2019年01月26日

2019年 岐阜県内公立高等学校への進路希望状況結果から


 ~今年は競争が全体的に緩和へ~

岐阜県教育委員会は県内公立高等学校への進路希望状況の結果を24日に公表しました。
平成31年3月中学校卒業予定者を対象に、平成31年1月時点での希望を調査。
下はその結果。岐阜地区全体では+390名という状況です。
https://www.pref.gifu.lg.jp/kyoiku/gakko-kyoiku/gakko-nyushi/index.data/sinro-chosa-h31.1.pdf

この調査結果から、岐阜の5校+各務原西で、定員に対し+405名
このままでいくと岐阜地区の不合格の大半は、
「この6校と岐阜総合・県岐商から」ということになります。

前年度同調査では、上記6校定員に対し+603名 
6校合計では、最終的には去年より少な目の不合格者が出る見込みです。
ただし前年度同様、各校での差は大きくなる見込みです。

例年の動きから、今後の予想をしてみましょう。
出願時に6校以外へ80名程度、変更時には岐阜高専合格者も減り70名程度 
今年度も、150名±30名程度、出願・変更期間後に減少が予想されます。
➡学校によるバラツキがあるため、上記6校ではそれでも20~70名程度の不合格者が出る見込みです。

私立併願校が「第二希望」であれば、去年同様
変更期間にも志望校の変更は少なくなると考えられます。
この結果を元に、最初の出願先は慎重に選びたいものです。
変更期間に「変更しにくい」状況になることは、想定しておきましょう。

調査結果から、公立全日制課程の平均倍率は前年度から減少し、1.02倍。
岐阜5校+各務原西へ受験生が集中している傾向は変っていません。
去年からの大きな変化は、公立全日制課程希望者と定員の差がかなり小さくなったことです。
前年度+474名から、今年度+322名と152名の差があり、公立全日制離れが始まったようです。

理由は、過去記事を参考にしてください。
http://nyoki.mino-ch.com/e49929.html
私立通信制高校への人気が、岐阜でも高まってきているのです。
また系列大学のある高校への推薦・単願も、人気があると考えられます。


塾では新入塾生を募集中です。
塾について興味のある方は、エキテンHP・過去記事をご覧ください。
https://www.ekiten.jp/shop_1441812/
http://nyoki.mino-ch.com/e50169.html


塾の予約はこちらから➡ RESERVA予約システムから予約する
同じカテゴリー()の記事
 県内4准看護学校2次入試・締め切り迫る (2019-02-20 00:01)
 岐阜市医師会看護学校 2次入試があります (2019-02-19 00:01)
 【18時30分再更新】本日 2019岐阜市医師会准看護学校合格発表 (2019-02-18 00:01)
 明日 2019岐阜県内公立高校出願開始 ~岐阜高専の影響を考える~ (2019-02-17 00:01)
 看護奨学生から合格報告 ~同じ日に、続けて2人から~ (2019-02-16 00:01)
 来年度・准看受験に挑戦 ~通塾開始される方も~ (2019-02-15 00:01)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。