2018年04月30日

全国から岐阜県へ ~看護入試倍率の違いから~


 ~岐阜県なら看護職を目指せるかも~

気になるツィートが。


『養成校のブースには進学を考える人が列をつくった』
看護大学は新設による定員増でも、入試倍率はまだまだ高い。

岐阜県でも、今年度大きな動きがある。
http://www.gifuhoken.ac.jp/201904kango.html
http://www.gifu-keizai.ac.jp/schoolname/index.html
2短大が大学化することになる。

岐阜県内現役高校生にとって、朗報となっている。
短大進学を希望していた社会人は、今年度受験では、
『看護学校志望』と『准看護学校志望』に、
分かれてきている状況だ。

岐阜市立看護学校は入試状況を開示している。
https://gmhosp.jp/nursing_school/nyuushi/kaiji.html
この2年で、推薦・一般入試ともに入試倍率は下がってきた。
社会人でも2年連続、一般入試合格者が複数いる状況となってきた。

さらに准看護学校の倍率も、
全国的に見るとかなり低い。
やはり看護職を目指すのなら、
岐阜県にはチャンスがある。

塾では8月17日までの期間限定で、『ココナラ』での相談を行っています。
岐阜地区内高校入試・岐阜県内看護入試の相談ができます。
https://coconala.com/users/41124
遠くの方・匿名での相談も可能です。


塾の予約はこちらから➡ RESERVA予約システムから予約する
同じカテゴリー()の記事
 社会人推薦入試に向けて ~志望動機の提出~ (2018-10-17 00:01)
 第二看護入試の小論文 (2018-10-16 00:01)
 39歳からの看護チャレンジ ~塾での進学相談~ (2018-10-12 00:01)
 進学先でも数学が必須 ~大垣准看護学校~ (2018-10-11 00:01)
 公立高校受験の併願先 ~将来を見据えて~ (2018-10-10 00:01)
 高校から推薦で進学希望の方 ~塾・進路相談~ (2018-10-07 00:01)

Posted by 星野 健 at 00:01│Comments(0)看護
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。