2018年03月01日

2018 岐阜県内公立高校変更最終日結果からの考察


 ~合格を目指して~

昨日が出願最終日。正午で締め切りとなりました。
最終日は合計での数字の動きはごくわずかでした。
前日に他地区に戻したのか、高専の願書引きが遅れたのかは不明です。
まずは変更期間で注目した、6校のみ集計です。

数  1月希望調査 出願 最終(定員) 増減の順

岐阜   481  ➡ 399 ➡ 396(360)  +36
    
岐阜北  451  ➡ 411 ➡ 392(360)  +32
     
長良   471  ➡ 437 ➡ 428(360)  +68
     
岐山 普 246  ➡ 320 ➡ 329(280)  +49
    
   理  43   ➡  68  ➡  61(80)  -19
    
加納 普 498 ➡ 459 ➡ 412(320)    +92
  
各務原西 414  ➡ 374  ➡ 368(320)  +48
     
  変動計   -136   -82  
   

希望調査から出願への変動が、例年より大きく出ました。
『他地区から岐阜地区へ』の希望はあったにもかかわらず、
出願時には、元の学区に戻した方がやはり多かったように感じます。
他地区から通いやすい『加納』に、人気が集まったのかもしれません。

変更期間での減少数は例年並み。
6校内での移動で、出願時の大きな差は、多少解消されたとも感じています。
6校で今年度は計306名、各校30名から92名の不合格者が出ることになりました。
前年度より合計数は少なくなりましたが、どこかに偏る同じ傾向の結果となりました。

全日制全体の平均倍率は1.04倍。前年度よりも公立志願者が増えています。
定時制への志願者は、全体としては例年並みでした。
こうなると来年度以降も含めて、併願先私立高校が進学先になることは上記6校だけでなく
「誰にでもありうること」となりました。ますますその選択は、重要となります。

塾で毎年行っている「岐阜地区私立高校の選び方」についての講座は、
今年度よりネット申し込みで、個人受講となりました。詳細は以下をご覧ください。
RESERVA予約システムから予約する


塾の予約はこちらから➡ RESERVA予約システムから予約する
同じカテゴリー()の記事
 岐阜県公立高校 変更日初日の結果 (2019-02-22 20:21)
 県内第二看護2次募集 本日受付終了 (2019-02-22 04:30)
 県内4准看護学校2次入試・締め切り迫る (2019-02-20 00:01)
 岐阜市医師会看護学校 2次入試があります (2019-02-19 00:01)
 【18時30分再更新】本日 2019岐阜市医師会准看護学校合格発表 (2019-02-18 00:01)
 明日 2019岐阜県内公立高校出願開始 ~岐阜高専の影響を考える~ (2019-02-17 00:01)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。