2018年11月12日

県衛生公募入試を終えて ~一般入試に備える~


 ~実習中の金曜日に通塾~

「公募入試の数学ができなくて…」
准看護学校2年生の方だった。
実習期間にもかかわらず、落ち着かなかったのだろう。
実習先から塾へ来られたのかもしれない。

この方は、准看護学校へは試験で入学されている。
受験に向けて、中学数学は学習済み。
公募入試のため、高校の数式は学んでいる状態。
中学特有の図形・関数を抑えなおせば良さそうな状況。

また、看護模試も好成績を収めている。
看護学で他の受験生に大きく差をつけられることは、
考えにくい状況。国語は公募入試を経験することができた。
一般入試は、それよりも易しくなる。

よって、結果発表後に不合格なら通塾することに。
前年度、その准看護学校の学生さんは12月15日から通塾されている。
その後、冬休み期間に通塾し、一般入試で合格している。
今、無理をする必要はない。実習に専念してほしい。  

Posted by 星野 健 at 00:01Comments(0)