2018年11月23日

何を答えるのか ~数A中間テスト対策~


~問題の「出口」が見えない~

不定期通塾の高校生が中間テスト対策で塾に。
今回は数Aのテスト対策。
確率の最後の部分から、図形全般からの出題。
証明問題も含めて出題されるとのこと。

確率の問題。問題文を読んで、
「条件付き確率」を答えるのか、
「乗法定理」を使って答えるのか、
区別がついていない。

条件付き確率のみを答える場合の、
「問題文の書き方」の特徴をつかむ。
そして、乗法定理の場合との文章の違いを明確にする。
計算方法はわかっているのに、何を答えたらよいのかわからないのは、

もったいない…のである。
他にも数Aには「独特な出題文」もある。
たとえば「角の大小を調べよ」という問題文に対して、
「調べました」と答えても、何にもならない。

『等号・不等号を用いて、その大きさの関係を式で示せ』
とは、出題されないこともある。
期末テストでは、副教材の出題表現にも、
慣れていく必要がある。


塾の予約はこちらから➡ RESERVA予約システムから予約する
同じカテゴリー()の記事
 しばらく休みます ~クリスマスから仕事再開~ (2018-12-19 00:01)
 幼馴染と同じ道へ ~ライフ・サイクルにより先輩・後輩に~ (2018-12-17 00:01)
 今年度 岐阜准での授業終了 ~最終日は6コマ~ (2018-12-15 17:21)
 新設校受験へ ~年内に1校決める~ (2018-12-14 00:01)
 羽島准看推薦合格報告 (2018-12-12 00:01)
 第9回 第二看護受験講座 ~岐阜准にて~ (2018-12-10 00:01)

Posted by 星野 健 at 00:01│Comments(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。