2018年09月04日

看護短大2校が大学に ~社会人看護進学の流れに変化が~


 ~看護師への道は多様に~

「三重県の看護学校を受験します。」
塾での進路懇談にて、社会人の方は決断した。
夏休み期間の学校見学を通し、結論を出した。
今年は「短大希望」という選択肢が、社会人からは消えている。

岐阜県内看護短大2校が大学へ。
岐阜保健短期大学、大垣女子短期大学。
http://www.gifuhoken.ac.jp/news/2018/08/20192019.html
http://www.gifu-keizai.ac.jp/nurse/index.html

この2校は、前年度まで多くの社会人の方がチャレンジした。
そして、年々その合格者は増えていった。
しかし、4年制大学となるとその学費は1年分増え、
働く期間は1年減ることになる。社会人にとって、それが厳しい。

そこで、他県の看護学校受験を考える方が増えている。
または、県内の准看護学校への志望に変化している。
高校生は県内大学が2校増え、受験機会がさらに増すことに。
県内社会人と高校生の受験環境は、大きな差となった。


塾の予約はこちらから➡ RESERVA予約システムから予約する
同じカテゴリー()の記事
 看護専門学校・社会人入試に向けて ~学校により対策を変える~ (2018-09-26 00:01)
 言葉と出口 ~数学における表現~ (2018-09-22 00:01)
 自由に学べる時代へ ~自ら学ぶ習慣を~ (2018-09-21 00:01)
 岐阜准 2018年 第一回国語授業 (2018-09-20 00:01)
 来年度も同日試験日 ~多治見・土岐准看護学校~ (2018-09-19 00:01)
 明日から准看護学校国語授業開始 (2018-09-18 00:01)

Posted by 星野 健 at 00:01│Comments(0)看護
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。