2018年04月28日

数Bからベクトルが消えるのか… ~「流れ」を捉える目は理系のみ?~


 ~資料の読み取りも、個別に教える時代に?~

4月27日 時代は大きく動いた。
私と同年代の方のツィートに共感。


この記事から中国の外交力にも、驚いた。


時代を「ベクトル」で捉えることは重要だ。


しかし、文系ではベクトルを習わないことに「向かって」いる。


前川喜平氏の雑誌での発言「中退をなくすには数学必修を廃止するのがいい」
の方向へ、舵は切られているのかもしれない。

状況を「ベクトル」で捉えることも重要だ。


『若者の状況悪化は、日本が最も酷い』
そこに視点を置き、できることをしていく。

資料の読み取りも、
『塾で個別に教える時代』に
なるのかもしれない。


塾の予約はこちらから➡ RESERVA予約システムから予約する
同じカテゴリー(時事)の記事
 いつまでも白い羽根 最終回 ~それぞれのステージへ~ (2018-05-28 00:01)
 「新たな方法を探る」ことも ~道徳「星野君の2塁打」を思い出す~ (2018-05-25 00:01)
 教員免許更新が「永遠」とは… ~逃げ切った人たちとの違い~ (2018-05-24 00:01)
 いつまでも白い羽根 第5話  (2018-05-06 07:25)
 急速な時代の流れ ~加速に対する「過去」の価値~ (2018-04-29 00:01)
 高校生が夢を叶える ~企画をつくり、支援を得る~ (2018-04-26 00:01)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。