2018年07月27日

等式の変形 ~苦手な方も少なくない~


 ~合格するために、しっかりと身に付ける~

塾での准看護入試指導。
等式の変形についての質問。
問題集の解説を読んでも、
「よくわからない」とのこと。

実際にどのようにして解いているか、見てみる。
「ずるがえ」を使っているから、解説が解らないようだ。
(左辺)=(右辺)の式を、(右辺)=(左辺)に書き換えるのが「ずるがえ」
「負の数にして移項する」とは違い、最初に処理すると便利な方法だ。

しかし、解説では「ずるがえ」をせずに、移項を使って解いている。
なので、処理が解らなかったようだ。
最終的な結果は「同じ」になるのは確かだが、
その思考過程を大切にしているようだ。

いろいろな問題を「ずるがえ」からスタートし、
答えと同じ結果になることを確認した。
文字への数値代入とともに、大切にしたい内容だ。
合格するためには、しっかりと身に付けていきたい。


塾の予約はこちらから➡ RESERVA予約システムから予約する
同じカテゴリー()の記事
 【本日22時59分締め切り】 『不登校は不幸じゃない』in岐阜 (2018-08-16 00:01)
 40代で看護の道へ ~今からでも、遅くない~ (2018-08-14 00:01)
 保健師にチャレンジ! ~第二看護からの進学を考える~ (2018-08-13 00:01)
 不登校だと進学が… ~可能性を探る~ (2018-08-10 00:01)
 映像授業で「学び」 ~「習っていない」ことの補充~ (2018-08-08 00:01)
 クオリティー・オブ・ライフの向上 (2018-08-07 00:01)

Posted by 星野 健 at 00:01│Comments(0)看護
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。