験者減の要因が、これだけ重なる年も滅多にないことなのです。

久しぶりの受験の方は、看護学のチェックからスタートとなります。
学んでいた頃を思い出すこと、新しい内容を覚えなおすことから始めましょう。
そのために使えるカードが発売されています。


また、最新の資格試験対策問題も受験に使えます。


そして、差がつきやすい数学もしっかりと学んで下さい。
数学が解らないとき、受験相談がしたいときは、
塾での指導・相談も受け付けています。
RESERVA予約システムから予約する