2018年08月31日

時間内に正確に ~看護入試演習へ~


 ~合格するには「とにかく正解」を~

この夏休み、入試に向けての『一通りの学習』を終えた方が。
随分ベースは早いが、ここからが大切になる。
試験は11月。これからは『時間内に正確に』が目標となる。
入試問題演習を通して、塾では特訓することにした。

日常家庭学習も同様。
『時間内に正確に』できる練習問題に取り組んでもらうことに。
わかることと「できること」の違いに、
最初は苦しむことになるかもしれない。

准看・第二看護学校の数学入試には、ある特徴がある。
証明問題をすべて書く問題は、出題されていない。
証明は出題されても穴埋め、定理・定義の記入のみ。
また、解答用紙が別の学校も多い。

「過程よりも結果」
正確に答えを導き出せれば、よいのである。
それには、どんな解法を用いてもよいのである。
中学に限らず、小学校・高校での解き方を使ってもよい。

例えば「台形の公式」「ひし形の公式」…
面積公式を使っていないと、忘れるときもある。
しかし、どちらも対角線を引けば、
三角形の面積の和で、求めることも出来る。

また、確率・場合の数は高校の数Aが役に立つ。
CやPの計算方法、積や和の法則を使ってもいい。
「速さと正確さ」が得られる方法ならば、
むしろ積極的に使っていきたい。

逆に考えれば、准看・二看入試では部分点は期待できない。
時間内に解答欄に「正解」を書かない点にはならないのである。
「ミス」が命取りになる仕事に関わるので、
「数学で試されている」のかもしれないと、感じることもある。


塾の予約はこちらから➡ RESERVA予約システムから予約する
同じカテゴリー()の記事
 第6回 第二看護入試対策 ~岐阜市医師会准看護学校にて~ (2018-11-19 00:01)
 授業のスビートが早くて…~高校中間テスト対策~ (2018-11-14 00:01)
 2018看護奨学生一人目の合格者 ~看護奨学生1名追加募集~ (2018-11-13 00:01)
 県衛生公募入試を終えて ~一般入試に備える~ (2018-11-12 00:01)
 八事看護推薦入試結果 (2018-11-11 00:01)
 2年ぶりの通塾 ~今度は第二看護を目指して~ (2018-11-08 00:01)

Posted by 星野 健 at 00:01│Comments(0)看護
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。