2017年05月23日

シーボルト展へ ~名古屋市博物館~


 ~日本から何を持ち出したのか~

名古屋市博物館のシーボルト展へ行った。
http://www.museum.city.nagoya.jp/exhibition/special/past/tenji170422.html
私がシーボルトについての知っていたことは、鳴滝塾とシーボルト事件だ。
しかし今回の展覧会・公開講座を通して、別の面を知ることとなった。

今回の展覧会の視点は「日本から何を持ち出したのか」という点である。
シーボルト事件では「地図を持ち出した」ことを記憶している。
一部の国としか交易・外交がない時に、詳細な地図を持ち出すことは、
機密漏洩になるのだろう。ただ、それ以外に多くのものを持ち出していたとは知らなかった。

そのうち、ミュンヘン美術館に所蔵されてる300点が、今回の展示だった。
日用品も多く、その当時の生活がわかるものだった。
先回はライデン美術館の所蔵品が来ていたとのこと。
そちらは書画など美術品が多かったとのことを、公開講座を通して知った。

また、日本の植物について、人々の暮らしについて調べさせ、
日本植物図鑑を完成させている。今回の講座で分かったのは、
日本の「本草学」が、その完成の補助的な役割を担ったことだった。
植物だけでなく、人の様子も「言葉と絵」で記録してある。記録はやはり大事である。

来日している間、多くの日本人が教え子となり、調査・収集の協力者となった。
当時のシーボルト人気は、相当なものだったのだろう。
日本人と結婚し、お子さんも生まれいる。
知らなかったことばかりだった。人と時代を知ることができ、いい時間を過ごせた。


塾の予約はこちらから➡ RESERVA予約システムから予約する
同じカテゴリー(時事)の記事
 キレる高齢者が増えている (2018-11-10 00:01)
 住み方が変われば、生き方も変わる ~ホステルバスの登場~ (2018-11-09 00:01)
 もっと知ってほしい大腸がんのこと2018in岐阜 (2018-10-15 00:01)
 【10月19日追記】透明なゆりかご最終回 再々放送は観れなかった (2018-10-06 00:01)
 9月を振り返って ~転換・ベクトルを内向きに~ (2018-09-30 00:01)
 岐阜クラフトフェア 2日目 (2018-09-25 00:01)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。