2018年11月25日

選択肢までたどりつけない ~強者の論理~


 ~「動ける人」を「動けるとき」に~

選択肢までたどり着けない方に、そこに至るまでのサポートをする。
「世の中に無ければ、自分でつくる」
そして私は学校教師を辞め、塾を開業し現在のスタイルに至った。
しかしそれは「強者の論理」だったかもしれない。




この夏から秋、私は体調を崩した。副代表理事となったNPO法人の活動をはじめ、
仕事以外の諸活動を、すべて辞退することとなった。まだこの夏までは、
「まだまだこれから」と思い、いろいろな方と連携を図っていたのに…。
しかし、体がそれを許さなかった。しかも元に戻ることはないようだ。

ツィートにある言葉が、心に響いた。
「そもそも選択肢なんてなかったり、少なかったり、あっても選び直すだけの余力がない、
選びなおしたら食べていけなくなる、そういう状況。」
ディフェンシブにならざる負えない。今の仕事のパフォーマンスを維持することに全力を使ってしまう。

先日、塾のシングルマザー看護奨学生だった准看護学生が、
学校推薦で第二看護進学を決めたという報告を受けた。嬉しかった。本当によく頑張った。
その苦労は計り知れないが、「動ける人」は「動けるとき」に、やりきってしまうのだろう。
「動けなくなった私」は、動ける人をこれからも育てていきたい。


塾の予約はこちらから➡ RESERVA予約システムから予約する
同じカテゴリー(ひとり親支援)の記事
 ようやく光が! ~リターンズ生、受験へ~ (2018-12-08 00:01)
 看護奨学生が合格報告に (2018-11-27 00:01)
 パラレルキャリア・ラボ⑦ ~寸断されるリスクを回避~ (2018-10-31 00:01)
 夏休みが終わるころ ~居場所づくりについて~ (2018-08-22 00:01)
 【第四期】シングルマザー看護奨学生再募集 ~8月23日に決定しました!~ (2018-08-21 00:01)
 クオリティー・オブ・ライフの向上 (2018-08-07 00:01)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。