2018年09月16日

透明な子 ~『透明なゆりかご』第9話~


 ~耐えられるか~

透明な子 ~『透明なゆりかご』第9話~を観た。


この回は、それだけの覚悟が必要だった。
そして、原作とは違う形でのエンディングだった。

男性医師は「関われない」状況。補佐的な立場を貫く。


ドラマを見終わった後も、しばらく眠れない。
そのとき、このツイートを読み、この回に対する制作側の想いに触れる。


この回に関わった全ての方に、感謝したい。
「透明な子の可視化」は、並大抵の努力ではできない。
それを多くの方の力で、成し遂げている。
この回を、より多くの方が観ることを願いたい。


塾の予約はこちらから➡ RESERVA予約システムから予約する
同じカテゴリー(看護)の記事
 看護専門学校・社会人入試に向けて ~学校により対策を変える~ (2018-09-26 00:01)
 透明なゆりかご 最終回 (2018-09-24 00:01)
 第2回 第二看護進学対策講座 ~岐阜准にて~ (2018-09-23 00:01)
 言葉と出口 ~数学における表現~ (2018-09-22 00:01)
 自由に学べる時代へ ~自ら学ぶ習慣を~ (2018-09-21 00:01)
 岐阜准 2018年 第一回国語授業 (2018-09-20 00:01)

Posted by 星野 健 at 00:01│Comments(0)看護時事
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。