2018年11月28日

スピード勝負の中間テスト ~数I 三角比とデータの分析~


 ~素早く反応し、確実に決める~

不定期通塾の高校生の指導。
前回の数Aは、上手くできたようだ。
今回の数Iも同様にしていきたいが、
期末範囲がやばい。

三角比の相互関係以降。
問題と「どの公式を使うのか」という反応が早くないと、
問題を時間内に解ききることはできない。
正弦・余弦の組み合わせ問題など、正確に解かないと正解にはなりにくい。

また、データの分析も試験範囲。作業的な要素も多く、
計算力が試される。そして分析へ。
例えば、箱ひげ図を完成した上での分析では
「模範的な解答」を書けるようにしなければならない。

数Aも「時間ギリギリでの解答」となった出題量。
容赦なく出題される学校だ。
問題を見てすぐに「方向性」が浮かび、
正しく処理していくことで、対応するしかない。

期末テストは、このような「型」を身に着ける場でもある。
しっかりとやりきってほしい。


塾の予約はこちらから➡ RESERVA予約システムから予約する
同じカテゴリー()の記事
 県内4准看護学校2次入試・締め切り迫る (2019-02-20 00:01)
 岐阜市医師会看護学校 2次入試があります (2019-02-19 00:01)
 【18時30分再更新】本日 2019岐阜市医師会准看護学校合格発表 (2019-02-18 00:01)
 明日 2019岐阜県内公立高校出願開始 ~岐阜高専の影響を考える~ (2019-02-17 00:01)
 看護奨学生から合格報告 ~同じ日に、続けて2人から~ (2019-02-16 00:01)
 来年度・准看受験に挑戦 ~通塾開始される方も~ (2019-02-15 00:01)

Posted by 星野 健 at 00:01│Comments(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。