2018年09月09日

透明なゆりかご 第8話


~「あれも、これも」から現実へ~



優秀で強気な看護師・紗也子さんなら…
「あれも、これも」すべてが叶う。
しかし、現実はそうとはいかない。





「妊娠は病気だって認めた方がいい」
という主人公のセリフ。
ライフステージが変わるとき、
それまでの自分は続けられない。

1つの『最も大事なもの』を取るときに、
一旦、離れなければいけないときがある。
女性は常に、その葛藤の中でそれを選んでいく。
そして、別の選択肢を選んだ方に対しても『共感的に生きる』力を身に付ける。

男性は、残念ながら自然には身についていかない。
かなり意識をしないと、そうはならない。
看護師・紗也子さんの夫の姿を観ながら、
ピント外れな事をしながら、次第に自分をつくっていく姿にも感動した。



塾の予約はこちらから➡ RESERVA予約システムから予約する
同じカテゴリー(看護)の記事
 看護専門学校・社会人入試に向けて ~学校により対策を変える~ (2018-09-26 00:01)
 透明なゆりかご 最終回 (2018-09-24 00:01)
 第2回 第二看護進学対策講座 ~岐阜准にて~ (2018-09-23 00:01)
 言葉と出口 ~数学における表現~ (2018-09-22 00:01)
 自由に学べる時代へ ~自ら学ぶ習慣を~ (2018-09-21 00:01)
 岐阜准 2018年 第一回国語授業 (2018-09-20 00:01)

Posted by 星野 健 at 00:01│Comments(0)看護時事
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。