2018年03月31日

パラレルキャリア・ラボ⑥ ~岐阜県の女性の場合~


 ~「正規職を続ける人」が、レア~

ひとつの就職先で、退職まで生きていく人生。
昭和の「人生方程式」に、私たち50歳より上の世代は縛られている方も少なくない。
「いい大学」➡「いい就職」➡「いい結婚」➡「いい家庭」➡「いい退職」➡「いい老後」
http://nyoki.mino-ch.com/e19104.html

岐阜県の女性は、全国に比べ特異な状況に置かれる。
上記の「人生方程式」の「いい家庭」をつくるために、結婚・出産とともに
正規職を退職する割合が、日本一となっいる。
そして、その後の人生においての家事労働時間も、日本一となるのである。

岐阜県は家事・育児労働時間日本一 ~幼子がいる共働き世帯~
http://nyoki.mino-ch.com/e39099.html
25歳から34歳女性で正規職だった方の3/4が、結婚・出産に伴い、辞めていく。
それにより、同じ年代の13.9%の方しか「正規職として働いていない」状況になる。

そして40歳以上になると、「再び働き始める」方が増え、80%以上の方が働いている。
再び働き始める場合、「非正規職」として働くことがほとんどとなる。
私の塾には、看護職を目指して通塾する方がいる。看護職はいつでも「正規職」になれる。
「子育て期間中の方」が多いのも、岐阜県の現状から考えるとよくわかる。

人生のあらゆる場面で「学び直す」。
そして、次の自分をつくっていく。岐阜県の女性は、その必要感に迫られていく。
実際に准看護学校で出会う社会人経験者は、それが出来ている。
彼女たちの学びに対する「真剣さ」は、教えている側の心を打つ。

このような岐阜県の「特殊性」を考えてると、岐阜県の女性には
『パラレルキャリア』が、ますます重要になってくる。
人生100年時代となれば、40歳以上で働く期間の方が
それ以前に比べて『数倍』となるからだ。  

2018年03月30日

Try Again ~中学での夢を、再び追いかける~


 ~看護職を目指して~

Try Again
https://www.youtube.com/watch?v=p90RpZlQpV8
「あなたの夢はなんですか?」から始まるこのPV
昨日面談した方の願いを聞いていたら、頭に流れてきた。

中学の時に、いじめがあり不登校に。
看護系高校への進学をあきらめ、別の高校へ進学。
介護の仕事に就き「看護職になりたい」気持ちが、ますます強くなった。
その後結婚され、3人のお子様の子育て中。仕事から離れているこの時期に再び夢を追うことに。

准看合格を目指す。試験は中学の学習内容からの出題。
不登校だったので、数学が特に不安だとのこと。
暗記は得意なで、他教科は大丈夫そうだ。
確かに介護の資格も取得されているので、その点は心配なくても良さそうだ。

「中学授業の受けなおし」は、ネットで十分にできる時代。
高校での学習内容は理解できているようなので、
平方根、2次方程式、二次関数、確率、図形の一部、統計は理解が早いだろう。
「中学でしか習わない事」を、いかに取り込むことになるかがポイントとなる。

自宅学習で「困った時」にネット予約し、通っていただくことに。
自分のペースで学びを深め、勉強に真摯に向かう姿勢をつくっていただくことにした。
受験まで伴走し、合格のレベルまで引き上げていく。あくまでも私自身は「触媒」である。
そして、次の「学び」ができるようにしておくことで、Try Againの元ができる。  

2018年03月29日

パラレルキャリア・ラボ⑤ ~集(つどい)@ラポも開設~


 ~対象は高校生・大学生~

一昨日の佐川氏の証人喚問について


「人生方程式」の「解」が、こんな形となる場合もあるのです。


『別の軸』はいつ作ればいいのでしょうか。
『1つの技を身に付ける』時間に、それは難しいことになります。
就職して3~5年の間は特に、『新しいことを始める』ので苦しい時期となります。
その期間にパラレルキャリアを考えることは、極めて難しくなります。

となると、チャンスは『その前後』となるでしょう。
6年目以降は、具体的に自分が「やりたいこと」は見えてくるでしょう。
本業を生かしたこと、本業を始める前の『願い』を叶える方法を考えればいいのです。
大人はやはり『パーソナル・ラボ』として、塾を不定期に使った方がいいでしょう。
RESERVA予約システムから予約する

就業前はどうでしょうか。
「本業も決まっていないのに、パラレルキャリアを考えるなんて…」
確かにその通りです。ただ、多くの夢を整理することで、
『本業』と『パラレルキャリア』は分かれていくと、私は感じています。

そこで、高校生・大学生対象の集(つどい)@ラポも開設することにしました。
具体的な中味は、下記入り口からご覧ください。
RESERVA予約システムから予約する
最初の通塾時のみ予約制。あとは指定された枠での自由通塾となります。

長い人生を、歩み続けるために。


『必要な時に、必要なだけ』出入りしていく場…
『パーソナル支援塾』として、利用しやすいよう、今後も塾を変えていきます。  

Posted by 星野 健 at 00:01Comments(0)パラレルキャリア・ラボ

2018年03月28日

パラレルキャリア・ラボ④ ~「…だから」を乗り越える10代~


 ~「特別な人」でなくても、願いが叶う時代へ~

Readyforのプロジェクトを開始した2015年に、
『気になって仕方がない』ほど、魅力的なプロジェクトに出会った。
https://readyfor.jp/projects/sabumies
そして、そのプロジェクト自体は成功した。

しかし、その後に廃校は決定。
https://readyfor.jp/projects/sabumies/announcements/25826
彼自身も、次の発言をするまでに時間がかかった。
https://readyfor.jp/projects/sabumies/announcements/46380

彼の挑戦、そして支えた方々の努力には頭が下がる。
確かに、結果が「全て上手くいく」わけではない。
しかし、「挑戦した事実と過程」は彼に残る。
そして、次の自分をつくるエネルギーと代わっていったのだ。

18歳で起業した方
https://fortunefactory.co.jp/2016/08/01/kanjitakoto/
そして、挑戦中の方も。


クラウドファンディングで出会う10代は「特別な人」ではない。

願いを持ち、動くこと。
そこから変わっていくこともある。
出口は人それぞれ。
1つの形が「正解」ということは、ない。
  

Posted by 星野 健 at 00:01Comments(0)パラレルキャリア・ラボ

2018年03月27日

パラレルキャリア・ラボ③ ~「…だから」で、あきらめない~


 ~パーソナル支援を続ける中で~

世の中は動いています。
特にこの3~4年で、大きなうねりとなっています。
「…だから」で、あきらめなくてもいい時代になってきました。
そして、その支援もできる時代になってきたのです。

そういう私も、5年前まではあきらめていました。

『看護師になりたい。でも、塾に通うことなんてできない。』
そんなシングルマザーの背中を見続けた私は、いつも苦しい思いがありました。
しかし、クラウドファンディングに出会い・塾を変化させ、
彼女たちの願いを、叶えることが出来るようになったのです。
https://readyfor.jp/projects/KANGO
https://readyfor.jp/projects/KANGO2016
https://readyfor.jp/projects/KANGO2017

そしてその間に、思わぬ方からの支援・メッセージを頂きました。
https://readyfor.jp/projects/KANGO2016/comments?page=2
クラウドファンディングをしなければ、決してメッセージのやりとりなどできない方なのです。
その孫さんが、フォロアー数絶大なFBで、私の記事の一部を引用し、プロジェクトを紹介して頂けたのです。

その引用された部分はここです。
『シングルマザーの方は、仕事の都合・お子様優先のため、決まった曜日・時間に通塾することが困難でした。そこで自分の都合に合わせて塾に通えるよう、1対1の個人指導にし、不定期の通塾、1時間単位で受講申し込みを可能にしました。前年度から私のスケジュールをインターネットで公開し、ネットで受講開始2時間前までは申し込めるように、また、1時間前までは時間変更できるようにと、シングルマザーの方々が「通いやすい塾」へと改善を進めていきました。』

「…だから」の部分をひとつひとつ取り除いていく。
そうしていくことで、見えてくることがあるのです。
今まで『出来なかったこと』が『できる』に変わっていったのです。
積み上げを、粘り強く・少しずつしていくことで、形が出来上がっていくのです。

最初に『願い』がないと、変えていけない。あきらめても、変えていけない。
そして自分ができることを行い、少しずつの変化を楽しんでいく。
世の中の例を探るだけではなく、対象となる相手からヒントを探り出していくのです。
試しては方法を代え、修正し…その過程こそが「生きがい」となっている気がするのです。




  

2018年03月26日

来年度入試に向けて ~変化を読み、願いが叶う道を探る~


 ~パーソナル支援塾として~

本日の公立高校2次入試の発表、先週末の看護入試の発表で
今年度入試は一つの区切りとなります。
「どうしても今年度中に決めたい」方を除き、
来年度に向けて、通塾を開始している方もいるのです。

「変化を読み、願いが叶う道を探る」
どの入試に対しても、
『ひとりひとりの条件に合わせて』いきます。
願いが叶う方向を探り、力を引き出していきます。

『来年度中に決めたい』
『通塾できる時間は限られている』
『経済的な条件もある』
『家庭環境からの条件もある』


今ではネットで「求めれば十分な学習」が出来る時代。
それぞれ『今の条件』の中で、みな受験に向かっています。

『塾・ほしの』は、「必要な時な時に、必要な時間だけ」
ネット予約で通うことが出来ます。
前年度も受験に向かわれた方々は、それぞれの条件の中で、全員合格となりました。
http://nyoki.mino-ch.com/c2006.html
入塾希望の方は、エキテンに詳しい情報があります。ご覧ください。
https://www.ekiten.jp/shop_1441812/  

2018年03月25日

明日 2018岐阜県公立高校2次試験合格発表 ~当日までに、次のシナリオも~


 ~「次」の出願・入試もすぐそこに~

明日 2018岐阜県公立高校2次試験合格発表があります。
受験された方は、結果が気になるのが当然です。
不合格の場合、「次」の出願も、迫っています。
明日、月曜日には中学校に手続きをお願いしないと間に合いません。

考えられるのは、通信制高校となります。
岐阜地区の公立では、華陽フロンティア高校の通信制が候補になるでしょう。
http://school.gifu-net.ed.jp/kayofront-hs/correspond/h30ippan2.pdf
出願は27日の午後4時までとなります。

小論文・英・数・国の試験となります。
4月3日の試験に間に合わせることになるでしょう。
その他の通信制高校についても、新入生が受け入れ可能かどうか、
私立も含めて問い合わせることも大切です。

通信制高校は『通い方』が多種多様です。
➀本校に通う
➁サポート校に通う
③自力+スクーリングで通う

『塾・ほしの』では、通信制・定時制高校にも対応しています。
学校に合わせた数学のサポートを行っています。
入塾相談は下の入口から。
RESERVA予約システムから予約する
  

Posted by 星野 健 at 00:01Comments(0)岐阜県公立高校志願状況

2018年03月24日

どやねこ展 ~100匹の猫に出会う~


 ~ここにもヒントが~

どやねこ展が明日まで、イオン大垣店で開かれている。
初日の21日(祝)に、私は見に行った。
猫好きな事なこともあるが、クラウドファンディングでも気になっていた。
https://camp-fire.jp/projects/view/59681?token=3vhlghoo

嬉しかったのは、写真撮影OKであること。
是非見に行っていただきたいので、今回アップはしません。
またHPで公開されると思うので、行けない方は、こちらで見て下さい。
https://ameblo.jp/doyaneco100/

人形作りは、妖怪ウオッチのあのキャラがきっかけ。
似せて作るところから、オリジナルの作品へ。
そして、その作品にバリエーションとともに、統一感を持たせる。
背景により、写真撮り方により、命を吹き込んでいる。

おとうさん おかあさんの2人による企画・制作。
https://doyaneco.wixsite.com/doyaneco/about
個人で仕事をしている私にとっても、大変参考になった。
こんなことも個人ベースで、イオンで、できる時代になるとは思わなかった。

  

Posted by 星野 健 at 00:01Comments(0)時事パラレルキャリア・ラボ

2018年03月23日

パラレルキャリア・ラボ➁ ~人生100年を見通して~


 ~70年間「働く」時代へ~

私は2011年から岐阜聖徳学園高校で、
中学3年生とその保護者の方に、毎年3日間公開講座をしています。
http://nyoki.mino-ch.com/e39276.html
参加者は計600を超えました。早いもので看護大・専門学校への進学をされた方もいるのです。

前年度の冒頭の話は、私と同い年の「波平さん」でした。


そして、『ワーク・シフト』著者・リンダグラッドンさんの話へと続けました。
人生100年時代。今の若い人は少なくとも70年間は「働く」ことになる…と。

先日のブログ
http://nyoki.mino-ch.com/e45414.html
に書いたように、『個人の寿命>企業の寿命』となる可能性が高くなっているのです。
個人と企業の関係も『結びなおす』流れが、迫っています。

国もその方向性を今年度から来年度にかけて、
次々と公表していくことになるでしょう。

「柔軟な働き方に関する検討会」報告を公表します(平成29年12月25日)
http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi2/0000189535.html
『厚生労働省は、この報告を踏まえ、今後、雇用型テレワーク、自営型テレワーク、
副業・兼業のガイドライン等の策定・改定を行い、
柔軟な働き方の普及促進や環境整備を図っていきます。』

人生100年時代の社会人基礎力について(平成30年2月)経済産業省
http://www.meti.go.jp/committee/kenkyukai/sansei/jinzairyoku/jinzaizou_wg/pdf/007_06_00.pdf
➀『個々人がキャリアオーナーシップにもとづき、自らが持つ・持たざる能力や体験をリフレクション(振り返り)するため、ライフステージの各段階で意識することが求められる“問い”を示すことが有用ではないか。』
➁新たな3つの視点 『何を学ぶか』『どのように学ぶか』『どう活躍するか』

➀キャリアオーナーシップとは…


『人生を「こんなもんだ」ではなく、「選んで幸せになる」自信と知恵を身につける。
キャリアのオーナーシップを会社から自分自身に変える。
これらによって、100年人生を豊かに生き抜くことができるはずだ。』

➁『何を学ぶか』『どのように学ぶか』『どう活躍するか』
➡この『担い手』が、社会人になるまでは『教育NPO等、教育事業者』になっている。
つまり、学校ではキャリアオーナーシップを学ぶことは「ない」ということだ。

キャリアオーナーシップにもとづき、
『何を学ぶか』『どのように学ぶか』『どう活躍するか』を考える場。
➡パラレルキャリア・ラボをつくることが、今、必要に迫られている。
RESERVA予約システムから予約する

『塾・ほしの』では新入塾生を募集中です。以下が詳しい内容となります。
https://reserva.be/hoshino/about
予約ボタンから、申し込みください。
RESERVA予約システムから予約する
  

2018年03月22日

本日 2018岐阜県公立高校2次入試


 ~合格を目指して~

本日 岐阜県公立高校2次入試が行われます。
受験される方は意欲を高め、ベストを尽くしてくださいね。
試験内容は、精選化され短時間での入試となります。
何よりも怖いのは、勘違いによる「ミス」です。

見直しをする時間をしっかりと確保し、
出来たところを、確実に得点していきましょう。
面接も大事なポイント。
入学意欲をしっかりと伝えたいところです。

先日のブログに書いたように、
定員割れをしていたとしても、
不合格になる場合があります。
http://nyoki.mino-ch.com/e45452.html

逆に捉えれば、定員割れの場合、
合格基準に達してさえいれば、
「高校側は入学を拒否するようなことはない」でしょう。
『意欲の無さで拒否される』ことだけは、避けたいところです。

次の道を確保するための、大事に試験となります。
健闘を祈ります。


  

Posted by 星野 健 at 00:01Comments(0)岐阜県公立高校志願状況

2018年03月21日

2018看護奨学生1人目の面接 


 ~面接申し込みは4月15日まで~

本日、シングルマザー塾・看護奨学生の面接を行った。
大学英文科を卒業されている。
数学も数I・Aまでは、なんとか頑張っていたとのこと。
公立看護学校受験に向けて、取り組むことから始める。

シングルマザーの場合、母子家庭等自立支援給付期間が36ヶ月間のため、
大学進学で看護師を目指すことは、難しい状況。
来年度からは専門学校・准看護学校への進学を目指す方がほとんどとなる。
岐阜保健短期大学・大垣女子短大の大学化が進路を狭めることになりそうだ。

早くから取り組めば、間に合う可能性は高くなる。
さしあたり看護学校推薦入試問題集を解くことから始め、
その出来具合により、今後の方向性を考えることにした。
次回通塾は4月中旬以降。条件が整えば看護奨学生となる。

塾では第4期シングルマザー看護奨学生を募集中。
http://nyoki.mino-ch.com/e44927.html
シングルマザーの方で、看護職を目指す方が対象。
RESERVA予約システムから予約する

また、支援しながらお得に通うことができる通塾セットも塾にて先行販売中。
http://nyoki.mino-ch.com/e44927.html
RESERVA予約システムから予約する  

Posted by 星野 健 at 00:01Comments(0)ひとり親支援

2018年03月20日

2018岐阜県公立高等学校 第二次選抜 変更後出願者数


 ~気を引き締めて!~

昨日 岐阜県公立高等学校 第二次選抜 変更後出願者数が発表された。
気になっていた羽島北高校は定員オーバーのまま入試となる。
定時制加茂高校との2校を除き、定員割れという結果になった。
http://www.pref.gifu.lg.jp/kyoiku/gakko-kyoiku/gakko-nyushi/17782/index.data/dainijihenkougokoukaishiryou.pdf

ひとまず「安心」した方もいるだろう。
しかし、ここで安心してはいけない。
2次入試は短時間での5教科入試となる。
さらに、1問あたりの配点は大きい。「ミス」に対して厳しさが増してくる。

同時に「合格基準」との勝負もある。
1次入試の結果が、各高校のデータとして残っている。
1次入試「正答率」は毎年、県教育委員会からも発表されている。
http://www.pref.gifu.lg.jp/kyoiku/gakko-kyoiku/gakko-nyushi/17782/h29kekka-joho.data/13-33.pdf

すなわち「たとえ定員割れでも、不合格になるときもある」のである。
過去のデータを見ても、それは明らかである。
例えば、平成27年度の下の2表を比べればこのことは、わかる。
http://www.pref.gifu.lg.jp/kyoiku/gakko-kyoiku/gakko-nyushi/17782/H27senbatsu-joho.data/H27niji_syutugansya_henkougo.pdf
http://www.pref.gifu.lg.jp/kyoiku/gakko-kyoiku/gakko-nyushi/17782/H27senbatsu-joho.data/H27niji_goukakusya.pdf

日にちは限られている。しかも、一旦気が抜けたあとのリスタート。
確かに「大変な状況」に置かれている。しかし、「大変な状況」は、受験する誰もが同じである。
となると、「違い」は何か。「能力」以上に「意欲」の違いが入試を左右する。
(能力)×(意欲)=(結果)となる。「意欲」が下がっている状況での受験は、最も危険となる。

厳しいかもしれないが、あとひと踏ん張り。
「意欲」を高めることを始めよう。


  

Posted by 星野 健 at 00:01Comments(0)岐阜県公立高校志願状況

2018年03月19日

パラレルキャリア・ラボ➀ ~パラレルキャリアとは~


~「個」の想いを、キャリアに~

気になるイベントがある。


個性的なスピーカーの方々。
是非、話を聞いてみたい方ばかりです。

雨宮処凜氏 作家・活動家/「反貧困ネットワーク」世話人
三浦まり氏 上智大学法学部教授/ ヒューマンライツ・ナウ理事
伊藤和子氏 弁護士/ ヒューマンライツ・ナウ事務局長
➡職業/パラレルキャリア の順に紹介されています。

兼業・副業を通じた創業・新事業創出に関する調査事業研究会提言
~ パラレルキャリア・ジャパンを目指して ~
経済産業省 平成29年3月からの引用
http://www.chusho.meti.go.jp/koukai/kenkyukai/hukugyo/2017/170330hukugyoteigen.pdf
『「パラレルキャリア」とは、経営学者ピータードラッカーの「明日の支配するもの(1999)」
の中で、「個人の寿命が企業の寿命より長くなった今、
人は組織のみに頼らず、それとは別に第2のキャリアを並行して始め、
新しい世界を切り開いていくべき」という趣旨で使用されている。』


パラレルキャリアは『「個」の想いを、キャリアに。』というイメージになります。
副業との違いは、報酬を得ることを主たる目的としません。本業と並行して、
NPO活動へ、スキルアップのために、…そのキャリアは、幅広いものとなります。
その延長としてこの提言のように、兼業、副業となる方もいるかもしれないのです。

パラレルキャリアは『個の想いで活動すること』から始まります。
➡「個」「自由」「対等」がキーワードとなるでしょう。
➀「個」が想いを表現し、「社会」に向けて働きかけます。
➁やることは「自由」。企画・プロジェクトごとに「対等」な関係を結び、つながり、活動します。

「具体的な活動」の入口は、『ボランティア・趣味やバイトの延長・NPO活動への参加』 
となるかもしれません。それが第2の人生へとつながります。学生の場合は、
それが卒業後『本業』となる人も、本業と並行して行っていくことで、プロボノ・兼業・副業へと変化し、
いつの日か本業・ライフワークへとなる人もいるでしょう。

2枚目・3枚目…と名刺(または、名刺の肩書きが)増えていく人も、
少なくない時代となるでしょう。
岐阜県では「宇佐江みつこ」さんが、その好例です。
県美術館管理業務専門職/漫画家 となったのです。
http://www.yomiuri.co.jp/local/gifu/feature/CO023011/20170604-OYTAT50027.html

KADOKAWAからの出版とは…驚きました。
  

2018年03月18日

第3期 シングルマザー看護奨学生も全員合格 ~第4期募集中~


 ~お得なReadyforセットも先行販売中~

私は3年連続でクラウドファンディングを行っています。
https://readyfor.jp/projects/KANGO
https://readyfor.jp/projects/KANGO2016
https://readyfor.jp/projects/KANGO2017

今回の第三期奨学生の受験結果も、受験まで通塾できた5名は全員合格でした。
支援をしていただいた方、広報していただいた方、見守っていただいた方
全ての方々に感謝いたします。今期は5名の方が、1~3期の方で計22名の方が、
このプロジェクトを通して、看護職への道を歩み始めています。

プロジェクトの一期生で、准看護学校に進学された方は今年度卒業し、
准看護資格試験に全員合格しました。
就職または就業しながら看護師を目指す学校への進学を決めています。
シングルマザーの方々は、学校内でも学習意欲も高い状況なのです。

ツイッターで気になる記事を見つけました。


そして舞田先生は、ブログで詳しく説明されています。


上記ブログによると、
岐阜県でも25年前に比べ約2倍。現在では18歳未満の子がいる世帯の13分の1が一人親世帯ということになります。

准看護学校では、シングルマザーの方が増えています。2年間で資格が取れ、
在学中に病院からの奨学金、市・県の給付金も得ながら経済的な安定も図れるからです。
今年度から、ハローワークからの給付金も受けられる学校が増えました。
http://nyoki.mino-ch.com/e44637.html

塾では第4期シングルマザー看護奨学生を募集しています。
http://nyoki.mino-ch.com/e44927.html
シングルマザーの方で、看護職を目指す方は面接予約をお願いします。
RESERVA予約システムから予約する

また、支援しながらお得に通うことができる通塾セットも塾にて先行販売しています。
http://nyoki.mino-ch.com/e44927.html
入塾相談から予約していただき、塾にてご購入下さい。
RESERVA予約システムから予約する  

2018年03月17日

2018岐阜県公立高校2次選抜出願結果 ~定員オーバーの学校も~


 ~この土日に、考えて~

岐阜県公立高校2次選抜出願者が各校から発表されました。
http://www.pref.gifu.lg.jp/kyoiku/gakko-kyoiku/gakko-nyushi/17782/index.data/dainjihennkoumaekoukaishiryou.pdf
岐阜地区では、羽島北高校が募集人数5人に対して、出願者数が8名となりました。
他の学校については、全日制・定時制ともに余裕があります。

羽島北高校受験の方は「次」を考える土・日となりそうです。
・変更をするのか。
・受験して不合格の場合、次はどうするのか。
どちらにしても、この2日間での判断となります。

出願している方は、互いに『その力はわからない』状況です。
なので結果も「受けてみないと、わからない」ことになるでしょう。
自分より先に5名が選ばれたら『そこで終わり』となります。
定員が決まっている入試なので、仕方がないのです。

判断をしたら、即勉強開始となります。
どの判断をしたとしても、入試はあるのです。
気持ちを入れなおしていきましょう。
入試は22日。すぐそこに迫っています。  

Posted by 星野 健 at 00:01Comments(0)岐阜県公立高校志願状況

2018年03月16日

2018岐阜県公立高校2次選抜出願 ~本日限り~


 ~出願しないと、始まらない~

結果を見て、翌日の出願。
「公立高校のみ」の受験では、毎年こうなります。
事前に担任とは「もし…」に対して、打ち合わせてあると思います。
とにかく1日しかない出願日。出さないと始まりません。

過去にないほどの公立人気。
2次募集のある学校も、偏りがあります。
学校によっては人気が集中し、
2次募集でも定員オーバーになる場合もあります。

今日の結果を見て、19日に変更もアリです。
とにかく「出願しないと、変更もできない」のです。
当然、再び受験勉強も再開です。
リスタートは大変ですが、置かれた状況を受け入れ、ベストを尽くして下さい。  

Posted by 星野 健 at 00:01Comments(0)岐阜県公立高校志願状況

2018年03月15日

課題に真摯に向かうこと ~岐阜県公立高校合格発表~


 ~課題の多さに、ピックリ!~

公立高校に合格した方々、おめでとうございます。
いよいよ新しい生活が始まりますね。
合格の喜びも一瞬で消えるような「課題の山」
高校はこれから「容赦なく、課題」を出してきます。


そして休み明けは「恒例の課題テスト」となります。
新入生だけに限らず、在校生である1・2年生にも
「春休みの課題」が出され、その内容を基に「テスト」があるのです。
課題を「やりこなす」だけでは、評価につながりにくいのが難点です。

中間・期末テストは「授業で習ったこと」から、ほとんど出題されます。
授業・宿題を通して時間をかけて習熟し、それを試されるので差は小さくなります。
それに対して課題テストは、中間・期末テストより「大きな差」がつく傾向があります。
自分の休み中の『努力がそのまま点数』になり、自分に戻ってきます。

特に習っていない内容に対して、もしくは「応用的な課題」に対して、
授業も解説もなく「自ら学び取る力」が試される場合もあるのです。
また、習っていない内容の「暗記」が課題となることもあります。
一日あたり「どの程度、暗記」をするのか、「段どり力」も試されます。

また、公立不合格で私立に通うことになった方も「課題」が明日の招集日以降に出されます。
それは「私立推薦・単願」の方と、同一内容の課題です。
ということは、その方たちとの比較し「課題テストまでの取り組み期間が短い」ということになります。
集中して取り組まないと、最初のテストで痛い目に合うことになります。

課題に真摯に向かう。どのタイプの方も、そこは同じになります。
「実力で進学するタイプ」は、まさにそれを試されることになります。
「成績で進学するタイブ」も、課題提出・テスト結果が評価に反映されることも意識していきましょう。
課題テストが悪かったために、学期評定が悪くなることもあるのです。

どうしても困った時、同じ学校へ進学する人と
「教えあう」ことも大切です。しかし一方的に「頼る」ことでは、力が付きません。
塾へ通う時も同様です。「どこまで自分で考えたのか」「何がわからないのか」
はっきりさせた上での通塾が、効率的になります。

高校生は特に、私の塾を上手に使っています。
必要な時にだけ「質問をためて」ネット予約をして通塾してくるのです。
特に「数学」の場合、独学ではどこかで「つまって」しまうと、なかなか前に進めません。
そんなときだけ、不定期に通塾してくるのです。
RESERVA予約システムから予約する

いよいよ高校生としてのスタートです。
スッキリした気持ちで、入学式を迎えられるように、
これからの「準備期間」を過ごして下さい。
私も皆さんとの出会いを、高校で・塾で、楽しみにしています。   

2018年03月14日

明日 2018公立高校合格発表 ~前日だからこそ 読んでほしい記事~


 ~どんな結果でも、次の生活はある~

明日 2018年度岐阜県公立高校の合格発表があります。
受験からの『つかの間の休息』。
楽しく過ごせているでしょうか。
受験された方は、明日からリスタートとなりますね。

「運」の要素。
不合格人数が決まっている入試は、運にも左右されます。
いろいろな理由で「全力が出せなかった」人もいるでしょう。
そのために、不合格になってしまうこともあるのです。

でも「経験をした」ということが大事。
自分は一発勝負の状況に対して
「どうだったのか」の振り返ること。
そして、次の機会に「自分に合った道」を選ぶことが大切となります。

私は岐阜聖徳学園高校では、数学非常勤講師として教えています。
この2年間、厳しい入試のために、ここに通うことになった人にも出会います。
1年たった今、みんなそれぞれ高校で頑張りきり、進級をしています。
公立高校が不合格だったら「全てが終わってしまうわけではない」のです。

明日から進路を探す方もいるでしょう。
公立2次入試、通信制高校はまだまだこれから入試があります。
短い準備期間となりますが「もし…」に備えながら、
次々と受験計画を立てていきましょう。

今はまだ、発表前です。
今なら、冷静にこの記事を読むことも出来ると思い書きました。
明日いよいよ発表。
どんな結果であっても受け止め、『次の自分をつくる決意』をしていきましょう。

明日のブログは夕刻に更新予定です。  

2018年03月13日

たぐりよせた未来 ~リターンズ生 進学を決める~


 ~道が決まれば、迷うことはない~

長い道のりだった。
一度は断念した。
そして今年、再チャレンジした。
見事、その夢は叶った。

ちょうど1年前。
その方の決意をブログにしていた。
http://nyoki.mino-ch.com/e34593.html
そして、夢への第一歩となる合格へ。

霧がなくなり、道が決まる。
道が決まれば、迷うことはない。
今までの模索の苦労に比べれば、
『積み重ね』の苦労は、たいしたことはないだろう。

経済的な支援・給付が整う学校への進学。
学びに集中できる環境が整う。ただし、
実習中は『家族全員で乗り切る』ことになる。
真摯に学びに向かう母の背中から、子は感じることも多いだろう。

シングルマザー看護奨学生プロジェクトを通して、
看護職への道を歩まれた方が、また一人増えた。
リターンズ生2名を含め、22名となった。
今年度も、第4期プロジェクトを実施予定。
http://nyoki.mino-ch.com/e44927.html  

Posted by 星野 健 at 00:01Comments(0)岐阜市医師会准看護学校看護

2018年03月12日

【14時更新】本日 2018岐阜市医師会准看護学校2次入試合格発表


 ~合格を祈って~

本日 岐阜市医師会准看護学校2次入試の合格発表があります。
1次入試と違い、HPでの発表はありません。
また、同時に1次入試「補欠登録者」の繰り上げ合格も発表されます。
「待つしかなかった」方々も、いよいよ発表となります。

前年度も今年度と同様、1次入試結果は63名の合格者でした。
http://www.city.gifu.med.or.jp/kango/guide/examinee.html
前年度は、「2次入試受験者」+「1次入試補欠登録者」
から計30名が選ばれました。

上記の受験者合格状況を見ると、
「2次試験受験者37名から30名合格」と思われる方も、おいでだと思います。
実際はそうではありません。
「2次入試受験者」+「1次入試補欠登録者」から30名合格です。

そのために、2年前のHPでは不思議な数字が発表されていました。
「2次受験者数より、合格者が多い」という結果表示になっていたのです。
今回は補欠登録者が26名。2次受験者と合わせた数から30名程度が選ばれると予想しています。
http://nyoki.mino-ch.com/e44871.html

合格報告、待っています。
報告確認次第、追記します。
【14時更新】
1次入試の結果で、補欠登録者となっていた方から
合格の報告がありました。
おめでとうございます!
不安な気持ちから、入学後の楽しみに変わりましたね。

この結果、【第3期】シングルマザー看護奨学生で受験まで通塾された方は
今期も全員合格となりました。第1期~3期までの累計で20名の方が、
看護職の道へと進むことになりました。現在、第4期生も募集中です。
http://nyoki.mino-ch.com/e44927.html

13時過ぎに、岐阜市医師会准看護学校へ合格発表を見に行きました。
36名の方が合格となっていました。
1次入試と合わせて99名の合格となりました。
入学される方とは、また授業で会えることになりますね。  

Posted by 星野 健 at 00:01Comments(0)岐阜市医師会准看護学校看護