2018年09月30日

9月を振り返って ~転換・ベクトルを内向きに~


 ~「家族を支え続けられる」ことを『願い』に~

この9月は、私にとって大きな転換点となった。
この数年「できる活動」を増やし、広くかかわることを目指してきた。
クラウドファンディング、ココナラ、ボランティア、NPO活動、地域の活動者との交流…
活動のベクトルは、あらゆる方向に拡大していった。

しかし8月末、高校で一週間授業を続けた時に体に変化を感じた。
http://nyoki.mino-ch.com/e48109.html
そして、すぐに健診を受けた。
http://nyoki.mino-ch.com/e48150.html

弱った状態を、塾の卒業生にも見破られた。
http://nyoki.mino-ch.com/e48356.html
症状のことは、看護学校でも話した。「私自身」が「教材」にもなるからだ。
http://nyoki.mino-ch.com/e48412.html

5月の母の死後、母が「家族」に対して担ってきた部分が私に回ってきた。
それも加えて行こと・この夏の暑さが、どうやら私の体に変化をもたらした。
「いつかは来る」と、20年前から言われていたことが、この9月に自分の体にやってきた。
来週専門病院に行き、手術時期を含めた相談をすることになった。

『外の世界』へと拡大し続けた「ベクトル」の向き。
これからは『自分』という核と、その一番近い存在への内向きへと変わる。
一番外側の「拡大した部分」は休止、撤退。
仕事の部分も、自分でコントロールできる『塾』の仕事から調整に入った。

睡眠時間が、恐ろしいほど増えているのに、
少しの活動で、疲れはすぐに出てくる。
体を休め、活動時のパフォーマンスを下げないこと。
『いつもどうりにできること』が、課題となっている状況だ。

※本日、台風24号の影響を考慮し、
塾はお休みとさせていただきます。
(通塾予定だった方には連絡済みです)
後日に振り替えて、通塾下さい。  

2018年09月29日

三姉妹ともに看護の道へ ~塾での進学相談~


 ~都合に合わせ「同時指導」へ~

塾での進学相談。母親とともに通塾予定の方も1名参加。
三姉妹がそれぞれ「看護師」を目指している。
長女は准看護学校1年生。来年は第二看護学校を目指す。
次女は准看護学校を目指し、仕事をしながら受験勉強をしている。

三女は高校2年生。推薦での進学を考えている。
それぞれ進学する学校は、違うかもしれない。
しかし『看護師になる』という夢は、同じだ。
長女の家庭学習で『学ぶ姿』も、姉妹は目にしている。

塾では「兄弟姉妹同時指導」もしている。
https://reserva.be/hoshino/reserve?mode=service_staff&search_evt_no=baeJwztzQwMgcAAycBCg
都合に合わせ、1人・2人・3人…
日によって違う人数でも、指導は可能。

3人が全く違う勉強・質問をすることも可能だ。
たとえば推薦の方は、小論文。
一般入試の方は、各教科の学習。
それぞれのニーズに合わせて、対応していく。
  

Posted by 星野 健 at 00:01Comments(0)看護

2018年09月28日

日曜日・夜の塾は休みとします ~台風24号接近~


 ~ネット予約も同様~




台風24号の進路がほぼ決まってきました。
日曜夜を中心に、風雨が強まることになりそうです。
そのため、夜の塾は「休み」とします。
17時30分からの予約の方も、状況によりネットでキャンセル可能です。

先回の台風では、近所でも被害が出ました。
午後から夕方にかけて、猛烈な風でした。
塾の近隣はマンションが多く、場所によっては
「風が強化」しているので、注意が必要です。

ブログでの告知と、メールでの連絡により、
これからも早めの判断をしていきます。
日曜日に通塾したかった方は、別の日に振り替えて下さい。
よろしくお願いします。



  

Posted by 星野 健 at 00:01Comments(0)

2018年09月27日

准看入試の小論文 


 ~合格を目指して~

准看護学校入試対策。推薦入試が近い。
一般入試でも、小論文がある学校がある。
各学校ごとに、試験時間・出題内容も違う。
また、前年度と同じ傾向とは限らない。

どんな場合でも、対応できる力が必要となる。
そのための練習を重ねていく。
初めは自宅で、時間をかけてもいいので練習。
https://reserva.be/hoshino/reserve?mode=service_staff&search_evt_no=56eJwzNTOwAAACEgDU

そして、塾で時間内に書けるよう実践していく。
https://reserva.be/hoshino/reserve?mode=service_staff&search_evt_no=16eJwzNTEzNQUAAx8BCg
「流れ」を早くつかむ方、そうでない方の差が大きい。
小論文も侮れない。  

Posted by 星野 健 at 00:01Comments(0)看護

2018年09月26日

看護専門学校・社会人入試に向けて ~学校により対策を変える~


 ~「私立専願」で決めるとき~

私立看護専門学校・専願社会人入試に向けての対策。
受験校での説明会終了後の通塾。
出願に向けての準備に入る。
教科の勉強は早くから進めている。後は「配点」への対応だ。

たとえば私立の場合、書類選考・調査書の配点が高い学校がある。
評価される内容を「いかに満たすか」がポイントとなる。
また、面接が重視される学校もある。
中には、この合計が学科試験より配点が高い学校もある。

試験科目による点数は、絶対的なものである。
しかし、簡単すぎるものや難しすぎるものであると、
その「得点範囲」は、小さくなる。そのときに、大きく外れる
点数を取ると、目立つことになる。そこは要注意点となる。

同時に、書類選考・調査書・面接は「相対評価」になりやすい。
試験科目の差を、こちらでカバーできる場合もある。
入試当日だけでなく、今から出願までも大切な期間となる。
もちろん学科・面接対策も同時進めていく。

社会人入試は、環境に大きく影響されやすい。
ほぼ同時期にある『新卒高校生推薦入試合格者数』との兼ね合いとなる。
そのため社会人合格者数も、学校により大きく違ってくる。
「1名」「該当者なし」ということも、有り得る入試となる。  

Posted by 星野 健 at 00:01Comments(0)看護

2018年09月25日

岐阜クラフトフェア 2日目


 ~ラボの参考に~

毎年出かけている「岐阜クラフトフェア」
前日の講座の疲れも取れたので、
午後、歩いて出かけてみる。
駅までは17分。今回は同伴者に見守られながら20分かけて歩いた。

午後。風もなく曇り。歩くのにはいい状況。
今年は前年度多かった『ハーバリウム』が減った。
個性的な店も増え、見ごたえがあった。
その中でも気になった店があった。

岐阜のフリースクール・岐阜開成学院の学生の店だ。
1階のJA八百屋の前に出ていた。


こうやってキャリアを積み、自分をつくっていく。今後が楽しみだ。
パラレルキャリア・ラボの参考になった。

帰り道は、寄り道をしながらゆっくりと。
休みながらではあるが、歩ききることはできた。
懐かしい町の裏通りを歩き、変化を楽しむことが今年もできた。
来年も『出かけられること』を願う。来週はいよいよ、専門病院で検査と診察だ。  

Posted by 星野 健 at 00:01Comments(0)時事パラレルキャリア・ラボ

2018年09月24日

透明なゆりかご 最終回


 ~看護師として~

最終回は看取りだった。
選択を尊重し、命を考える。厳しい選択だった。
そして今、この瞬間の命を大切にして生きる。
直視が厳しい現実の可視化は、訴える力が大きかった。

また、主人公のアオイと先生の「推薦状」のやり取りが良かった。
互いの想いが、1通の推薦状に込められていた。
アオイが読むことなく「往復した推薦状」
二人の指先の力に、感動した。

看護師として働く初日。
母とのやりとり、そのための遅刻、看護師主任・看護師長との会話、
そしてナースキャップを被るときの姿…
日常が『看護師としての日常』に変わる。責任が重くなる。

看護学生が看護師へ。
互いの看護観を認め合うこの職場で、
主人公のアオイはまた、成長していくだろう。
私が教えた学生もきっと、こうやって命と向き合いながら働いているのだろう。


  

Posted by 星野 健 at 00:01Comments(0)岐阜市医師会准看護学校看護時事

2018年09月23日

第2回 第二看護進学対策講座 ~岐阜准にて~


 ~土曜に講座開催~

第二回 第二看護数学進学対策講座を岐阜准にて行う。
県衛生公募対策。
現役高校生は履修、22歳以上は未履修の内容の授業。
特に頻出である数A図形・整数問題に時間をかける。

現在も岐阜准は実習中。
大変な状況での授業参加。
そして意欲的な受講。
いつも以上に頭が下がる思いになる。

岐阜准の学生は、他の県内准看護学校と比べ、
第二看護進学意欲が高い。
http://www.city.gifu.med.or.jp/kango/work/step.html
准看護師として働きながら、第二看護学校で学ぶ方の比率も高い。

県衛生に進学する方は全日制なので、
学びに集中することになる。
准看の2年に加え、さらに2年間、厳しい生活が続くのである。
先輩方はその厳しさを自ら選択肢し、やり遂げ、看護師として活躍している。  

Posted by 星野 健 at 00:01Comments(0)岐阜市医師会准看護学校看護

2018年09月22日

言葉と出口 ~数学における表現~


 ~「文字」の問題~

塾での看護受験対策。
文字式を学んだあとの小問。
「積を表す式を作りなさい」という問題。
質問をしてきた塾生がいた。

「積」という言葉が「出口の形」を示している。
しかし「積」の意味が解らない。
出題の意図は、『かけ算の × を省略して表現してほしい』ということだが、
かけ算の答えである『積』を知らなければ、何もできない。

同様のことが、一次方程式を学んだ後でも起こる。
等式の変形の問題。
「bについて解きなさい」と問われているときに、
何をすればいいのか、わからない。

言葉の知識を身に付けること。
問題を通して、その言葉に慣れること。
出口の形が頭に浮かぶこと。
「久しぶりに学ぶ」ということは、ここからスタートとなる。

そして、解説を読んでわかる状態にする。
さらに、「いつ聞かれても『できる』」ようにする。
ここまでたどり着くのには、個人差がある。
ただ、そのスタートは『言葉から出口』がわかることだ。  

Posted by 星野 健 at 00:01Comments(0)看護

2018年09月21日

自由に学べる時代へ ~自ら学ぶ習慣を~


 ~個人塾も「レア」な存在に~



確かに私が開業した20年ほど前までは、
「個人経営小規模塾」が多かった。
しかしその数は年々減り、私の知っている方々も廃業している。
プロ家庭教師として登録している方もいる。

塾の役割は、これからまだまだ変わっていく。
私自身の塾も、時代と共に形を変え続けてきた。
塾長一人が個人指導をする「レア」な塾として、
これからも何ができるか、考え続けたい。

自ら学ぶことが出来る時代。
必要な情報も、ネットで手に入れることもできる。
私自身も教員免許更新を、放送大学で学んだ。
自分の都合に合わせ学べ、便利だった。

最近はさらに学べる機会が増えている。
生放送は無料も増えている。
https://schoo.jp/calendar
「自ら学ぶ」ことが、手軽にできる時代になり、楽しみが増えた。  

Posted by 星野 健 at 00:01Comments(0)看護

2018年09月20日

岐阜准 2018年 第一回国語授業


 ~今年度も2クラス 各35時間担当します~

19日 2018年度第一回国語授業を准看護学校で行った。
午前中に岐阜聖徳学園高校で授業。
(水曜日を除き、午後12時50分まで授業)
午後13時30分までに岐阜准へ移動し、授業をする生活が始まる。

11月から12月中旬までは、
平日ほぼ毎日が、この日課となる。
例年は午後4時40分までの「4コマ連続授業」をしていたが、
私の都合で、前半中心の2コマに変えていただいた。ありがたい。

初めに自己紹介。
この准看護学校で教えるのは、20年目となる。
去年までの副校長が退職されたので、
『一番長く教えている存在』になったかもしれない。

私の『生まれつきの持病』についても話をした。
そして、それが今年は悪化しているので、授業中に『座る』こともあるかもしれない。
目の前には将来の看護職。職員室にはベテラン看護師。車椅子もある。
…万一何かあったとしても、話しておいたので「なんとかなる」だろう。

まだ実習期間中なので、傾聴に役立つ内容の授業をした。
次回は実習後の10月末。
グループワークを始めることにしている。
クラス全員、無事に実習を終えることを願う。  

Posted by 星野 健 at 00:01Comments(0)岐阜市医師会准看護学校看護

2018年09月19日

来年度も同日試験日 ~多治見・土岐准看護学校~


 ~どちらを選ぶか、最後まで悩む方も~

来年度の准看護受験試験日程が各学校から発表されている。
来年度も土岐・多治見准看護学校ともに1月31日が試験日。
入試科目も英・数・国で全く同じ。
毎年、どちらを選択するのか最後まで悩む方が多い。

この2校については、うまくバランスが取れ、
不合格者が少なくなることを願いたい。

この2年間は、入試倍率も低い状況が続いている。
受験生がうまく分散化しているおかげだ。
東濃地域の方は、行きたい方を受験されている。
難しいのは、愛知県の受験生の方だ。

塾には春日井市から通っている方が、毎年いる状況。
電車で通う場合、どちらも駅から徒歩範囲。
2次入試がある場合は、多治見准看の場合は国語・数学となる。
また、加茂准看と併願される方もいる。

前年度、名古屋市に住んでいる方も岐阜准と多治見准を受験した。
名古屋市中心部から通った場合、2校の通学時間はさほど変わらない。
愛知県内の准看護学校が減っている現状から、
岐阜県を目指す受験生も増えている。




  

Posted by 星野 健 at 00:01Comments(0)看護

2018年09月18日

明日から准看護学校国語授業開始


 ~進学対策も並行して~

明日から岐阜市医師会准看護学校国語授業が開始。
第二看護進学対策も並行しながら、授業を進めます。
12月中旬まで続きます。
今年度もよろしくお願いします。

岐阜市医師会准看護学校は、県内の准看護学校に比べ、
第二看護学校への進学率が高い学校です。
年によって違いますが、約半数以上の方が進学します。
http://www.city.gifu.med.or.jp/kango/work/step.html

入学時から「進学したい」という希望を持っている方が多いこと。
2次入試が最初から設定されているため、
『公立第一看護に合格できなかった方の進学先』
として、定着しているのです。

一年浪人すれば、『公立第一看護学校に合格する』
という保証はありません。浪人すれば卒業までに4年かかります。
そこで、准看護学校(2年)+県衛生第二看護(2年)というコースを考えます。
そのときに、岐阜市医師会准看護学校が選択肢となるのです。

『進学して看護師になりたい』
強い気持ちを持ち続け、進学希望の方は毎年よく努力しています。
准看護師資格試験対策だけでも、大変な状況な方もいる中で頑張っているのです。
私も少しでも力になれるよう、サポートをしていきたいと思っています。
  

Posted by 星野 健 at 00:01Comments(0)岐阜市医師会准看護学校

2018年09月17日

看護学校の講座にて ~塾の卒業生に見破られる~


 ~オープンキャンパスでの講座~

「先生、元気そうですね。」
岐阜市医師会看護学校の講座で、塾の卒業生に声をかけられる。
「こう見えても、随分弱ってきているんだ。」
と、答える。会話は丁度、階段を上っているときだった。

「膝とか、…きますよね。」
流石の観察力だ。私は春に膝関節を痛めた。つい最近まで通院していた。
大分良くなったが、まだ片膝のサポーターは、外せない。
どうやら階段を上る姿から、バレたようだ。

最近他にも、弱っている所を意識できるようになった。
なので、この講座のため、体を十分に整えた。活動を制限し、睡眠時間をたっぷりとった。
おかげで、前年度並みに話をすることは出来たと思う。
まるで『ベテランの域』に達した、スポーツ選手のようにしている。

そこに至るまでの「見えない部分」を調整し、
「見える部分」を、今までと同様に近づけていく。
自分自身の調整。…やるべきことを絞り、
パフォーマンスを維持していくことが、課題となったようだ。

平日の高校での授業。「3コマ連続授業」での体の負担が、感じるようになってきた。
准看護学校の授業。11月から12月中旬まで、土曜日も含め一気に増えてくる。
さらに塾での個人指導。その間の「インターバル」で、いかに疲れを取るか。
イベントだけでなく平常時も、このことが課題となってくるだろう。  

Posted by 星野 健 at 00:01Comments(0)看護時事

2018年09月16日

透明な子 ~『透明なゆりかご』第9話~


 ~耐えられるか~

透明な子 ~『透明なゆりかご』第9話~を観た。


この回は、それだけの覚悟が必要だった。
そして、原作とは違う形でのエンディングだった。

男性医師は「関われない」状況。補佐的な立場を貫く。


ドラマを見終わった後も、しばらく眠れない。
そのとき、このツイートを読み、この回に対する制作側の想いに触れる。


この回に関わった全ての方に、感謝したい。
「透明な子の可視化」は、並大抵の努力ではできない。
それを多くの方の力で、成し遂げている。
この回を、より多くの方が観ることを願いたい。  

Posted by 星野 健 at 00:01Comments(0)看護時事

2018年09月15日

高校生・期末前の通塾 


 ~答えが合わないとき~

不定期通塾の高校生が塾へ。
部活動も停止期間となり、勉強に集中。
この塾生は「わからない」ところは、「そのまま」にしておき、
普段は「流れ」に合わせて、理解できるところを押さえている。

完璧主義との決別。
これが「できる人」にとって、なかなか難しい。
中学までと違い、一日で学ぶ量が違う。
立ち止まり熟考すれば、リカバーにかかる時間は計り知れない。

過去の問題を引きずり続けると、今の膨大な情報量を処理できなくなる。
目先の課題が見えなくなり、本来「できる」ことが「できない」ことになる。
これは「今」を生きる「生き方」にも通じることだ。
今、このときは「何が一番大切」か。絞り込むことで日常が安定する。

塾では「溜め込んである未決」部分を解消していく。
知識不足か、初動の間違いか、見慣れていないためか…
「わからなさ」を個に応じて探っていく。
時間があれば演習し、定着を図る。

来週半ばから期末テスト。
本番に向けて、助走をつけていく。  

Posted by 星野 健 at 00:01Comments(0)

2018年09月14日

アラフィフの睡眠時間 ~睡眠負債~


 ~遅刻しないように~

最近私は、恐ろしいほどよく寝るようになった。
おかげで、疲れが取れているのは確かだ。
しかし、日々の疲れ方も以前より増している。
だから恐ろしいほど『寝る』のだろう。体の変化は、急であるときもある。

舞田先生の記事を思い出す。


アラフィフの寝不足。特に女性は深刻な状況だ。
「やるべきこと」が増えると、睡眠を削るしかない。

准看護学校の学生は、30代・40代が増えている。
ただでさえ睡眠時間が減るときに学校で学び、
自宅でも学び、厳しい実習期間を乗り越える。
睡眠時間を削る基礎体力は、やはり必要だ。

私の場合、基礎体力は落ち、生まれつきの持病の不安が出てきた。
自営・複業で恵まれている点は、
自分で「やること・やめること」の選択ができることだ。
「やるべきこと」に、これからは集約していくことになるだろう。

自分が「やらなくてもいいこと」は何か。
「続けていかない」と、困ることは何か。
拡大から収束へ。
『ベクトルの向きを真逆』へと、発想を変えていく。  

2018年09月13日

連休中の塾について ~3連休が続く9月・10月~


 ~連休中日の日曜日が「休み」に~

3連休中の「塾の休み」を変更しました。
連休中日の日曜日は「休み」に、
月曜日は午後7時から塾は営業します。
土曜日は変則的な営業となります。

15日は、岐阜市医師会看護学校講座のため11時30分~
22日は、岐阜市医師会准看護学校進学講義のため8時30分~10時30分
10月6日はの講義がないため、通常営業となります。
その後は、土曜は12月15日まで休業または変則的な営業が多くなります。

その他、塾は都合により休業の場合もあります。
ネット予約で確認の上、ご予約下さい。
現在は10月分までの予約が出来ます。
予約サイトの条件に合わせて、ご予約下さい。
RESERVA予約システムから予約する
  

Posted by 星野 健 at 00:01Comments(0)岐阜市医師会准看護学校

2018年09月12日

経験主義型の学びの場 ~集@ラボで~


 ~発信することを意識して~

気になる記事をみつける。


タイトルの言葉よりも
『「経験主義型」の学びの場を増やしたい』
という孫さんの主張が、この記事のポイントだと感じた。

塾で行っている、月6回の『集@ラボ』も同様だ。
https://reserva.be/hoshino/reserve?mode=service_staff&search_evt_no=00eJwzNDIwt7QEAAQ2AT0
こちらから、系統的に教えることはない。
聞かれたことに対して「アプローチの仕方」を、ともに考えていく。

ラボ通い続けている方は、この夏に必要な資格を取得。
自分の得意な部分については、発信を毎日継続している。
発信に対しての反応を喜び、さらに学びを深めている。
そして、次々と「やってみたい」ことが広がり、今、その準備をしている。

経験主義型の学びは、私自身もしている。
NPOについては、この1年でかなり学ぶことができた。
学んだことも大切だが、知らないことへのアプローチの仕方も学べた。
それを『集@ラボ』では、伝えていきたい。  

2018年09月11日

本日のスポーツフェスタ延期 ~岐阜聖徳学園高校~


 ~次は晴れを願って~

岐阜聖徳学園高校のスポーツフェスタは、延期となった。
前日昼に決定したので、予定は立てやすかった。
先週、台風の影響で同じ火曜日が休みに。
同じクラスの授業が2週連続「ない」ことは、回避された。

10月初めの中間テストに向けて、
各クラスの進度を調整していく。
年間トータルでは、同じ授業数になるので、
そのあたりも考えていく。

この雨が過ぎると、秋らしくなるという。
最高気温が30度前後なら、
暑い夏を経験した後なので、
多くの人が、楽に感じることになるだろう。

私もこれから、楽になればいいのだが…
主治医による健診の結果が前よりも良くなかった。
専門病院で、相談をすることに。
方向性を確認し、今後を考えていきたい。


  

Posted by 星野 健 at 00:01Comments(0)岐阜聖徳学園高校