2017年04月21日

「学び」の多様性 ~「既存」に合わせるだけでなく~


 ~集団教育での「学び」~

「社会のニーズ」に対して、育て上げる集団教育。
AIとの共存。「人の仕事」がこれから変化する時代。
今まで通りの教育は、やがて通用しなくなる。
アクティブ・ラーニングが、集団教育では突破口。

しかし、集団教育だけが「学び」ではない。
それが「トップダウン」だとすれば「ボトムアップ」の教育もあるだろう。
ハビリスさんのFBから。是非、動画を見てほしい。


岐阜にも、そんな教育を始めている学校もある。
http://www.u-upkoutougakuin.net/
「自ら学びを求める」生徒にとって、
個々に応じた教育が受けられるだろう。

時間に合わせて動く必要性。
テストの必要性。
カリキュラムの必要性。
…本来の「学び」とは、無縁であっていい。

例えば、図書館での本との出会い。
何気なく手にした本の中に、今までとは違った世界がある。
読み、立ち止まり、自分の中にある価値と比べたり、さらに調べたくなったり…
これも「学び」である。

「学び」は、若い時期だけではない。
坂本龍馬のように、遅い時期に「学び」が始まっても変わる人もいる。
教えている准看護・第二看護受験生の中には、50代の人もいる。
いつでも意欲があれば、学ぶことはできる。

教育を終え仕事に就いた若い人は、どのような状況なのだろうか。


「若年単身女性の貧困」は、最近話題にもなっている。
「学び」の根底に「貧困からの回避」が、あるかもしれない。

せっかく今まで「頑張って獲得した仕事」を、
簡単にやめるわけにはいかない。
そのため仕事に忙しく、学ぶゆとりもない。
ましてや「世の中のことを考える」余裕もない。

このような現状で、教育の出口が、社会への適応のみとなれば、
大人になり「再び学ぶ」ことに対して、どんな思いになるだろう。
また、自分の子供に「学びとは…」を、
どのように伝えるのだろう。

既存のものを、疑ってみる。
ここからも「学び」が始まる。


塾の予約はこちらから➡ RESERVA予約システムから予約する
同じカテゴリー()の記事
 リ・スタート 7月以来の通塾 (2018-10-19 00:01)
 集@ラボ 第1期終了のお知らせ (2018-10-18 00:01)
 社会人推薦入試に向けて ~志望動機の提出~ (2018-10-17 00:01)
 第二看護入試の小論文 (2018-10-16 00:01)
 39歳からの看護チャレンジ ~塾での進学相談~ (2018-10-12 00:01)
 進学先でも数学が必須 ~大垣准看護学校~ (2018-10-11 00:01)

Posted by 星野 健 at 00:01│Comments(0)時事雑記帳
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。