2018年11月20日

1教科入試は「楽」なのか… 


 ~取り組む時間が限られる中で~

久しぶりに通塾された方が。
各務原と可茂准看護学校の受験予定の方だ。
ともに国語一教科と論文が受験科目。
他教科を学ぶ必要はない。

働いている方なので、
受験までの学ぶ時間が限られている。
確かに1教科入試はありがたい。
しかし、1教科のみのプレッシャーもある。

「もし、その教科でミスをしたら」
「当日、テスト不安が大きくなったら…」
など「挽回の余地」が小さいことから、不安も出てくる。
次の通塾は12月末の連休以降。自宅学習で「やること」を明確にした。

国語をどのように学べばいいのか。
何もしなくても「いい点」かとれる方は、
漢字以外にほとんど勉強することはない。
小論文に力を入れることになる。

国語の点が悪い方の「つまづき」を見つけ、そこに手を打っていく。
文章が書けない方は入学後に困る。
特に実習時には「前日夕方の課題を翌朝までに」
という日々が続く。短時間でまとまった文を書けることは重要だ。


塾の予約はこちらから➡ RESERVA予約システムから予約する
同じカテゴリー()の記事
 県内4准看護学校2次入試・締め切り迫る (2019-02-20 00:01)
 岐阜市医師会看護学校 2次入試があります (2019-02-19 00:01)
 【18時30分再更新】本日 2019岐阜市医師会准看護学校合格発表 (2019-02-18 00:01)
 明日 2019岐阜県内公立高校出願開始 ~岐阜高専の影響を考える~ (2019-02-17 00:01)
 看護奨学生から合格報告 ~同じ日に、続けて2人から~ (2019-02-16 00:01)
 来年度・准看受験に挑戦 ~通塾開始される方も~ (2019-02-15 00:01)

Posted by 星野 健 at 00:01│Comments(0)看護
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。