2018年07月11日

文学史を学ぶ ~看護入試に向けて~


 ~中学・高校で学んだのに…~

看護入試に向けて、塾にて国語の確認。
文学史が毎年のように出題される学校の対策。
文学が生まれた時代、その作者の個人的背景…
学ぶことにより、作品に対する思いが変わる。

細かい点について、区別をして覚えることになる。
平安時代・才女とうたわれた作家・宮廷生活に題材
から、その随筆を選ぶ問題など、
紛らわしい選択肢の中から、区別していくことになる。

このような問題が出題されるのは、なぜなのだろうか。
いろいろな文学作品の中から、条件に合わせて絞り込む。
フローチャートのような流れで、答えを導き出す。
これは資格試験の学びに通じるのかもしれない。

教科数が少ない入試。
しかも文学史が定番となると、
避けては通れない学習となる。
しかし、その学び方は入学後に、きっと役に立つ。


塾の予約はこちらから➡ RESERVA予約システムから予約する
同じカテゴリー()の記事
 看護専門学校・社会人入試に向けて ~学校により対策を変える~ (2018-09-26 00:01)
 言葉と出口 ~数学における表現~ (2018-09-22 00:01)
 自由に学べる時代へ ~自ら学ぶ習慣を~ (2018-09-21 00:01)
 岐阜准 2018年 第一回国語授業 (2018-09-20 00:01)
 来年度も同日試験日 ~多治見・土岐准看護学校~ (2018-09-19 00:01)
 明日から准看護学校国語授業開始 (2018-09-18 00:01)

Posted by 星野 健 at 00:01│Comments(0)看護
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。